ピンクのクマのプールで、さっちゃんと。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
訃報 上田 現(うえだ・げん、
1961年3月3日〜2008年3月9日)、肺癌で死去。享年47歳。
text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (更新日;2008年3月11日 10:59Am)
上田現のララバイ。
兵庫県宝塚市出身。
1984年、パンク・バンドとテクノ・バンドが
合体したロックバンド、レピッシュを作る。
2006年末、「腰痛」を理由に活動を
控えてきたが、実際は癌だった。
それでも、2007年10月21日、
20周年を迎えたレピッシュの
再結成ツアー東京公演(渋谷AX)に
出演。また11月23日放送の
フジテレビ『僕らの音楽』でも
バンド、KEMURIと共演ていた。

レピッシュ脱退後、ソロ活動と並行し、
歌手・元ちとせ(29歳)のデビュー曲
「ワダツミの木」を作詞、作曲し、
プロデューサーとしても
高い評価を得ていた。

下記は、『共犯新聞』賢人会(?)の
アルミニウムの涙。アルミニウムマニアさんからの弔文。
追悼・上田現
2008年03月11日(火) 4:37Am

上田現が死んだ・・・。大変なショックである。

彼は私の大学時代の同級生である。
当時、彼は明治大学軽音楽部で「ローグ」と
人気を二分していたバンド♪クリックして、見よっ!「レピッシュ」
ブイブイ言わせていたキーボーディストであった。
私が卒業就職した年に、彼らはデビューした。
当時、私の会社の後輩が偶然「レピッシュ」の
ヴォーカルのMAGUMIと友人であった事もあって
新宿や渋谷のライブ小屋に
何度となく足を運んだものだ。
上田現と飲んだ事もある。
当時からオッサン臭い老けた顔をして
小難しい事を喋っていた事を思い出す。
もう四半世紀近くも前の事だが。

過激なスカパンクでステージで
キーボードを破壊させたかと思えば、
一転、
静謐な現代音楽のようなピアノを弾いたりもした。

あらゆる音楽に深い造詣を持ち、
やがてソロ活動を行う頃には
独自の音楽観を打ち出し、
プロデューサー業でも注目を浴びていた。
元ちとせの「ワダツミの木」で
作詞作曲を手掛け大ヒットし、
これから熟練の音楽活動を広げるものと
期待されていたのだが・・・。

若すぎる。 と言うか私と同い年。何で死ぬかな・・・。
タバコの吸い過ぎだろがよ。
勿体無い才能がまた一つ消失した・・・。

17年前の彼のソロ1stアルバム『コリアンドル』を
聴きながら追悼する。
天国でスカ・レゲエ演っとけ、アホ!
make名作!

Megumi!

make名作!

PS.
すっごい昔の話なんで知り合いと言うほどではないのですが、
私、一時追っかけっぽい事してました。
当時の明大の軽音って今考えると凄くて、
ブルーハーツのメンバーやJAGATARAのメンバーも居たのです。
結構、同級生に近い所です。
未だに現役アーティストで頑張ってる連中が多いみたいです。

でも上田現が死ぬなんてのは未だに信じられません・・・。

うぇ〜ん!私は1984年ごろ、
「ローグ」とは渋谷のライブハウス『屋根裏』で何度も共演していたから、
もしかしたらその頃、アルミニウムマニアさんともすれちがっていたかも。
最後に、私が一番好きな上田現の曲を、少しばかり。
レピッシュ
♪クリックして、見よっ!「ハーメルン」
作詞&作曲;上田現
(1990年)
make名作!
となり街から 不思議な楽団が
又 となりの街へ
ぼくの部屋の 窓の外を ゆっくり通り過ぎる
いろんな人に 会ってきたんだね
いろんな街を 歩いてきたんだろう?
この先もいろいろと 行くんだろう?
連れてってよ 連れてってよ 連れてってよ
笛なら吹けるよ
太鼓もたたくよ
ネェ あの歌を教えてよ
ダンスはヘタだよ
でもけんめいに踊るよ

・・・・・・

月が昇れば
丘にのぼろう
ネェ あの歌を歌ってよ
オー ララララララ オー ララララララララ
ララララララ ララララ オー
こうして ぼくの街の子供達は
一人もいなくなったのさ