ブライアンの猫と観たプールの上の大きな裸の月。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2012年5月13日 日曜日 午後11時21分文化でしかないエクスタシーはなくて、やはり本能である生殖の土台に載ってるからこその文化だし、とかね。←そしてこう書くとつまらない(笑)気 温5.3℃←■オダギリジョー主演のフジテレビ『家族のうた』が6月3日の第8話で打ち切り。視聴率3・1%だけど、斉藤和義や遠藤ミチロウの反原発関係が理由だったら?
2012年4月24日 火曜日 午前2時44分やっぱり既にもう、予定外の膨大。気温3.8℃←■新聞の見出しで「放鳥トキ、ひな誕生」を見たとき、「放射能トキ、ひな誕生」だ と思った・・・。
おっす、ひろみ嬢♪月 見猫
4コマ マンガ『ペンギンの 日々』
2012年3月

■「ナイーブなセンサー」だから、「作品」で説明せにゃならんのかー。 『続・ ペンギンの日 々』  第98回
2012年2月9日(木) 10:50Pm

■「ナイーブなセンサー」だから、「作品」で説明せにゃならんのかー。 『続・ ペンギンの日 々』 第99回&第100
都民投票赤い目は、青い音を黄色い水と流し込む。え た民主主義‏
I Shall Be Free No.100
2012年3月20日(火)3月生まれの、久保元宏。お彼岸 12:19Pm

久保AB-ST元宏さま、こんにちは!
月見猫でございます〜。

今日はお彼岸。
これからガーリーな季節。日差しがグングン高くなる季節の始まり。
家の前では梅がやっと満開となり、今は穏やかに晴れているけど、週末また寒の戻りとか…?
そんな東 京からお届けします。

吉本幻想の拡散。吉本隆明氏が亡く なりました。
有識者に絶大な影響力のある人だったからこそ、3.11以 降に公言した彼の言葉は残念でした。

「たっ た一回の事故で原発を否定するのは猿と同じ」

「科学技術は常にある犠牲を伴って発達してき た」

石原慎太郎が得 意気に、それらの言葉を引用していたのが腹立たしい。

くくく・・・


ひゃぁ〜!カメ太!山の上の家かっ!?

原発都民投票の 署名数も33万を超え、
八王子等が
第3帝国のビール?ラストスパート で数字を伸ばしている昨今
東京では、各地域で学習会都議会攻略のための 作戦会議が頻発しています。
杉並でも先日仲間が集まって話す機会があり

運動とは、言葉だ。

あたしはつい
「せっかくの署名 を無駄にした くない。

『否 決されちゃったね。ちゃんちゃん。』で終わりたくないって気持ちがあります。」

などと発言して しまいましたが、宮台真司氏をはじめ、関わった多くの人たちは
「このプロセスこそが大事なのであり、成果主義に陥る必要はないよ」
と言ってくれています。

当日その場に顔 出してくれた参加者が、
上原公子
(今回の請求代表人の一人。
東京で初めて女性市長となった元国立市長、現在:自治体政策情報センター長)
を囲んで開催した学習会で配布されたプリントを持ってきてくれました。

その文章がとっ てもかっこいいの で、
ここに抜粋引用させていただきます!

******************************

都民投票で見え た民主主義

                                   上原公子

33万1809222日 現在)
2
9日、2か 月に及んだ「原発都民投票条例」を求める直接請求の署名活動が終了した。

(中略)

若者達の活動は 素晴らしかった。今まで運動なんてしたこともないし、政治的関心も全くなかった若者が、
この2ヶ月間の活動を通して、主権者であることに目覚めていった。
世代を超えた共同が大きな力になること。
意見表明をすることが大事なこと。
訴えれば、必ず反応があること。
世間に失望していた彼らの気付きが、この運動の何よりの成果かもしれない。

もうひとつの成 果は、いつもいつも、日本における市 民の活動が負け続ける正体が見えたことである。

(中 略)

最も障害になったのは、古くから反原発運動をしてきた政党組合、はたまた市民運動家たちである。
これはまさに想定外の出来事であった。

運動に協力しな い彼らの言い分は、だいたい以下の理由に集約されている。

@ 憲法改正の国民 投票につながっていく

A法定数をクリ ア出来なかったらどうする

B住民投票して 推進派が多かったらどうする

C1000万人署名の足を引っ張る

D我々は「脱」 原発ではなく「反」原発である

E事前に相談が なかった

等々である。

どれもこれも、 運動に協力しない理屈にはならないことではないか。
私たちはこれまでどんな運動でも、勝てそうだから取り組んできたのではない。
ギリギリの思いの中で、少しでも理解を広げるために孤立を恐れず運動をしてきた。
たとえ、結果がNOであっても、それは民主主義の結果であ り、
我々の力のなさであったと反省し、次なる運動を考えていくのが常である。

(中略)

今や、地方自治 の時代。すなわち市民自治が基本にようやくなりつつある。
市 民自治とは、主権者が意志を明確にするための住民投票の保障が不可欠である。
主権者が重要な案件は自ら決定していく社会こそ、私たちが目指してきた目標ではなかったのか。

結局、古くから 運動をしてきた人々は、国民主権とか民主主義とか運動の柱にしてきたけど、
一番分かってない人たちだった。
あいつがリーダーだからとか、あの政党が、あのグループがいるからとか些細な事で、どうしても手を繋げない。
そんなセクト主義に、若者やグループに所属しない人が参加するわけがないではないか。
脱でも反でも言葉はどうでもいい。
同じく原発に依存しない社会を目指し、今手を繋がなくていつ一緒になるのだ。
共産国家ではないのだから、考えが全く同一という事はありえない。
運動する時に微妙な違いがあって当たり前。それが民主主義の証ではないか。

ほっぺ。藤 波心ちゃんという中学生のタレントが、原発要らないと堂々と言い放ち、大人は喝采している。
彼女は、たとえ右翼団体であっても、原発反対の集会に呼ばれれば出向いていく。
なぜ?彼女はこともなげに応える。
「私右翼とか左翼の違いが分からない。原発要らないは一緒だから」

こんな明快な理 屈が、古い運動家たちは到底理解できないだろう。
主義で私たちは運動してきたのではない。生命の 問題だから、いつも真剣勝負をしてきた。

憲法養護を表す る、今回非協力に徹した皆さんにこの言葉を捧げる。
あなたたちが手本としてきた1948年文部省が作った教科 書
パラパラ・・・『民 主主義』の一節。

「いかなる方針を採用する場合 にも、それを決定するものは国民の多数の意志でならなければならない。
… 国民の意志で決定した政治の方針は、時にはまちがうこともあるであろう。
しかし、政治の決定権が国民の手にあるかぎり、
さらに国民の意志によって政治の誤りを是正していくことが出来る。」

*********************************************



く う〜っっ!!♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。北海道米、食ってるかー?シ ビれますー。

322日 参議院会館にて「議員と市民の対話カフェ」

414日 「げんぱつ?YES/NOパ レード」

510日 都議会に本請求

5月 末   臨時議会招集の際、参加者で都庁を囲むヒューマンチェーン

と、 この春はイベントが続くよ〜!

か しこ 月見猫

政治という交通整理のテクニックに期待するものたち。