あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
ONO
Y
OKO

E


S

Is war over?John Lennon
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die共犯意訳 ジョン・レノン「Watching The Wheels」 (更新日;2009年10月9日 0:39Am)
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die共犯意訳ジョン・レノン「#9 Dream / 『9本目の夢』」 (更新日;2009年11月10日 火曜日 0:52Am)
パラパラ・・・ジョン・レノン『ビートルズ革命』の出版社が、倒産っ。 (更新日;2008年1月11日 3:39Am)

2010年2月2日 火曜日 午後10時10分たどりつけるのかな。上がる権利はあるのかな。気温-9.5℃←■ついに、Twitterに参加しちゃった。いきなり、オノ・ヨーコからすぐに返事。・・・・・・本人!?それとも、Twitter専属スタッフ?

ONO
Y
OKO

E

Burn Thi
S
Book After you're read it.

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2010年1月16日 土曜日 3:49Pm)
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!ミカキチ・ボーナス・トラック付き♪ (2010年1月17日 日曜日 1:10Am)

今朝の、NHKテレビ・BS2『週刊ブックレビュー』で私の記憶に残ったこと。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!実は・・ものすごーく楽しみにしていたのに、見逃したのだった・・・・
昨夜、ちょっと気持ちが沈んでいたので、前回の録画を観て、次回予告を観て、すっごい楽しみにしていたのに。
やっぱり、ビデオで録画予約を入れておくべきであった(そういうことが苦手なのでつい手を抜いてしまって失敗)。

1.山崎ナオコーラが取り上げた村田沙耶香の小説『ギンイロノウタ』に、
  北上次郎があからさまな不機嫌顔をしたことに、さわやかさを感じた。
  北上の本への愛の強さに打たれた、って風な、さわやかさ。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!山崎ナオコーラは、前回(じゃないかも知れないけれど、前回見た時)登場した時に、
ラディゲの『肉体の悪魔』を紹介していて、
それをやはりゲストの五味太郎(すっごいかっこいい)にあっさりと、
「すっげーつまんない話ですよね」と言われていた(笑)。
それがまた、すっごい素晴らしかった・・・何もかもが。
確か、その時も、藤沢周だったんだと思うんだ。
そして、今回の、久保兄が言ってくれたようなのとは違うけれど やはりフォローをしていて、
そのフォロー具合に、私は、作家のセンパイとしての愛と、編集者としての彼の力量の、両方を見た気がして
作家としての評価はまだ定まったものを彼に対しては持っていないし、
普段、さほど驚くほどの意見を言ってくれてるとも感じてなかったんだけれど、すごく彼のことを好きになった瞬間だった。
そして、たぶん、北上次郎と、種類はもちろん、立場?が違うから、違うだろうけれど、
五味太郎が五味太郎にしか出来ず、そして五味太郎だから素晴らしくなる、
その正直な意見そのものも、本当に素晴らしいと感じた。

  同時に彼が伝えたかったことは、(たとえば)老いた実親の悪い癖はもう指摘せずに、そっと、ほおっておくような
  優しさでもあり、寂しさでもあり、それらをひっくるめれば、実は「冷たさ」である、とゆーこと。
  (つまり、「冷たさ」も愛のうち。)
  それは今日の朝日新聞の別刷に連載されている高橋睦郎「花をひろう」で紹介された釈超空(折口信夫)の短歌を、
  高橋が、「熱く、しかしさみしい」と評したのと、呼応するかのような朝の空気だったんでした。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!すこし、違うことに流れるかも知れないけれど
(ここに書いてあることそのものも、私には、とてもよく解る、解っている、つもり・・)
よしもとばななのウェブ日記(こればっかり)で、読み返した中に、
作家の大先輩達が、
「我々年寄りから見ると、君の小説のここの部分はすっごく甘くてダメだ、ということがよーく解るけれど、
それは今は言わないでおくよ」という保留の元に、そこを絶妙に丁寧に避けていいところを褒めてくれる、
その、「言いたいことは山ほどあるが、そこはぐっと堪えておくよ」というパワーほど、
自分を励まし、緊張させ、育てるものはない。
と書いていて、すごい、なんてよく解る表現だ、と、感動していたところだったの(線が引いてあった・笑)


2.上記の流れで、司会者の藤沢周が、北上と山崎の間に流れそうになった嫌な空気をとりつくろうように言った、
  「”ちゃんと女性を書く。”とゆーことは、”他者を書く”とゆーことです。」
  とゆー発言は、すばらしい。
  たぶん、凡庸なアナウンサーならば、くだらない仲裁をするか、話題を変えるだろう。
  話題を変えずに、その先にまで持っていった藤沢は、ナイスなライブ・パフォーマンスを見せてくれたんでした。
  彼は1959年1月10日生まれで、
  小説家であり、以前に編集者をしていたから、きちんと鍛え上げられているんだろうなぁ。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!ほんと素晴らしいね・・・
で、NHK『週刊ブックレビュー』の良さって、
人のぶつけ方にも、それ(ライブの良さ)が最大限に発揮されるべく、きちんと考えて、
基本的にも、そして冒険も込めて、アレンジされてるのがわかって、やはりいい番組だなーといつも思う。
藤沢周のフォローのように、
基本的に、メイン進行役は、
決して「無難に着地」を目指さない真摯さをキープすることを最大命題姿勢として保持してるし、
そこを喜びとしてゲストが参加してるし。

昨夜は、12月の番組の録画も見たんだけれど、
いしいしんじが登場した時のやつで、彼は、とにかくちゃんと喋るから、すごく面白い・・・・
と、私は思っているんだけれど、
昨日録画でみたやつは、その能力が最大限に発揮されるほどの紹介本ではなかったのだけれど
紹介作品によっては、よくこれだけの短時間でこんな濃い、逃げのない議論をおっぱじめてしまえるなあ。
というほど、真剣に語っていて、
文学賞選考会での発言の面白さと同じく、
信頼出来る書き手は、批評もやっぱ面白いよ〜〜。ということをしみじみ噛締めるのでした。
そしてまた、最近「同世代」について考えてる私は、
いしいしんじも私には同世代であると自分が感じてるかも。ということを思っていた。

道を開けなさい。風のために。

3.後半のオノ・ヨーコの発言。
  「本を出版するということは、インフォメーションをシェアしたいため。」って言い回しは、優れて翻訳的言語で、いいなぁ。

さわりなさい。飛びなさい。約束しなさい。

4.さらに、オノ・ヨーコは、「健康」という言葉を印象的に数回使った。
  たとえば、「健康になるために闘う。」(←まるで違う言い方だったとは思うが・笑。)。
  もちろん、精神的「健康」なんだけれど、これも、優れて翻訳的言語でいいなぁ。
  その良さは、反対語の「不健康」を対比でイメージすればより掴めるんでした。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!観たかったな(笑)
ここで使用されてる「健康」という言葉への、ここに書かれてる感動??は、
私が、共犯ゲストブックで久保兄が「正気を保つ」という言葉を使用した際に感じたものと似てる気がするな。

そして、またしても、よしもとばななの日記で、昨夜、「健康」について書いたのを読んで、
ありふれたことで一行なのだけれど、自分としてそこに感じ入っていたことと、ここで書かれてることが繋がってる、
とも、読んで、思ったのでした(どうでもいい話だけれど・笑)


5.オノ・ヨーコの表情がよかったんでした。
  ある種の「余裕」の表情であることは間違いないんだけれど、
  情報(=つまり、「人生」。)をインタビュアー(=もちろん、藤沢周)よりも多く得ている者だけができる、
  いつでもユーモアをドロップできるわよ(=個性の差で言えば、「茶化すことができる」)、
  それは、いつでも会話を最も難解なところにまで運べるわよ、って表情なんでした。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!オノヨーコが若くて、前衛芸術家として悶々としてる頃のことを書いた文章。を、読んだ時の私の感想は、
そういうトコロを通り過ぎて
初めて?ほんとーに(という表現もすごくナンだけれど・・・・・・・)こうしたカッコイイ余裕のある「オトナ」になれるのだなあ。
というようなことを感じたからだった、のが、とても大きいのだけれど、
上品な人にしか下品なセックスが出来ない、というのと、実は全く同じ地平のことなんだけれど(笑)
公平じゃないと軽蔑も出来ない、とかね笑笑

あ、もうひと掘り、書こうと思っていたことがあったのを、書いてるうちに忘れてしまった。

  その絶妙のボリュームの微笑を絶やさない表情は、「母」、「女神」ってイメージに修練されるんでしょうねぇ〜。
  ここに、上記「2」の”他者としての女性”の概念を融合させれば、遠いところ(=面白いところ)に行けそうだね。
ミカキチ@ろーらに、雪かき@ローターを!うん。
今日は吹雪いてる。早めに病院に行かないと、帰って来れなさそう。

この本を燃やしなさい。読みおえたら。
あなた自身からぬけだしなさい。
町を歩くあなたを見なさい。
あなたを石につまずかせ、転ばせなさい。
それを見守りなさい。
自分を見ている他人たちを見守りなさい。
あなたがどんなふうに転ぶのか
注意ぶかく観察しなさい。
どのくらい時間がかかるのか
どんなリズムで転ぶかを
スローモーション・フィルムを見るように観察しなさい。

翼を持ったケモノが飛んでゆく。国境を超えることはできない。 ほら、例の
『共犯新聞』の
ゲストブックだよ。
ぼくらは
同じ情況を
噛み砕くけど、
歯の感触は
それぞれ違う。
君の歯を見せて。
その向こう側にイクための、コトバ。


本当にモテる人って、「一緒にご飯を食べたいと思う人」なんだろうなあ。

爽(さわ)やかに
新車の革(かわ)に
沈む腰
(久保元宏 2001年9月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→2月18日の歴史

「久保さん、やっと見つけたんだと思った」の時。

Happy birthday to
Ms. 我々はその風景の奥にあるものを解析しなくてはならないということだ。(使いみちのない風景)Yoko Ono !

俳句は、パンク。今日の一句
あの声は!?・・・よいやさぁーー!!
夏の夕
脱ぎ捨てられた
子供靴

(久保元宏 2002年6月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴 史から飛び出せ!
た とえば→8月27の歴史
ぼくらがウルトラ・セブンに夢中だったころ、世界のヒーローはシカゴ・セブンだった。
Chicago police beat people !

2013年2月21日 木曜日 午前0時10分手をつなごう。 気温-10.2℃←■オノ・ヨーコの3日後にニーナ・シモンが生まれているんだ。もし、ジョンがニーナと結婚していたら、ニーナ・レノン。

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→2月18の歴史
女性上位\(~o~)/
Happy Birthday
to
Ms.
俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieYoko Ono !

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→2月21の歴史

Happy Birthday
to
Ms.
Nina Simone !

oo