あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共 犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。好 物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2011年
1月

映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。
♪クリックして、見よっ!One More Red Nightmare
しるし。あの後、ふ つうに始まってしまいました。
享 楽を演出するものすべてが
享楽の不可能を物語っているようであった。
水 村美苗パラパラ・・・『本格小説』 (2002年9月25日、初版、新潮社)

赤い目は満ちるか?
シネマ・更 新!
写メ〜ル差出人: ♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。北海道米、食ってるかー?blue.tree@ 農業AoKiBundancho48
送信日時: 2011年2月9日(水) 12:37Pm
宛先: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏

ホロピリ・スノー♪降雪量、多くはないけど最近は毎日で、一 日仕事始めのウォーミング アップといった所でしょうか!?
先日旭川に免許証更新やら買い物やらで行ってきましたが、
空いた時間で久々に映画を観てきました。
REDです が、ブルース・ ウィリスが出演するとダイハード系統になりがちなんですかね〜!
まぁ観てて面白かったです。
本当はやっぱ、映画館で観たい♪グ リーンット(久保 式)を観たかったけど、開始時間が遅かったので諦めました。

免許証ですが、ここ近年は普 通車は中型車となるんですね〜!?
ゴールドで、ゴールだど!
条件欄に初めて記載されました。 ゴールドだ から道交法関係にうとくなってましたね…。

RED or GOLD ?

2011年1月31日(月)
5:45Pm7:46Pm
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「月曜日は会員ディ」割引き、\1000♪
やっぱ、映画館で観たい♪『RED』
原題;『Red』
監督;ロベルト・シュヴェンケ
出演;ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、
ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカー、カール・アーバン、
ブライアン・コックス、ジュリアン・マクマホン、リチャード・ドレイファス

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼
夕方5時、定刻で会社を 出、間に合う時間に割引きディ千円で映画を
観ようと駆け込んでくるオヤジどもを見ていると、「こいつら窓際族か?」
などと不遜なことを感じてしまった。しかし、そんな彼らを勇気付ける定年
後のCIAたちが大活躍する映画だ。・・・ん?つい2ヶ月前に観たばかり
やっぱ、映画館で観たい♪『エ クスペンダブルズ』と 同じ設定じゃん!よく考えれば日本映画
も中年バンド・マンの復活映画など定年後の元気さをテーマにした作品
が何気に量産されている。これはトレンドと言うよりも、単純に客層の高
齢化に迎合したマーケティングだろう。
それよりも、老人パワフ ル映画が新しい流行かと思うと大間違いだ。
これは、大昔からある物語の常套である、弱虫だった少年が強い敵を
やっつける、とゆーパターンの焼き直しにすぎない。少年を老人に置き
換え、意外性のギャップが産む快楽で観客を喜ばす。傍観者は常に判
官びいきなのだ。そしてまた闘いはギャップのあるところに産まれる。
スケベじじいモーガン・ フリーマンや、エキセントリックじじいジョン・マ
ルコヴィッチもギャップの快楽を与えてくれるが、私が最も楽しんだのは
『クィーン』(2006年)のエリザベス女王役で、アカデミー賞主演女優賞
をとったヘレン・ミレンのマシンガンぶっ放しばばあぶり。実は私は彼女
の顔が苦手だったのだが、しばらくは新作を追っかけてみたくなった。
少年の裏返しとしての老 人とは、永遠のメタファーなのだろう。だから
痛快なんだろうな。
PANTAも観た・かな(笑)?

RED is GOLD !


text by
うぇ〜ん!久保AB- ST元宏 (2011年2月19日 土曜日 1:20Am)



♪クリックして、見よっ!Cholera in the Time of Love
愛の時代のコレラ。
2011年1月23日 (日)
何 かがないと存在できないものだけれど、引用や複製のような、安易な方法とは違う世界。
月を描かなければ月の光は表現できないが、わたしに とって月はどうでもいい。
主題ではなく、描く過程で副次的に 生まれた傷やかすれこそが真実な のだと考えている。
山 本容子パラパラ・・・『マイ・ストーリー』 (2004年9月15日、初版、新潮社)

昨夜は、ひとりでやっぱ、映画館で観たい♪映画を2本観たが、翌 朝は次女と画廊へ。
10:45Am
私はまったく知らない画家だったが、美人画伯からの、こんな紹介メ〜ルに興味を持った。
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!白 鳥信之 展
写メ〜ル差出人: 独自な視点のほうへ。 宇 流奈未
(うりゅう・なみ)

送信日時: 2011年1月13日(日) 0:18Am
宛先: うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏

久保様♪

こんばんは!
お知らせなのですが、今、
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!ギャラリー・エッセ白鳥信之さ んの
個展を 開催しています。(1月11日〜23日まで二週間)
白鳥さんは私の大先輩で大変お世話になっているベテラン画伯です。
今回はエッセから二週間の企画で頼まれたそうです。
北海道で は数少ない、(ほとんどいないのではないだろうか?)
画業のみ で生計している画家さんです。ありがちな、
奥さんに養ってもらってるとか親の財産くいつぶしてるとかじゃなく(笑)
画風は超 写実で すが、
昨今よくある写真のようなリアリズムや理屈っぽく作りこまれた感じの写実主義と 違って、
自然体でありながらも対象の 本質が静かな力強さで迫ってくるよ うな作品です。
今回は人物が中心ですが、対象に対する愛情にあふれていて
暖かい気持ちにさせてくれます。
もうご存知かも知れませんが、まだ作品をご覧になられていなければ、
ぜひ足を運んでみてください。見応え有りです。
白鳥さんはご本人曰く「他人の絵について本当にいいと思わないと
お世辞では絶対いいと言わない」そうなんですが、
私の絵に対する姿勢や画風が好きだと言ってくださって、
孤立無援&変人?の私に何かと世話を焼いてくださる優しい方です。(笑)
ありがたいことです。
一見怖そうな感じですが実はとてもユニークで優しい方です。
宇流でした〜♪

(^^)v
ミスター・ボージャングルに、よろしく。
DMにも使 われた作品。「自画像かな?」と思ったのだが・・・。

「精神が貧しい」、と言えば言い過ぎになっちまうだろーが、
残念ながら世の中には「精神が下品」な人、っている。
私はめったに他人の悪口は言わない(←ホントか?)し、
怒ることなどほとんど無い(←うそ〜)が、
あるとすれば、それは「精神が下品」な人(→時にモノやコト。)に対してだ。

特に明らかに自分よりも「精神が下品」なお方が、い ばっている姿を見かけてしまうと、
もーたまらん(笑)。
もしかしたら私の行動のトリガーは、ただ唯一、それだけかもしれない。
てか、最終的にはそれに収斂されてゆくのだろう。

なぜ、そう思うのか、とゆーと、
たぶん私は「精神が豊か」で、「精神が上品」な人をたくさん知りすぎたからだろう。
だから、「精神が貧しく」て「精神が下品」な人が、いばるたびに、
「精神が豊か」で、「精神が上品」な人たちが汚されていくような気になっちゃうんだろうな。

白鳥画伯が、高齢の労働者がたたずんでいる姿を集中的に描きたくなるのも
私と同様の理由からではないだろうか。
そしてそれは絵画史がアイコン史であったことを考えれば、
ひとつの到達点なのかもしれない。
ボージャングル、という人を知っていた。
高い技術力 ながら、あえて、ざらっとした触感を残している。

ミスター・ボージャングルは、みんなのために踊った。
絵をこのサイズにしたく なる感情が伝わる空間。
すりきれた靴で、しらが頭で、ぼろぼろのシャツと。
油彩や水 彩、ペン画などの要素が昇華されている。
美術とは、何を美しいと感じるかを世界に表明する術なのだろう。

だぶだぶのズボンと、
美 しい出会いが、美しい絵になる。
古いへなへなのクツ。
真 昼の農夫の魅力。
ぴょんと高く飛び上がり、
労 働が美しい時代が、幸福な時代かも。
そっと降りてくる。
私 の後ろの青い影が、白鳥画伯。
ボージャングル、という人を知っていた。
こんな、添 え書きができるひと。



次は、嫁も加えて『札幌芸術の森』に踏み込む。
森から森へ。
森へ行きま しょう、娘さん。
11:50Am
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる! 札幌美術展 さっぽろ・昭和30年代
〜美術評論家
が見た熱き時代〜

画家や彫刻家の展覧会では、ない。34歳で死んだ
美術評論家が書いた美術評論の横に、論じた作品
を飾る、とゆー、通常とは主客が逆転した展覧会だ。
面白い。なにしろ言葉が展示されているのだから。

ちなみに彼が1963年8月11日に脳溢血で突然死した
時、世間は初めて彼が34歳であると知ったそうだ。
それまで彼は45歳と称していたのだから。なにやら
それだけで怪しすぎる男だ・・・。
バラッドを聴かせてよ。
なかがわの 時代、北海道にはまともな美術館はひとつも無かった。

つばさをください。
ここの美術 館の図録はいつもいいが、今回も素晴らしい。
今回、私が観に来た理由のひとつが、図録を買うためでもあった。
なかがわが書き散らした美術評論を、カラー図版でまとめて読めるのだから。
\2,000。お買い得です♪
北海道新聞の夕刊に北海道立近代美術 館の
久米淳之(くめ・あつし)主任学芸員が本展を
昭 和30年代の北海道美術を
束 ね斬 るよ うに活動。現代
までつながる作家の橋渡しをした。

と、書いていたが、まさにズバリ。

ただでさえ独立心が強くわがままで個性的な
美術家たちを束ねながら、ばっさりと辛口批評
を同時に行っている。展示されている短い紹介
コラムにも必ず批判の数行が含まれている。

その白眉は1955年7月7日に北海タイムス紙上
で繰り広げられた全道展との論争だ。なかがわ
は「解散すべし」とまで断言し、再反論を重ねて
いる。議論の成否よりも、マスコミ新聞紙上でこ
のような熱い論争が展開したことをうらやましく
感じてしまうのは私だけではあるまい。
古いへなへなのクツ。
伊 藤正『黒い街』(1960年)の新鮮さ!
ぴょんと高く飛び上がり、
こ れらの宝庫を生かしたいもの。
もちろん、同時に展示されていた美術
作品も素晴らしいものが多く、なかなか
観る機会が無い北海道の作家の作品を
「昭和30年代」という枠で体系的に観る
ことができて良かった。

約50年前、私が生まれたころだ。私が
毎月1日の『ギャラリーどらーる』のオー
プニング・パーティなどで交流した画壇
の重鎮が新人として技術を身に付ける
現在進行形のなかでアグレッシブに先
輩たちに自らの存在をアピールしていた
時代だ。その伴走者が同世代の、なか
がわであったことは若き作家たちの幸運
だったと言っていいだろう。

また、現在も現役の作家で、今も新鮮さ
を失っていない当時の作品に出会えた
のも嬉しかった。たとえば23歳の伏木田
光夫『やせっぽちのマリア』(1958年)。
最近、亡くなった栃内忠男が39歳当時
の『作品0』(1962年)も印象深い。

ペラペラ、おぺらペラ♪
若 手の美術集団『グループ組織』の理論誌での、長谷川洋行の論文。
さて、なかがわ時代の他の美術評論家や、
ポストなかがわ時代の美術評論家も
紹介されており、
これまた私の興味の向くところ♪

作家と批評家はパラレルの存在であり、
片方のクオリティは、片方が担保するのだから。

たとえば私に
時代をチューニングせよ。『ス ロバキア国立オペラ』沼田公演
や らせた(?)長谷川洋行の 文章もある。
長谷川は北海タイムスの記者でもあったから、
なかがわとの交流は深かったのではないか?

そして展示の最後の最後に飾られていたのは、
うぇ〜ん!私が美術評論を始めるきっけに なり、
私も原稿を頼まれて書いていた
美術雑誌パラパラ・・・『elan』

おそらく展示室が、あともう一つあれば、
そこはインターネット 美術評論のコーナーとなり、
『共犯新聞』はどう位置付けられていたかな(笑)。

そんなことなども、
なかがわが生意気で敵が多いと言われながらも
北海道に美術と美術評論を根付かせたことが
現在にまでつながっているひとつの証拠だ。
「選ん」で良かった♪
私も書いた 浦澤貴雅の雑誌『elan』。
はだしのアベ、べ〜?
食 べられません。お互いに。
同じ美術館で、これも♪
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!阿 部典英

ギャラリーどらーるの常連、
阿部 典英(あべ・てんえい)教授は
1939年12月生まれだから、もう70歳代か。

私も何度も観てきた作品たちと、
また新しい空間で再会。

祝祭された森のような、
宇宙の砂漠のような、異次元。
そしてまた、ぴょんと高く飛び上がり、
映 画で観たような・・・?
そっと降りてくる。
さ わったら、壊れる(かも)!
やけっぱちのアベ・マリア。
パワフルな ユーモア。それが長生きの秘訣?

帰り際、アンケートに答 えたりして。
森で言葉を掘るトリュフ豚よ。


美術館からの帰り道、
つい最近、義母が手放した土地を見に寄った。
半分だけ売れた土地に、新築中の工事現場があった。

私も結婚してから、ここに20年間来ていたから、
なにやら感慨深い。
嫁の亡き父が祖父たちと戦後長く住んだ土地だし。
家の遺影。
グリーン骨ネット。

3Dメガネをかけて撮影したら、3D写真になったんでした。
3:15Pm5:24Pm
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「IMAX」&「3D」割増し!\2200!
原題;『The Green Hornet』
監督;ミシェル・ゴンドリー
出演;セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、トム・ウィルキンソン、
エドワード・ジェイムス・オルモス、クリストフ・ヴァルツ

透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼
なんせ、ミシェル・ゴン ドリーである。ある意味、最も『共犯新聞』的映画監督だ。共犯映画賞も、
やっぱ、映画館で観たい♪『エ ター ナル・サンシャイン』(2005年)で4位、やっぱ、映画館で観たい♪『恋 愛睡 眠のすすめ』(2007年)で1位、
やっぱ、映画館で観たい♪『僕 らの ミライへ逆回転』(2008年)は残念ながら24位の「最優秀 期待はずれ賞」ではあっ
たが、レトロ趣味とエキセントリックな展開は私の趣味であることは間違いない。本作もまさにゴン
ドリー・テイスト。しかし企画&製作さらには脚本までしたのが主役のコメディアン、セス・ローゲン
であり、当初は準主役カ トー役をやる予定だったチャウ・シンチーが監督も務めるはずだった
らしいからか、ゴンドリーは最後にやってきた雇われ監督なのか、前作がイマイチで借金(?)が
あるからなのか、今回は手堅く(→悪く言えば、「こじんまりと」)まとめた分だけゴンドリー味は薄
い。それでも映画ヲタク監督らしく、3Dの使い方が素晴らしい。なにしろ私は本作でよーやく、3
D映画の意義と必然性を感じたのだから。
薄味と言えば、悪役チュ ドノフスキー役のクリストフ・ヴァルツもやっぱ、映画館で観たい♪『イ ング ロリアス・バスタ
ー ズ』で演じたナチス将校ほどの狂気も感じられず、最高の配役なのに残念。取ってつけたかの
よーな、キャメロン・ディアスの美人秘書役も、どうよ?だし。まぁ、不満はあるが、不満の全ては
本作を大作にしようともくろんだ結果の中途半端さであったと感じる。つまり、「作家性」度数を高
めるために年月をかけて集めた最高の布陣のつもりが、鮮度が落ちたタイミングでの撮影になっ
てしまった、ってコトだろう。それでも組織でなければ成し得ない3D構築には大成功しているの
だから、なんとも皮肉。
それでも繰り返し書く が、本作はまさにゴンドリー・テイスト。唯一無二の彼のストレンジさを味わ
うことが映画館に通う理由のひとつである私には嬉しいお菓子であった。たぶん、セス・ローゲン
は先輩コメディアンで喜劇映画で大成功したジョン・ベルーシーや、ビル・マーレー、ダン・エイク
ロイドになりたかったんだろーな。つまりは、『ゴースト・バスターズ』を作りたかったわけだ。そりゃ
ゴンドリーとは目的がちゃいまんがな。ちゃん、ちゃん。


17歳のチーズ。
円山マダムと東京ゲー ノー人御用達。
フレンチを一杯。 6Pm
チーズ・ケーキ・カフェ
Buono Buono
(ボーノ・ボーノ)

札幌市中央区南6条西24丁目1-18
電話;011-552-5833
営業時間;11Am〜8Pm
定休日;火曜日

3人で遊んでばかりいるから、
自宅で待つ長男&長女へ
おみやげ♪
チーズにない国。
カフェのアンティーク家 具も売り物。
すっぱさ、と言う実存。
チーズ・ケーキばかり、 各種!

実は この日、映画の時間に間に合うように画廊と美術館を歩いたから、朝飯&昼 飯、抜き!最初の食事が、イタリアン・ディナ〜♪
6:30Pm
Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。Vita
札幌市中央区南6条西26丁目3-20
電話;011-562-8222
ランチ;12Am〜4Pm
カフェ;2Pm〜6Pm
ディナー;6Pm〜9Pm
定休日;月曜日、第1&3火曜日
(祝日は営業)
駐車場;3台

私はもう20年近く通っている。
最近増えた
イタリアンのチェーン店とは違い、
何を食べても、「作家性」がある。
今回も裏切られなかった♪
よーい、ドン!
前菜イロイロ盛り合わ せ、\1800♪
おいら、渡り鳥。
大好物!渡り蟹パスタ、 \1450♪
カルネかも。
鴨肉は野趣溢れるレバー 風味♪
ピザ、鎌倉!
まだ喰うぞ!マルゲリー タ、\1300♪
胃袋で考える家族!
ローズマリーのフォカッ チャ♪
甘い生活。
美しいドルチェ♪
ぐるぐるぐるぐるコーヒーの渦の日々の泡。
最後はエスプレッソ♪

11Pm沼 田町に帰宅。
ケーキよ、あれがパリの灯だ!
さっそく買ってきたチーズケーキを喰う。
これじゃ、朝食&昼食を抜いても、また太るわな。
がくっ。


text by
うぇ〜ん!久保AB- ST元宏 (2011年2月8日 火曜日 3:41Am)



♪クリックして、見よっ!Let it be Me
複製技術時代の愛。
2011年1月22日 (土)
「I」 「L」「O」「V」「E」「Y」「O」「K」「O」という絵柄のハガキを、パリから九枚続けて送ってきた時、
これはもしかして、と思った。
ロココ調のデコラティブな模様にアルファベットが浮か び上がるようなハガキで、すぐ文字とは分からない。
文面は、僕はどこどこにいますという程度だったから、
気がつかなくてもいい、というシャイなナンパだったけ れども、わたしはすぐに気づいた。
山 本容子パラパラ・・・『マイ・ストーリー』 (2004年9月15日、初版、新潮社)

7:20Am
シャワーから出て、ドライヤーで髪の毛を乾かしながら、ぼけっと テレビを観ていたら、
あら、ココ、先日、♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。北海道米、食ってるかー?blue.treeく んがレポートしてくれた店や んけ!

日本テレビ『ズームイン!!サタデー』の中の「エース上重は見た!」コーナーに登場したのは、
メイド・カフェ&バーめんどりは、レッド・ルースター。『めんどりーみん』

エース上重のレポートによれば、
去年12月1日にオープンした秋葉原駅の目の前にあるメイドカフェ。
入口ではメイドさんが迎えてくれる。
このお店には女性のお客さんが多く来店しており、カワイイと好評だった。

・・・らしい。

何歳?
そー ニャンです!A地点から・・・♪(ざ・ぼんちです・・・)

10Am
毎年、この時期になると我が家では「初釜」が行われる。
裏千家の慣わしのひとつで、年の初めに釜を使い始める、とゆー行事。
さぁさ、おいでヨ、初釜だよ〜ん♪
な〜るほど。
私の母の弟子を中心に、 十数人の老若女子が集合。
落とし穴?では、ありません。
炭 で火をおこし、鉄の釜で湯を沸かす。
あのね。
三 木のり平かっ!?

おとなのためのヘルシー。
初釜の料理は、今年は幌 新温泉ほたる館。お茶とは無関係の私にもあたった。
どこに行くのやら。
女 どもが茶の間、私はヤミ米の出荷♪
ほれ、ほれ。
3Pm からは消防団の除雪出動も。
初釜だっぴょん♪
消 防から戻れば、初釜で沸かした湯で一服いただいた。
うさぎ年にちなんだ茶碗で運ばれてきた。


本人と似顔絵との関係が逆転し、愛はみつる。
久保が描い た似顔絵で、おなじみ!
その頃、『共犯新聞』1面のOh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。グ ルメ 欄で
★店主は、ミツルさんです♪日本酒、ワイン、魅力的な品揃え♪福 原商店千 歳市にある提案型の 酒屋。日本酒の品揃えは驚異的!

と、おなじみの
夏は、ビール・パーティに来てね!福原商店が、
千客万来
スゴイことになっていた!
福原商店です
メ〜ル差出人: 福原 満@福原商店
送信日時: 2011年1月28日(金) 5:15Am
宛先: うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏

大した事が無いと言えば、本当に大した事が無いのですが
新聞に毎回載ると、 お客様が増えました。

 増えたので、うれしいです。


その理由は・・・

すばらしい!
『千歳民 報』2010年1月18日
しばらく、行ってない!から、行ってみたい!
『北海道新 聞』2010年1月22日

さらに、道庁によって、こんなイヴェントも企画されてい る!


道庁主催 『第4回 いってみたい商店街&お店北海道 表彰』 記念フォーラム

支え合う社会を目指して〜商店街と地域連携〜
  
2011年2月3日(木) 1:30Pm〜3Pm
場所;北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)2階2号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)    
参加無料! 定員80名 申込み締切;2月1日 (火)

座談会
  司会 札幌大学 経営学部経営学研究科 教授 千葉 博正 (第1部、第2部とも)

第 1部  個店の部
七飯町 こなひき小屋 親方 木村 幹雄
小樽市 有限会社 利尻屋みのや 代表取締役 簑谷 修
千歳市 有限会社 福原商店 代表取締役 福原 満
新得町 株式会社 上田精肉店 専務取締役 上田 隆史

第 2部  商店街の部
帯広市 帯広電信通り商店街 振興組合 代表理事 長谷 渉
釧路市 釧路城山商店街 振興組合 理事長 渡邊 武郎
留萌市 留萌市商店街 振興組合連合会 理事長 石井 久夫
岩内町 岩内町銀座通り 親交会 会長 川埜 悠次


なんだか、すげーおもしろそ〜
福原さんは40歳代後半になってから北海道大学の大学院生になったインテリでもあるから、二重に面白そう〜。
なぜならば、研究者と実践者(=しかも、リアル経営者!)を同時にこなしている人なんて、めったにいないし、話など 聞くチャンスなど無いからねー。
今年は上記の店や商店街は、各地の商工会などからの視察訪問も多いだろーなー。


さて仕事&消防団の出動を終えた私は、札幌の映画館の暗闇へ♪
何を観るか、まったく決めていなかったので、チケット売り場のおねーちゃんに、
「すぐ観れるやつ。」と、 映画のタイトルも知らずに、にゅるりと暗くなった映画館のシートに滑り込む。
分裂。作られる不安。
9:30Pm11: 24Pm
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「レイト・ショー」割引き、\1200♪
やっぱ、映画館で観たい♪『スプライス』
原題;『Splice』
監督;ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演;エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー、デルフィーヌ・シャネアック

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼
たとえば、これからぶん 殴られる恐怖と、これから何をされるか分からない恐怖では、
後者のほうが圧倒的に怖い。この映画は、何をされるか分からない情況を重ねることに
よって恐怖のボレロ状態を作っている。観客がそのボレロのリズムに慣れたタイミング
で映画はヒューマニズムの糸口を差し出し、観客にステレオ・タイプの安心感を匂わせ
ることで「何をされるか分からない」恐怖から解放してあげるかのように見える。いわゆる
アート系の映画を好むマニアほどホラー映画を観ない(=かく言う私もそうだ。今回は観
たかったから、ではなく、たま&たま映画館に入ったら始まる作品だったから観ただけな
のだ。)のだが、その理由はホラー映画の凡庸なステレオ・タイプを馬鹿にしているから
なのだろうが、ここまで恐怖に落とし入れられると、凡庸な大団円でもいいから、この恐
怖から解放してほしいと、普段とはまったく真逆な反動的思考の誘惑に犯されてしまう。
しかし、凡庸な大団円の手が差し伸べられた瞬間、映画はその安心を全否定するような
絶望に等しい恐怖のボルテージを一気に引き上げ、突然終わる。その最後の静寂は一
生忘れられない肌触りのように観る者の皮膚感覚に残ってしまう。「恐怖」とは何か?と
考えさせることが、「人間」とは何か?と悩ませることに真っ直ぐつながる「怖い」映画だ。
なにしろ監督は、 『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリなのだ。「こんな映画、観たことな
い」と思わせる力を持った怪作『CUBE』と比べれば、前半は初代『エイリアン』などで「観
たことがある」と思わせるが、終盤の展開はやはり、この監督でなければたどり着けない
極北をさらに一気に超えている。テーマをざっくり言えば、「生命モラル」なのだろうが、
後半にかけていつの間にか観客は当事者意識を植え付けられ、そもそも「テーマ」とは
客観的存在が使う玩具であり、恐怖の当事者である自分には把握できないものだと思
索を放棄してしまうだろう。では客観的存在とは何だろう。それは、「神」だ。だからこの
映画は一種の宗教映画であり、神学論争の坩堝でもあると言える。
以上のようなことばかり を読めば、ガチガチの恐怖映画と思われるかもしれないが、
ご存知エイドリアン・ブロディのジョン・レノン声や、主人公夫婦のジャパン・クールな室
内アートやファッション・センス、i-Podでレッド・ツェッペリンを聴くチル・アウトした日常
の中で上記のことがらが繰り広げられていると付け加えれば、この映画がカナダの最
先端の感性が築き上げた骨太の最新型メッセージであることがお分かりいただけると
思う。



で、映画が終わり、その足でまた&また、すた&すたと、チケット売り場に無言で並び、
売り場のおねーちゃんに、「すぐ観れるやつ。」と 言えば、「5分後スタートのがあります。」と 言われ、
またしても映画のタイトルも知らずに、にゅるりと暗くなった映画館のシートに滑り込む。


11:30Pm1:28Pm
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「レイト&レイト・ショー」割引き、\1200♪
やっぱ、映画館で観たい♪『完全なる報復』
原題;『Law Abiding Citizen』
監督;F・ゲイリー・グレイ
脚本:カート・ウィマー
出演:ジェイミー・フォックス、ジェラルド・バトラー、ブルース・マッギル、
コルム・ミーニー、レスリー・ビブ

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼
ある美人知識人が、「国 内法を守るか?国際法を守るか?」と言っていたが、
今こそこの問いかけが今日的課題となってきた。エジプトの叛乱は、国内法で
は犯罪かもしれないが、国際世論は叛乱に好意的だ。『共犯新聞』では繰り返
し書いてきたが、ウィキリークスの本当の特徴とは「どの国の司法権も及ばない
ように組織されている」点だ。もちろん、これらは新しい課題ではなくミャンマー
のアウン・サン・スー・チーなどの政治犯罪者たちの処遇には、国家はいつも
都合のいい国内法をでっち上げてきたのが国家の歴史だ。それは、国家の起
源とは、国家による暴力の独占によって、国家権力以外の暴力を非合法化す
ることにあったのだから、これらは国家には永遠に付きまとう課題なのだ。
では、この課題を克服し た「新しい」国家は現れたのか?ん?アメリカ、か?
今月19日に行なわれた米中首脳会談で、オバマ大統領が中国の胡錦濤主席
に対して、ノーベル平和賞受賞者の中国の民主活動家、劉暁波(リュウ・ギョウ
ハ)氏の服役問題を話題にしたと誇らしげに語っていた。いわく、アメリカは中国
の人権問題に厳しい。・・・まったく笑ってしまう。オバマが少年の頃、アメリカで
は黒人と白人は同じバスに乗ることすら許されなかったし、白人が黒人を公衆
の面前でスティックで叩いても警官はスルーした。そんな国が他国に人権問題
を説くのだから。
確かに必要悪としての国 家には暴力コントロールの課題は無くならない。そ
こで賢いアメリカで発達したのが、「取り引き」という発想だ。その最も顕著な例
が「司法取引」であり、無駄な争いを避けたり、貴重な情報を引き出すことに効
果を発揮してきた。しかし制度化されると、それを仕事にしている者たちは法の
精神よりも制度の運営のスムーズさを求め、またそれを成し遂げるものが優秀
な官僚と見られるようになる。するとまた「国内法を守るか?国際法を守るか?」
という問いが重量を増すのだ。
この映画は、その問いを 中心に置いた。原題を直訳すればズバリ、「遵法の
市民」、だ。国内法を犯すと、犯罪者になる。しかし「犯す」のではなく、「問う」
のは?「疑う」のは?毎日のように報道される世界あちこちでのテロの数は、そ
のまま国家制度が不完全であることを数値化したものなのだ。いらだちを思想
に翻訳する作業を政治家が怠っている間は、テロの数は無くならないだろう。
それとも、今、世界中で起きていることはポスト国家時代の始まりの狼煙なのだ
ろうか。
暴力には、知性を。


期待して映画を観に行っても、「がくっ。」ってコトは日常茶飯事だけど、
今回はノー・インフォメーションなのに両作とも素晴らしかった。
シネコンは、もっとこーゆー映画も広く宣伝すべきだ。

てなことで、今日の映画鑑賞は、2本。・・・これぐらいにしといてやるか。

text by
うぇ〜ん!久保AB- ST元宏 (2011年1月31日 月曜日 0:49Am)





2011年1 月17日 月曜日 午前1時52分長い?・・・遠い?気 温-1.7℃←■ひとりで旭川で映画〜。マシンガン・トークの連続で、字幕が追いついていなかった。まぁ私は英語が分かるからいいけど(うそ)。
2011年116日 日曜日 一年前は、花キューピットで「エルモのはぐはぐブーケ」が届いた〜。  8Amの気温;−6.4℃
日曜日の映画館。アカデミー賞にノミネートされている作品なのに、がら〜 ん。旭川市民、もっと☆がんばりたまえ!
♪クリックして、見よっ!Saturday Night Fever
終末の熱狂。
2011年1月16 日(日)
人 格化された情報ほど、効果的なものはない。
吉原先生がして下さる、体験を踏まえたお話は、憧れの 人たちが降臨してくるような作用を及ぼし、私に魔法をかけた。
あらゆる自信と好奇心の源は、先生と先輩たちの存在 だった。
山 本容子パラパラ・・・『マイ・ス トーリー』 (2004年9月15日、初版、新潮社)

9:30Am
Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!酔っ払っ て午前様に帰宅したら、娘が土曜日の夜から高熱を出していた。
書き置きをして、鳥は飛んでいった。
こりゃ、た いへん。日曜日だけど病院へ。
透明な医師。
昨 日に引き続き、2日連続で。
天敵は、冬休みの宿題、かっ。
点滴を打つ こことなった。
ジャン・バルジャンが、あふれてる!
病院の棚に あった、『ああ無情』。
冬のサナトリウム。

病院から戻れば、すでに日曜日をエンジョイするには中途半端な時間。
が、そう&そう、昨年末にやっぱ、映画館で観たい♪『ロ ビン・フッド』を 観た時に映画館からもらった「割引券」の期限が今月中だ。行かなくちゃ♪

6Pm8:10Pm
シ ネプレックス旭 川
もらった「割引き」券で、\1200♪
やっぱ、映画館で観たい♪『ソーシャル・ネットワー ク』
原題;『The Social Network』
監督;デヴィッド・フィンチャー
脚本;アー ロン・ソーキン
出演;ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク

赤い目が山から追い出されるまで。久 保の眼
今年、80歳になる詩人 の谷 川俊太郎は「現役ということもあってか、本格的な研究がまだなさ
れていない。」と指摘するのは中国人の詩人、田原(ティエン・ユアン)。一方で吉増剛造も現在も
現役の詩人だが、すでに38歳の時の1977年には全集『吉増剛造詩集』1〜5巻を発行している。
夭折の詩人ならばともかく、現役がスタートしたばかりの時期での全集とは驚きだ。それがこの映
画の主人公マーク・ザッカーバーグ(1984年5月14日生まれ)には26歳にしてハリウッドで伝記映
画が作られた。こんな例はケネディ大統領やジョン・レノンですらなかった。と、遠い目をしていた
ら、なんと&さらに、その半分の年齢の13歳の現役パパラッチ少年の伝記(?13歳で伝記!?)
映画やっぱ、映画館で観たい♪『ティーンエイジ・パパラッ チ』が公開されるという。アメリカはどーなってるんだ?
とかく伝記とは死者のも のに限られてきた。なぜならば、作られた後で本人がヘマをしちまえば
伝記にはウソが無かったとしても、少なくとも製作者の眼力が疑われるのだから。しかし同時にリ
スク回避ばかりを気にしている表現に生命力は無い。そしてその生命力へのトライは、巨大化して
安全策ばかりを繰り返す老舗企業に対してのベンチャー企業のダイナミズムと似ている。
ここにきてネット社会 は、今までなんとなくぼんやりしていたことが明確になった。つまり、新聞や
テレビなどの旧態メディア=マスコミとネットとの全面戦争である。その分かりやすい例が、ウィキ
リークスだが、むしろブログやツイッター、さらにはマスコミ紙面の量的限界を射程した「ダ ダ漏れ」
と呼ばれるリアルタイムでネット中継をノーカットでしちゃう機動力などのいわゆる「市民ジャーナリ
ズム」が量だけではなく質の面でも旧メディアを凌駕してきたという事実だ。旧メディアはまだそれ
を認めないふりをしているが、この事実は旧メディア自身が安易で幼稚な「番組」を垂れ流してい
たり、そもそも制作会社に丸投げしていることで自らが証明してしまっている。この情況は、フラン
ス革命が国王(=旧メディア)への権力の一点集中を市民(=インターネット)が解放した過程と
まったく同じだ。ちなみにブログの作成ソフトとツイッターを開発したのは同一人物で、これまたア
メリカの若者エバン・ウィリアムズで、彼は私よりもちょうど10年後である1972年3月31日生まれ。
さて、パラパラ・・・『フェ イスブック 若き天才の野望』と題したマーク・ザッカーバーグの伝記本が映画と
ほぼ同時に日本でも翻訳&出版された。私はこれが映画の原作であると早合点したが、どうやら
違うようだ。本はザッカーバーグに好意的に書かれ、映画はむしろ批判的に描いている。映画は、
ザッカーバーグがハーバード大学時代に裏切った同級生たちから訴えられる訴訟を骨格に描い
ているが、本では彼を語る上ではずせないその同級生たちがまったく取材されていない。これは
驚きだ。なぜならば、今までは本がよりシニカルで精密であり、商業映画はエンターティメント色を
求めるあまりドキュメンタリー面では腰砕けになってしまい凡庸な物語に閉じ込めてきたのが今ま
での両者の差異であったからだ。その点では、この映画は「新メディア」的と言える。しかしそれは
映画というウルトラ旧メディアが、かつてテレビに殺されかかった恐怖の記憶が無意識にあるがゆ
えの、ウルトラ新メディアであるネット社会の登場に対する下劣で赤裸々なすりよりのようにも私に
は見える。ただし、私はこの映画の下劣さを支持する。なぜならば歴史は孫の父親殺しに祖父が
加担することで加速してきたからだ。
ところで先にあげた中国 人の詩人の田原は谷川俊太郎の特徴を、とにもかくにも「新しいもの好
き」と言う。ああ、なるほど。その変転ぶりが彼の伝記を書かせることを拒ませてきたのか。ならば
26歳や13歳で伝記映画が作られちまった彼らはすでに死体標本にすぎないのか?いや、そう
ではなくアメリカという恐竜並みの旧システムが永らえてきた餌が彼らなのだろう。そして我々は、
26歳が開発した新しい情報交換システムも、13歳がカメラを持って有名人を追い掛け回す原始
的な肉体主義も、一見まったく違うように見えるが、両方ともがメディアの形態を模索している姿で
あるという共通点に気がつき、世界の田舎でボーゼンと立ち尽くすべきなのだ。そして今年、『共
犯新聞』は10周年目を迎える。
ニヒリストの体温。

屈折しないと届かない電波。 映画が終われば、とーぜんのように、またしてもブックオフに吸い込まれてゆく私。
ブックオフ旭川永山店がオープンした時から、ずーっと105円コーナーにあった、
レ ベッカ・ブラウンパラパラ・・・『若かった日々』(訳;柴田元幸)を、つ いに 買う。
だって、誰も買わないんだから(笑)。たぶん、いい本なのに〜。
「たぶん」、と言うのは、
ほらっ例のTBS テレビの金平茂紀指が切れて血が流れるままにページをめくれ。『報 道局長業務外日誌』で、
「こういう小説が日本にもあるんだ ろうか?」と、激ホメしていたから。

金平は最近、毎 日新聞を批判して辞職した河 内孝と一緒に、
『報道再生 グーグルとメディア崩壊』を出版。
この本は、まさに旧メディア側からの新メディアへの逆・挑戦状。
ただし、真摯なふたりだけあって、
「従来型メディアに対する不信感」から「いかに報道機関が信頼を回復できるか」を追求している。
このような視線こそが歴史を動かすときに必要なのだと強く思う。

一緒に買った季刊『インターコミュニケーション』は新メディアの立場のまさに代表だが、
この雑誌こそ電子ブックではなく紙の本として持っていたいフェティシズム欲を誘発する。
そう。メディアもまた、「新」とか「旧」の二項対立だけでは説明しきれない荒野なのだ。

フェティシズム本と言えば、沼田元気『ぼくの伯父さんの東京案内』に、トドメを刺される。
この美しい初版本もまた、105円。信じられない(笑)。

そして、『若かった日々』と同じ柴田元幸が訳したサリンジャー『ナイン・ストーリーズ』も買う。
ああ、もうすぐ1月27日。サリンジャーの一周忌だね。

本を抱えて帰宅すれば、
ドクター!次の注射はいつ?風 邪をひいていた娘の熱は下がり、もう直ったかのように元気になっていた。
おそらく病院で飲んだ吸引式の新薬と、いつもの点滴が効いたのだろう。
ここでも、なにげなく、「新」と「旧」が併用され、我々の肉体の熱のバランスがキープされている。
週末の熱は一夜で娘の体から去り、もうすぐ冬休みも終わる。

text by うぇ〜ん!久保AB- ST元宏 (2011年1月26日 水曜日 3:10Am)



Singalong Junk
なつかしい未来。
2011年1月1日 (土)
小 説の最終的な力というか魅力みたいなものは、作者も読者も選 択の余地のないところで互いに訴えたいも の、
コミュニケーションというか信号を送るというか、結局 はそういうことではないかと思うようになってきましたね。
つまり人間にはそれぞれ一人一人の生き方みたいなもの があるわけですが、
そこから逃 げられないというその場所みたいなところから呼 びかけをするものだと思うんです。
また思想というのはそういうものでしょう。
安 原 顯パラパラ・・・『決定版「編 集者」の仕事』 津島佑子インタ ビュー(1978年収録。当時31歳)

いまさら正月のハナシもナンだが・・・。
連日、酒のえさ〜。
2011年 元旦
朝から〜。
ことしも
よろよろ




あら、たいへん♪
絶 賛長髪中の長男。
着物+チョンマゲ
卒業式に出席するためだから、
・・・らしい。
ご興味のある方は、
3月1日の卒業式に
しのびこんでください。

去年の日めくりの最後の1枚を破り、
あ けまして、おめでとー♪
歴史は、やぶり捨てられる!?
百人一首でもカルタでもなく〜、
年 賀状で、初「分類」♪
タロット・カードの雨?
今年こそ、当たるかなぁ〜?
12月に映画館で5本観 てスタンプを集めると、年間無料パスか、
招待券が当たる・かもしれない・・・。毎年、応募し、毎年、 ハズレる〜。

5Pm
黒光りするトランプの裏側。
札幌へ。
まったく雪の無い自宅の前。
しかし、1月9日から鬼のような豪雪になる・・・。
7:40Pm
Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。Farmer's kitchen Ble Noir (ファーマーズキッチン ブレノアール)
札幌市中央区北2条東4丁目1-2 サッポロファクトリー  アトリウム1F
TEL 011-206-9800
「ソバの産地は?」「北海道です。」「・・・広っ!」 味も、いける〜。
野菜ソムリエ石川理恵嬢 の説明を聞きながら、オーガニックのフルコース♪

目が、とろ〜ん?
8:30Pm10: 49Pm
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「3D」割り増し、\2000!
やっぱ、映画館で観たい♪『トロン:レガシー』
原題;『TRON: Legacy』
監督;ジョセフ・コシンスキー
音楽;DAFT PUNK
出演;ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリビア・ワイルド、
マイケル・シーン、ブルース・ボックスライトナー、ジェームズ・フレイン

赤い目が山から追い出されるまで。久 保の眼
手塚治虫が死んだ時に、 あらゆる追悼記事は天才を讃え、嘆き悲しんだ。
しかし唯一、手塚の「罪」を糾弾する追悼発言をしたのが、宮崎駿であった。
アニメーションに関しては――これだけはぼくが言う権利と
幾ばくかの義務があると思うので言いますが――これまで
手塚さんが喋ってきたこととか主張したことというのは、みん
な間違いです。
〜 雑誌『COMIC BOX』1989年5月号 特集「手塚治虫」

私がここで言いたいのは、手塚か宮崎かの判決ではなく、計らずしも露出し
たアニメーションという集団作業における「作家性」をめぐる考察の必要性だ。
アニメ映画を作り上げるためには、無数の絵を描かねばならず、それは個人
では不可能であり、必然的にプロダクション・システムが必要になる。その幸
福な産物が、ディズニーによる『白雪姫』などの奇跡の傑作群だ。しかし巨大
組織には動脈硬化の危険がともない、運営に必要な資金調達は表現の不自
由さを誘発する。つまり、チェック機能(=「コンプライアンス」の思想も暴力装
置である。)の高度化が、「作家性」を殺すのである。「民主的」であることと、
「作家性」の維持は対立概念であるのだ。しかし我々は、巨大プロダクション・
システムであっても「作家性」の維持に成功したディズニーや宮崎を知ってい
る。それを組織の初期のみの幸福ではなく、持続可能な仕組みにする必要
がある。3DやIMAXの普及で組織の巨大化がさらに進む今、だからこそ。
管理社会を描くのはSF の常套だが、この映画も、そう。そして、管理社会を
糾弾するテーマの映画が、管理社会である巨大プロダクションで作られてい
る事実が皮肉だ。そして、これはディズニー映画なのだ。ウォルト・ディズニー
の死後、ディズニー社は巨大産業となった。しかし、その作家性の希薄さが、
表現の生命であるスリリングさを奪っている。確かに、ジギー・スターダスト期
のデヴィッド・ボウイを連想させる悪役や、ミステリアスでセクシーなヒロインの
アンドロイドは魅力的だが、やはり、「どうせディズニー映画だろう。」という観
客の冷めた視線が根付いている事実にディズニー社は早い時期に積極的に
対策を講じるべきだ。たとえば作品によっては、タランティーノのように強烈な
「作家性」を帯びた監督を招き入れるのは、いかがだろうか?

元旦から、映画のハシゴ♪
11:30Pm1:38Am
ユ ナイテッド・ シネマ札幌
「映画の日」割引き、\1000!
やっぱ、映画館で観たい♪『バーレスク』
原題;『Burlesque』
監督;スティーブン・アンティン
出演;シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン

赤い目は、森に置き忘れてはいない。久 保の眼
田舎から出てきた若い女 がパトロンになりそうな男からガラスのような高級な靴
をもらい、それを見た恋人未満の男が嫉妬を隠しつつ、「グラーシズ!」とつぶやく
シーンがある。字幕では、「見え見えだぜ。」と書かれており、ガラスの透けて見え
る特徴を選んだ訳だ。しかし、同時に「壊れやすい。」とゆー意味も含まれているだ
ろう。より正確に訳せば、「いくらお前が秘密にしても、そのガラスの靴は金持ちオ
ヤジからもらったのは、俺には見え見えだし、どーせお前とオヤジはガラスのよう
に壊れやすい安っぽい関係だぜ。」と、なるとは思うが、「グラーシズ!」ひとことだ
けに字幕にはこんなに文字数は使えない。・・・この映画の楽しみは歌とダンスだ
けではなくて、こんな粋なセリフや会話に散りばめられている。もちろん英語の苦
手な私にはその百分の一も理解できていない(=つまり、楽しめていない。)が、そ
んな私ですら「グラーシズ!」のような用途の面白さがネイティヴのように(?)瞬時
に分かったシーンが何度もあった。まるでダンスを見たことすらない男の目の前で
突然始まったダンスの魅力が、一瞬にして完璧に理解できたときのように。
つまりは、情報というこ と。実は、言葉も歌もダンスも情報だ。ビートを32で刻む
ことができる歌手が4ビートの曲を歌うと、圧倒的な情報量を表現することができる
のと同じように、情報の許容量と供給力は表現のカナメだ。美空ひばりを観ている
とよく分かるのだが、彼女は3分間の曲の間、音符の数だけ表情を変える。情報
文化がまだ未発達であった昭和のニッポン人が「ひばりは歌がうまい。」と思い込
んだのは、送り手と受け手の間で情報許容量に圧倒的な差があったから、全てを
受け止められずあふれ出す情報の前で消費者は美空ひばりに圧倒されていたの
だ。それが1998年の段階でニッポン人は宇多田ヒカルの情報量まで把握できるよ
うになったのだから、それは「進化」と呼んでいいだろう。
が、もちろん表現は数値 化が可能ではないところにこそ魅力がある。それは生
命力、つまりエロスだ。情報の横軸にエロスの縦軸が突き刺されば作品は成功す
る。近年の同傾向のミュージカル映画では、『シカゴ』は情報能力がある者だけが
得ることができる軽やかさを見失って田舎くささプンプンであったし、『ドリームガー
ルズ』や『ヘアスプレー』は軽すぎて学芸会になってしまったが、本作はたぶんスト
ーリーのベースにビリー・ワイルダーのテイストを入れたのだろうと思うが、酒と女
と歌のエンターティメントの場に細かく刻み込まれた情報量の中空を、ひとりのエ
ロスが魅力的に踊り歌う凡庸な素材を手堅く骨太に仕上げることに成功している。
バレバレ、バーレスク。



1 月2日(日)
10Am
朝になれば、また映画館に向かう私。
今度は、札幌の大通り。
映画が始まるまで少し時間があったので、
新年恒例の
狸小路2丁目『ラルズプラザ』8階にて開催中の
『新 春吉例 古本大合戦』
に、顔を出す。
「大合戦」の名に恥じぬ、
北海道を代表する古書店が、ずらり♪

パラパラ・・・美術古書 亞本屋、セカンズ、
パラパラ・・・さっぽろ萌黄書店パラパラ・・・ザリガニヤ
パラパラ・・・なちぐろ堂パラパラ・・・書肆吉成
小樽・岩田書店、シャンティ・ブック
うふっ♪
明 らかにブックオフには無い品揃え(笑)と、空気感〜♪
初釣りっ! ゴッホの友人は、ゴーギャン。
で、私が買ったのは、こんな不遜な本・・・。
これが今年最初の買い物でいいのかっ。

萌黄書店のコーナーに売られていたんだけど、パラパラ・・・現代思潮社の初版本が200 円な らば、買うしかないっ!
奥付を見れば、もちろん発行者は、パラパラ・・・石井恭二
しかも、この本を買うときにレジを打っていたおじさん・・・どこかで見たな?
と、思ったら、ほらっ例の消防団の旅行で見つけた小 樽の古本屋パラパラ・・・『岩田書店』の ご主人だっ た!


プチっ、とな。
10:40Am12: 21Pm
ディ ノスシネマズ札幌劇場
早朝値引き、\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『プ チ・ニコラ』
原題;『Le Petit Nicolas』
原作;ルネ・ゴシニ&ジャン=ジャック・サンペ
監督;ローラン・ティラール
出演;マキシム・ゴダール、ヴァレリー・ルメルシエ、カド・メラッド

巴里の赤い目。久保の眼
フランス映画には、 ジャック・タチ『僕の伯父さん』(1958年)やルイ・マル
『地下鉄のザジ』(1960年)といった他国にはみられない奇妙な味のユーモ
アを持った作品群がある。それは、コーヒー・カップに土を入れて花瓶にす
るような、誰もが疑わない器(=つまり、映画。)をひらりと違う用途に使い
こなす自由だ。それをエスプリと呼ぶのかもしれない。
この映画もその系譜にあ る。まず登場人物の顔がすばらしい。特に主人
公の同級生の小学生たちの顔は完璧だ。それぞれのキャラクターを顔が
メッセージとして備えている。また舞台である1960年代前半のフランスの家
具や風景などが完璧だ(←よくは知らないけれど、たぶんそうだろう。)。そ
してこれら完璧なキャストが完璧な美術の中で、真剣にへんてこりんな日常
を繰り広げてゆく。それは荒唐無稽なSFではなく、ほんの少しの視線の角
度の違い程度の冒険なのだが、SFよりもストレンジなのだ。さらに、シーン
の切り替えの編集センスが完璧だ。つまりこの系譜の正統な後継者として
完璧だ。しかし、『僕の伯父さん』のアナーキズムな香りの快楽は無く、『地
下鉄のザジ』が持続しているアヴァンギャルドな実験色も無い。それは後継
者であるがゆえの不幸であると同情して許してあげることにしようっと。

12:30Pm 映 画館を出てスグのところで、今年初のブックオフ。
ご 近所で『新 春吉例 古本大合戦』をやって いるからか、50% オフセール♪
初ブックオフっ! 初散財っ!
5 冊とCD1枚を買っても、全部で2,100円だった〜♪
それと、ずいぶん探していた本が、またしても、ひょっ こりと手に入っちゃった。ありがたし。

テクテク、テイキッド・イージー・ライダー♪
お年玉で、何買った?
「ひみつー。」
1Pm
家族と合流〜。
ごーいんぐ・まいっちんぐ・うぇい♪
今 では記録的大雪の札幌も、
正月はまだ、からから〜。

1:30Pm
Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。中 国菜家 季璃香 kirica
札幌市中央区大通西3丁目
大通ビッセ4階
電話:011-219-2180
時間:11Am〜2:30PmLO
   5:30Pm〜10:30PmLO

エグくない中華。
優等生過ぎて
料理にサプライズが
欲しいなぁ、
ってのは
わがままかな?
いーな、いーな、バーのウサギ♪
う さぎ年デザートは、うさぎだぴょん。

みんなで食べようよー。
写真では、チャーハンし か食べていないよーだけど、
コースでしたから。・・・念のため。
ちゅーちゅーちゅーか、なんちゅーか。
不 景気なのに新築ラッシュな札幌中心街の昨年の目玉、
旧たくぎん本店の跡に建てられたビル『大通りビュッセ』の4階。
景色を見ながらセレブな気分でチャーハンを?

食後は北上して、初売りセールでごったがえす大丸を、ひやかす(?)。

6Pm
イージー・オーダーよりも、イージー・ライダー♪ びしっ!と、花の48歳♪がくっ。
昨年末に初めて作ったオーダー・メイドのスーツができあがったので、試着♪
さすが、ぴったり!
「自分の服」、って感じ〜。・・・自分の服ですけど。
車 で移動。
7:50Pm
ざっくり、新年♪
『ア リオ札幌』の元祖にんにく屋で、
イタリアンのコース♪
なんだか、和風イタリアン(?)な味〜。

そしてまた、沼田町へ戻ったのでした〜。


1 月19日(水)

そうそう、元旦に郵便で出だした、ほらっ例の『ほっ かいどう映画まつり』の応募券
これで2月中に1本、観れる〜♪
ついに初めて当たった!
・・・欲しかった「年間フリー・パス」じゃなくて、「1人1 回」券だけどね(笑)。
今回は5つ集めるスタンプを、札幌3軒、旭川2軒で全て違う映画館にしたのも、抽選する人に好感度があったのかな〜?
それにしても、
1月8日までは積雪ゼロだったのに、
9日からは連日のドカ雪!

さすがの理科系なんです〜♪若 林博士も、
「久保さん、どこかに中古の除雪機、 売ってませんかね?」
と、ついに言い出す状態!
どなたか、お心当たりがあれば連絡ください!

来週、香港からやってくるメリッサも、
この雪には驚くだろーなぁ〜。

ところで、この写真→
若林博士が巨大化したガリバーに 見える(笑)。
実際にはかなり大きい手作りログハススの家と、
博士の奥さんが小さく見えるのは
雪のせいによる
目の錯覚かっ?

で、私も買ったばかりの地デジ・テレビが、
なんと2つの局しか映らず、
アンテナが雪で埋もれたか?
アンテナにかぶさった雪をはらわねば・・・。
と思い、
我が社の屋上に上がってみれば、
どひゃ〜!
な状態だったのだぁー。
雪の楽園かっ♪
屋根にあがると、そこも雪国だった。 やーねぇ〜♪


text by うぇ〜ん!久保AB- ST元宏 (2011年1月21日 金曜日 2:46Am)





俳句は、パンク。今日の一句
秋風に相槌(あいづち)を打つ古 ポスター
(久保元宏 2011年11月)
初めて使う言葉で、君に出会いたい。
2014年11月4日、アメリカの中間選挙で、オバマの民主党が両院で敗北。
共和党、議会で主導権。オ バマ大統領の残り 2年の任期は、「死に体」?

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出 せ!
た とえば→11月9の歴史
死んだ者ほど、愛して、やるさ。
Jack the Ripper
killed prostitutes Mary Jane Kelly
!