さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book グルメとは、肉体の共犯♪好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2018年
3月
映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。

2018 年 3月 5日(月) 8:30Pm10:39Pm
アカデミー賞が決まった日に観た『シェイプ・オブ・ウォーター』は、多様性を求める『ラ・ラ・ランド』。
ディノスシネマズ 旭川
55歳以上ジジイ割引 \1000
原題;『The Shape of Water』
監督&製作&脚本;ギレルモ・デル・トロ
脚本;ヴァネッサ・テイラー
製作国;アメリカ
製作;J・マイルズ・デイル
撮影;ダン・ローストセン
編集;シドニー・ウォリンスキー
音楽;アレクサンドル・デスプラ
衣装;ルイス・セケイラ
美術;ポール・オースタベリー
出演;サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー、デ ビッド・ヒューレット、ニック・サーシー、ナイジェル・ベネット、ローレン・リー・スミス 、マーティン・ローチ、モーガン・ケリー
透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼 2018年3月15日(木) 2:25Am
泣く子も黙る(?)今年度アカデミー賞で、作品賞&監督賞のギレ ルモ・デル・トロ監督のスピーチ、「私たちは優劣をつけた いのではない。平等になりたいだけ。」は、泣ける。この映画、予告を観ると、とってもロマンチック♪なんだけど、実は、この映画、エロ&グ ロ。だからこそ、ロマンチックなんだ。
つまり、これは、へんたい=アウトサイダーに寄り添う映画。ってこと は、へんたい=アウトサイダーに寄り添う映画が、今年度の最高作品だ、ってことだ。つまり、それが、平等
じゃあ、その逆は何?ってーことなんだけど、たとえば、トランプ 大統領 とか、公文書改ざん。だからこそ、この映画は、ロマンチックで、美しい。平等は、ロマンチックで、美しい。
映画の舞台は1962年。 泣く子も笑ううぇ〜ん!久 保AB-ST元宏が生まれた年だ。イギリスではビートルズとローリング・ストーンズがデビュー。つまり、ロック元年なんだけど、ビートルズがアメリカに 「輸入」されるのは2年後の1964年。ロック以前のアメリカは、アメリカン・グラフィティの世界。ちなみに、ジョージ・ルーカス監督&脚本の1973年 の映画やっぱ、映画館で観たい♪『アメリカン・グラフィティ』初公開時のキャッチフレー ズは、「1962年の夏、あなたはどこにいましたか(Where were you in'62 ?)」。ベトナム戦争に突入する前のアメリカの「楽しい時代」を描いた名画だ。しかし、同時に「楽しい時代」とは、誰にとって「楽しい時代」なの か?とゆーこと。たとえば「中東に平和を。」と訴えたところで、「誰」にとっての「平和」なのか?とゆー懐疑を持って思索せねばならない。
1964年、ロックはアメリカに異教として「輸入」された。つ まり、ロックは白人社会のへんたい=アウトサイダーだっ た。「常識」のある白人のオトナがロックを排斥しようとしたのは、正しい。だって、ロックは白人と黒人を融合したのだから。そして1964年8月2日、ト ンキン湾事件が起こり、アメリカは本格的にベトナム戦争の泥沼に踏み込む。
戦争に代表される愚かな状況を導かない常に相対化の更新をし続け る時代の第三者としてのへんたい=アウトサイダー。 ギレルモ・デル・トロ監督は、「私たちは優劣をつけたいの ではない。平等になりたいだけ。」とスピーチした。



2018 年 3月31日(土) 9:50Pm0:00Am
テーマは、自由。
ユナイテッドシネマ札幌
夫婦どちらか50歳以上割引 \1100
原題;『The Post』
監督;スティーヴン・スピルバーグ
脚本;リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
製作国;アメリカ
製作;エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
撮影;ヤヌス・カミンスキー
編集;マイケル・カーン
音楽;ジョン・ウィリアムズ
衣装;アン・ロス
美術;リック・カーター
出演;メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グ リーンウッド、マシュー・リス
透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼 2018年4月3日(火) 2:27Am
洋 楽ロック雑誌『ロッキング・オン』が、よーやく大学生のミニコミ臭から抜け出して、海外ミュージシャンのグラビア写真やインタビューを掲載し始めた 1979年10月号に白黒で1ページだけとは言え、突然、日本のミュージシャンのインタビューが掲載された。当時、洋楽ばかり聴いていたイナカの高校3年 生の私は、それに驚いた。そも&そも、日本にロックがあるの か?ってな驚きだ。もっと驚いたのは、そのインタビューで語られている言葉のクォリティの高さだ。それは、P−modelだった。雑誌にクレジットはされ ていないが、おそらくボーカル&ギターの平沢進の発言だろう。この古雑誌は今も共犯書斎にあるので、今、取り出して読み返すと、ぜんぶを抜き書きしたいく らいすばらしい。特に、「音楽は、今の状態の中での個人的な存在を認識し確かめるための、使い捨ての手段だ。」と、レコードは「本当はソノシートで出したかった。その辺の店先にぶら下げられてあって”こ れちょうだい”ベリッ!とはがして買われるような。」 は、その後の私の生きざま(?)とシンクロしている。現在、音楽の流通形態はレコードやCDなどのパッケージから、データやYouTubeに移行中だ。こ れは、平沢がずーっと前に言ってた「ソノシートで出したかった」発言の未来形だ。私が 1979年の段階で、この未来とスグに合意できたのは、このスタイルは、ほぼ新聞であり、当時の私は高校の新聞会で勉強もできないくせに(がくっ。)教師 ににらまれながら、連日、教師が不快になる内容の新聞を全校生徒に向けて出しまくっていたのだ。
この映画は、ソノシートのように作られた。スピルバーグ監督は朝 日新聞のインタビューに、こう語っている。→「脚本を読んだのは2017年2月」、「2017年中に完成」、「自分の作品で最も短期間で完成」、「この映画は私たちにとっての『ツイート』」。ここまで 大監督をふるい立たせたのは、2017年1月20日に就任したトランプ政権が撃たれたい夜。トリガーだと言う。この姿勢は同年公開のやっぱ、映画館で観たい♪『15時17分、パリ行き』が実際の事件の当事者たちを出演させて超☆短期間で映画を作り上げた クリント・イーストウッドと同じだ。かつて映画は企画から公開まで数年かかる鈍い巨大プロジェクトだったのだが、今、時代は映画を即席で作れるプラカード にしようとしているのだろうか?それだけ表現者に切実感 があるのか。
この映画は、アメリカ政府はベトナム戦 争に負けると分かっていながら、負けた時の責任者になりたくない理由から、ずるずると終戦≒敗戦を引きのばしているこ とを記録した最高機密文書を 入手した新聞社が、権力からの圧力で悩みながらも、報道に踏み切った実話だ。スピルバーグは、この「映画の筋は記事を出すか出さないかの一点」と言う。だ から映画には議論の場面が多い。その結果、忘れられないセリフが多くある。たとえば、『報道が仕えているのは国民であって政府ではない』と か、『報道の自由を守る方法は一つ。報道することだ』 とか。
まさに今の日本で現在進行形の朝日新聞が報道した佐川アッキード事件だ。つまり、自由というテーマは時代も国籍も超える普遍なのだ。それ を証明しているのは、高校新聞を出しまくった後、俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieパンク・バンドで新聞記事のように曲を書きまくって、56歳になってもいまだに『共犯新聞』を発 行し続けている私だ。







やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 誘拐の掟』(更 新日;2015年7月4日)
やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie メイズ・ラン ナー2 砂漠の迷宮』(更 新日;2016年2月18日)
やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 『チア☆ダン』(更 新日;2017年4月12日)
やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 『希望のかな た』(更新日;2018年3月2日)
やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 『ス リー・ビルボード』(更新日;2018年3月2日)
やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 『シェイプ・ オブ・ウォーター』(更新日;2018年3月15日)

























青木昌彦氏の21世紀!続けられる越境ゲーム。青木昌彦
さんが新書を出したことに驚いた。
しかし、「越境」がキーワードの彼は、
時代フレンドリーであり続けて来た。

そして、なんと!
amazon 書評欄での批判に対して、
青木さん本人が反論
したのだ!
その議論は、やり取りが続いた。
かつて青木さんが『共犯新聞』を読んで
私にメールをくれたことを想い出した。

自由を得た知性は、
なによりも魅力的だ。


政治を取り戻すために。 政治 ★ Politics 選挙2015当選 メール (更新日;2015年5月6日)




 おおお! 「低徊」とは、疑問は、論理の親だす。物思いにふけりながらてく&てく歩いた、他人の宇宙☆ブラブラ、手法は、たま&たま、同じ・かも。


田中千博の世界