あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2009年3月
映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。

2009年3月 23日 月曜日
ユナイテッド・シネマ札幌
「男性」割引き \1000
やっぱ、映画館で観たい♪『フィッシュストーリー』
監督;中村義洋
原作;伊坂幸太郎
脚本;林民夫
撮影;小松高志
美術;仲前智治
音楽;菊池幸夫
音楽プロデュース;斉藤和義
出演;伊藤淳史、高良健吾、濱田岳、森山未來、
多部未華子、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、
眞島秀和、江口のりこ、山中崇、波岡一喜、
高橋真唯、石丸謙二郎、中村有志、芦川誠、
野仲イサオ、恩田括、大谷英子、田村圭生、
草村礼子、上田耕一
★映画とラーメンと。両手にベイビー♪

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
不思議だ。2008年『実録・連合 赤軍 あさま山荘への道程(みち)』『靖 国』
が同時に公開されたように、今年は『少年メリケンサッ ク』と『フィッシュストーリー』
が同時に公開されている。それぞれの製作者が打ち合わせをするわけは無いん
だろうが、同時期に似た匂いがする映画が公開される偶然に私は見逃せない必
然を感じる。今年はまだ3月だから、このちょーしだと残りの9ヶ月で、さらに『フィ
ッシュストーリー』から今年の私のお気に入りである『★CHEチェ 28歳の革命』
『英 国王給仕人に乾杯!』をブリッジする映画が登場してくるんじゃないか?って
夢想しちゃう。そんな映画に今年中にめぐり合えるように、また75本観よう(笑)。
さて、私がこの映画に期待していたのは、パンクの映画だからって 理由じゃなく
て中村義洋監督と伊坂幸太郎の組み合わせ映画『アヒルと鴨のコインロッカー』
2007年『共犯 ★映画賞』日本映画で最高順位を獲得していたから。実際、この
映画はすばらしく、その年に公開された日本映画『それでもボクはやってない』や
『サッド・ヴァケイション』を押さえての堂々の5位だった(って、私が決めているん
だけど・がくっ。)。そして&なんとっ!中村監督は『少年メリケンサック』の監督の
宮藤官九郎と 同じ1970年生まれなのだ。この年齢の物語構築力のタフさ(=それ
は70年代の日本映画の弱点だった編集能力でもある。)と、パンクなどの先行
世代のサブ・カルチャーを咀嚼&吸収する能力の高度さに驚き、同世代の文学
者の充実も含めて、なんだか、おじさん的期待をしちゃうなぁ。まぁ、がんばれや。
そんなハードルの高い期待を私がしていたせいか、この『フィッ シュストーリー』
の前半の映像は、やや弛緩していて、がっかり。それって、中村監督が2008年の
『チーム・バチスタの栄光 』などで得た成功からくる自信と余裕がもたらしてしまっ
た悪い意味での「ゆるさ」かな、と感じた。しかし、少女を救えなかった濱田岳が
夜道を運転しながらグチるシーンがすばらしく、さらに、決定的なのはパンク・バ
ンドの演奏シーンの密度の高さだ。特に、ダルヴィッシュ顔のボーカル役の高良
健吾のカリスマ性すら感じる鮮烈さは忘れがたい。そんな感じで映画は後半に
向かってグルーヴを増し、みごとに持っていかれちゃう。
ただし、もちろん、手品の種明かしのよーに鮮やかな着地点は、エ ンタメ小説
のそれであり、芸術性とは別の生き物であることも確か。中村監督(と、伊坂幸
太郎の)精進の方角はそっちであることは間違いない。そのヒントが、濱田岳や
高良健吾の演技や顔、といった物語性だけでは回収できない抽象性にすでに
潜んでいるのだから、期待が叶う日は近いだろう。
★こういう時期もあと数年だし、こんなシチュエーションも良いかな、なんて。本当に厚かましく、すみません。
「醤油らーめん」\750に、
無 料でねぎ大盛り♪さらに前回もらった
「煮玉子」プレゼント券も使用♪
あと、太麺で野趣あふれる豪快な
「豚 そば醤油」\800も個性的。
11Pm
ひとドンブリのフルコース=ラーメンぺ〜ろぺろ、ゴクリ!麺や虎鉄(こてつ) 白石店
札幌市白石区中央2条7丁目82番
電話;011-866-0393
営業時間;11Am〜1Am
駐車場;たっぷり♪
ゴリラがあった中古車屋の跡地に、
2009年2月オープン♪

札幌から沼田 町へ、真夜中に車で
帰ることが多い私にとって、深夜ラー
メンの存在は天使であり、悪魔(笑)。
山岡家の店内の匂いや、時計台の
マニュアルチックなところがやや苦手
な私にとっては、こーして選択肢が広
がるのは嬉しい(けど、太る。)。
平岸中心のニューウェーブ系の濃
い和風とんこつを、大衆向きに歩み
寄った味。確かに、ニューウェーブ系
の登場は新鮮だったし、その理想も
意義もあるのだが、洗練さが足りない
のも認めねばならないだろう。そこで
修正主義として、このような店舗が登
場する歴史的必然があるのだ。


それでも時々、
映画館の暗闇から出てきては、
外の光を観ることもある私です。
(または、
4日間で映画を7本観る、
とゆー生き方。)

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
(更新日;2009年3月21日 3:10Am)
★堕ちる前に見つめてみようじゃないか。

I Wanna Hold our Complication !
世界「複雑」を、抱きしめる、ために。そのために。
3月6日 金曜日
ユナイテッド・シネマ札幌
ケラとかキッドマンとか。複雑性の彼岸。
3:45Pm〜5:45Pm
たまったポイントで、 \0♪
監督&脚本;ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演;成海璃子、永山絢斗、佐藤江梨子、段田安則

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
「嫉妬」とは思い たくはないんだけど(笑)、どーしても私と同時期にライブ・ハウスに
出ていたやつらから、「継続は力なり」みたいな仕事を見せ付けられると、わざと気 づか
ないフリをしてしまう(笑)。その代表が、カールスモーキー石井、デーモン小暮、 そして
ケラ。彼らの芸名(?)もまた笑わせようとしながら自分の(←「他人の」、ではな く。)イン
テリジェンスにこびるよーで私をシラケさせるんだけど(笑)。そう私が感じちゃう 一番の
原因は、彼ら(と私)がライブ・ハウスに出初めた1980年代初頭、彼らのスタイ ルはいい
意味での最先端とゆーよりはむしろ古臭かったとゆー当時の印象が私から消えないか
らだと思う。しかし彼らを待ち構えていた日本のゲーノー界は、むしろその「古臭 さ」加
減を求めてもいたのだ。そんなこと、わかってらー、だけど、そんなこと、できるわ けが
ないのがまたしてもバカだった若き天才の自分であった(がくっ。)。しかし、ケラ がテレ
ビドラマ『時効警察』で書いた脚本にはさすがの私も(?)感心した。で、ほのかな 期待
がこの映画に向かわせたわけだけど、私が最も楽しめたのは、舞台装置である警察署
の各部屋の前の掲げられていた部署の名札に書かれたナンセンスな名称。ほんの数
秒、ちらりと画面のはじっこに映るだけ。あとは、やっぱ、ややツライなぁ。病的にディテ
ィールにこだわることによって、イメージをできるだけ遠くまで運び、それに 鮮やか
な着地点を差し出すことにケラは興味があるようだけど、それって自由のつも りか
もしれないが、「物語」の概念に支配されているだけだと私は思う。その原因が、彼
がトレーニングしてきた演劇の手法だとすれば、こりゃ、なんぎだな。
8Pm〜10:55Pm
原題;『Australia』
監督;バズ・ラーマン
出演;ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム

赤い目と、森のローズ・マリーへの手紙。久保の眼
悪い意味で、 「NHK的」とゆー言い方がある。「つまらない」ってコトなんだろーけど
そこには「正論」すぎて「言わなくても分かるよ」ってなうんさり感が含まれてい る。卒業
式などの大きな公式のパーティで、しょーがなく聞かされるお決まりの来賓挨拶みた い
なもんで、けっして間違ってはいないいい話なんだけど、まったく心に響いてこな い。な
によりも、聞かされている者にとっては、スピーチしている来賓=ほぼ関係が無いエ ラ
イ人=「だれ?この人」に付き合わされる永遠に近い数分間の苦行。「いい話」と 「響く
話」は別もの。聞いている者の人生に、ささくれ立って踏み込まなければ、情報過多 で
価値紊乱の現代には、たいくつなだけだ。銀行のカレンダーの絵だ。つまり、「複 雑」さ
が無い、とゆーコト。実際のNHKは(少なくとも)民放より「複雑」な番組を作っ てはい
るのだが、「正論」からはみ出さない分、その大衆イメージは払拭されない。なぜな ら
ば大衆は各自の人生からすでに世界は複雑だということを実感で知っているから。善
人がまったく悪いことをしないとは思っていないし、悪人が良心を持っていないとも 思わ
ない。そもそも、「善い」&「悪い」って区別すること自体が「複雑」さに無知であ る告白
だ。この映画は勧善懲悪で単純。つまり、つまらない。壮大なロケや、豪華なCGの 多
様や、なによりニコール・キッドマンの胸を強調した美しいスレンダーなボディ・ラ インが
複雑さがないままに与えられた上映時間をついやすだけ。そのキッドマンの胸にした
って、間違いなく、詰め物なのにね。実物を見たわけじゃないが、たぶん。(キュー ブリ
ックのやっぱ、映画館で観たい♪『アイズ・ワイド・シャット』を観たら、誰にでもすぐ分かる。)我々はそんなウ
ソに心地よくだまされることを承知で、わざと、だまされている。つまり、世界は複 雑な
のだ(?おいおい。)。それを無視して平板な絵物語を提供するのはいいが、なにし ろ
これは「歴史もの」だ。百歩ゆずってホーム・ドラマが単純であったとしても歴史が 単純
なわけはない。単純さを避けるための最大の救いとして、アボリジナル差別問題を掘 り
下げる可能性も監督には選択肢としてあったはずなのに、それもパー。バス・ラーマ ン
監督は能天気なミュージカル映画か、図式的な岩波教育映画でも撮っていればいい
んじゃないの?

3月7日 土曜日
ユナイテッド・シネマ札幌

10:15Am〜12:16Pm
早朝料金 \1200
監督;三池崇史
原作;竜の子プロダクション
脚本;十川誠志 (そご・まさし)
出演;櫻井 翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、阿部サダヲ

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
ロードショー公開 初日、早朝1回目の上映に、私はのこのことオヤジ独りで観にいっ
た。あわよくば、先着プレゼントの「ドクロTシャツ」が当たるかもって?んが、こ のシネコ
ンの中ででももっとも巨大なスクリーン&最大座席数の「シネマ11」が、ほぼ満 席。みん
なが待ってた『ヤッターマン』、ってか?ほとんどが家族連れだけど、私がよーやく 見つ
けて座ったとなりに、たぶん私と同世代の中年男性ひとり客。う〜む。映画のノリは 子供
向けで、同時に同伴してくる母親を櫻井翔で釣り、オヤジを深田恭子で釣るって作戦 だ
なっ!おみごと〜。確かに最大の見所はフカキョンのむちむちボンデージ♪が、意外 と
(?)福田沙紀のウェストから尻への逆ハート型のボディ・ラインもすばらしい。そ れでも
沙紀ちゃんはマスクをするとせっかくのかわいさが消えるので、やはりヴィジュアル はぜ
んぶ、フカキョンにもっていかれる。
私は元祖テレビ版 世代なので、ヤッターマンの勝利の踊りや、ドロンボーが負けてボ
ロボロの服で3人乗り自転車をこぐシーンや、「このスカポンタン!」やら「ポチッ とな」な
どのセリフには、なにか忘れていたものを思い出させられたようなキモチになってし まっ
た(←なんだそれ?)。しかしアメリカのコミケですら大歓迎で迎えられるこの現代 映画
には、そんなオヤジのノスタルジーに頼る下心は30%ほどしかない(←でも、あ る・笑)。
ならば、この映画 の存在理由は何なのだ?それは、「お約束」とゆー魔法だ。たとえ
くだらなくても、結末が分かっていても、観客が待ち構えていたツボにすぽんとやっ てくる
快感。それって、「複雑」さが無くて、「単純」ってこと?いえいえ、表現の世界に は「複
雑」を凌駕しちまう「単純」がある、とゆーことだ。たとえば、たった17文字で季 節をわし
づかみにする俳句、シンプルな空間と器でただ茶を飲むだけの千利休の方法、ソフィ ス
トケイトされた舞台と音楽と仮面とダンスが演じる能。思えば日本文化とは「複雑」 を昇華
したエキスとしての「単純」を目指した美学であったのかもしれない。それらは「単 純」の
反対語が「複雑」ではない、ってことを教えてくれる。研ぎ澄まされた「単純」は、 何よりも
「複雑」なのだ。古典が生き延びてきた理由もそこにある。つまり『ヤッターマン』 は古典
であり、「お約束」とは研ぎ澄まされソフィストケイトされた美学なのね、ドロン ジョ様〜?
このすかぽんたんな46歳。

「真実」って、何? 3月8 日 日曜日
スガイ・ディノス旭川
3:45Pm〜5:45Pm
たまったポイントで、 \0♪
原題;『Changeling』
監督&製作&音楽;クリント・イーストウッド
脚本;J・マイケル・ストラジンスキー
出演;アンジェリーナ・ジョリー、ガトリン・グリフィス、ジョン・マ ルコビッチ

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
これ は、やっぱ、映画館で観たい♪『それでもボクはやってない』だ。全体をつらぬく「感情」は、
びっくりするほど、まったく同じだ。ただ違う点は、一方が電車内での 痴漢を
誤解されたというあまりにもリアルな現実なのに、この映画は、息子を 警察
がすり替えるとゆー、まるでヘタクソなウソ。でもこの設定にリアルさ がなけ
れば主人公の「せつなさ」や「やるせなさ」や「怒り」や「行動」に説 得力が無
くなってしまう。だからこの映画は一番最初に画面に「トゥルー・ス トーリー」
とだけ横一文字に明記しなければならなかった。う〜む、まぁ、ほん とーにあ
った話なら、そうだな、少しは話題につきあってやってもいいよ。って なキブン
に観客をまず持っていく必要があった。で、イーストウッドが観客にこ びを売
るのはここまでで充分だった。いったん観客を映画館の座席に座らせて し
まえば、あとは一気にがーーーーっと、イーストウッド・マジックどっ ぷり。
アン ジェリーナ・ジョリーの顔がすばらしい。「表情」などとゆー優柔不断で
あいまいなものではなく、まさしく、「顔」が。それはやっぱ、映画館で観たい♪『マイティ・ハート』
「複雑」さの無いいかにも共和党支持者みたいな正義感でいい気になっ てい
たシンプル・バカや、やっぱ、映画館で観たい♪『ウォンテッド』でのイナバウアー・アクション熟女
スターが同一人物とは思えない、まるでグレタ・ガルボぶりなのだ。
■話題は、まったく変わるが、スガイ・ディノス旭川は、映画館なのに明るす
ぎる。本編の上映中なのに、両側の壁が見えるほど。こりゃ、だめじゃん。
■また、スガイ・グループは昨年か ら、ポイント・カード制度を変えて、今ま
でのカードだけにデータが全て入っているのから、ポイントたまったら、「ス
ガイ遊遊券」なるレシートを渡されることになった。映画を無料で観るのに
は、この券が2枚必要になる。しかし、この券には有効期限があるのだ!
つまり、2枚目をもらった段階で1枚目の有効期限が切れていることも起
こりうるのだ。顧客は1枚目の有効期限 を気にしながら、2枚目のポイントを
ためる努力をせねばならない。・・・・・・なんじゃこりゃ。サイフの中にスガイの
カードと、期限付きの(だが、感熱紙だから色あせる。)券を管理せねばなら
ない。こりゃ、カードの意味、ないじゃんか!蠍座は今年からポイントが年に
5回満タンにたまった客にはさらに値引きするようになったし、なにより、シア
ター・キノだってどこだってポイントに期限がある映画館なんて無い、っーの!
うぇ〜ん!私、もうスガイの映画会員、期限がきても延長しません。機嫌、 悪いの。

英語でひとこと
We both pissed off the cops.
○piss off:怒らせる、イライラさせる
●我々はどちらも警察を怒らせた。

1920年代に実際にロサンゼルスで起こった事件の お話です。
シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)が仕事から帰宅するとひとり息子のウォルターがいません。
警察に助けを求めても、24時間は捜査しないとつれない返事。犯罪や事故にあったことがハッキリしないと警察は動かないのです。
当時のロサンゼルス警察の腐敗ぶりは有名で、汚職や暴力が公然と行われていました。
そして警察権力に逆らう者は、徹底的に弾圧し、それでも屈しない者は精神異常者の烙印を押して精神病院に入れてしまいます。
警察を怒らせると大変です。精神病院での警察絡みの患者はコード12と呼ばれていました。
行方不明から5ヶ月後、警察から息子が見つかったと連絡がありました。しかし、そこに居たのは別人でした。
面子を重んじるジョーンズ警部に言いくるめられて、一度は家に連れて帰ったものの、
身長が低くなっているわ、割礼をうけてるわ、歯の形は違うわ、担任の先生も別人と太鼓判を押すわで疑惑が膨れあがります。
クリスティンは、再度息子を捜査してくれるように必死に頼みますが警察は解決済みの案件として取り合ってくれません。
そして、もうひとつの事件が絡んできます。警察組織の上層部は腐敗が激しいようですが、現場の警察官には良い奴もいます。
ちなみに、クリスティンは、最初に警察が行方不明の息子を連れてきたときに、ハッキリと別人だと言っておくべきだったのでしょうね。
新聞記者も居たわけですから。そこで妥協したが為に、後々、弱みにつけ込まれました。

【映画】やっぱ、映画館で観たい♪『チェンジリング』 Changeling (2008年)
【監督】クリント・イーストウッド
【出演】アンジェリーナ・ジョリー(クリスティン・コリンズ)、ジョン・マルコヴィッチ(グスタヴ・ブリーグレブ牧師)、ジェフリー・ドノヴァン(J・ J・ジョーンズ警部)

3月9日 月曜日
蠍座
3本観て、 \1700
穴が3つ。君は2つ?どこから入る?どこに入れてほしい?
原作;重松清
監督;中西健二
脚本;飯田健三郎、長谷川康夫
出演;阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、井上肇

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
人間とゆー「複 雑」な器を、あたかも「複雑」ではないかのよー
に管理する装置になりがちなのが、学校。装置の側に立つか、
複雑さをいとおしむ地獄に踏み込むか。阿部寛以外はほとんど
無名の俳優を配置した47歳の監督の遅咲きのデビュー作。
監督;ノーマン・マクラレン

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
映画を発明した人 は、ただ観客を驚かせたかっただけなんじゃ
ないかと思う。ノーマン・マクラレンはそこから地続きの詩人。
原題;『Abrazos: Tango in Buenos Aires』
監督;ダニエル・リヴァス
出演;ホセ・リベルテーラ、ルイス・ボルダ、フアンホ・ドミンゲス

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
「複雑」って何? それは「タンゴ」のことだよ。



その時、私はシ ネ派
メ〜ル差出人: ♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。北海道米、食ってるかー?blue.tree@ 農業青年
送信日時: 2009年3月5日(木) 10:49Pm
宛先: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
47歳だど!
3月1日映画の日は、
私は子供と一緒にシネプレックスで
やっぱ、映画館で観たい♪『おくりびと』を観てきました!
いつもに増して年輩者が多数いました。
やっぱりそれなりにいい映画でした(^^)。
涙も出て、良かった!
最後は
もうひとつ工夫が欲しかったけど。
妻役は広末でなくても
良かったと思いました!!
久保の様に
二本も観れませんでした(^^;)(;^^)。
バース デー宴会が夕方あったので。
差出人: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2009年3月5日(木) 11:36Pm
宛先: ♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。北海道米、食ってるかー?blue.tree@農業青年

3月3日は、私も君と同様、消防団の消火栓の除雪♪
ふつーに、除雪〜♪まじめなの。うふっ♪
その夜は、
家族で
「ひな祭り」パ〜ティ〜♪
で、ございました〜。
おしめさまご用心!

2009年31日 日曜日 能力ある人は、後悔するんだね(笑)そりゃそうだよね・・・ 8Amの気温;−5.9℃
いさぎよいほど、まったく本気じゃないラーメン屋で、まったく本気じゃないラーメンを喰った。上手にだまされた感 じー。
2009!fishstoryまでの道!2009年弱点でもあるかも知れないほどの、決定的な才能とか、感受性に以来してるものだと私は思っていて 。お買いもの日;2009年3月1日(日)
2009年3月1日(日) 12: 35Pm〜2:48Pm1本 目♪
スガイ・ディノス旭川 「映画の日」割引き \1000
やっぱ、映画館で観たい♪『7つの贈り物』
原題;Seven Pounds
監督;ガブリエレ・ムッチーノ
脚本;グラント・ニーポート
出演;ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、
ウディ・ハレルソン、マイケル・イーリー

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
やっぱオー・ヘンリーはアメリ カの作家なんだな
と思い、いやんなっちゃった(笑)。『最後の一葉』
と『賢者の贈り物』(笑)。ウィル・スミスのペーソスあ
ふれる表情(笑)。パズルの見事さだけでは感動は
生まれない。むしろ不完全なパズルに我々は言語
というパズル・ゲームが獲得できなかった表現を発
見し、眼をそらすことができなくなるのだ。
毎日が、映画の日。がくっ。
2009年3月1日(日) 2:45Pm〜5:01Pm2本目♪
スガイ・ディノス旭川 「映画の日」割引き \1000
やっぱ、映画館で観たい♪『少年メリケンサック』
監督&原作&脚本&作詞(!);宮藤官九郎
出演;宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、
田口トモロヲ、三宅弘城、勝地涼、ピエール瀧

★赤い眼は満ちる。久保の眼
映画を観ながらつくづく私は松 尾スズキ(1962年
生まれ)派じゃなくて、宮藤官九郎(1970年生まれ)
派だなと思った。そんな今ドキ「君はゴロー派か?
ヒデキ派か?」(←古くて悪かったな。)とゆー二律
背反主義が成立するとは思えないが、圧倒的に宮
藤の才能にブチのめされた。もちろん私の脳味噌
には期待ハズレだった松尾の『クワイエットルーム
にようこそ』(監督&原作&脚本&振り付け!)が
仮想比較敵に置かれていたわけだ。松尾のそれ
は歌謡曲的下世話を重ねることでインテリゲンチ
ャ的既成概念を笑い飛ばそうとしたのだが、実は
それらは、つかこうへい(1948年生まれ)の手法を
表面だけ繰り返しただけで、ドライを装ったつもりの
非常にウェットなものであった。ドライもウェットもこ
の手の作品では重要なのだが、もっと重要なのは
両者のバランスで、大胆な原作でありながらデリケ
ートな脚本によって絶妙のさじ加減を成さねば、名
作が一気に大失敗作に転落する。では「さじ加減」
とは何か?と言われれば、「センスだ。」とゆーこと
になるのだが、その回答はまるでアホなので詳しく
言えば、それは監督の狂気だ。実は狂気を持った
才能はけっこーいる。ただ、狂 気をコントロール
する狂気を持った 者が稀有なのだ。思えばパンク
とはそんなジャンルだった。かっこいーパンク・バン
ドって下手なふりをしつつ、実は演奏も録音技術も
ファッションもアルバムジャケット・デザインも優れた
実力派ばかりだった。ああ、この映画も俳優は演
技力のある実力派ばっかじゃんか!まるでパンク。