ピンクのクマのプールで、いい博打打ちになれないさっちゃんと。I'll follow you wherever you may go!
top pageうぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2009年7月22日 水曜日 午後5時46分私よりずっと深く気温18.3℃←■ギタリスト佐々木さん、つかまらん。母親が入院しているそうだけど・・・。とりあえず、自宅のポストに手紙を置いてきた。

【カフェ☆コーヒーの湯気。昭和プラス

ライブ・ハウス化 計画
その3

カフェ☆コーヒーの湯気。昭和プラスオーナー文雄ちゃんに、まずは、♪指がなくなる前にFFFロケット姉妹を観てもらおう♪の巻
text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2009年7月23日 木曜日 0:57Am)

前回までのあらすじ

2009年
4月29日(水)
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die扇柳トール
(おおぎやなぎ・とーる)さんから
「沼田町で、
♪指がなくなる前にFFFロケット姉妹
ライブ、
してくんない?」
声をかけられたうぇ〜ん!私。
4月30日(木)
とりあえず
うぇ〜ん!私は、
かんたんな(笑)企画を
考え、
積み上げられる煉瓦、ノマドの連歌♪タテワキさんへ
Give me your Mail !メールで相談。
5月1日(金)
ライブの企画を、
カフェ「昭和プラス」の
オーナー文雄ちゃんに
提案♪
ねぇ、やろうよー♪
なんとか、
説得(笑)♪
5月24日(日)
ライブ・ハウスのお手本
おじさん4人で体験♪

ジャックたちは、今夜もオーライ。
これが、う・わ・さの、ロケット姉妹♪

「よしっ!次は文雄ちゃん&若林博士と、6月7日(日)♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieロケット姉妹のライブのライブを観に行くぞっ!」
と、思っていたんだけど、あ、この日は娘の小学校の運動会だ〜。
6月7日(日)6Am
ドーン!
★ふれ!ふれ!は、応援だけど、雨は、降るなっ!すげー、どしゃぶりの雨の中、まさかの運動会を決行する花火。町中のおかぁさんたちが、あわててお弁当の唐揚げを揚げだした〜!
最近の天気予報は以前とは違って、地域ごと、時間ごとに、かなり正確になっているから、
この日の運動会の決行を考えていた保護者はほとんどいなかったんだよねぇ〜。
んで、
ロケット姉妹のライブは、小樽で。
私の住む沼田町からクルマで3時間ほど、南だ。
う〜む。
この日のライブは3Pmだから、無理かっ。
カフェ昭和プラスの文雄オーナーも、若林博士も、ロケット姉妹とは面識が無い〜。っーか、音すらも聴いたことすらない。
(そんなんで、文雄ちゃん、よくも&まー、私のライブ提案をOKしてくれたなー!)
ほんとーは、私が同行して、それ&ぞれを紹介し、仲良く(?)なってもらって、んで、カフェ昭和プラスでのライブの打ち合わせができたらいいんだけど・・・・・・。
なんせ、沼田の2人も、ミュージシャンの2人もシャイだからなぁー。
っーか、行けない私が一番、シャイなんだけどぉー。・・・・・・え?何か?
はたして、このシャイな4人が私抜きで、初対面同士でうまくライブの打ち合わせ、
それ以前に会話、
いや、もっとそれ以前に自己紹介ができるんだろーか?
9Am
運動会は、大雨の中、決行。
あまりの雨なので、ほとんどの観客は座ることすらできず、
立って傘をさしたまま、応援。
すぐにクツの中まで、びちょ&びちょ〜。

小学校の運動会と言えば、観客席の「場所とり」なんだけど、
不真面目な我が家は、まじめに場所をとったことがない。
で、立ったまま観るこの日に限っては「場所とり」の意味無し〜、なんでした〜。

小学校の先生たちも、開会式や閉会式を短くしたり、
なるべく児童がテントから出ないように工夫してくれているんだけど・・・。

雨はさらに激しく降り、子供たちは風邪を引かないのかなぁ。
新型インフルエンザが流行っている時期だし・・・。
さすがの事務局も、
大雨なので全てのメニューを実行することはあきらめ、
かなりの競技を省略して進行。

その結果、
児童たちはいっしょうけんめい練習したメニューを
親たちの前で披露できなかったんだけど、
そこまでして大雨の日に運動会を決行する説得力は薄いんじゃないのかな。
どすこい?よさこい、さぁこい♪
子供は、雨でも手を抜かないよね〜。
傘じぞー♪

10Am
小樽のライブへ向かう若林博士が、運動会の会場に顔を出してくれた。
この大雨だから、運動会が途中で中止になるんじゃないのかなぁーと、私をライブに誘いに来たみたい〜。
博士ぇ〜♪
「博士、こんなんですぅ〜。もー、ぐちょん&ぐちょん。」
「私、行けませんけど、ロケット姉妹によろしくね〜♪」
久保、髪の毛、長っ。

結局、びしょ濡れの私を沼田小学校のグラウンドに残し、
若林博士と、文雄ちゃんは小樽へ南下したんでした〜。

うぇ〜ん!「あ!若林博士、ロケット姉妹の写真、撮ってきてね〜!!」

3Pm
小樽 なまら、生活っ〜♪
〒047-0024 北海道小樽市花園3-6-6  国道五号線からグリーンロードをちょっと海側に下った左側♪
Tel/Fax 0134-61-7930
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieロケット姉妹 "Rocket sisters"ライブ
料金 \2500 (ワンドリンク付き)
歌を届けるために♪
カフェ昭和プラスの文雄オーナーと、若林博士が初めて観る&聴く、ロケット姉妹のライブが始まった・・・・・・!
胸に♪
ロケットだから、今朝の運動会の花火のよーに(?)火を吹いて飛んでいってしまうかと思いきや、
やさしくシンプルに、東西の名曲を味わい深い言葉にのせて歌います。
セロリを買いに市場へ行進しようよ♪
どことなく懐かしい柔らかなアコーディオンの音色と、優しさあふれるヴォーカルで女性の心を日常の風景にのせて表現し、
ポップでカラフルな音楽を作り続けているシンガーソングライター・タテヤマユキと、
様々な伝統楽器、現代楽器を使いジャンルを超えた音楽を多数制作している扇柳トールによるユニット。
オリジナルはもとより、歌謡曲、童謡、唱歌、トラッドなども独自の解釈と美しい日本語のハーモニーで演奏する。

ほーら、また始まる。これもまた、歌♪
おおお。
文雄ちゃん、なじんでるー。
そしてライブの後には、夏は、屋上でビア・ガーデンじゃあ!来てね!「ロケット姉妹と呑む会」
おつまみ代1000円で、飲み物はオーダーも取るけど、持込み自由♪

出てきた料理に文雄ちゃん、びっくり!
「・・・・・・こ、これ、1000円じゃ、もろ、赤字だぞ〜、おい。」

ここ、Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!なまらやのオーナーは、
東京で画家やミュージシャンをしつつ、
「うまいものを喰って、楽しい生活を♪」と、
なんの身よりも無い北海道に、つい1年前にふらりと来たばかり。
ここ、「洋食台処なまらや」を開店したのは、なんと、まだ8ヶ月前の、2008年10月!

だいたい、この日のライブの客も11人だった。
それでも、すてきな音楽と、すばらしい料理と、楽しい会話。
重要なのは、汗を流して無理して前売り券を押し売りすることなんかじゃないんだー。

「・・・・・・。」
文雄ちゃんの気持ちは、この瞬間、なーんか、できがったみたい♪

もぐ&もぐ、バスクラ嬢♪
こんなスゲエことが、沼田町でできるのか?
・・・・・・ま、楽しいから、できそー♪そーゆーことだ。
あ!むっくさんだ〜。むっくさん的な人は、今、どこ?
しかし、おい、この料理、めっちゃ、うめーぞ。
ここのオーナー、ただもんじゃないな。
笑うために、ここへ来た♪
なまらやオーナーの二人♪
左が、イラストレターでもある、宮澤 英子(みやざわえいこ)=ガンコちゃん。
右が、旅と酒と音楽を愛し、生活を楽しむ荒井 正輝=ギタロー。
もうすぐ、沼田町で♪
ロケット姉妹のふたりと、
なまらや料理担当の荒井正輝と、
カフェ「昭和プラス」の上林 文雄(かんばやし・ふみお)オ〜ナ〜♪

終わりじゃないよ。ほんとだよ。だって、ほーら、また始まる。これもまた、歌♪
Jazzzzzzzzz!! クールの意味を知りたくて。「たてなが」
クラリネット嬢=長崎亜希子も混じって、
「なまらや」の店先で〜♪
ここでも、★ふれ!ふれ!コマネチかっ!?
なんだか、つながる、がはは。笑える。
こいつらなら、楽しくやれるわい〜。
チラシができれば、もう後戻りはできない(笑)。
日時;2009年7月24日(土曜日) 7Pm
場所;カフェ昭和プラス
金;当日2000円、前売り1800円、それぞれと、当日、昭和プラスで1品以上オーダーすること。
電話の予約も、前売り料金になるよ〜ん♪

むしろ、小樽にまで久保が、一緒に行かなくて良かったみたい。
だってさ、
かえって、文雄ちゃんが彼らと「生」に知り合えることができたから。
こーゆー出会いも、あるんだな。
す・ば・ら・し・い。
だって、「ライブ」って、「生活」ってことだから。

いよいよ、ロケット姉妹の沼田町でのライブが現実化してきた。
もうすぐだけど。
・・・・・・。
がくっ。

つづく。


うぇ〜ん!あ、そう&そう、
ロケット姉妹の沼田町でのライブは初めてなんですが、
姉妹の「姉」の扇柳トールさんは、
1997年6月28日(土)の、元「ふきのとう」の、♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die細坪基佳ふるさとコンサート』に、
マンドリンの担当でライブに来ています♪

当時、沼田町商工会青年部の部長だった私が実行委員会で準備した記憶があります。
そう言えば、今やライジングサンのプロデューサーとして大活躍の
ウェスの山本博之さんと出合ったのも、この時のライブだったな〜。

ライブ後、私は細坪さんと朝まで(がくっ。)酒を呑んだのですが、
頭痛持ちのトールさんは、酒を呑まずに帰宅したんでしたね(笑)。
扇柳トールさんは、細坪さんのライブや、CD参加の常連ミュージシャンなんですよね〜♪
「ふるさとで日ごとに出遭う夕まぐれ林のなかに縄梯子垂る」吉川宏志