さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! 上品に共犯♪肉体のあくまで!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2011年
9 月
映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳 味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。


本当は
月の暗い側 なんて 存在 しない。
何故なら、 すべてが そのもの だから。
There is no dark side of the moon really.
Matter of fact it's all dark
.
「明るい」側も 「ただ太陽の光が 当たって いるだけ」 なのだ。
魔法からの解除の不安の瞬間、
これが哲学出現の時
である。


ギュスドルフパリの彼岸は、右か左か。『言葉』
訳;笹谷満&入江和也
(1969年9月20日、初版、みすず書房)
原書『La Parole』1952年

2011 年9月18日(日)
日曜日だが、新米が少しづつ入荷してくるので、お仕事♪
そのスキマに、ちょろ&ちょろ、こんなコトも。

10:40Am
並木さんがくらくらクラッシック♪無器っちょな俺は まるでリュリ♪『全国童謡コンクール』に出場するので、
その『壮行コンサート』の準備会議を、
並木さんの自宅にある「並木ホール」で、
松ちゃん+文雄ちゃんと4人で行う。
テープ・レコーダーの人肌感。
出場の効果で、こんな仕事も舞い込む♪
キップでスキップ♪
かなぁ〜り、スゴイことである。

仕事に区切りが付いたので、次女と旭川へデート♪

5:37Pm
ガリレオの休日♪
『デザート王国』で、
クレープ「バナナ・ストロベリー・チョコ」。
「映 画、なに観る?」
と、
相談中。
7:14Pm
あっけ・らかん♪
『らーめん道場 羅漢』で、
醤油ラーメン。

ふたりの意見が合う映画を、選ぶと〜、これ♪

ジェット・ブルーズと、ピンク・フロイド。
8:20Pm11: 00Pm
ディノスシネマズ旭川
レイトショー料金 \1200+デジタル3D\300
やっぱ、映画館で観たい♪『トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン』
原題;『Transformers: Dark of the Moon』
監督;マイケル・ベイ
脚本;アーレン・クルーガー
主題歌;リンキン・パーク「イリディセント」
出演;シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョン・タトゥーロ、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、パトリック・デ ンプシー、ピーター・カレン、ヒューゴ・ウィーヴィング、レナード・ニモイ

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼
『男はつらいよ フーテンの寅』さんから『ハリー・ポッター』くんまで、シリーズ化される映画は多いが、第一作のテンションをキープする のは、けっこー難しいようだ。最悪な例がやっぱ、映画館で観たい♪『マトリック ス』3部作で、 私も2003年の『第1回★共犯映画賞』で最下位=最優秀 がっかり賞「一作目は”一流のSF映画”、二作目は”二流のアクション映画”、三作目は”三流の怪獣映画”?」と感じたよーに、第一作の哲 学的 ムードが見事に、どん&どん消えていった。ところが、この『トランスフォーマー』は、第一作のニッポンお子ちゃまテレビ特撮ヒーローもの風から一転して、 三作目は重厚な哲学テーマ作品 に大バケした!こんなコトもあるんだねぇ〜。
そ れどころか、もともと『トランスフォーマー』って物語ですらなかった。1970年代までの日本の男子おもちゃは、『ウルトラマン』や『仮面ライダー』など テレビ番組に頼るキャラクター商品が主流であり、イニシアチィヴは玩具メーカーには無かった。その傷つけられた自尊心から立ち上がろうとしたかのよーに、 1980年、タカラがテレビ媒体に頼らないオリジナルのキャラクターを発売したのが、この変形合体ロボット玩具シリーズだった。タカラは元々、テレビ媒体 に頼らない『リカちゃん人形』シリーズを展開していた企業文化があったので、この企画の必然性が理解できる。
つまり、少女たちが与えられた『リカちゃん』という 素材から物語を想像して「おままごと」ごっこ遊びを各自が自由に個別に開発したように、タカラは少年たちに『トランスフォーマー』変身ロボット人形を与え ることで物語を想像させるとゆー副産物を「商品」化し、 成功させたのだ。その到達点が、この『ダークサイド・ムーン』である。我々は、まずそこに興奮しなければならない。
さて、お もちゃ発売から4年後、まずアメリカでテレビ・アニメ化された。
1984年『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』
これが、なんとここまで進化した!

2011年『トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン』
子供の想像力は、ほら穴を秘密基地にするし、落ちている木の枝をサーベルに変えることができる。そして、その想像力に限界は無いのだ。
『共犯新聞』賢人のお一人、編集能力と、批評能力と、事務能力は比例する。骨 王さ んが、2007年の第一作『トランスフォーマー』がまだ制作中の時に、「今まで見たことが無いスゴイ映像が作られつつある!」と嫉妬と尊敬が入り混じった よーな報告をしてくれて、私も期待して観て、なるほどスゲエと思ったものだった。骨王さんはアメリカで超☆大作ハリウッド映画のCGデザイナーをしてい て、久しぶりにチェックをしたら、なんと私がつい先月、映像で感動した最新作やっぱ、映画館で観たい♪『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』ヴィ ジュアル効果も担当していた!
確かに、このシリーズはまず映像の愉楽に酔うのが正 しい楽しみ方 かもしれない。重量感あふれる複雑な構造のロボットが、激しい動きをしつつ、回転しつつ、さらに変身しつつ、スムーズに動く映像は、冷静に考えればどう 作っているのか不思議でたまらない。映画の後半、のたうち回りながら高層ビルをねじり切ってゆく巨大なヘビのようなロボットの不気味さは、同時期に制作さ れたやっぱ、映画館で観たい♪『ハリー・ポッターと死 の秘宝』に出てくる巨大な黒いヘビのような煙との同時代性を感じる。さらに主人公の友人である黄色いロボットの悲しい目の表現力も並大抵の技術で は到達できない高度なセンスの裏打ちがある。
まずは、そんな&こんなの映像のスゴサを認めてか ら、やはり本作 のスゴサの本質は、日本の玩具メーカーのタカラが少年たちに与えた変身おもちゃロボットに付加された想像力が、ここまで遠くに到達したことだ。なんせ、 1969年7月20日のアポロ11号が人類初の月面着陸を成し遂げた時に、世界同時テレビ生放送がとぎれた21分間に行われた月の裏側での作業が謎の巨大 宇宙船の内部にある金属の身体を持つ生命体を調査するとゆー極秘ミッションだった!って、まぁ、よくも単なる変身おもちゃからここまで考えたすげー想像 力。そこに平和な夢に見せかけた「60年代宇宙開発」のすり替えや、それを知った者へ「外部へ知らせれば国家への反逆罪になる」とゆー見えなかった権力が 一気に見え出す怖さが加わり、シリーズは最高の知性を発揮する。また、「We Are Not Alone.」とゆー有名な宇宙への夢の名セリフが実は底知れぬ恐怖の告白だったとゆー知的な解釈や、「将来、人類が侵略された時に君はどこにいたかと問 われるだろう。」と、NY9・ 11の時に感じたアメリカ人の感情をセリフに込める巧みさも随所に刷り込ませてある。
やはり、想像力は剣より強し、なのであ〜る。
お子ちゃまトム・キャッツ♪

さて、いよ&いよヤミ米、繁忙期だっ。

text by うぇ〜ん!久保AB-ST 元宏 (2013年2月23日 土曜日 11:41Pm)



きみの立場
から きみは 正しい




ぼくの立場 から ぼくは 正しい

You're right from your side
I'm right from mine

論理の展開というよりは、内部の音楽のようだ。

鶴見俊輔論争の言語と、日常の言語の軋轢の彼岸。『埴谷雄高』
(2005年2月、講談社)
いよ&いよ稲刈りが近づき、
ヤミ米屋の情報空中戦が始まる。

2日前に
9月15日に開かれる定例議会の議案書が届き、読む。
どうやら議員には2タイプあるようで、
議員になることでストレスを発散するタイプと、
議員になることでストレスがたまるタイプ。
私は、後者のようだ(笑)。

前日に台風12号が接近し、
風は無いが壁の中のジプシーたちよ。大雨 が
沼1の用水などをあふれさせ稲を倒した
農家への心配と、相場への影響を
同時に想う自分がいる。

その夜、身も心も♪ほたる館の泡の日々。ビール・パーティ
文雄ちゃんホット・ブラザーズと行き、
2次会では
弟が歌うブルー・ハーツ「情熱の薔薇」に合わせて
兄の文雄ちゃんがダンシング。
帰路、大量の巨大RCサクセションが聴こえる。雨の中を 舞っていた。
2011 年9月3日(土)
8:49Am
よ〜い、どん♪
出発を天気予報と、相談中。
いつもの朝に、
ついに台風12号が、高知県に上陸する。
紀伊半島では大規模な土砂災害が発生し、
世界遺産の熊野那智大社では裏山が崩れ、
本殿の一部が土砂で埋まった。

半年前の3・11以降、神の怒りにふれたような
自然災害が続く。
しかし、2万人の死も、1人の死も同じ重さである。
我々は死の前では数学を文学にしなければならないし、
権力の前では文学を数学にしなければならない。

ちなみに、この日には
『藤子・F・不二雄ミュージアム』が
神奈川県川崎市にオープンしている。

同時多発とは、
同じことばかりではなく、
まったく無関係なことも並行して行われているという
世界とはエロスの総体
である・とゆー事実を抱きしめる☆こと。

2011年9月3日 土曜日 午後12時11分透明の石ばしる垂水の上のさわらびの萌えいづる春になりにけるかも。気温 28.2℃←■これから、札幌。行きは晴れだけど、帰り道は台風12号とデッド・ヒートして、かな。

札幌に近づくほどに、激しいRCサクセションが聴こえる。雨に なってゆく。
こちらから、わざわざ台風の中に進んで入っていくのだから、当然だ。

シャイニングのドアーズを開けたがる者たち。
3: 00Pm4: 53Pm
会員料金、 \1500♪
やっぱ、映画館で観たい♪『インシディアス』
原題;『Insidious』
監督;ジェームズ・ワン
脚本;リー・ワネル
出演;パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、リン・シェイ、バーバラ・ハーシー、アンガス・サンプソン、アンドリュー・アスター

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼
怖 くない(?)ホラー。監督のジェームス・ワンは代表作『ソウ』以降、流血や暴力を描く監督として分類されてきたが、本作ではあえてそれを描かないでヒッチ コック的な手法に挑戦したのか?しかし、突然、大きな音を出してみたり、『スター・ウォーズ エピソード1』のダース・モールぱくりの恐怖マンガみたいなアニメ・キャラを画面に登場させたりしても、観客は驚くが怖が らない。
つまり、<驚き>が<恐怖>である・と誤解し混在し たところに監督の敗因があ る。<驚き>は肉体を刺激し、<恐怖>は精神を刺激する。
ご存じのように世界最初の映画は、1895年12月 28日のリュ ミエール兄弟による『ラ・シオタ駅への列車の到着』であり、ただ単に駅のホームに列車が到着するだけ、ってゆー50秒の白黒サイレントなのだが、観客は <驚き>、<恐怖>し客席から飛び上がって逃げ回った・という。現在の3Dが、どんなにリアルに宇宙船を3Dメガネの中に飛び込ませても、観客はそこまで は驚かないだろう。そも&そも、暗闇で巨大な画面を見せつける興行なのだから<驚き>は映画にとっての商品だ。ならば、<驚き>が目的の本作は映画の王道 なのか?そうでは無いことを、この映画のつまらなさが身をもって証明してくれた。その点にだけ、この映画の価値があり、感謝したい(笑)。
ところが!なんと、本作の続編まじか!?『インシディアス・チャプター2(原題)』がすでに2013年1月にクランクインし、8月30 日には全米公開するらしい。て・コトは、少なくともマーケットはこの映画を支持した、ってコトになる。あほか。
そんなくだらない映画業界にはもはや蛇足だが、<驚 き>の無い<恐怖>はトラウマであり、<恐怖>の無い<驚き>はヘタウマだ。

激しい雨の日と映画館は、なんだか似合う(笑)。
てか、何度もそーゆー経験をしてきた。

5Pm
Oh ! 上品に共犯♪肉体のあくまで!中国料理 天山(てんざん)

札幌市中央区南4条西4丁目
ススキノラフィラ 7階

コメ業界の商談会。
これもまた、森の地図。
新米の直前だから情報が飛び交う。
これから とれる
新米の売買も行われ、
1俵が
13500〜13700円で
商談成立。

これが高いのか、安いのか。
誰も分からない、
ってトコにだけ、
我々の業界の存在価値がある。
指差しオーライ。
センパイの情報の読みを聴く。
そして
これが、3・11後の世界なのだ。
ふたを開ける物語。
軽く、中華。

だん&だん激しくなってゆく雨の中、またしても映画館へ。

8:00Pm10:10Pm
ユナイテッド・ シネマ札幌
深夜割引き、\1200♪
やっぱ、映画館で観たい♪『レイン・オブ・アサシン』
原題;『劍雨』、英題;『Reign of Assassins』
監督;スー・チャオピン、ジョン・ウー
脚本;スー・チャオピン
出演;ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー、ショーン・ユー、ケリー・リン、レオン・ダイ、グオ・シャオドン

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の 眼
「熟女ブーム」、だ・そうだ。たぶん、ウソだろう (笑)。しか し、「なんとかブーム」と言いたがる病が、時代の病であるのはホントウだ。この映画に、あえてジャンル分けをすれば、「熟女カンフー」 (笑)。
原 題が『劍雨』だから、英題も「暗殺者の雨」かな・って思ったが「rain」ではなくて、『Reign of Assassins』だった。つまり、「暗殺者の支配」。暗殺者だった女性が過去を捨てきれず、暗殺組織に戦いをいどむ、って話だから英題も間違いじゃな い。ただ、雨のシーンもけっこーあるから、こりゃ、かけているんだろう。
実は私はジョン・ウーの前作やっぱ、映画館で観たい♪『レッド・クリフ』を「輝け!2008年第6回★共犯映画賞」の最下位にしてい た。しかし、2002年に観たやっぱ、映画館で観たい♪『ウィンド・トーカーズか らは刺激を受けていたので、リベンジしてちょーだい♪って期待があったのだが、またしても、ぺら&ぺら薄っぺらな作品になってしまった。いや、もちろん内 容が無くて薄いのではない。むしろ、ありスギなぐらいに濃厚な演出、キャラ立ちまくりの出演陣、手を抜かない美術 or CG、お約束のワイヤー・アクション、かわゆいバービー・スーのお色気サービス、期待通りの(?)どんでん返し。・・・なのに、薄い。薄すぎ、ぺ〜ら、ぺ ら。それは濃すぎてメリハリが無いからではない。なにか完璧な設計図を見せられているようで、生命力が無いのだ。例えれば、人間そっくりのロボットを見せ られ、「すごいでしょ♪」と自慢されても、人間を見たい者には、ただ&ただ、うんざりするだけなのだ。
もはや、ジョ ン・ウーはロックで言えばボストンやジャーニーのような産業ロック系の巨大プロダクション土木産業型監督と判断していいだろう。もちろん、そこにも巨大 マーケットがあるのだから、活躍は続くだろう。ただ、その映画も私が観たい映画も、たま&たま映画とゆージャンルが同じだけであって、これらは、まったく 違うものである。熟女が好きだから「熟女ブーム」になったのではなく、たま&たま好きになった女が熟女だっただけなのだ。
霊は朝、死んだ?

『インシディアス』のジェームズ・ワン(1977年2月26日生まれ)監督も中国系だから、私は気が付かないうちに中国映画を2本観たようだ。
が、「怖くないホラー」と「熟女カンフー」とゆー新(?)ジャンルって、どうよ?

実は私は、ホラー映画とカンフー映画に変な距離感を持っている。
映画が好きになるきっかけは、多くの方が中学生時代だろうが、私の時代の2大ヒット映画は、『エクソシスト』と『燃えよ!ドラゴン』だった。
説明不要の、ホラー映画とカンフー映画の古典である。
当時の中学生は、すぐに影響を受け、ベッドで激しく動いて口から緑色の液体を出したり、ヌンチャクを振り回して「アチョー!」と叫ぶマネをしていた。
が、多くの同級生が映画館に行き両作を観ていながら、ほぼ私だけが観ていなかった。ちなみに、いまだにまだ観ていない。
誰もが観ている『エクソシスト』と『燃えよ!ドラゴン』を観に行かない=映画が趣味ではない。
って公式で処理されていたのだが、
私の中では、
「映画って、こんなものじゃない。映画は、もっとすごいものだ。」的な違和感があり、観に行かなかったのだ。
まったく、へんな中学生である。

それから35年が過ぎ、こうしてホラー映画とカンフー映画を観ると、こーゆー感想文になっちゃうわけだ。

心配していた台風12号は、左へ舵をきり、日本海へ進み、幸い、北海道の農作物に大きな被害は無かった。
しかし、奈良県の十津川村では、大きな被害があった。

text by うぇ〜ん!久保AB-ST 元宏 (2013年2月22日 金曜日 0:46Am)


☆☆☆☆