あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。好 物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com

独占報告☆帰ってきた!2017年やっぱ、映画館で観たい♪11共犯映画賞

日本時間;2018年1月22日(月) 4:27Am 発表♪

うまうま、くまくま♪もう何があっても私は自分と自分の運命を許さなくてはならないなって思ったんだ(笑)この賞は 2017年にもしも、あそこで逢っていたのなら。久保AB−ST元宏が 映画館で★赤い眼球を、赤いタンバリンに捧げよう。観た全作品、159本がノミネートの対象となる。
したがって、審査員は久保AB−ST元宏、一人だけ。

もし、映画制作関係者で「なぜ私の作品がノミネートされていないのだ!」と不満に 思ったら、
共犯新聞社まで映画の招待券を贈ってくださいませ♪

(↑と、書きつつ15年目だが、いまだに招待券が送られてきたためし、なし。が くっ。)
それにしても、映画館も無いイナカ町に住む55歳の初老が一年間に159本の映画を映画館で観るのって、
多いんだろ〜か、少 ないんだろ〜か?


過去の共犯映画賞 やっぱ、映画館で観たい♪2003年 やっぱ、映画館で観たい♪2004年 やっぱ、映画館で観たい♪2005年 やっぱ、映画館で観たい♪2006年 やっぱ、映画館で観たい♪2007年 やっぱ、映画館で観たい♪2008年 やっぱ、映画館で観たい♪2009年 やっぱ、映画館で観たい♪2010年 やっぱ、映画館で観たい♪2011年

ランク
観た日&
映画館
作品
講評は、★赤い眼球はスクリーンに焼き付いた。をク リッ クできたら、読めるんでした〜♪
1位
09/17札幌
シアター
キノ
● 最優秀 屋台で立ち喰い賞
『パターソン』、『elle』、『オン・ザ・ミルキー・ロード』、『ローサは密告された』、どれも、すげえ!!
2位
12/24札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌

『ビジランテ』
● 最優秀 緊張感賞
男3人兄弟ってだけで、もう不安定?がくっ。
3位
06/25旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『ハクソー・リッジ』
● 最優秀 戦争論賞
すべての日本人は観るべき『ハクソー・リッジ』と、観る必要は無かったあまったれ『武曲』を観た。
4位
09/27札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
★赤い眼球を、赤いタンバリンに捧げよう。『スイス・アーミー・マン』
● 最優秀 自由賞
『少女ファニーと運命の旅』はマトメ過ぎ、『プラネタリウム』はとっちらかり過ぎ、『スイス・アーミー・マン』はとっちらかり過ぎがおもしろ過ぎ。
5位
10/15旭川
シネプレ
ックス旭川
『あゝ、荒野 前篇』 ● 最優秀 エネルギー賞
最近の私が映画を観る参考にしているブログ 『シネマラムール』が「今年のベストワンかも」と書いた『あゝ、荒野』を観て、大正解♪
6位
07/16札幌
シアター
キノ
★赤い眼球を、赤いタンバリンに捧げよう。『彼女の人生は間違いじゃない』
● 最優秀 孤独賞
責任は、孤独の地平にこそある。
7位
09/17札幌
シアター
キノ
『パターソン』
● 最優秀 ストレンジャー・ザン・ パラダイス賞
最後は、詩人。
8位
09/16札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌

● 最優秀 JR留萌線賞
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は監督の前作の期待から観たが・・・、『三度目の殺人』にJR留萌線が出てきて、びっくり。
9位
07/16札幌
シアター
キノ
『残像』
●最優秀 リスペクト賞
『彼女の人生は間違いじゃない』→『セールスマン』→『残像』→『ローマ法王になる日まで』→『ボンジュール、アン』→『ディストピア パンドラの少女』→『ジョン・ウィック チャプター2』
10位
06/18札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
● 最優秀 傷口賞
傷口を傷口でふさぐ。
11位
01/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『誰のせいでもない』 ●最優秀 残念なのは邦題だけ賞
北海道人だけが体感できる映像。
12位
07/30札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

『ありがとう、トニ・エルドマン』
● 最優秀 へんなおじさん賞
映画5本『ありがとう、トニ・エルドマン』、『ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走』、『世界でいちばん美しい村』、『ヒトラーへの285枚の葉書』、『トンネル 闇に鎖された男』、古本3冊『銃・病原菌・鉄』上下、『大むかしの生物』!
13位
01/03札幌
シアター
キノ
『ある戦争』
●最優秀 部分の平和は平和ではな い賞
家に帰り息子のベッドで息子に毛布をかけてやる彼に映ったのは、息子の足をみて、裁判の時に見た爆撃で死んだ子供の足が蘇る。明確に画面にはオーバーラップしないが、一瞬止まる彼の仕草で見事にこちらに彼の気持ちが伝わるのです。そして、ベランダに出る彼の姿でエンディング。
14位
09/01旭川
イオンシネマ
旭川駅前

★赤い眼球を、赤いタンバリンに捧げよう。『幼な子われらに生まれ』
●最優秀 助演男優賞
久々に2本観た。『幼な子われらに生まれ』は、凡人から試される屈辱の彼岸、『ワンダーウーマン』は、勧善懲悪の超克。
15位
09/17札幌
シアター
キノ

『エル ELLE』
●最優秀 閉塞感賞
レイプ後に、デリバリー寿司。
16位
09/18札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ダンケルク』
●最優秀 戦争に主役はいないっ賞
『ダンケルク』、『散歩する侵略者』、『エイリアン:コヴェナント』も良かった♪この秋は、映画が豊作じゃ♪
17位
07/16札幌
シアター
キノ
『ディストピア パンドラの少女』
●最優秀 ポスト・ゾンビ賞
やがて、研究車の中からハングリーズの子供達に授業を始めて映画は終わる。
18位
05/23旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『パーソナル・ショッパー』
●最優秀 ソフィスティケーション 賞
基本ゆるい映画だけど、いいな、この感じ。
19位
06/11旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『ローガン』
●最優秀 男気賞
マンガ原作なのに、R15にした本気。
20位
05/14札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『スプリット』
● 最優秀 ジェシカ・スーラ大好き ♪賞
色気のある映像を作れるのって、重要な才能だよねー。
21位
09/17札幌
シアター
キノ
『オン・ザ・ミルキー・ロード』
●最優秀 ごちゃまぜ賞
『アンダーグラウンド』のエミール・クストリッツァ監督 9年ぶり待望の最新作。大好き。
22位
11/11札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ノクターナル・アニマルズ』
●最優秀 脳味噌賞
赤坂真理『東京プリズン』につながる感覚。
23位
04/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『お嬢さん』
●最優秀 映画に求めるものぜんぶ 賞
ぜんぶある。
24位
10/11札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『エタニティ 永遠の花たちへ』
●最優秀 反戦賞
映画館で4本、『ブルーム』はエキセントリック過ぎ、『エタニティ』は金持ち過ぎ、『月と雷』は貧乏過ぎ、『ギミー・デンジャー』は自由過ぎで、どれもが切ない。
25位
10/22旭川
シネプレ
ックス旭川
『アトミック・ブロンド』
●最優秀 蹴られたい賞
『アトミック・ブロンド』はアメリカをバカにしているよーで、実はその支配 下。『バリー・シール』は、その逆。
26位
11/11札幌
シアター
キノ
『婚約者の友人』
●最優秀 すれちがい賞
どうしようもない。
27位
04/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

★赤い眼球を、赤いタンバリンに捧げよう。『ムーンライト』
●最優秀 ともだち賞
観たのは、『ハードコア』、『アシュラ』、『ムーンライト』、『お嬢さん』の4本。
28位
10/28旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『彼女がその名を知らない鳥たち』
● 最優秀 美人薄情賞
ややゆがんだところがないわけでは無いし、大傑作という範疇では無いかもしれないが、相当よくできた作品である。何と言っても、阿部サダヲと蒼井優、さらに松阪桃李、竹野内豊など、普段なら正義の側にあるキャストを正反対に描ききり、しかもそれを見事に演じ切ったのが最高。監督は白石和彌である。
29位
11/11札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ゲット・アウト』 ● 最優秀 トランプ政権賞
札幌で『婚約者の友人』、『ノクターナル・アニマルズ』、『ゲット・アウト 』を観た。旭川はガキ映画ばっかで、こーゆーのを上映しないから成長しないのだ。
30位
11/26札幌
シ ネマ
フロンティア

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』
●最優秀 名前負け
久保 日本の元の秘密
31位
04/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

『アシュラ』
● 最優秀 忖度賞
権力の自浄能力の無さ。
32位
10/29旭川
イオンシネマ
旭川駅前

『ブレードランナー2049』
● 最優秀 アート賞
ふつー続編の主人公は、前編の主人公と、つながっているが、『ブレードランナー2049』は、つながっていない孤独。
33位
12/01札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『全員死刑』
● 最優秀 新人監督賞
これまた実話かよっ!
34位
02/24札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌

『ラ・ラ・ランド』
●最優秀 精密設計賞
デミアン・チャゼル監督(1985年1月19日生まれ)の最初っからの完成度の高さは、まるで大友克洋デビュー当時の衝撃っぽい。
35位
05/04札幌
札幌プラザ
2.5
『チャップリンのサーカス』
●最優秀 本質賞
かなわない。
36位
04/22札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『LION ライオン 25年目のただいま』
● 最優秀 ググり賞
これもスゲー良かったけど、『ジャッキー』の勝ちだな。
37位
03/19札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『たかが世界の終わり』
● 最優秀 ニヒリズムの超克賞
イイ映画って、音楽もイイんだよね。
38位
10/14旭川
シネプレ
ックス旭川
『ドリーム』
●最優秀 プライド賞
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ ウォー)』と『ドリーム』は、差別される側の誇り、と ゆー同じテーマ。
39位
11/26札幌
シアター
キノ
『愛を綴る女』
●最優秀 愛し方賞
小説を読む近代の女とは。
40位
01/22札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ネオン・デーモン』
●最優秀 血みどろおされ賞
とっちらかった映画。
41位
06/04旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『光をくれた人』
●最優秀 昭和賞
内容は、ともかく、『光をくれた人』は、単館系なのに札幌よか先に旭川で上映してんので、観に行った。内容は、ともかく。
42位
01/22札幌
シアター
キノ
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 ●最優秀 ベトナム後遺賞
これがアメリカだ。
43位
04/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ハードコア』
●最優秀 主観目線賞
戦争とゲームの違い。
44位
03/26札幌
シアター
キノ
『雨の日は会えない、晴れた日は君を思う』
●最優秀 喪失賞
映画でしか表現できないから、この日は、この映画がベスト。
45位
10/14旭川
シネプレ
ックス旭川
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
●最優秀 マナーが猿を作るで賞
シーザーの生き残った息子コーネリアスが物語を引き継ぐのでしょうね。
46位
01/08札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『NERVE [ナーヴ]』
● 最優秀 ルぅパぁああぁあ〜ン賞
ひろいもんな1本。
47位
10/11札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

『ブルーム・オブ・イエスタデイ』 ●最優秀 めんどくさい女賞
かつて、トトとザジが一夜を共にした後、ザジが、きっと女の子が生まれると言った言葉がよぎって映画が終わる。
48位
05/14札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌

『カフェ・ソサエティ』
●最優秀 エス・プリ賞
村上春樹的でもある。
49位
09/18札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『エイリアン:コヴェナント』
● 最優秀 後付け賞
賛否両論あるよーですが、私には悪くは無かったよ。
50位
01/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『エヴォリューション』
●最優秀 ヘン リー・ダー ガー賞
監督のひとりよがりな世界観。
51位
09/01旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『ワンダーウーマン』
● 最優秀 主演女優賞
もー、ガル・ガドットのファンです♪
52位
01/29旭川
シネプレ
ックス旭川
『マグニ フィセント・セブン』 ● 最優秀 初級リフォーム工事賞
いかがわしくて、いいじゃん。エンドクレジットで「荒野の七人」のテーマが流れたりして、あえて過去の名作を避けようとしない開き直りも潔い。
53位 07/30札幌
シアター
キノ
『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』 ●最優秀 シチュエーション・プレイ賞
細かいアイディアの畳みかけ。
54位 01/02札幌
シアター
キノ
『不思議惑星キン・ザ・ザ』 ●最優秀 発掘賞
1986年発表のソビエト連邦のディストピア脱力コメディー・SF映画。
55位 10/11札幌
シアター
キノ
『ギミー・デンジャー』
● 最優秀 ロックは自由だというルールを作った男賞
お前の犬になりたい。
56位 03/11札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ラビング』
●最優秀 恋は革命のトリガー賞
派手な物語を、地味に語る。ためらいの美しさ。
57位 09/23旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『ベイビー・ドライバー』
●最優秀 ミュージカル賞
呑み営業明けに観た『ベイビー・ドライバー』で最高なのは、追われて盗んだクルマを走らせる 前に、選曲をするところ。
58位 05/16旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『バリー・シール アメリカをはめた男』
●最優秀 ヤミ米屋賞
法律って何?
59位 02/19旭川
シネプレ
ックス旭川
『母 小林多喜二の母の物語』
●最優秀 熟女賞
志が高いと、図式的になってしまう悪い例。
60位 01/29旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ザ・コンサルタント』
●最優秀 構築賞
この日、4本観たけど、意外や!?これが一番良かったな。
61位 09/18札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『散歩する侵略者』 ● 最優秀 ウルトラセブン賞
ホントは怖いゆるふわ。
62位 10/21旭川
シネプレ
ックス旭川
『あゝ、荒野 後篇』
● 最優秀 前篇は良かったのに賞
後編!寺山修司は、『あしたのジョー』のファン過ぎた、かな。
63位 11/23旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ローガン・ラッキー』
●最優秀 痛快賞
教会から喪服で、『ローガン・ラッキー』を低予算にした『泥棒役者』をホラーにした『IT』。
64位 11/26札幌
シアター
キノ
『gifted ギフテッド』
●最優秀 家族賞
環境が一番たいせつ。
65位 06/18札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『光』 ●最優秀 ほほ骨
映画に同じタイトルを付けてはいけない法律が必要。かも。
66位 03/11札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『海は燃えている』
●最優秀 イマジン賞
では、日本の難民受け入れは、どうよ?
67位 06/18札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『美しい星』 ●最優秀 アナーキー賞
『光』、『ママは日本へ』、『美しい星』、『ブラッド・ファーザー』、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観て、最後が一番良かった。
68位 11/23旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『泥棒役者』
● 最優秀 楽しい賞
あとはあれよあれよと物語が盛り上がりリズミカルになって行くが、残念ながらラストの畳み掛けが乗り切れずエンディングしたのが残念。さらにその部分を補うかのようなしつこいエピローグも今ひとつカバーになっていない。
69位 07/16札幌
シアター
キノ
『セールスマン』
● 最優秀 この監督なら、まだまだ賞
アティチュードとスキルの不一致。
70位 11/26札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『密偵』
●最優秀 反日賞
『ギフテッド』、『愛を綴る女』、『ゴッホ 最後の手紙』、『密偵』、『KUBO』を観た。世の中すべての映画は、孤独について。
71位 09/16札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わ せるガール』
● 最優秀 ベロカミ賞
水原希子、かわゆい。
72位 05/04札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『フリー・ファイヤー』 ● 最優秀 おバカ賞
おバカ映画、大好き♪
73位 03/26札幌
シアター
キノ
『わたしは、ダニエル・ブレイク』
●最優秀 すべての年老いたパンクス賞
いらだち。さすが、パンクの国。
74位 04/15旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『T2 トレインスポッティング』
●最優秀 おやぢ賞
イギー・ポップと、ポップの意義。
75位 01/29旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
● 最優秀 へんたい恋愛賞
ティム・バートン独自の喪失感や、狂気はあるけれど、総じて『仮面ライダー』、もしくは『さるかに合戦』だな。単調。
76位 05/14札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『バッド・バディ !私とカレの暗殺デート』
●最優秀 掘り出しもの賞
いやあ、楽しかった。掘り出し物。
77位 07/30札幌
シアター
キノ
『ヒトラーへの285枚の葉書』
●最優秀 ヒトラー映画、多過ぎね?賞
次第に何かの矛盾を感じ始める警部の心の変化が実にうまい。
78位 01/22札幌
シアター
キノ
『ヒッチコック/トリュフォー』
●最優秀 天才は天才をリスペクト賞
名著ができるまでを描いたドキュメンタリー
79位 01/29旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『沈黙 −サイレンス−』
●最優秀 なんか違う〜賞
世間が評価するほど、私は評価しない。
80位 12/03札幌
シアター
キノ
『笑う故郷』
●最優秀 町民懇談会賞
イラダチは孤独の母?
81位 03/28札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『パッセンジャー』 ●最優秀 いい意味で後味が悪いっ賞
想像以上に、複雑な映画。他に観た『キング・コング』も『サバイバル・ファミリー』も、まぁまぁ(笑)。
82位 12/03札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ポリーナ、私を踊る』
●最優秀 コンテンポラリー賞
『笑う故郷』、『南瓜とマヨネーズ』、『ポリーナ、私を踊る』で表現という生き方を考察。
83位 05/14札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』
●最優秀 サブカル賞
スゥィート「フォックス・オン・ザ・ラン」は私が高校時代に買ったLP。がくっ。
84位 04/22札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ジャッキー / ファーストレディ 最後の使命』
●最優秀 終わってから始まる賞
チェーンじゃないほうの。
85位 12/01札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『シンクロナイズド・モンスター』
●最優秀 祝・南北朝鮮対話賞
『シンクロナイズド・モンスター』。おバカ映画かと思ったら、観客を不快にしたり、一筋縄ではいかない展開。B級映画なセンスをA級女優で撮ったユニークな作品。
86位 05/22旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『帝一の國』
●最優秀 優秀新人俳優大量出演賞
『無限の住人』、『追憶』、『たたら侍』を観たくないがために、観ちゃった『帝一の國』が面白かった♪議員バッジをして観るのも、なんだかなぁ〜・だが。がくっ。
87位 07/30札幌
シアター
キノ
『世界でいちばん美しい村』
●最優秀 ズームアップ賞
では、何が足りないのか?
88位 12/03札幌
シアター
キノ
『南瓜とマヨネーズ』
●最優秀 ヒモ賞
表現と自覚。
89位 01/09札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『幸せなひとりぼっち』
●最優秀 映画を観るのは老人だけ賞
よくある話とはいえ、描き方に工夫あり。
90位 12/17旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『スターウォーズ 最期のジェダイ』
●最優秀 ひとりづつレジェンドおみおくり賞
『オリエント急行殺人事件』、『最後のジェダイ』を観た。いつか『スター・ウォーズ』にジョニー・デップ出演あり?
91位 12/23札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『勝手にふるえてろ』
●最優秀 バージン賞
おしゃれをしても、クツでバレバレ。
92位 06/18札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど』
●最優秀 ゆるふわ賞
台湾が彼女の性格を作ったのかな。
93位 04/23札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『バーニング・オーシャン』
●最優秀 消防団員研修映画賞
消防団員に研修で観ていただきたい。
94位 01/22札幌
シアター
キノ
『ミルピエ 〜パリ・オペラ座に挑んだ男〜』
● 最優秀 おつかれ賞
切り取り方が、違うんじゃね?
95位 07/03旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
●最優秀 サービス、サービス♪賞
サービス満点すぎ。
96位 12/01札幌
シアター
キノ
『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カ メジロー』
●最優秀 FACK賞
知っておかなければならない人。
97位 01/02札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『フランコフォニア ルーヴルの記憶』
●最優秀 おフ ランス賞
監督はアレクサンドル・ソクーロフだから、期待したんだけどー。
98位 05/04札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『人生タクシー』
●最優秀 プラ カード賞
いろんな闘い方。
99位 12/23札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『サーミの血』
●最優秀 丸顔賞
どこに住んでいても、少数民族は、身近にいるんだ。
100位 01/02札幌
シアター
キノ
『ミス・シェパードをお手本に』
●最優秀 高齢 者ドライ バー賞
鳥本さんは、観たのだろうか?
101位 12/23札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ルージュの手紙』
●最優秀 老々介護賞
フランスだなぁ。
102位 11/05旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『僕のワンダフル・ライフ』
●最優秀 邦題はダジャレで賞
同じ監督の30年前の『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』は暗い芸術性だったが、『僕のワンダフル・ライフ』は明るい大衆性。
103位 12/23札幌
シアター
キノ
『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』
●最優秀 エセ・コミュニスト賞
追いかけっこ♪
104位 03/19札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『マリアンヌ』 ●最優秀 静謐賞
後半からは、少し映画リテラシーが必要。もう1本の『たかが世界の終わり』は、終始、必要〜。
105位 07/16札幌
シアター
キノ
『ボンジュール、アン』
●最優秀 ミシュラン賞
グルメの母は、移動。
106位
05/20旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『メッセージ』 ●最優秀 ご都合主義賞
音響系(?)知的(?)スノビズムだけ ど、あまりにもご都合主義すぎね?
107位
12/31札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

『オール・アイズ・オン・ミー』
●最優秀 マイ・ブーム賞
『オール・アイズ・オン・ミー 』よか、やっぱパブリック・エナミィとN.W.Aだな。『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』は、ゴダール出演にだまされた感じー。がくっ。
108位
09/27札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『プラネタリウム』
● 最優秀 思わせぶり賞
姉妹の降霊会の才能を目の当たりにし、彼女たちを映画にすることを思いつく?なんのこっちゃ。
109位
04/09札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ゴースト・イン・ザ・シェル』
●最優秀 ブレード・ランナーの弟子賞
ビートたけしのクソ演技以外は、まぁまぁ良かった。
110位
12/23札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『探偵はBARにいる 3』
●最優秀 除雪賞
純ちゃん、ピンキーも出てるよ♪
111位
06/18札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ブラッド・ファーザー』
● 最優秀 タフおやぢ賞
『マッドマックス』父娘もの?
112位
12/23札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『人生はシネマティック!』
●最優秀 ダンケルク賞
おしい!
113位
08/16旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『スパイダーマン:ホームカミング』
●最優秀 をた賞
また繰り返しかっ!と思いつつ観た『スパイダーマン:ホームカミング』だけど、湿度を抜く工夫(?)してたー。
114位
12/17旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『オリエント急行殺人事件』
●最優秀 リメイク負け賞
70年代の旧作が名作すぎた〜。
115位
07/30札幌
シアター
キノ
『ボン・ボヤージュ 〜家族旅行は大暴走〜』 ● 最優秀 幸せなら手をたたこう賞
一級品の娯楽映画で、規模こそ、アメリカ映画に及ばないかもしれないが、車内の閉鎖空間からハイウェイの動く映像世界へ、さらに、渋滞の人々が一気に避難して俯瞰で見せる大きな画面へと、物語のサイス変化も実にうまい。
116位
01/22札幌
シ ネマ
フロンティア
『MILES AHEAD / マイルス・ディヴィス 空白の5年間』
●最優秀 鼻の穴賞
あえて、エレクトリック時代!
117位
01/03札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『オアシス スーパーソニック』 ●最優秀 兄弟げんか賞
我が家は、どうよ?
118位
03/28札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『キングコング:髑髏島の巨神』
●最優秀 やっぱ正義は勝つっ賞
コング、かっけー。
119位
04/23札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『美女と野獣』
●最優秀 やっつけ仕事賞
土&日に観た映画の順位=@『ジャッキー』、A『ライオン』、B『バーニング・オーシャン』、C『美女と野獣』、D『グレート・ウォール』。
120位
03/26札幌
シアター
キノ
『僕と世界の方程式』
●最優秀 安易すぎね?賞
モーガン・マシューズなら、もっと深い映画が作れるはず。
121位
05/16旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『SING シング』
●最優秀 小さくまとめたで賞
この作品は吹き替えもいいけど、やっぱ、字幕で観たかったなー。
122位
07/16札幌
シアター
キノ
『ローマ法王になる日まで』
● 最優秀 なぜなりたいのか賞
だったら、もっと発信せよ。
123位
03/28札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『サバイバルファミリー』
● 最優秀 野ぐそ賞
日本的家族論。
124位
08/06旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『トランスフォーマー / 最後の騎士王』
●最優秀 過去作のほうがいい賞
シリーズ5作目『トランスフォーマー 最後の騎士王』は、3作目『ダークサイド・ムーン』に、かなわん。
125位
11/26札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ゴッホ 最期の手紙』
●最優秀 耳賞
けっこー雑(笑)。
126位
05/14札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『PARKS』
●最優秀 ご当地映画賞
日曜日に札幌で観た映画5本『スプリット』『カフェ・ソサエティ』『パークス』『ガーディアン』『バッド・バディ!』は、どれも良かった♪
127位
12/01札幌
シ ネマ
フロンティア
『パーティで女の子に話しかけるには』
●最優秀 パンクス・イズ・デッド賞
札幌で営業の合間に『カメジロー』、『パーティで女の子に』、『全員死刑』。敵との差異だけの反抗は、つまらん。
128位
01/02札幌
シアター
キノ
『ぼくと魔法の言葉たち』
● 最優秀 実話感動の限界を超えよ賞
私と同じ年齢の父親と、私の息子と同じ年齢の発達障害の息子のドキュメンタリー映画。
129位
11/29旭川
シネプレ
ックス旭川
『MASTER/マスター』
● 最優秀 おぬしも悪よのぅ賞
深川法人会に馴染めず、抜け出して『MASTER/マスター』を観た。映画アベレージは日本よか韓国が高い。
130位
11/24旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ジャスティス・リーグ』
●最優秀 ゴレンジャー賞
ガル・ガドットがワンダーウーマンのコスプレが似合ううちに観ておこうと、『ジャスティス・リーグ』に行った。がくっ。
131位
09/27札幌
シアター
キノ
『少女ファニーと運命の旅』
●最優秀 国家論賞
同じ戦時中の逃走モノでも、先日観た、『オン・ザ・ミルキー・ロード』の映画表現の方が私は好きだな〜。
132位
01/09札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『14の夜』 ● 最優秀 不良になれない孤独賞
観た4本の中で一番、期待していなかったこれが、一番良かった〜。
133位
11/23旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』
● 最優秀 高校生デート用賞
『ET』じゃないよ。
134位
08/04札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
●最優秀 勉強になりましたで賞
『バードマン』のマイケル・キートン+『レスラー』の脚本なので、期待し過ぎたー。『ザ・マミー』も、B級ホラーアクションを大作に焼き直すのが無理。
135位
01/08札幌
ユ ナイ テッド
シネマ札幌
『SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。〜』
●最優秀 なんで今?賞
日本のセロニアス・モンク。
136位
01/09札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『JACO ジャコ』
●最優秀 ジョニ・ミッチェルがすげぇ賞
必要な映画なんだけど、のめり込めなかった私はミュージシャン失格?いや、表現の問題かな。
137位
12/13旭川
イオンシネマ
旭川駅前

『マイティ・ソー バトルロイヤル』
●最優秀 移民の歌賞
良かったとこは、レッド・ツェッペリン「移民の歌」が爆音で聴けたとこ(笑)。
138位
01/29旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ドクター・ストレンジ』
● 最優秀 CGはスゴイがCGでしょ?賞
いつに間にか、映像のスゴサに驚かなくなった。
139位
03/26札幌
札幌プラザ
2.5
『いいにおいのする映画』
● 最優秀 ナルシズム賞
都市のお金持ち子女の趣味としての『ぴあ』の時代は、まだ続いているのね。
140位
10/16旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
●最優秀 説得力なしで賞
PANTAが、施設の園長。
141位
08/04札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
●最優秀 薄っすい賞
「ダーク・ユニバース」プロジェクト、だめじゃん。
142位
11/12旭川
イオンシネマ
旭川駅前
『写真甲子園 0.5秒の夏』
●最優秀 地方創生賞
農協の招待状で『写真甲子園 0.5秒の夏』を観た。ご当地&感動モノか ら、はみ出そうとする意地がいいね〜。
143位
03/26札幌
札幌プラザ
2.5
『Heavy Shabby girl』
●最優秀 インスタばえ賞
蜷川実花シンドローム?
144位
10/16旭川
シネプレ
ックス旭川
『エルネスト』
●最優秀 がっかり。これはダメで賞
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』と『エルネスト』は、監督の才能の限界。がくっ。
145位
10/11札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『月と雷』
● 最優秀 あまったれ賞
税金は、彼らのためにも。
146位
01/09札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『裏切りの街』
●最優秀 無意味な湿度賞
監督は、自信があることで失敗した。
147位
07/17旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川

『メアリと魔女の花』
●最優秀 のれんのれん分け賞
『メアリと魔女の花』を観た。「ジブリのバッタモン」と呼ばれる危険を引き受けた、が?
148位
05/11旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『ワイルド・スピード ICE BREAK』
● 最優秀 エグザイル賞
ガテン系≒ヤンキー≒エグザイル?=マーケティングのボリューム大。
149位
07/17札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『ジョン・ウィック:チャプター2』
●最優秀 オールドスクール賞
あの動きじゃ、殺されるんじゃね?
150位
09/24旭川
シネプレ
ックス旭川
『スクランブル』
●最優秀 どろぼー賞
泥棒は、悪いことです。
151位
12/31札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』
●最優秀 ジャンクはジャンク賞
他人の写真帳を強制的に見せられた感じ。
152位
03/12旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『アサシン・クリード』
●最優秀 これゲームじゃん賞
観てたことを忘れちまうほどの、あれなやつ。
153位
04/12旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
★赤い眼球はスクリーンに焼き付いた。『チア☆ダン』 ●最優秀 実話ならいいのか賞
グラガが無ければ、これは観ていなかった〜。がくっ。
154位 02/26札幌
ユ ナイ テッド
シネマ札幌
『素晴らしきかな人生』 ●最優秀 お前の話はつまらない賞
どうも私は、ウィル・スミスの訳知り顔が苦手だす。
155位 04/23札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『グレートウォール』 ●最優秀 ご立派ね賞
中国の歴史もので、いい映画に出会ったこと無し。がくっ。
156位 12/29旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ●最優秀 東京オリンピックが心配で賞
映画を観過ぎて、観る映画が無くなり、修行だと思って『Destiny 鎌倉ものがたり』。やっぱ、この監督、私と合わん。
157位 06/25旭川
ディ ノス
シネマズ
旭川
『武曲 MUKOKU』 ●最優秀 無意味な湿度賞
生理的にダメ〜。
158位 07/12札幌
ユナイ テッド
シネマ札幌
『花戦さ』 ●最優秀 こざかしい賞
葬式と講習会の間に観た『花戦さ』は、プロジェクト化するとウザくなる日本の古いセンスの限界。さて、八雲町でリセット♪
159位 08/14札幌
ディノス
シネマズ
札幌劇場
『海辺の生と死』 ●最優秀 原作裏切り賞
『海辺の生と死』は島尾敏雄ファンの私には必見だったけど、ある意味、トンデモ映画で、ツッコミどころ満載(がくっ。)。それでも、個性的な時間感覚は貴重、かな。

2017年は、映画批評よりも、映画鑑賞を選択した。それって、正しいよね (笑)?





送信日時;2018年1月22日(月) 9:38Am
ローラに花束を!おはよーございます
共犯新聞のトップ記事、13位が空白になってて60位の写真が入ってます
送信日時;2018年1月22日(月) 10:37Am
うぇ〜ん!ありがとうございます。
修正しました。
ただ、まだBL詐欺。『マイルス・デイヴィス』と『アサシン・グリード』が抜けていたこと に、今、気が付いた。あとで直そう〜>
送信日時;2018年1月22日(月) 11:23Am
ローラから出るのは糞かオーラだけ!昨年もあまり映画みられなかったのですが、 『マイルス・デイヴィス』は私も見たなあ〜。あ、147位のタイトルも抜けてました。ダブっては無いようです が。。。
送信日時;2018年1月22日(月) 10:05Pm
うぇ〜ん!147位、今、直しました。ありがとうございます。やっぱ、肉体労働者 が睡眠時間2時間では、ミスが多過ぎですね。
西部:いまの小選挙区制が良いとも言えない。それではどういう選挙制度ならいいのか。理想は多段階小選挙区制です。最初に、顔見知りでお互いの人格もわかる100人の集団がその中から一人の代理人を決める。日本の有権者数だとこれでだいたい100万人の代理人が決まる。次にその代理人をいくつかに分けて、そこから更に代理人を選ぶ。その繰り返しで代議士を選んでいくのです。各段階で政策や人格を論じていくからものすごい手間ひまがかかるけど、今の選挙制度よりはるかに良い結果が出るでしょう。西部邁さんが、亡くなったので、柏中学校に越境入学→札幌南高校→母親から「我が 家の右翼」と言われるつながりで、吉田さんを想い出していたところでした。嘘です(笑)。いつも、想ってます。
送信日時;2018年1月22日(月) 11:40Pm
だんごっ鼻。 睡眠時間2時間は少なすぎで すね。記事のミスくらいどうということないですが事故に遭いませんように。私は最近睡眠はとってますが運転にさらに自信がなくなって街に行くのに地下鉄 乗ってます。。。
私のは越境ではないフツウの転校ですが、西部邁氏について自分はうまく書けないなあと思い、昨年も美しい愛妻を送り、街の書店をおみおくり、消えていったくすみさん。久住さ んの時に何も書けなかった時と違うけど元は同じだな。と思っていました。一言でいうと精進が足りないってだけですがw
『マイルス・アヘッド』でしたね。
送信日時;2018年1月23日(火) 10:25Am
うぇ〜ん!共犯映画評、抜けていたのは『アサシンクリード』じゃなくて、これは観 てなかった(笑)、大みそかに最後に観た私だって、真剣に映画を観ているんだから、その表現は無いんじゃね?『旅する写真家』で した。で、今、とりあえず、コンプリート版(?)を更新しました。今月、観るべき映画は、やっぱ、映画館で観たい♪シアター・キノやっぱ、映画館で観たい♪ア キ・カウリスマキ監督・脚本やっぱ、映画館で観たい♪『希望の かなた』と、
やっぱ、映画館で観たい♪札幌スガイのアレハンドロ・ホドロフス キー監督やっぱ、映画館で観たい♪『エンドレス・ポエトリー』
これは、映画館で観ておくべき。私はまだ観ていないけど。間に合いたい〜。
送信日時;2018年1月23日(火) 10:13Pm
真夜中のフランス人よりも、旅するアイリッシュ音楽家。カウリスマキもホドロフス キーも観に行くつもりです。昨年は(も)いっぱい映画見逃したし、以前より諦めもよくなったつもりだったけど、ブレードランナーを観れなかったのが痛恨 で、映画を観に行く気力が一時かなり減退しました… なんていうか、「あの映画を観に行けなかったのにこの映画を行く の?」み たいな気持ちになっちゃうのでした。(ブレードランナーこそ映画館で観ないことにはどうしようもないという気もありwww) でもその後、『ル・コルビ ジェとアイリーン』を観てちょっと気持ち復活。以前は気になった映画は一本でも多く見られるように上映終了が近い順から見ていたけれど、もうそれでは見逃 したくないのを観れない結果になる可能性が高すぎると判断して、順位をつけて上位の映画から見るよう作戦変更し てみています。
でも昨年は公開された映画おしなべて小粒だったなあ〜(観てないくせにえらそう)
『ローザ』も気になりましたが『ビジランテ』を観れず仕舞いだったのも残念です。
私の昨年の1位は、 まだ整理してないですがたぶんやっぱ、映画館で観たい♪『彷徨える河』です
送信日時;2018年1月24日(水) 11:28Pm
うぇ〜ん!『アサシン・クリード』、
やっぱ、私、
観てたことを忘れちまうほどの、あれなやつ。
観てました〜。
予告をネットで観た瞬間に想い出した!がーーーーーーん!がーん。
やばいなぁ。脳味噌老化だー。
これで、2017年に観た映画の合計は159本。・・・ まだあるかも。がくっ。
『彷徨える河』、パラパラ・・・川田順造っぽいですね(笑)。面白そうだ。すべ ての映画を観ることはできない、って、何かの比喩のようです。
送信日時;2018年1月25日(木) 0:21Am
真夜中のフランス人よりも、旅するアイリッシュ音楽家。久保さまでもそんなことあ るのか〜 私なんてざっと数えてたった25本だったのだけど漏れはもちろん、見た気がするけどはっきりしなかったりしてこれから半券を突き合わせないと永 遠に不明です。
『彷徨える河』はキノの一日限り上映フライデーナイトで観たのです。
すべての映画は観られないと判ってるのに、自分の観るべき映画と感じる映画があり、それと出会う為に(見つける旅行中。ために) に映画を観続けてる感じはいつまでも消えませんね。これも何かの比喩みたいですね。
他にも国際短編映画祭と何か他のイベントでの特別招待作で上映されると突然知ったこの映画も見たかった〜
やっぱ、映画館で観たい♪『素晴らしき映画音 楽たち』

でもホントはドキュメンタリーじゃない映画の傑作がやっぱり見たいなあ

そういえば物理的では無い力について、考え抜く力。ル・グィンが 亡くなりましたね
送信日時;2018年1月25日(木) 0:27Am
うぇ〜ん!知りませんでした。88歳、か。どんな8年間だったんだろう。

NHKのFMでザ・バンドのライブ・アルバム特集中(笑)。
送信日時;2018年1月25日(木) 0:33Am
真夜中のフランス人よりも、旅するアイリッシュ音楽家。かなりどーなの、なパラパラ・・・記事。。。





札幌市内の2つの2017年映画ベスト10「変える」ではなく、「どう変えるか」、だ。投票してみ た。
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏の投票
【日本映画】
“ベスト10”
1位;『ビジランテ』
2位;『彼女の人生は間違いじゃない』
3位;『あゝ、荒野 前篇』

4位;『三度目の殺人』
5位;『勝手にふるえてろ』
6位;『彼女がその名を知らない鳥たち』
7位;『幼な子われらに生まれ』
8位;『全員死刑』
9位;『散歩する侵略者』
10位;『美しい星』













“部門賞”
監督賞;山田火砂子
       (『母 小林多喜二の母の物語』)
男優賞麻田浩
       (『PARKS パークス』)


女優賞;水原希子
      (『奥田民生になりたいボーイと
        出会う男すべて狂わせるガール』)
音楽賞常田大希
      (『ママは日本へ
       嫁に行っちゃダメと言うけれど。』)
特別賞;東川町(『写真甲子園 0.5秒の夏』)
ドキュメンタリー賞;『米軍が最も恐れた男
            〜その名は、カメジロー〜』
アニメーション賞;『メアリと魔女の花』


【日本映画/期待ハズレ大賞】
作品名;『海辺の生と死』
理由;
2017年は、私は映画館で159本観ました。
住んでいる環境からすれば、
やや多く観た部類かもしれません。
総じて、良い作品、個性的な作品、
つまり観たくなる作品が多い年でした。
それでも期待ハズレも、もちろんありました。
たとえば、『海辺の生と死』。
島尾敏雄&ミホの大ファンである私には
必見でしたが、
あまりにものずさんな演出に吐き気がしました。
そもそも、戦争中、夜間の空襲時に
部屋の明かりを点けているか?
また、
甘ったれたナルシズムを美化する監督は、
島尾文学を誤読しています。
それでも監督は満足しているそうですが、
それがまた気持ち悪い。
誰か、はっきり言っておくべきです。
これが評価されると、
日本映画はダメになると思います。
とは言っても、
そんないい映画の歩留まりも、
映画のうちですものね(笑)。

【外国映画】
“ベスト10”
1位;『ローサは密告された』
2位;『スイス・アーミー・マン』
3位;『ハクソー・リッジ』
4位;『残像』
5位;『オン・ザ・ミルキー・ロード』
6位;『パターソン』
7位;『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
8位;『ゲット・アウト』
9位;『ノクターナル・アニマルズ』
10位;『ダンケルク』


【部門賞】
監督賞;ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』、
      『ブレードランナー 2049』)
男優賞;ペーター・ジモニシェック
     (『ありがとう、トニ・エルドマン』)

女優賞;ガル・ガドット
     (『ワンダーウーマン』、
     『ジャスティス・リーグ』、他)
音楽賞クリフ・マルティネス
    (『ネオン・デーモン』)
特別賞ジェシカ・スーラ(『ス プリット』)
ドキュメンタリー賞;『ギミー・デンジャー』

アニメーション賞;
     『KUBO クボ 二本の弦の秘密』











【外国映画/期待ハズレ大賞】
作品名:『メッセージ』
理由:哲学的では無い。過大評価され過ぎ。
ムードでごまかす手法には、うんざり。
『ブレードランナー2049』は成功したのだから、
脚本に工夫が必要。

 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 

札幌映画サークル上映会ベスト1
(会員のみの投票部門)
上映会:
2月「在日コリアンの
  日常を描いた記録映画(3本)」、
3月:「クチコミ劇場 Part 3
  MOOSIC LAB SP(16本)」、
4〜5月「喜劇の王様 チャップリン12本立!」、
7月『ふたりの桃源郷』、
8月「シネマクラシックス2017『終着駅』」、
9月『わたしは、ダニエル・ブレイク』、
10月「黒澤明SELECTION(『羅生門』/『乱』)」、
11月「女性監督の憲法と
   沖縄を描くドキュメンタリー映画(2本)」、
11月「クチコミ劇場 Part 4(19本)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 コメント欄
会員ではありませんが、招待券をいただいて、
『いいにおいのする映画』、『Heavy Shabby girl』、
チャップリン『サーカス』を
観させていただきました。
それぞれ、
この機会が無いと観れなかった作品です。
ありがとうございました。

また、
『スノーデン』の特別上映も観たかったのですが、
沼田町に住んでいると、
なかなか日程が合わず観れませんでした。
名画座やっぱ、映画館で観たい♪『蠍座』が亡き今、
見逃した作品を年内に拾うシステムが
北海道に必要です。
やっぱ、映画館で観たい♪札幌映画サークル
【日本映画】
“ベスト10”
1位;『彼女がその名を知らない鳥たち』
2位;『三度目の殺人』
3位;『人生フルーツ』

4位;『夜空はいつでも最高密度の青空だ』
5位;『幼な子われらに生まれ』
6位;『君の膵臓をたべたい』
7位;『勝手にふるえてろ』
8位;『彼らが本気で編むときは、』
9位;『22年目の告白 私が殺人犯です』
10位;『あゝ、荒野 前篇』
次点;『家族はつらいよ2』

日本映画部門の第1位には、
身勝手な女と、
彼女に執着する冴えない中年男の
関係を軸に、
“究極の愛”とは何かを問い掛けた
沼田まほかるの人気小説を
実写映画化した
『彼女がその名を知らない鳥たち』
( 白石和彌監督)が選ばれました。


“部門賞”
監督賞;白石和彌
  (『彼女がその名を知らない鳥たち』)
男優賞;菅田将暉
  (『キセキ あの日のソビト』、
  『帝一の國』、
  『あゝ、荒野 前・後篇』、『火花』、他)
女優賞;蒼井優
  (『彼女がその名を知らない鳥たち』、
   『ミックス。』、他)
音楽賞;『打ち上げ花火、下から見るか?
        横から見るか?』

特別賞;『探偵はBARにいる3』
ドキュメンタリー賞;『人生フルーツ』

アニメーション賞;『夜は短し歩けよ乙女』
アニメーション賞;『メアリと魔女の花』

【日本映画/期待ハズレ大賞】
 『無限の住人』(三池崇史監督作品)
『打ち上げ花火、下から見るか?
横から見るか?』
(武内宣之監督作品、新房昭之総監督)
* 同点で2本選出


 


















【外国映画】
“ベスト10”
1位;『ラ・ラ・ランド』
2位;『わたしはダニエル・ブレイク』
3位;『ブレード・ランナー2049』
4位;『ドリーム』
5位;『ダンケルク』
6位;『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
7位;『ハクソー・リッジ』
8位;『メッセージ』
9位;『美女と野獣』
10位;『ベイビー・ドライバー』
次点;『gifted ギフテッド』

【部門賞】
監督賞;ケン・ローチ
     (『わたしはダニエル・ブレイク』)
男優賞;ライアン・ゴズリング
   (『ラ・ラ・ランド』、『ナイスガイズ!』、
     『ブレード・ランナー2049』)
女優賞;ガル・ガドット
     (『ワンダーウーマン』、
      『ジャスティス・リーグ』、他)
音楽賞;『ラ・ラ・ランド/La La Land』

特別賞;故・キャリー・フィッシャー
ドキュメンタリー賞;『不都合な真実2
             放置された地球』
アニメーション賞;
     『KUBO クボ 二本の弦の秘密』

外国映画部門の第1位には、
女優の卵と
ジャズピアニストの恋の顛末を、
華麗な音楽とダンスで表現した
クラシカルかつロマンチックな
ラブ・ストーリー
『ラ・ラ・ランド/La La Land』
(デイミアン・チャゼル監督)
が選ばれました。

【外国映画/期待ハズレ大賞】
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
(ライアン・ジョンソン監督作品)





やっぱ、映画館で観たい♪シアターキノ
【日本映画】
“ベスト10”
1位;『人生フルーツ』
2位;『彼女がその名を知らない鳥たち』
3位;『米軍が最も恐れた男
       〜その名は、カメジロー〜』
4位;『幼な子われらに生まれ』
5位;『彼女の人生は間違いじゃない』
6位;『三度目の殺人』
7位;『南瓜とマヨネーズ』
8位;『彼らが本気で編むときは、』
9位;『君の膵臓をたべたい』
10位;『夜間もやってる幼稚園』
10位;『夜空はいつでも最高密度の青空だ』
10位;『Ryuichi Sakamoto:CODA』
10位;『22年目の告白 私が殺人犯です』
























































【外国映画】
“ベスト10”
1位;『わたしはダニエル・ブレイク』
2位;『パターソン』
3位;『gifted ギフテッド』
4位;『LIONライオン 25年目のただいま』
5位;『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
6位;『ラ・ラ・ランド』
7位;『沈黙 -サイレンス-』
8位;『あさがくるまえに』
9位;『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』
10位;『ムーンライト』
10位;『ブレード・ランナー2049』

うぇ〜ん!う〜む。超 おもしろい。
そも&そも、映画のランキングって、かなぁ〜り、理不尽だ。
だって、映画を観ていないことには、評価の対象にならない。
たとえば、ある映画が、本来は年間ベスト1であっても、観ている人が少ないと、ランキングの対象にすらならない。
その理不尽さが、超おもし ろい
『札幌映画サークル』も、『シアター・キノ』も、マニアックな映画を観る観客によってささえられているが、
その両方のランキングにカニバリズム?『君の膵臓をたべたい』が入っているのも、おもしろい。
ふつー、お涙ちょーだいアイドル映画っぽ、なのに。が、
しか・・・・・・・・・死?かし、
観なかった=選ばなかった私の負け(?)なのだ。
そして&もちろん、私には、あえて死んでも観ない= 観たくない映画もある。その理由こそが、私の闘いでもある。
つまり&やっぱり、
映画のランキングって、かなぁ〜り、理不尽だからこそ、超 おもしろい(笑)。






うぇ〜ん!で、やっぱ、映画館で観たい♪札幌映画サークル『発表! Best 10 Cinemas in Sapporo 2017』に応募すると、
「全応募者の中から厳正な抽選による当選者の 方々に劇場招待券、若しくは、札幌映画サークル上映会作品招待券を発送しました。
 尚、発送をもって発表とさせてい ただきます。」
って、コトだったんだけど、私、当選しました(笑)♪
ちょーうれしーんですけどー。

当たったのは、2月28日までの
やっぱ、映画館で観たい♪スガイ・ディノス・シネマズ北海道内の全映画館で、1本 (笑)観れる招待券。
私が、この時期に、この映画館で観たいのは、
やっぱ、映画館で観たい♪『RAW 少女のめざめ』とか、やっぱ、映画館で観たい♪『THE PROMISE 君への誓い』だなぁ〜♪
と、思っていたら、TBSラジオ『荻上チキ・Session』(生放送日;2018年2月1日)に、
『THE PROMISE 君への誓い』の字幕の監修をした吉村貴之(早稲田大学イスラーム地域研究機構招聘研究員)がゲストで生出演していた。
この映画は、第1次世界大戦中にオスマン帝国(現・トルコ)がアルメニア人150万人を大虐殺した事実を描いている。
下記のYouTubeで、荻上チキが「大竹まことは、長女がマリワナなんて やって ないようマリワナ所 持で逮捕されてもメディアに出演すべき」な件などを語った後、
「25:40」から記録されている。さらに、「52:30」からテリー・ジョージ(Terry George、1952年12月20日生まれ)監督のインタビューも♪
映画って企画から公開まで数年かかるのだろーが、私が1月28日(日)に観た
ジミヘン寿司。『希望のかなた』が、
シリア
2015年から2年で、映画公開。難民難民と国家。描いたよーに、
まるでパンフレット(≒アジビラ?)をガリ版で刷り上げ、ばらまくよーなフットワークでセンス良くクォリティの高い作品が、ご近所でリアルタイムで観れる 幸甚。
嗚呼、映画館ジャンキーに
ドクター!風邪が治らない〜って、普通そんなにすぐには治らないのかな?治療薬は、無い。
がくっ。





送信日時;2018年2月3日(土) 3:36Pm
ローラに花束を!最新記事のタイトル、
2017年2007年に なってます(投票してみた、の前)
送信日時;2018年2月3日(土) 4:41Pm
うぇ〜ん!ありがとうございます。
今、直してみました。
また、へんてこりんでしたら、ご指摘ください。

今日の午前11時過ぎ、館脇星野佳子さんがカナダから来日されて江別の焼き鳥屋で会食をしたとか、彼女が友人のスナックへ3年ぶり(?)に行くと、「たった今、久保さんが久しぶりに来て、店内を絨毯爆撃して帰ったばかりだよ〜。」とか。世紀男さんが来社し、1時間半ほど蕎麦を喰いに行ったりして過ごしました。
ケーコに朝練を!星野佳子さんが来日されて江別の焼き鳥屋で会食をしたとか、彼女の友人のスナックへ3年ぶり(?)に行くと、「たった 今、久保さんが久しぶりに来て、店内を絨毯爆撃して帰ったばかりだよ〜。」とか。
送信日時;2018年2月3日(土) 4:59Pm
ローラから出るのは糞かオーラだけ!そうそう、ケーコに朝練を!佳子ちゃ ん帰国していたのです。私も会う予定だったのですが(一緒に長沼のあまりやさんへ行く計画を立てていた。人形劇のkyoちゃんの車で)前日、運転のkyo ちゃんが体調不良になり諦めたのでした。。。 舘脇さんとも電話で話したんですよ〜 雪が解けたら逢いましょうと約束しました。江別に越したことは共犯新 聞で知っていたのですがこのトコロ連絡取りあっていなかったのでまた繋がれてうれしかった。
その、呑みやに行ったら、の話は桂子ちゃんからも報告を聴きました笑

共犯新聞の小さな間違い?は時折見つけるのですが、いつも些細なことなのと(更新時刻の午前と午後の間違いとか曜日とか)時間経つと直ってるしといちいち 指摘しなくても、と思ってるのですがなんとなく映画の記事でもあるし詳細に読んでることをお知らせしたい気持ちもあってか連絡してみました。
映画のベストは超面白い、の理由は私もほぼ同意見です。
そういえば、やっぱ、映画館で観たい♪『女神の見えざる手』は 観なかったの?入ってない気がするんですが。
送信日時;2018年2月3日(土) 5:05Pm
うぇ〜ん!『女神の見えざる手』は観ませんでした。
ご推察の通り、タイミングが合えば観た作品です。


今、予告を再び観たら、まぁ、観なくてもいいかな、と感じたけれど(笑)。この映画は、日本のチラシが作品よりもいいかもしれない(笑)。
送信日時;2018年2月3日(土) 5:24Pm
だんごっ鼻。最近あまり予告編を観てないのはなぜか考えたら映画館に行く回数が減ってるせいと気付いたw いま、予告編も見ました が、たぶん本編とかなりかけ離れたこ とがテーマに感じてると思う、でもネタバレになっても困るからあれが限界かも知れないけど… チラシはもっと狭くなってる気がする。ジェシカ・チャスティ ンの持ってるイメージにかなり寄りかかってるというかうまく利用してる映画だなあと思うんだけど、他のキャストもものすごく上手なので全部 成功してる映画 になってたの。で、監督;キャスリン・ビグローの現在絶賛上映中の映画は、『デトロイト』。「ゼロ・ダーク・サーティー」の 時、ジェスカ・チャスティンをニューヨーク最大の法律事務所に勤めるマイケル・クレイトン(クルーニー)は、事務所のボス直属の部下で、最も汚い仕事をする「もみ消し屋」=「フィクサー」♪「フィ クサー」のティルダ・スウィントンに似てるな、と感 じていたんだけ ど、この映画は同じこと考えた人が撮ったな、と思ったのです。そこまでイメージさせる映画なので私には高得点映画だったから感想読めないのは残念!なんて いうか、たぶん、狙いやテーマが判らない(受け取った人によって全然違う)人が多発しそうな映画だったんだよね。ていうか狙い、と言われたら私もわからな いけど。

うぇ〜ん!そーなの だ。
映画のランキングって、理不尽かつ、特殊性がある。
その特殊性とは、
ふつーのランキングならば、たとえば
帰ってきた転がる胆石♪ズ ルッと最近食べた美味いもの!ゴクリ!拉麺紀行!!を読んで、「おっ。ここのラーメン、食べに行こう♪」 とか、
『おすすめ
パラパラ・・・本や共犯音楽祭★Music〜音という抽象芸術♪CD』なら、「なるほど。この本、読んでみよう。」とか、「あのCD、聴いてみよう。」とか 「YouTubeでチェックしよ〜っと。」とかなるが、
映画のランキングの場合は、その時点で上映が終わってしまっているので、どんなに推薦されても、もう永遠に失われてしまっているのだ。
つまり、参考にならない。
なんて、すばらしすぎるではないか!






2018年
1月
映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。





やっぱ、映画館で観たい♪ 映画 ★ Movie 『三度目の殺 人』(更 新日;2017年9月25日)