さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book グルメとは、肉体の共犯♪好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2013年
7月

映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。

ねじれ
時代
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieTwist And Shout !
個の尊厳こそすべての土台であり、
その個を人になぞらえて
モンキー・ビジネスで、Go、Go、Go!猿として描いたものが、
キューリアス・ジョージだ。

片岡義男光があったから、絵を手に入れようとした。『絵本についての、僕の本』
(1993.9.10、初版、研究社)
定価\3200→古本\500


2013年7月21日 日曜日 午前1時14分コーヒーの温度と、ネクタイ選び。気温16.7℃←■解消しなくてはいけない「ねじれ」とは、政治(&官 僚)と国民の間の「ねじれ」だ

2013 年
ぬいぐるみ用の椅子。7月21日(日)
9: 45Am
なにか匂いがあるものが染み出してきている朝。
TBSテレビは安倍首相と復縁したが?
今日は、参議院の投票日。
誰もが、自民党の大勝を疑わない。

テレビのコメンテーターたちも歯切れが悪い。
歴史を重要視するならば、過去だけではなく未来も。寺 島実郎も出演していたが、私の心に残る言葉は無かった。

国民の総意(?)の発表が近いのに、この祝福感の無さは、何なのだろう。

民主主義は、めんどくさい。
もっともストレスを産まない政治とは、「心優しい独裁者」なのだろう。
しかし、権力は集中を目指す運動体だ。
だから、人類は長くみじめな教訓を経て、めんどくささを選んだ、はずだ。
めんどくささを、「民主主義のコスト」と呼ぶ。
そのコストの形態のひとつが、「ねじれ」、だ。
しかし、どうやら人類は、めんどくささに疲れたようだ。

だから、今、この国に祝福感は、ゼロ。

その犯人は、魅力のかけらもなかった、やつら、だ。
政治家だ。


嫁&長女が札幌へ出かけたので、私は次女と旭川へ。
次女が映画やっぱ、映画館で観たい♪『モンスターズこれは、『怪盗グルーのミニオン危機一発』なんだけどー。ユニバーシティ』を観たい♪と、言い出したから、なんだけど。


1: 21Pm
ねじれて、叫ぶ。
ねじれた建物に、からだをねじりながら、ね じり込む。
グルメとは、肉体の共犯♪カレー工房インド ガンガ店

北海道旭川市旭神3条5丁目3-2
電話;0166-66-1666

営業時間;11Am〜10:30Pm (LO;10Pm)

定休日;第2&4火曜日 (祝日の場合は営業)



たしか5年ぐらい前までは、旭川市のもっと西の
大町1条10丁目181番地99
に本店があった。
JR駅から市役所へ行く途中のビル内にも支店があった。
特に本店は、1990年代の旭川のバブリーなムードのオトナな店だった。
札幌のススキノにあった初期の『ノアの箱舟』みたいな雰囲気の。

が、『ノアの箱舟』が炙り屋になったよーに、
『カレー工房インド』は自己破産し、
本店は2011年から自転車屋『吉田輪業』になった。
おされー&バブリーな物件とミスマッチな自転車屋の看板が、
斜陽の旭川市のムードを捕えている(笑)。
もちろん、『吉田輪業』さんは立派な会社だ(たぶん。)が。

それにしてもスープ・カレー前夜&札幌『スリランカ狂和国』体験者
な私には、1990年代初期の『カレー工房インド』は
いけすかない年増女のような(?)忘れられない味でもあった。

いつも私が旭川イオン西店に家族を置いては映画館へ向かうとき、
『吉田輪業』の前をマークXで通るたびに今さらながら、
「あの味をもう一度」と通り過ぎる2秒間ほど思ってみたりもしていたが、
ずいぶん離れた旭川の東の果てで
フランチャイズの店が同じ店名&同じ味(たぶん。)で
やっていたのね〜☆なのが、ココ。
辛さは、
1番 普通
3番 中辛
5番 辛口
10番 大辛
20番 激辛
で、21番以上は10番ごとに50円増し。

次女は、
エビフライカレー 3番 ライス 950円。

私は、
ガンジーカリ(ゆで卵入り) 5番 ナン 950円。

「 5番 辛口」と言っても、それほど辛くも無く、
中に入っている唐辛子を1本まるまんま
かじっても、たいしたことない(笑)。
間違いなく、こーゆーカ リは「 20番 激辛」が美味いんだろうな。
次回は、チキン・カリの20番を喰ってみよーかな(笑)。
1: 50Pm
エア・メールすら届かない。
いつも思うけれど、激辛カレーに合う酒っ て、ナンだろう。


で、カレーだからすぐ出て来るだろう〜☆と思っていたら、これかなんと、けっこー時間がかかり、
2Pmからの次女が観たい『モンスターズ・ユニバーシティ』に間に合わず、なら、昨日から絶賛公開中の、これを。


場所がある。
2:50Pm5:05Pm
ディノスシネマズ旭川
モーニング・ショー、\1200♪
あの映画館のシートは、まだあるのかな。『風立ちぬ』
監督&原作&脚本;宮崎駿
撮影;奥井敦
編集;瀬山武司
音楽;久石譲
主題歌;荒井由美「ひこうき雲」
声優;庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎

巴里の赤い目。久保の眼
第 二次世界大戦の戦闘機の設計者である主人公「二郎」が、最高傑作であるゼロ戦を完成させたとき、その苦労と魅力を知る同僚にして友人が「すごい!なんてア ヴァンギャルドなんだ!」と 感嘆の声を上げる。アヴァンギャルドとゆー形容詞は、かつては未来派の希望の言葉であったが、今ではエキセントリックなイメージが付きまとい、なかなか肯 定的には使われにくいが、この映画はアヴァンギャ ルドを肯定的な意味に「取り戻した」。同様 な言葉に「ラジカル」とゆーのもあるが、これらの魅力的な言葉が不遇の現代は、前向きに創造してゆく「独創性」「才能」を持つ者にとっては、はたして 良い時代なのだろうか?が、この映画のテーマなのだろう。
そー ゆー意味では、ジブリの他の作品と比較して、こどもウケはしにくいだろう。なぜならば、子供とはアヴァンギャルドでありラジカルであり、本質的だから。そ れらを失った者としてのオトナには、奇妙なノスタルジーが付きまとう作品だ。確かに主人公の妻が死ぬのもストーリーの重要な骨格だが、もしも観客が泣くと すれば、妻が失われたことではなく、自らから失われたアヴァンギャルドへのあこがれに泣くべきだ。
そ して、絵。アニメーターがそっくり入れ替わったのか?ってぐらいに、今までのジブリ作品では使われなかったタイプの絵や動画の手法が何種類も出て来る。そ の最初の宣言がタイトルのロゴであり、最後の勝利宣言がエンディング文字の「おわり」のロゴだ。これらは、まるで昭和のマンガ少年たちが雑記帳に描いてい た手作りのマンガを想い出させる。その両端のふたつの宣言の間に盛り込んだ宮崎駿のアニメ話法の実験の数々は、それこそアヴァンギャルド。今作の特徴のひ とつは、省略のアヴァ ンギャルド性を「取り戻した」ことだろう。かつてマンガは純粋絵画や挿絵と比べて、単純すぎるとバカにされていたが、1970年前後の劇画ブームを経由し て複雑な絵を取得してゆく。ジブリも同様で、『もののけ姫』から『千と千尋の神隠し』への流れは絵が精密化することこそが「進化」であるような勢いがあっ た。しかし本作では、むしろ省略こそがマンガ=アニメのアヴァンギャルドな本質であることを多彩な手法で実演した。追っかけてすぐに公開される予定のジブ リ作品『かぐや姫の物語』では、さらにその姿勢が過激に追及されそうだ。
そ う考えを広げていき、そうして抽出されたキーワードを私の狭い脳味噌に並べてみれば、宮崎駿がやりたかったことの照準とは、やはり「取り戻した」なのだろ う。 右に引用したインタビューでも、優秀な設計者を「愛国心」や「コンプレックスのはけ口」から、この映画で「取り戻した」と宣言している。映画を観た者なら ば、誰もがタバコを片手にたった一人で机に向かい誰よりも緻密で誰よりも独創的な図面を延々と描き続ける主人公に、絵コンテやセル画を黙々と描き続ける宮 崎駿の姿を見 ることだろう。宮崎駿は誰にも利用されないで、ここまで来た。だから、誰からも取り戻す必要はない。だからこそ、奪われたもの、失われたものを取り戻すゲ ドやナウシカに 今度は宮崎駿がなってみたのだ。そんな映画だ。
こ こから先は、私のねじれた想像だ。そうして「二郎」が作り上げた「美しい飛行機」=ゼロ戦は、死者や、殺人や悲しむ人々を気が遠くなるほど大量に生んだ。 それって、「タバコを片手にたった一人で机に向かい誰よりも緻密で誰よりも独創的な図面」で美しいタービンや高速増殖炉などを、アニメ『鉄腕アトム』に憧 れて作り上げた原発設計者と、ダブらないか?我々が憎み呪うべきは、科学の理想に純粋な才能を注いだ、かつての若者たちではなく、それを利用し、すりかえ た者たちではないのか?理科系出身の吉本隆明が最晩年に原発を擁護する発言をしたのは、そーゆー意味からだったのではないのか?
たしかに、この映画では原発についてはまったく触れられてはいない。しかし、戦争映画なのに戦争シーンがほとんどない(←もちろんそれも 「省略こそがマンガ=アニメのアヴァンギャルドな本質であること」による手法なのだ。)にもかかわらず、むしろスペクタル・シーンとして第二次世界大戦よ りも20年前の1923年9月1日の関東大震災を克明に描いている。この比重は明らかに宮崎駿からのメッセージだ。大衆としての日本国民にとって戦争も地 震も災害であり、純粋なインテリはそこを乗り切るために力を尽くした。そこに3・11の原発の暗喩があると私は想像するのだ。
また参議院選挙の真っ最中に宮崎駿は、雑誌に掲載された自らの護憲発言をネット上で無料公開した。もしも、『風立ちぬ』の公開日が参議院 選挙 の投票日の前日では無くて、公示日の前日だったら?
「独 創性」と「才能」の無力を痛感する。しかし、宮崎駿は右のインタビューで「責任を問うのはくだらない」と断言する。嗚呼、我々は「責任を問う」たばかり に、多くの「独創性」と「才能」を失い続けたことか。「責任」とはモラルだが、「責任を問う」は政治だ。つまり、「独創性」と「才能」が無力だったのは、 政治に対してだ。だから我々は政治に対してタフにならねばならない。めんどくささに疲れないように。現代においてタフであることは、それだけで闘いなの だ。「二郎」や宮崎駿のようにデリケートな精神の持ち主が、ふし目がちに見えながら、誰よりもタフな闘いをしていることにはげまされるだけでよい夜もある のだ。
まっすぐ。しかし、自分の方法で。
2013年7月20日(土)の朝日新聞によ る宮崎駿ロング・インタビュー。


映画を観ていたら、
7月5日に札幌のブック・オフで105円で買った、須賀敦子ぱっちん、エナメル。『ユルスナールの靴』内のこんな言葉を想い出した。


1944年の秋、15歳で女学生だった私たちにとって、軍用飛行機の部品を造る一日の作業を終えたあと、
学校から駅までの紅葉しはじめた桜並木の坂道を降りながら 本の話をするのは、こころからほっとする時間だった。


戦争中の青春。
「二郎」と須賀敦子は出会ってはいないだろうが、軍用飛行機の翼の両端で、間接的にお互いの指をさわっていたのだろう。

そう思うと、またしてもブック・オフに行きたくなる私(笑)。


目玉ローリン。
6:32Pm
片岡義男パラパラ・・・『東京のクリームソーダ』
(1998.7.18、初版、光琳社)
定価\3990→古本\250

透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼
こ の本が出版された直後(ああ、もう15年も前のことか!)に私は手にとった瞬間、「こ、この本、欲しい!」と思ったが、その価格と、内容の落差で、買うの を思いとどまった。てか、古本になるのを待った。で、古本で出回っても、\3000とか、半額の\1995とかでも、私は手が出ず、静観(?)していたの だが、今回、\250+初版+帯付き+そこそこ美麗本を発見し、購入。
が、 この本、すごすぎ。先に私は無意識に「内容の落差」と書いてしまったが、それは、たとえば、70年代の中学生が毎月\2500のおこづかいで、LPレコー ドを買おうととした時に、音の情報量の少ない古いブルーズよりも、音数が濃く厚いクィーンを買う方が「お得♪」と感じるようなもんである。しかし、クィー ンよか(たとえば)音はスカスカだがロバート・ジョンソン(1911年5月8日〜1938年8月16日)の方が本質的であり、独創的かつ圧倒的なアイディ アやヒントにあふれているのである。
で、この本は何 の本?ってハナシだが、これは小説家がよくあるご近所の風景を撮影して、短いコメントをそえた写真集だ。その写真が路上の電信柱だったり、食堂のメ ニュー・サンプルだったりするので、つい「内容の落差」と感じてしまうのだが、実はこの本、「本質的であり、独創的かつ圧倒的なアイディアやヒントにあふ れている」のだ。だから、私は読み進めると、「これは写真集ではなくて、哲学書だ。」と姿勢を正したのであるが、もっと読み込むと、さらにこの本は哲学書 以上の何かのような気がして私はチョー不安になってきた。私を不安にさせる本など、めったに無いのに(笑)。それだけこの本はジャンル分け不可能なのだ。 で、その不安の結果、私はこの本が最も近いジャンルは句集だ、と到達した。途中で写真を3枚並べた「3点ひと組」に凝りだすが、その姿なんぞ、もろ俳句で ある。つまり、優れた俳句が写真であり、哲学であるのと同じように、この優れた、まったく新しい写真集は、句集に限りなく近いのだ。



「ねじれ」が起こる理由は、パラレル・ワールドを同時に生きようとするから。

それは人間の複雑性の証明なのではないのか。
AとBを同時に愛する(=生きる)ことを罪と呼ぶのか、文化とうそぶくのか(笑)。

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは宮崎駿を「戦闘機が大好きで、戦争が大嫌い。矛盾を抱えた人」と指摘する。
2013年7月27日(土)の日本経済新聞で宮崎駿はインタビューに次のように答えている。
矛盾のない人間はたぶんつまらない人ですよ」



自民党の大勝を考える時、
考えたくはないが(笑)民主党の大敗を避けて通れない。
あんなに、したたかだった民主党が、なぜ。
3年前の自民党は、溶けて無くなる直前のアイスクリームのようだった
のに。

2年前、ある民主党の代議士に
私が「なぜ、はっきり意見を言わないのですか?」と聴いたところ、
「久保さん、我々は与党なのですよ。
野党でしたら、簡単に反対もできるのです。
しかし、我々は与党なのですよ。」と、
まるで、さとされるよーに言われた。
私はすぐに、「では、なぜ与党になったのですか?」と聴きたかったが、
もうこの方には、この件では言葉の意味が通じないだろうと、
あきらめた。

優秀な政治家の仕事のひとつは、
国民を「あきらめ」させることなのだろう。

そして、政治家がもっともやってはいけないことも、
それだ。

私が「政治家」をやる理由は、そこ・だけ・かもしれない。
6: 45Pm
あしたは、どっちだ?
夕焼けと橋の街、旭川市の太陽が地中にねじ り込まれてゆく。
7: 41Pm
出口調査?・・・出口って、どこなの?
NHK大河ドラ マ『八重の桜』は、ねじれた敗北者のプライドがテーマ。
民主党は1人区で全敗しただけではなく、
改選数5人もいたモロ都市型選挙の東京選挙区ですら1議席もとれず、
しかも自民党の2議席目を上回ったのは、
「脱原発」を掲げて無所属&ほぼ無組織でいどんだ
俳優の山本太郎(38歳)だった。
ミュージシャン三宅洋平(35歳)との共同イベント『選挙フェス』は
インターネットを通じて私にも届いていた。
■「ナイーブなセンサー」だから、「作品」で説明せにゃならんのかー。月見猫が生きていたら、
彼らのそばにいただろう。

参議院選挙が終わってから、こんな声も聴いた。
民主党の東京都連・青年委員長の西沢圭太・東京都議(34歳)は、
『脱原発は民主党にまかせてはいてはダメだ』と いう
雰囲気になった。
かわりに山本(太郎)さんが
『脱原発と言えば、この人』という感じになった」
と言う。
ここに私が先に上げた
「では、なぜ与党になったのですか?」とゆー質問は、みごとに重なる。

現在の選挙は明らかに、
「組織」票と「無党派」票の組み合わせのバリエーションだ。
「無党派」票が選挙のイニシアチィブを持つとき、
「風が吹いた」と呼ばれる。
風が吹かないとき、「組織」票は相対的に浮上する。
自民、創価学会、共産党。

東京選挙区だけに限れば、
2012年6月20日の「原 発都民投票条例」採決で、
民主党が自らの墓掘りをし、
民主党をあわてさせたい層が共産党&山本・三宅に向いた・のだろう。

民主主義とは、ストレスの作用&反作用にしか、すぎないのか。
そんなワケで、すべてのコトに理由は、ある。
そんな理由をもっとも科学的かつシンプルに証明したのが、
右に全文引用(←恐縮です・・・。)した小熊英 二の中盤の説明だ。

「憲法・原発・TPP・消費税の賛否の組み合わせは16通りだ。
7割の票が16に分散すれば
「昔のやり方を踏襲してほしい」という3割の票が確実に勝つ。」

おみごと。

ならば、自民党が議論のテーマを増やしたのは、
野党の仲間割れを誘う作戦だったのか♪

その作戦が水面下で進行中に、
さらに!
ハシモト@維新の従軍慰安婦発言が、
みんな=維新を勝手に仲間割れしてくれて、
うまくイクときには、何をやっても、うまくイクものなのね♪

・・・と、考えれば、民主党が「野合」と揶揄されたのも、
実は「野合」とは16に分散されることを防ぐ高度な作戦だったのだ。
モンキー・マジックというモンキー・ビジネス。
2013年4月25日(木)朝日新聞。ライ ン・マーカーは、久保によるもの。
8: 01Pm
ヤンキー文化の数値マジック。
開票した瞬間に、勝敗が付く。「ねじれ」と 言い出したヤツは誰だ?
これまでにも
「小泉郵政選挙」とか「政権交代選挙」とか言われたよーに、
今回の参議院選挙は、「ねじれ解消選挙」と呼ばれるのだろうか。

結果も含めて、私は今、ただ静観しているだけだが、
この選挙が
「TPP選挙」とか、「原発選挙」とか、「憲法選挙」とか、「消費税選挙」
などと
名付けられないことに
問題の本質を見る。



2013年7月 22日 月曜日  午前2時16分
コーヒーの温度と、ネクタイ選び。気温17.8℃←■自民党を選んだのも国民だし、自民党を選ばなかったの も国民だ。これから国民は、選べない3年間を過ごす

2013年7月23日 火曜日 午前3時12分コーヒーの温度と、ネクタイ選び。気温18.0℃←■NHKテレビの各党・幹事長の討論会を見ると、自民党 はすげー余裕だな。共産党以外の野党は、震えてたよ



text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (足元に転がる地球をけとばし、ひとりになって考えてみな。2013年7月26日 金曜日 11:51Pm)