IconI'll follow you wherever you may go!
『共犯新聞』NEW YORK地 図映画
moto_kubo@hotmail.com
Lazin' on a sunny afternoon
CDが記録する全てを・・・The Kinks
”Sunny Afternoon”
ザ・キンクス 「サニー・アフタヌーン」
Recorded 13 May 1966 at Pye Studios.
From the album "Face to face" (1966年)
作詞&作曲;Ray Davies / レイ・ディヴィス(1944.6.21生れ)
訳詩;久保AB-ST元宏(1962.3.31生れ)

Intro:

Dm Dm/C C/B B/Bb Bb/A A/G G/F F/E E
Dm Dm/C C/B B/Bb Bb/A A/G G/F F/E E
偉大なるK
Text by 久保AB-ST 元宏(更新日;2004年9月16日)
鮎川誠(1948 年 福岡県久留米市生れ、ギタリスト)
〜『DOS/Vブルース』(1997.1.6 幻冬舎)より


CrazyやCoolなどのCで始まる言葉を
Kに変えて使うやつらというのは、
相当に突っ込んだり、
ひねくれたり、
自己主張が妙に強かったりする。
Krazy Kool Katと、KKKで書くようなやつって、
僕は好きな人種なんだ。


そんなワケで、鮎川誠のバンド「シーナ&ロケッツ」は、
ROCKETSの表記を、ROKKETとしている。

なんだかよく分らない世界だが(笑)、
キンクスの大ファンである音楽評論家の松本康は、
「趣味のテープ編集に Kompiled by Kinky Koh と
クレジットを書いては悦に入ったり」しているという。

つまり、ロックっぽいアルファベットが「K」だとゆー コト。
ああ、私の名前がKuboで良かった(がくっ)。

そんな一見、ナンセンスなことも、
実は偉大なるロック・バンド、
The Kinks」へのリスペクトからなのだ。


▲Ray Davies / レイ・ディヴィス ; vo, g
(1944.6.21 イギリス、ロンドン北の郊外、マスウェル・ヒル生れ)

ピーター・バラカ ンへのインタビュー
〜『レコードコレクターズ増刊号 British Rock Vol.1』より

日本在住の音楽評論家、DJ
(1951 イギリス、ロンドン北の郊外、マスウェル・ヒル育ち)


―「サニー・アフタヌーン」は、お金持ちが税金をがっぽり
取られちゃう歌ですね。

「この歌の主人公は貴族で、
イギリスでは貴族は相続税をたくさん取られて、
のこるのは大邸宅だけ、
仕方なく屋敷を観光客に公開して生活している、
みたいな話が60年代によくあったんです。
それを下敷にしているんだと思いますね。
主人公はお金がないので、
自分のヨットを走らせることもできない(笑)」

■ザ・キンクスはイギリスでは文句なく超一流の伝説のバンドだ。
しかし、なぜかアメリカや日本では、なかなか売れない。
ピート・タウンゼ ンド(ザ・フー)の発言
☆ぐるぐる腕を回せ!The who!「だらだら出てくる言葉は文章になっている。」
「戦わず、理解しようとし、座り込み、観察し、
情況にユーモアを見出すレイ・ディヴィスの人生観に、
アメリカ人が何の関係があっただろう。」
Verse 1:

Dm C
The taxman's taken all my dough
税務署は遺産暮らしのぼくの全てをとりあげた
F C
And left me in my stately home
そしてぼくは、からっぽの豪邸でポカ〜ン
A /G /F /E Dm
Lazin' on a sunny afternoon
ポカポカの昼下がりに、ただダラダラとすごすのさ
★大義が生む不幸♪そして、歴史は夜作られる。
♪1965年7月に発売された10枚目のアルバム。チャートは2位まで上昇した。 C
And I can't sail my yacht
もうヨット遊びもできゃしない
F C
He's taken everything I've got
やつはぼくの全てをうばったんだ
A /G /F /E Dm
All I've got's this sunny afternoon
やつが置いていったのはこの陽だまりだけ
Chorus 1:

D7 G7
Save me, save me, save me from this squeeze
この苦しみからぼくを助けて、助けて、助けて
C7 F A7
I got a big fat mama tryin' to break me
ブクブク太った女王がぼくを破壊しようとするんだ
Dm G7
And I love to live so pleasantly
ぼくの生活信条は「楽して生きる」なのよネ
Dm G7 C7
Live this life of luxury
たのむからゼイタクさせてチョ!
F A7 Dm /C /B /Bb
Lazin' on a sunny afternoon
ああ、なんてノンビリとした昼下がり
A /G /F /E
In the summertime
夏の間は楽させてネ〜
A /G /F /E
In the summertime
夏の間は楽させてネ〜
A /G /F /E
In the summertime
稲刈りが始まったら、少しはマジメになるからさぁ
★いちころよ♪2003年4月9日水曜日
Let me take you there.
Verse 2:

My girlfriend's run off with my car
ガールフレンドはぼくの車を盗んで逃げ、
And gone back to her ma and pa
ママやパパんとこへ帰っちまった
Tellin' tales of drunkenness and cruelty
どーせ、酒池肉林や虐殺のガセネタ披露
Now I'm sittin' here
ぼくはと言えば、ここに座って
Sippin' at my ice-cooled beer
キリリと冷た〜いビールをペロペロなめてる
All I've got's this sunny afternoon
金も女もないケド、午後の陽だまりサイコー
Chorus 2:

Help me, help me, help me sail away
助けて、助けて、誰か、ぼくを船で逃げさせて
Or give me two good reasons why I oughta stay
さもなきゃ、ぼくがここにいる理由を2つ考えてくれ
'Cause I love to live so pleasantly
ひとつ、ぼくは楽チンな生活が大好きなんだモン
Live this life of luxury
ふたつ、ゼイタクに生きようぜぇー
Lazin' on a sunny afternoon
午後の明るい日差しはポカポカ
In the summertime
でも、もうすぐ日が暮れる
In the summertime
はぐれちまった赤トンボは季節が変わると死ぬ
Mr.Santa Clause is demise(ディマ!イズ)!










--------------------------------------
From: Harlan L Thompson

SUNNY AFTERNOON- The Kinks

Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb A A/G A/F A/E
Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb A A/G A/F A/E

Dm C7
The taxman's taken all my dough
F C7
And left me in my stately home
Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb Dm
Lazin' on a sunny afternoon
C7
And I can't sail my yacht
F C7
He's taken everything I've got
Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb Dm
All I've got's this sunny afternoon

CHORUS #1:
D D7 G G7
Save me, save me, save me from this squeeze
C7 F A7
I got a big fat mama tryin' to break me
Dm G
And I love to live so pleasantly
D7 G7
Live this life of luxury
F A Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb
Lazin' on a sunny afternoon
A A/G A/F A/E
In a summertime
Dm Dm/C Dm/B Dm/Bb
In a summertime
A A/G A/F A/E
In a summertime

My girlfriend's run off with my car
And gone back to her ma and pa
Tellin' tales of drunkenness and cruelty
Now I'm sittin' here
Sippin' at my ice-cooled beer
Lazin
CHORUS #2:
Help me, help me, help me sail away
Or give me two good reasons why I oughta stay
'Cause I love to live so pleasantly
Live this life of luxury
Lazin' on a sunny afternoon
In a summertime, in a summertime
In a summertime

REPEAT CHORUS #1


Dm/C Dm/B Dm/Bb A A/G A/F A/E
E --1------1-----1------------------------
B --3------3-----3----2----2----2----2----
G --2------2-----2----2----2----2----2----
D --0------0-----0----2----2----2----2----
A --3------2-----1----0-------------------
E -------------------------3----1----0----
(one could alternately keep on the Dm and add the bass notes
all the way down to E)

(from Face to Face, 1966, also on Greatest Hits)
(sent by Harlan at harlant@hawaii.edu)

--------------------------------------
Date: July 26, 1999 5:28 PM
From: Jonathan Longstaff, durandal@newearth.org


Here's the ending to Sunny Afternoon:
Using a Dm fingering, pluck the B-string once, then the G-string three
times-do this several times while fading out.


俳句は、パンク。今日の一句
遠いのは、道?それとも、山?
目を閉じて
空に溶け入る
夏山路(やまじ)

(久保元宏 2002年8月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴 史から飛び出せ!
切断面としてのフロンティア。たとえば→12月31の歴史
君はほんとうにぼくを手に入れた。

Happy Birthday
to
Mr.
俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DiePete Quaife !