ピンクのクマのプールで、さっちゃんと。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
うぇ〜ん!2010 うぇ〜ん!2011
2012年2月6日 月曜日 午後6時29分真冬の座禅道。気温-0.6℃←■いよ&いよ、30分後に雪合戦の沼田町協会が正式に設立するぞ〜。
2012年1月15日 日曜日 午後10時10分雪は降る〜、あなたは、口内炎〜♪気温-13.4℃←■昨日は、焼肉「沼田大門」、今朝は旭川の球場で演説、長距離運転&座禅の果て、夜は葬式。万事、肉に始まる言葉の旅。
雪ゆきて神軍。
まだ太陽も、睡眠中。

2012年1月15日(日)6Am
しかし、旭川市に朝9時ってことは、
朝6時に起きて、除雪して、シャワー&風呂に入り、ミーのカーで山越え。

あいかわらず朝の雪は大量で、リフトでガーガー除雪し、
冷え切った体をお風呂でもどして、
新聞&メールをチェックしてたら、時間が無くなった〜。
まぁ、いいか、と、自宅を出発。
Ticket to ride
第1回 北海道雪合戦ランキング戦

先週、とつぜんミッチーから(←我々の間は、いつも「とつぜん」なんだけど。)、
「久保さん、沼田町に雪合戦協会を作りたいんですけどー。」と、言われた。
なんじゃ、それ?・・・だったんだけど、よーく話を聴けば、おもしろそ〜。
そう。「おもしろそ〜。」以上のトリガーは、無い。
聴けば、1月15日に大きな大会がある・とゆーではないか。
「なら、ミッチー、おれ、それ、観に行くよ。」
「えっ!?まじっすかー。じゃ、旭川市で朝9時からなので、よろしく。」
マイナス15度以下だぁ〜。
今年の雪は異常だー。多すぎ。

けっこー立派な野球場っす。
スポーツの殿堂!・・・私に似合うか(がくっ。)?
8:55Am
開会式が始まる5分前に、よーやく到着。
会場の野球場『ドリームスタジアム』の周りには、
走りこんでいたり、
野球のグローブをはめてキャッボールをしてたり、
「雪合戦」とゆー新しいスポーツの新しいウォーム・アップを
それぞれ全員で作ろうとしている「現場」感覚が心地よい。

野球場の中に入ると、
スポーツ・マン臭いやつらが、ごちゃまん。
えーと、私はどこへ行けばいいんだ?
知ってるヤツ、見えないし。
全道から集まってきているここで、
「沼田町のひと、知ってますか?」と聞くのもアホまる出しだし。
ならば、と、大きな声で、
「えー。事務局、どこっスか?」と言ってみると、
何人かが私のほうを向いたけれど、
ほとんどが、「はぁ?このおっさん、誰よ?」感びんびん。
中でひとり、「あ、あのー、あちらのドアの向こう、かも?です。」
と、言ってくれた男性がいたので、礼を言って、あちらへ行けば、
おおお。よーやく、知ってる沼田町の青年がいた。

「おっ、ケンちゃん、おはよー♪」
が、ケンちゃんは私に「おはよー」を言ってくれず、
驚いた顔をして、後ろを振り返り、
大声で、
「久保さん、到着ぅー!!」と叫ぶと、
その奥のほうへ向かって、どん&どん、
「久保さん、到着!」、「久保さん、到着」!と伝言リレーが続いてゆく。

はぁ?と、思うヒマもなく、
ミッチーが見たこともない数人を連れて奥から走ってきた。
「久保さん。これ着て。」と、白いスタッフ・コートを着せられる。
「は、はぁ?」と質問をする間も無く、
知らない人から名刺を渡され、
「開会式での来賓あいさつをお願いいたします。」

・・・は?
聞いてないよー。
今、着いたばっかだしー。

9Am
開会式。
ミッチーが司会してるし。
私は名刺をくれた方に小声で聞く。
「何を言えばいいんですか?」
「えーと、雪合戦を広めたい、とか、
そーゆーことです。」

初めて会った、
北海道雪合戦連盟の会長が
大会長あいさつをして、
次が・・・私。
なにやら、始まっちゃったぞー。
さすが、全道大会だけあって、遠くからもたくさんの出場。メディアの取材も各社せいぞろい〜。

で、私は例によってアドリブで、こんなことをスピーチ。
私で、すまぬ〜。
脳味噌の中で30秒後に話すことを組み立てながら、話す〜。
みなさん!
おはようございます!

ただいま、紹介にあずかりました
沼田町町議会議員の
久保元宏です。

この絶好の雪合戦日和に
こうして
みなさまと
この輝かしい歴史に残る
第1回 北海道 雪合戦ランキング戦
を迎えることができましたことに
私は感激しています。

私には夢があります。
それは、この大会に
5年以内に
ロシアのチームも参加してもらうこと。
10年以内に
雪合戦がオリンピックの種目になること。

みなさん。この夢はけっして
かなわない夢ではありません。
考えてもみてください。
私たちの大好きな野球やソフト・ボールが
オリンピックの種目からはずされ、
ビーチ・バレーは残っています。

そうです。
人間に優劣が無いように、
スポーツの種目にも優劣は無いのです。

ただ、そこにあるのは
その種目に向かう
スポーツ選手の情熱の差だけです。
今日、私はそれを、
みなさんの情熱を、
目の前で観ることができる
興奮をおさえ切れません。
ライブな議員(笑)。
私の後ろにズラリと並ぶ大会役員は全員、私のことを知らない(笑)。

やべえ。ギター、忘れた。
異常にテンションの高いスピーチになってしまったー。
この私たちの情熱で雪合戦を
オリンピック種目にする、とゆー夢を
実現させようではありませんか!

「これは、できない。無理だ。
不可能だ。」と言う人は
私たちには魅力的には映りません。

しかし、
「これは難しいかもしれない。
しかし、こうすれば、できる。
一緒にやってみよう。」と言う人と
私たちは一緒に未来を見たいのです。

そのために情熱をそそぐことに
努力を惜しまないことこそが、
我々スポーツ・マンの特権です!

私はこうして皆様のツラがまえを見ていると
そう思えてなりません。

今日一日、ケガの無いよう。
もし、ケガをしても
(スポンサーの)ツルハ・ドラッグさんが
皆様の手当てをしてくれます。

今日一日、皆様と一緒にこの
「夢」を名前に掲げる
旭川ドリーム・スタジアムで
「夢」に情熱をかけましょう!
すばらしい試合を期待しています!

・・・スピーチにウソは無かったが、
ただ、「我々スポーツ・マン」の、「我々」は我ながら、どうよ?

開会式が終わってから、ケンちゃんが「久保さん、選挙の遊説かと思いましたよ(笑)。」
とか、多田から「とつぜん久保さんが出てきてびっくりしたー。朝から、熱いっすねー。」と、ハイ・タッチ。

実は私の突然の起用は、予定されていた道議会議員が急遽、欠席したための代役だったようだ。
しかも、その道議会議員って、私の妹の高校時代のクラス・メイト。がくっ。
歳をとるってことは、世間を狭くする、ってことかー。
9:15Am
無事(?)開会式を終え、
私はVIPルームに招待される。
あらためて連盟の会長らと名刺交換。
ブラザー・トムかっ?
左が北海道雪合戦連盟の堀口一夫会長。右は、北支部の佐々木通彦会長。大物ばかり〜。

熱いほどに雪は冷える。
堀口会長の24年間の実行力が、雪合戦をここまでにした。
久保「いや〜。お恥ずかしいスピーチで失礼いたしました。」

会長「いえいえ、すばらしかったです。」

久保「しかし、雪合戦のオリンピックへの可能性は、いかがなんですか?」

会長「実は2017年のアジア冬季競技大会
北海道で開催されることが決まったんです。」

久保「それはチャンスですね!
テコンドーとか開催地の民族色のある種目は採用されますからね。」

会長「そうなんです。雪合戦にはチャンスがあるんです。」

久保「沼田町にも協会を作る計画です。本州にもあるのですか?」

会長「ええ。十数カ所に。一番南は、大分県にありますよ。」

久保「へぇー!海外での試合は?」

会長「フィンランドとカナダでやりました。」

久保「すげっ。(・・・知らなかった〜。すでにデカイ規模なんだー。)」

会長「スゥエーデンでも盛んですしね。」

久保「ルールは世界共通なんですか?」

会長「まだ試行錯誤中なんですよ。コートの大きさとか、何分がいいか、とか。」

久保「でも、そんな現在進行形の姿がいいですねー。」

会長「5分ですと選手が動かないので、3分にしたらスピードが上がりました。」

久保「ヘルメットは、雪合戦の専用なんですか?」

会長「アシックスが専用ヘルメットを開発しました。産業としても成功しています。」

久保「おおお。産官学とは、このことだー。」

会長「私が38歳で始めた雪合戦が、育って行くのが楽しいんですよ♪」

おっ。始まったぞー。
VIPルームからは、一番いい場所での試合観戦。迫力ある〜。

エントリーを選択やケンちゃん。
沼田町チームも事務局にエントリーに来た。
たまたま。
沼田町の若者がボランティアした雪球作りは地味だけれど、重要な仕事。
不慣れな私も、さすがに興奮!
カラフルなユニホームも団結力を作る。
サニー・アフタヌーン・スノー。
3分間の後半の20秒になると、一気にスピードが加速する!

かな〜り、満足のいく体験だった。

夕方から地元で
英会話教室『すずめの学校』
センパイの母親の通夜があるので
私は一足先に帰宅。

帰り道のクルマの中で、
ミャンマーの政治犯ミン・コー・ナインが釈放される、
とゆーニュースを観た。
私と同じ1962年生まれ。
『共犯新聞』で何度も特集をした彼だ。
もちろん、アウン・サン・スー・チーと合流し、
民主化運動を加速させることだろう。

世界中で
始まっている。
フィールド・オブ・ドリーム・オブ・闘いの日々。
ミン・コー・ナインが投げた石は、雪球のように白い。

text by
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (更新日;2012年1月18日 水曜日 4:21Am)


1月19日(木)8Am
うぇ〜ん!そんなワケで、雪合戦をオリンピック種目にするべく燃え出した私だったが、
な、な、なんと、今朝の日本経済新聞に、こんなコラムが!
なんじゃ、こりゃぁーーーーっ!!
国際雪ハネ選手権

沼田町よか、さらに北にある士別市で、
2000年から続いている今年2月で13回目の「スポーツ」(?)らしい。
1チーム4人で、
スタート・ラインから縦&横1.8メートル、深さ0.9メートルの箱まで走り、
スコップで箱の中の雪をハネ出す「スポーツ」・・・・・・らしい。
優勝チームには「黄金のスコップ」、女子には「黄金のママさんダンプ」が渡される。
・・・ゆ、ゆるすぎる・・・。

しかも、「国際」とは名ばかりではなく、外国人チームも参加するらしい。
・・・・・・ただし、近所の英会話の教師チームらしいが(がくっ。)。

2017年のアジア冬季競技大会の正式種目に雪合戦が選ばれると、
安心してはいられなくなってきた。

この冬、
雪合戦VS雪ハネ

の熱い闘いが始まった!

・・・かな?
スポーツの、熱い雪!屋根の上には、厚い雪・・・。
2012年1月19日 日本経済新聞



2012年1月14日 土曜日 午後11時57分雪は降る〜、あなたは、口内炎〜♪気温-10.8℃←■雪合戦スポーツ化の当面の目標は、まず5年以内にロシアと国際試合、だな。で、10年後にオリンピック種目入り。
私が会長でいいのか!?(リプリーズ)
2012年5月31日、雪夏 祭の雪合戦班のミーティング♪
もうすぐ、本番!