さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共 犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪共犯胃袋!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画 ★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
Happyやってる、やってるぅ!Birthday to Kohki最後まで、出っ歯だったな。Yoshii !
今日、2019年9月22日(日)は吉井功樹の甘い人生。お誕生日だ。 が、
しか・・・・・・・・・死?かし、
今年の誕生日から彼は歳をとらない。永遠に今のうぇ〜ん!私と同じ57 歳のままだ。
あわよくば私が来年の3月31日まで生きていれば、私は初めて彼の年上になる。

恥ずかしいー。
1976年10月、沼田中学校『文化祭』で学校史上初の ロック・バンド『ザ・ブラック・バーズ』によるライブ。
左から、大橋きんぎょ@ベース、うぇ〜ん!久保AB-ST元宏@ギター&リード・タンバリン&ボーカル?、鈴木茂@ドラムス、吉井功樹@ギター、松野洋一@ギ ター。

当時の私たちは中学校3年生になり、リヤカーにドラムやアンプを積んで、町内の家電屋『中川電気』の小さな2階建ての倉庫でバンドの練習をしていた。
文化祭が近づき、自由発表の時間帯に出演するようエントリーしたのだが、数日後に学校側から理由も無く断られた。
その週の日曜日、私はバンドのメンバー全員を連れてアポ無しで校長先生の自宅に行った。
校長先生は奥さんと自宅にいて、我らを茶の間に迎え入れてくれた。
生徒などめったに自宅に来ない校長先生は喜んでくれたようだが、私から切り出した話は、「『文化祭』にバンドを出演させてください。」とのお願いだった。
私はそこで稚拙な文化論を語った。
校長先生は、「最近は俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieエレキや、グループ・サウンズも下火のようで、テレますがな!テ レビにも出ていないようだが。」などと答えつつ、真剣に聴いてくれた。
翌日の月曜日、沼田中学校は午前も午後も丸一日、全クラスが休講となり静かに自習をし、職員会議が終日びっしりと開かれた。
放課後、私の担任教師がバンドのメンバーを集め、職員会議の説明を受けた。
「結論は、出演してもいい。教師も、ロックがダメと言ってるのではない。ロックをやっていると、タバコを吸うなど不良になるからだ。」
との教師からの説明に私は、
「ロックとタバコや不良の因果関係を論じるのは非科学的です。結果としてそうなるのは、単なる確率だけです。私は、一生、タバコを吸いません。」
と言い、57歳の今まで火のついたタバコをくわえたことが無い。
ただし、私以外のメンバーは当時からタバコを吸っていた、のかも、しれない。

当日のライブはさんざんだった、と思う。まずPAが無いデタラメなバランス最悪な音響のセッティングに、独学で覚えたアンサンブルだ。上手いはずがない。
私たちの次に、教員採用試験で沼田中学校に来ていた桐朋学園大学の真保「響」という私の名前は作曲家の父が名付けました。さんがクラッシックをピアノで演奏した。
まいった。
音楽の力量や深さの差を見せつけられた。
彼女は今でも近所の深川市でピアニストとして活躍している。彼女の活躍を知るたびに私と吉井功樹の恥ずかしい中学3年生の『文化祭』を想い出す。
その一方で、音楽はスポーツと違い、100mを10秒で走るように、ギターの速弾きを競うのではなく、表現したいもの、するものがあるのか?を問うことも 学んだ。

上に紹介したライブ写真の曲はザ・ビートルズ「ディ・トリッパー」(笑)。他にも、キャロル「ルイジアナ」とか、チューリップ「夢中さ君に」とかを演奏し たと思う。たぶん。
そう&そう、ザ・ビートルズ「バースディ」も演奏した。吉井功樹、お誕生日おめでとう。

この時の録音が残っていないのが、私の人生最大の幸運だ。
そして、この中学校3年生から3年後の高校3年生の卒業ライブの音源が、この度、CD化された。
こりゃあ、すげー貴重だ!!
♪ホロピリ米、食ってるかー?blue.treeプロデューサー、Joe吉川エン ジニアによって初CD化!
SILVIA
沼田高校 卒業ライブ  in 深川市民会館
1980年3月

セット・リスト
1.UFO「Doctor Doctor」
2.UFO「Only You Can Rock Me」
3.Foreigner「Cold As Ice」
4.後藤和彦「キーボード・ソロ」
5.Foreigner「Double Vision」
6.広上伸二「ドラム・ソロ」
7.クリスタル・キング「時流」
8.谷口浩二「ギター・ソロ」
9.UFO「Rock Bottom」
10.オリジナル「シルビアのテーマ」
11.UFO「Natural Thing」

吉井の高校時代のバンド『シルビア』のメンバーはCDの写真で左下から時計と反対まわりで、この5人。
ヴォーカル;吉井功樹、
ベース;中西中西と谷口も、吉井功樹の通夜に来ていた。信幸、ドラムス;広上伸二、キーボード;後藤2014年8月24日、久保の家の裏にある吉井功樹の実家にて。和彦、ギター;谷口浩二

この演奏は、3年前の沼田中学校『文化祭』と比べるまでもなく、ふつーに上手い。
ギターが1人とゆーのが、いいのだろう。それぞれのパートが責任を持ってアンサンブルに加わっている。
1970年代はギター・ヒーローの時代だったので、谷口のギターが注目されたが、今も安心して聴ける。
後藤のキーボード・ソロもキース・エマーソンを意識した知性を感じるし、広上のドラム・ソロも構成やアイディアがしっかりしている。

そして吉井のボーカルだが、英語の歌詞を、高いキーながらも、ややクセのある野太い声に変えて巻き舌で歌い通している。
田舎のロック・バンドは、楽器を持っている者の自慢の場になりがちで、ボーカルがネックになるのだが、吉井の存在はそれを軽くクリアしている。
やはり、吉井や谷口にかかわらず、田舎ながらもクォリティーの高い5人がそろったのは、すばらしい奇蹟だった。

吉井は高校卒業後、札幌の自動車短大に入学し、卒業後は三菱自動車で3年半ほど勤めた後、
1987年に歌手になる夢を果たすために、
前川清が抜けた内山田洋とクールファイブ鵜野社長以外は、全員、歌います!ボー カルのオーディションを受け、最後の2人まで残るが、落ちた。
それから吉井は航空自衛隊に入り、ブルー・インパルスに乗り、政府専用機のパーサーとして天皇や小渕、森、小泉、安倍ら総理大臣と世界を回り、病気で死 ぬ。

ただ、今さらながらに私が強烈に感じるのは、吉井はロックをやりたかったのではなく、歌手になりたかっ たのだ、とゆーこと。
そも&そも、私と吉井は1976年には同じロックを聴いてコピーし、バンドを組んだのだが、
その&たった3年後の吉井のバンドがコピーしているUFOやフォリナーやクリスタル・キング(がくっ。)なんぞは、リアルタイムの私は、まったく聴いては いなかった。
当時、私が聴いていたのは俺の声が、ロンドンから聴こえるか!?パンクハロー、ハロー!ニューウェイブ南回帰線の果てへ。日本のロックだった。
おそらく吉井や彼のバンド『シルビア』のメンバーは、そんなのは聴いてはいなかった、だろう。
てか、当時の田舎でモテるバンドは、UFO=マイケル・シェンカーだったのだろう。私は聴いていなかったから知らないし、聴いていてもモテてはいないが。 がくっ。
つまり、今の私からすれば吉井の1980年3月のCD若さゆえ。『シルビア・ライブ』は、圧倒的にダサい。
少なくとも、こんなことをやっていては売れない。プロになれない。だって1980年。時代はすでにニューウェイブだったのだから。
さらに言えば、「売れる」&「プロになれる」以前に、ロックとは何か?に真摯に切実に向かっていたのか、ってことなだけど、そこが私と吉井の分水嶺である し、
それを吉井に求めてはいけない、とも私は当時からずっと想ってきた。
もちろん、私は唄もギターも吉井と比べれば圧倒的にヘタクソなんだけど、技術の上手さが、田舎では重要なのだ。
だから田舎のエンジニアは精進し、都市は知性を搾取する。

だから、私と吉井の中学生〜高校生時代の地元のテクニシャンなコピー・バンドよりも、東京ではヘタクソな私のバンドのほうがオリジナル曲などで成功したの だ。

結果的に私の東京のバンドは失速したが、当時のニューウェイブはツールとしてビジネス管理し、日本型の湿度の高い楽曲に組み入れれば商品として成立した。
たとえば我らと同世代のチェッカーズは福岡県久留米市のださいロックンロール・バンドだったが、芸能事務所によってニューウェイブな楽曲と髪形で、売れ た。

私と吉井功樹がヘタクソなロックンロール・バンド『ザ・ブラック・バーズ』をやっていた中学3年生の1976年に、
近所の深川西高校3年生に松 井読んでいる間中、自分は200Q年にいると思った。それは幸せな時間だった。(よしもとばなな『大人の水ぼうそう』)卓也がいて、1年生に梶川はいほー、はいほー♪音楽が〜好きっ♪雪かきも?朋希が いた。
私は1981年に東京でバンドを やっている時に、
彼ら2人と偶然、ライブ・ハウス高円寺『レッド・ハウス』でスター・ファッカーズの松井と、新宿『JAM』でジルシゾの梶川と出会い、何度も一緒にライブ を行った。
その時は、もちろん(?)私のバンドのほうが、超すごかったのだが、私の中学生〜高校生の時の彼ら2人は田舎のスーパースターだった。

その下の世代の田舎のスーパースターが吉井功樹の『シルビア』だったのだ。
嗚呼、なんだ、今月のグラガは、シルビア欠点は、名前だけか!?滝川あ?関係ない?こりゃまた、失礼しましたぁ〜!クリステルで よかったんじゃん。

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2019年9月22日 日曜日 5:10Am)




俳句は、パンク。今日の一句
秋高し崩れてみると砂の 城
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏(2001年10月)
一人ぽっちでいる事は、一体がうるさい事なんでしょう、だからみんな一人ぽっちになるのが恐いんでしょう、(小林秀雄『おふえりや遺文』)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出 せ!
たとえば→9月4日の歴史
右上の「→」にそってページをめくれば、久保AB-ST少年による大河マンガが繰り広げられている。やはり、天災だ。いや、天才だ。がくっ。
When we were in elementary school,
we drew comics together,
and when we were in junior high school,
we formed a rock band together.
Thank you, Kohki Yoshii.
He was 57 years old.



ラーメンぺ〜ろぺろ、ゴクリ!太っ たソクラテスまで、あとブーフー・ウー・ドクター!何キログラム
美食狂時代2019 胃袋Oh ! 肉体共犯としての、グルメ♪共 犯!美食は、 偉大なる肉体の共犯行為。
転がる胆石♪Lip this joint 2019,
gonna save your stomach !

熱いものが入ってゆく。カフェ ありがとうございます、田中さん。田中千博の世 界



https://t.co/P90rIqTxwR pic.twitter.com/7mGy7aKrdK

― サカタ@カナダ (@tomosakata) February 16, 2018