ピンクのクマのプールで、道玄坂のさっちゃんと。I'll follow you wherever you may go!
top pageうぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book 肉体との共犯としてのグルメ♪好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com



Cheap笑う恐怖。Trick
or
Rock 'n Roll Treat
私はこれらを1970年代 の前半に、
私の二十代の前半の時期に描いていました。
出所の判然と しない徒労感 が
常に私を夕陽のように尾けて
(きっとそのせいで)、
明瞭な色づきの悲しいキレイな夢を
たびたび見ていた頃
です。

   鈴木翁二
2011年6月12日に、古本屋で。『オートバイ少女』
(2000年4月15日、初版、筑摩書房)


10月30日(火)10:55Am  倉庫での仕事から本社に戻ったら、会社の前に・・・・・・!
ポイントは、頭か?
うおっ。誰かが、こっそり、置いていったよ うだ が・・・。
こんなコトすんのは・・・
このデザイン・センスは、たぶん、あのお方 でしょう (笑)。

完成させるめに。
だって、あのダルマと同じテイストだから (笑)。
まちがいなく、
文雄ちゃんのイタズラ(?)だろーな♪

と、
ありがた〜く想い、
またカボチャの腹の「く」を見ると、
『共犯新聞』にUPしていた
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die「マイ・バック・ページ」の共犯意訳
テーマが「初心」(がくっ。)
であることを
文雄ちゃんから
再確認させてもらった感じ。

そして
月より遠い場所へ。月見 猫の夫から届いていた
花のお返しを開くと、
紅茶だった。
インドとロンドンの香りは、
月見猫に似合いすぎだ。
アジアとロンドンの香り。
月見猫の夫から届いた紅茶を呑む。

そして、ハロウィーンと言えば、毎年、月見猫が町内で行っていた仮装パレード。
ふたりの子供と一緒に仮装していたけれど、子供たちは今年はどうするのかな。

では、追憶の月見猫ハロウィーン特集。

笑う恐怖。2008年
ハロウィーンパーティー(^^;)(;^^)。
ロンドン乞食?母親の方が気合入ってる〜 (笑)。
笑う恐怖。2010年
ぴょん。
月見猫は「自伝『死ぬほど生き延びて』、未完成!ウサギ」に、
子どもたちは、
モンキー・ビジネスで、Go、Go、Go!モ ンキー・D・ルフィ」と
「魔女もどきのプリキュア」に、
それ ぞれ仮装♪
笑う恐怖。2011年
やりすぎ?
月見猫、さすが武蔵野美術大学出身〜。
笑う恐怖。2012年

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2012年10月30日 火曜日 6:11Pm)

かぼちゃ山っ!
10月31日(水)4:56Pm 沼田町の駅前に出現した ハロウィーン山! photograph by 多田カズ

・・・・・・文雄ちゃん作の笑う恐怖。「く」カボチャも、ちゃんと山の上に♪



Halfway Down
はんぶんおりたところ


by A.A. Milne
訳;小田島 雄志
ひとりごとの子守唄。 盆から先は、クリスマス。
オールウェイズ。 Halfway down the stairs
かいだんをはんぶんおりたところに
is a stair
ぼくがいつもすわるだんが
where i sit.
ある
there isn't any
かいだんのどのだんにも 
other stair
このだんと
quite like
そっくりなだんは
it.
ない
さわりたい。
あのあと、どこへ行ったの。 ここは、どこ。

i'm not at the bottom,
ぼくはいちばん下のだんにはすわらない
i'm not at the top;
いちばん上のだんにもすわらない
so this is the stair
だからこのだんが
where
ぼくのいつも
I always
やすむ
stop.
だん
これからの人生。 Halfway up the stairs
かいだんをはんぶんのぼったところに
Isn't up
二かいでもない 一かいでもないところが
And it isn't down.
ある
It isn't in the nursery,
そんなところは子どもべやにもないし
It isn't in town.
まちのなかにもない
夜のアルバム。
And all sorts of funny thoughts
そこにいるといろんなかんがえが
Run round my head.
ぼくのあたまをかけめぐる
It isn't really
「ここはぜったいに どこでも
Anywhere !
ない
It's somewhere else
ここはどこにもないところで
Instead !
ある!」
彼は、枯葉。 「く」だるまに、光を。
A.Aミルンアコーディオンのような書物。『クマのプーさん全集 おはなしと詩』
(1997年11月17日、初版、岩波書店)
イラスト;E.H.シェパード

初出は、1920年に生まれたクリストファー・ロビンのしぐさを、父親のA.Aミルンが44編の詩をまとめた
1924年の詩集『クリストファー・ロビンのうた』(原題『When We Were Very Young』)より。
二階に上がらないうちに、冬がやってくる。