あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2010年6月
映画たびたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳味噌共犯
脳内共犯としての映画館
暗闇の私。≒ 私の暗闇。
movie days
(and movie nights !!)
やっぱ、映画館で観たい♪『共犯新聞』映画館
Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。『美食狂時代2009』
ざらっとした森で見たブライアンのプール。久保元宏 ★ 2009年に買ったモノ!






2010年6月4日(金)
ユナイテッド・シネマ札幌
今月から始まった毎週金曜日「会員デー」割引き、\1000♪
やっぱ、映画館で観たい♪『パリより愛をこめて』
原題;From Paris with Love
監督;ピエール・モレル
製作;リュック・ベッソン、インディア・オズボーン
脚本:アディ・ハサック
出演;ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック
首相官邸より愛をこめて
赤い目が山から追い出されるまで。久保の眼
世に「パリ・フェチ」は多いが、かく言う私も、かんかんのフレンチ。映画のタイト
ルに「パリ」と付くだけで、よだ〜れ・しぶき・プレ♪しかし、この映画、パリっぽい
のは冒頭でカー・ステレオからフランス語が流れるシーンだけで、後は舞台がパ
リである必然は、ぜ〜ん&ぜん、ない。エッフェル塔のシーンですらパリっぽくな
いんだから、そりゃもー、お見事。むしろローマか、ニューヨークか、大阪っぽい。
んなもんだから、私も途中からパリ気分をかなぐり捨てて、しがみ付く部分を捜
したら、なるほど、この映画は「男のかっこよさとは何か?最新版」、を表現しよう
としているのだと気が付いた。で、この映画が主張する最新型の男のかっこよさ
とは、情報処理能力の高度化と高速化を獲得した者たちだけが競い合うことが
できる情報咀嚼能力のセンスだ。その競い合いのために映画はまず、情報処理
能力が高いとされるアメリカ大使館員を描き、その象徴としてのゲームであるチェ
スを小道具に置き、さらに高度化と高速化を身に付けたCIA、テロリストらを次々
と登場させる。しかし、ここまで情報処理能力が高くなると、今度は情報そのもの
のデフレが発生する。そこで登場するのが、一見、情報処理能力が低いどころか
価値すら感じていないアナーキーな男を演じているスキン・ヘッドのジョン・トラボ
ルタ。ところが、この男の自由な行動の全ては、あらかじめ手に入れている完璧
な情報のストックから瞬時に選択されるセンスに基づいていることに気が付かさ
れる。特にそれは映画の中で3つのエピソードに濃く表現されている。一つは、テ
ロリストのアジトで出されたミント・ティーの味を危機一髪の中ででも味わえるセン
ス。そして危機一髪の中ででも娼婦とバス・ルームでたっぷり楽しめる身体能力。
さらに、危機一髪のカーチェイスの中で、カー・ラジオから流れてくるバート・バカ
ラック&ハル・デビッドの『Close to You』に涙を流す感受性。・・・これらはバカぶ
りを表すエピソードでもあるが、これらこそが高度情報化時代に最も求められて
いる「男のかっこよさ」の最前線なのだ。その境地においては、法も女も恋も処理
される情報にしかすぎないのか?そこまで深く考えさせずに、映画観客に何も残
さずに終わっちまうところも、まぁ、またこの映画の利点なのかもしれないんだけ
どね。