ブライアンの猫と観たプールの上の大きな裸の月。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com

おっす、ひろみ嬢♪月 見猫
4コマ マンガ
『ペンギンの 日々』
2004年12 月



今日もどこかで‏‏
差出人:
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2004年11月12日(水) 4:20Am
宛先:
おっす、ひろみ嬢♪中崎 ひろみ@月見猫

Hi,ひろみ嬢、久保です。

長い夏休みの渋谷の薔薇。 ゲ ストブッ クPlease give me your massage !更新おめでとうござ います。

カナダの
君に見えないラブ&ピースサカタと、かなり何度 も意見交換をして、彼の苦労が実を結んだようだ。
もちろん、かえで嬢も大汗をかいてくれたのさ。
異国&面識のない人に、やってもらうラッキーな42歳。

ムサビの泥のついたステージへ。
それとあたしの下品な発言により、一連の騒ぎを巻き起こした事、お詫び申し上げます。

■いえいえ、あれでいいんですよ。
「正義感まるだしの常識だけが自慢だぜ」という発想はロックではありませんので。

でも、それのスイッチを換えるのには、充実した期間でした。
ちゃんと周りの人も読んでいたようで、
♪スクールで赤点ロケンロー追試jimono氏の絶妙のコメント&タイミングが、かっこよかったね。
これも、インターネットのジャムセッションだぜぇ。

味噌、美味いよ。
ワインは、しこみ中なので、もうちょいと、まっとくれ。

マンガ、絵が少し変わったね。
タイトルに「第〜回」と入れたほうがいいと思うけど。どう?
ちなみに、次は6回。

明日も朝8時から仕事だ〜。



彼女が2004年9月から『共犯新 聞』で連載していた4コマ・マンガ『続ペンギ ンの日々』の初期作品は
当時の共犯サーバーの容量が少ないがために、とーぜんのよーに、
UP&更新後のたびに毎回、私は削除していた。
そんなことを、こんな私も
2012年8月、どこから来たの。どこへ行くの。月 見猫が海で死んでから、反省して(?)、
削除しちまった彼女の過去の作品を再・連載する!=永遠に保存する企画を絶賛ときどき更新中♪だ。

で、そんなアクロバットができるのも、
私と彼女がやり取りしたEメールが、
たま&たま、無料hotmailサーバーに保存されていたから。
そう。月見猫は毎月、メールにデジカメで撮影した画像の悪いマンガを添付して、私に届けてくれていた。
だから、彼女が描いた過去のマンガと一緒に彼女が書いたメールも
同時に『共犯新聞』に掲載しよう〜☆と、
絶賛ときどき連載をやっていたのだが、
しか・・・・・・・・・喪?かし、
彼女の2004年12月のメールが私の
無料hotmailサーバーから削除されてい た!
がーん。
もちろん、削除したのは当時の42歳の
うぇ〜ん!(が くっ。)なのだろーけど、
私はほとんどのメールは残しているから、たまたま消しちゃったんだろーなぁー。

そんなデジタル・アーカイブから消えていても、
彼女の死後、彼女の旦那&友人がアナログ単行本
紙の墓。『続ペンギンの日々』
発行してくれたおかげで、私が世界から削除し ちまったマンガも、こうして読むことができる。→
ありがたい。
おそらく、右に掲載したマンガが、月見猫が2004年12月に描いた『続・ペンギンの日々』、だ。
もちろん私も当時、リアル・タイムで読んだ&『共犯新聞』にUPした記憶がある。

このマンガの下には、(広報紙には掲載されていません)と注釈があるが、
この『広報紙』とは、『続ペンギンの日々』を『共犯新聞』と同時&平行して連載していた、
東京・杉並区「生活クラブ生協」の地域コミュニティ版のこと。

同じマンガをアナーキーな『共犯新聞』と、民青的な(?)市民運動『生協』に同時掲載する、
ってチャーミングなアイディアは、私は好きだ(笑)。

月見猫のことだから、時に過激な内容などで、生協の広報紙から掲載が断れたことが数回あった。
そのたびに彼女は、「市民運動をしている団体が、表現の自由を否定するアホさ!」などと、
まっすぐに憤ったメールをそえて『生協』に掲載拒否されたマンガを私に届けてくれた。
そんな彼女も魅力的だったよね。
このマンガも、そうだったのか?・・・この内容だから、違う理由のような気もするが(笑)。

だからこそ、宇宙の中で『共犯新聞』にしか掲載されなかったこのマンガと一緒に届いた
月見猫のEメールを削除できる唯一の権力者=私が永遠に削除していたことが、つらいんだけどね(笑)。


 古くからの『共犯新聞』無料愛読者には月見猫の文章の魅力は、
共犯
Please give me your massage !ゲストブックでもご 存知でしょう。
あんなに盛り上がっていた共犯ゲストブックも、今では2014年4月23日(水)14時53分27秒から止まったまま。
世の中の「つながりたい」欲は、すべてfacebookが回収したようです。

と、書いていて、あれから、ちょうど10年なんだ、って気が付いた。
そりゃ、42歳も52歳になるべさぁ〜。
それでも変わらない&変われない『共犯新聞』&私。
がくっ。
自由の意味。意味の自由。

text byうぇ〜ん!久保AB-ST元宏
(2014年10月15日 水曜日 2:10Am)
















前夜塾03   すべてのさっちゃんも、ブライアンのプールに行きました。共犯者は、前夜を生きている。