さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪共犯胃袋っ!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
♪久保AB- ST元宏議員グラガと、ヤミ米の相場と、選挙(?)は、情報が命だ!ホワイトボード『民俗資料の活用』
2018511日(金) 3Pm~
フリージャズとしての言葉の彼岸。Live at 北海道☆沼田町 役場3階 議会  委員会室
Under The White Boardwalk !
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2011
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2012
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2013
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2014
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2015
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2016
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏議員2017

議員の議論ス キルを上げる手法は
差出人: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2018年5月12日土曜日 11:17Am
常任委員会の議論スキルを上げる手法を教えてくだ さい。
私が委員長をしている委員会の所管テーマは「民俗資料の活用」です。
趣旨は、バブル期に全国の自治体に作られたハコモノ「ふるさと資料館」が閉鎖されたり、資料の散逸の危機に直面している現状をどう捉えて予算化するか?で す。

委員会での議論の進め方は、私が司会をして委員からの聞き取りをまとめます。ただし、委員が準備をして委員会に臨むことは無いので、想い出し作業が、議論 となっています。
そこで私がホワイトボードにまとめながら書いてゆくことで、無駄な想い出し作業を排除するなどの工夫をしています。全議員は、それぞれに能力があります が、議論の得手・不得手の差異もあります。そこを公平化することを私は努めています。
下記に私が委員会で書いたホワイトボードの画像を添付させていただきます。
出た意見を書き込むことで、重複をさけ、より高度かつ深い議論を導く。ホワイト・ボードの魔術師。4月6日の委員会。
前回の議論を私の言葉で整理することで、議論にドライヴをかける。私がホワイトボードにまとめながら書いてゆくことで、無駄な想い出し作業を排除するなどの工夫をしています。全議員は、それぞれに能力がありますが、議論の不得手もあります。そこを公平化することを私は努めています。昨日の委員会。
小学生以下の汚い文字ではい、はい。・・・赤ちゃん、だけに。恐縮です。

7月に、私の委員会で、下記の4カ所で調査を行いたいと考えています。
7月5日(木)士別市・朝日町あさひサンライズホール=キーパーソンである漢幸雄館長の熱い持続力を聴 く。
7月6日(金)湧別町ふるさと館 JRY(ジェリー)』=我が町の学芸員のおすすめ。
        美幌町美 幌博物館=学芸員4人の展示の更新力。
7月20日(金)夕張市石炭博物館= 一度、閉館したハコモノを復活させた議論の過程と、市民の理解、 予算の捻出。

以上、議論の手法や、調査先などに関するみなさまのご指導をいただければ幸いです。



差出人: 理解は、勇気か、有機か。西科 純@北海道・芽室町の役場職員
2018年5月12日(土) 12:49Pm
さすがボードを使うとは教育行政を、グラビア化せよ!久保議員。
ここでぜひ提案したいのは、
共通認識に立つためにシートを執行機関側に提出させるか、委員会でつくる(調査)

記載を巡って委員間討議

どうすべきかを討議

ぅ掘璽筏載を巡って討議
です。

第一法規パラパラ・・・『議員NAVI』
北海道自治体学会・議会技術研究会として『くぼ元宏通信』を恵比島のポストに入れないでくださいませ。寄稿しました!

政 策議会の突破口 第2回 

議 会の政策 活動と政策情報の作成・公開
政策チェックリストの活用

  議会技術研究会が研究した概要版としての「議会改革の第2ステージの具体策」(NAVI2017年12月11日号)、具体策として初回となる「議会の政策 活動における多様な場と方法」(NAVI2018年2月26日号)に引き続き、第2号として「議会の政策活動と政策情報の作成・公開−政策チェックリス トの活用」を解説します。
  
  このパートを調査・分析した技術が支配する領域。神原勝(か んばら・まさる、北海道大学名誉教授、1943年生まれ)氏は、今さら申し上げるまでもなく、前回ご紹介した渡邉三省氏(同研究会共同代 表・札幌市)とともに全国初の議会基本条例である北海道栗山町議会基本条例に深く関わった方として著名ですが、全国初の制定となった北海道ニセコ町のまち づくり基本条例をはじめ北海道行政基本条例策定、多くの自治体の自治基本条例、議会基本条例、総合計画等の制度設計に協力されています。専門は行政学、地 方行政論であり、特に故松下圭一氏(法政大学名誉教授)の理論を地方自治の現場に落とし込み、制度化へと導く実践的研究を続けています。

 事業別政策調書に関しては、1995年から2年間、当時の北海道知事の堀達也知事の諮問機関である道政改革民間フォーラムが提言を検討している際に神原 氏が作成し導入となった経緯があります(1996年バージョン)。

 今回、神原氏は議会技術研究会での調査・研究をもとに22年ぶりに新版となるフレームを発表しました(2017年バージョン)。このシートは誰でも事業内容がヒント・エンド・ラン!わかるように基本的な政策情報を事業ごとに自治体職員が記入するものです。シートは職員が記入しても、事業立案にあたっては市民私は、訴えたい。・・・もっと、エロを!!参加を経なければならず、市 民と議会に公表されるためにはシート欄を整合性をもって埋めていくことが重要となります。シートを埋めて いくためにますます。首長と職員は政策活動のルールに従っていく必要 があります。
  

1 政策議会と事 業別政策調書
  
  神原氏は市民自治の観点から、議会理論や議会技術を 磨かなければ議会改革はジョーカーだじょ〜。掛け声ワイルドだろ?倒れ★Oh!甲子園……指導?教育?勝負?しつけ♪終わってしまうことを危惧していま す。議会改革の10年が経過し、第2ステージを迎える中、すでにこの危機感を数年前に察知し、「政策議会」という言葉で課題を提起してきました。

 政策議会は、自治体の政策活動に向き合う力量を備えた議会という意味であり、市民の意思を自治体政策の 反映させることをめぐって、市民と議会の日常的な交流を深めることを基本として議員間討議を進め、議会としての政策意思を確立し首長が進める政策をチェッ クしながら、自らも積極的に政策提案する議会像 を指しています。
  
  神原氏の理論は、そもそも議会改革は議会だけが変わるのではなく、議会が小デブちゃんからの、お・ね・が・ひ・ブーーーー!!変わることによって、首長・行政を含む自治体そのものが市民 の政府として高いレベルに変 わっていかなければいけないというものです。議会改革の第2ステージは「議会が変われば自治体が変わる」という議会改革の本旨を強調してい ます。

 政策議会といえ、自治体政策の基本枠組み、あるいは多年度予算としての総合計画の策定・運用の手法、技術のイノベーション、あるいはこれと連動した事業 別予算としての単年度予算や決算評価の手法、これらを貫く政策情報の作成・公開・共有などが自治体の政策作法として確立していなければ、議会だけの政策活 動では実効が上がりません。政策議会の前提として、行政の政策活動も変えなければならないというのが神原氏の根底の理論です。

 以上の観点から、神原氏は長い間「事業別政策調書」を考えられ、2017年8月12日の議会技術研究会フォーラムの場で「事業別政策調書のフレーム(新版・2017年バージョン)」を発表しまし た。内容の3分の2は、「事業別政策調書(1996年バージョン)に5項目を追加した内容になっています。
  この調書の項目について明確な説明がなければ、政策といっても内容がよく理解されませんし、逆にいえば、これらの項目にきちんと説明を書き 込めない、穴だらけの政策であればそれは政策としての体を成さず、不十分でずさんな思いつきの政策ということになります。

 自治体がよい政策を実行するためには、政策活動として必要事項を明確に実行したうえで行政が記入し、自治体の政策情報として市民に公開すべきです。この ことで市民も議会も首長も職員が、同一情報を共有しながら政策議論をフェアーに行うことができるのです。

2 調書は自治体政策の基礎情報

 次に事業別政策調書のフレームについて解説します。フレームは14の大項目、46の中項目、36の小項目に分類するような仕立てとなっています。近年 は、政策評価の観点からこうした事業ごとの評価個票をつくる自治体が多いのですが、それらと調書と大きく異なるのは、とくに3、6、10、11などにみら れます。一度、みなさんの自治体のものと比較していただければと思います。
政治の可視化とは、グラビア化である。
 3の総合計画上の地位」は、各 自治体の評価個票にもありますが、総合計画自体が具体的な事業名のない抽象的な記述しか消えますがな!ない場合は、「総合計画に記載あり」と書いてもまた午前3時まで呑んだのか!ほとんど意味がありません。
  政策については、細かな区分はせずに、一般的な理念とか目的を書いた「政策」、それを細分化した「施策」、さらに予算をつけて実施する「事 業」などに区分します。ここでいう「政策」「施策」は、いってみれば「事業」の意義などを説明するための解説文章にすぎないことから、この調書によって着 目するのは具体性のある、実行する「事業」で、これを政策とすることです。

  事業を主体にした総合計画を策定し、これを政策情報である個票すなわち事業ごとの事業別政策調書(「実行計画シート」という表現もある)を 作成し、これによって政策の流れ(PDCA)を管理するわけですが、これが可能になるような総合計画のシ ステムを構築して、この事業別政策調書に明確に記載するということです。
  
  6の「事業の性質」ですが、これは実施する事業が法定受託事務か自治事務なのか、また自治 事務の場合は法定の自治事務か、自治体の独自事務かという区別を明確にさせる必要があります。現行のほとんどの自治体での評価個票には記載が皆無であり、 この自治分権の時代に実施事業の性質区分を記さないことは残念極まりないところです。

 この点は地域個性を重んじた自由な政策展開のために自治体が地方分権を求めてきたはずであり、2000年の分権改革で中央集権の象徴だった機関委任どうよ?事務が廃止され、現在の事務区分になったことを 考えると、今自治体が実施している事務は全て自治事務であるはずが法定受託事務のように国の強い縛りが依然として残っています。したがって、実施する事業 の性質を明確にしておくことがとても重要であると神原氏は述べています。

 8の「事業の決定人間とガの知恵くらべ!過 程ですが、 事業の多くは首長が議会に提案します。それはどのような行政の政策活動を経て提案に至ったのかを主とした説明箇所になります。ここに9点の設問を設けるこ とで政策形成において欠くことのできない重要項目と位置づけ、政策活動として行わなければ書き込むことができないような意図としています。その意味では、 事業の善し悪しを判断する際の有効な基準になります。
議論は、情報の共有化から始まる。
  神原氏は、現行の自治体の評価個票において北海道福島町以外でこれらの項目を入れているものを見たことが ないと 述べています。かつて北海道庁は堀知事の時代の道政改革で神原氏の提案を採用し、6千もの道の事務事業について「事業別政策調書」を作成・公開していまし た。これにはこうした政策過程の項目や事業の性質もきちんと入っていましたが、現在は別の手法に変わり、これらの項目はありません。
  
  10の「財源の構成」と11の「経費の算定」です。財源の性質や構成がノーノーノーノーボ〜イ!★これが、大事。いくらかなぁ〜。健 全であるか、むやみに将来負担を増やしてはいないか、特に借金を する浦澤さん、すまぬ。場合は吟味が必要となります。事業費についても人件費を 含めて積算の根拠を明確にしなければならず、さらには事業の実施によって今後どのような財政上の負荷が待ち受けているか、将来コストの予測も重要な項目といえるでしょう。

3 議会基本条例の7項目の意義

 前述の8の「事業の決定過程」は、非常に重要な問題であることから、もう少し詳しく解説します。
  栗山町議会基本条例第6条では、「町長による政策等の形成過程の説明」として7項目を定めています。これは町長が議会に政策や計画を提案す る際に努力目標をして説明責任を課している条項ですが、類似の条項は全国の多くの議会基本条例も定めています。
  項目は次の7つであり、前述の事業別政策調書の8の「事業の決定過程」と重なり合う内容となっています。

政策等の発生源
検討した他の政策等の内容
他の自治体の類似する政策等の比較検討
合計画における根拠又は位置づけ
関係のある法令及び条例等
政策等の実施に関わる財源措置
将来にわたる政策等のコスト計算

 自治体によって多少の項目の増減はありますが、基本的には変わりません。さらに、第7条(予算・決算における政策説明資料の作成)では、「……施策別ま たは事業別の政策説明資料を作成するよう努める」と規定しています。これもまた各自治体の議会基本条例で栗山町を参考に同様の規定を設けています。「事業の政策全知全能の神の悲劇は、神自身には自殺の出来ないことである。説明資料」と書いてあります。ししか・・・・・・・・・死?かしながら、この意味に気づかない議会が多いのが事実です。
  北海道芽室町議会の議会基本条例第12条(政策形成過程等)では、同じ7項目が規定されています。芽室町では町長に説明責任を課すのではな く、議会が町長提案を含めて政策をしっかりと議論し、論点争点を明確にするための柱立てです。芽室町議会が2012年ころに活用していた「委員間討議用 (論点・争点)シート」では政策等の発生源などの8点を論点にしていますが、これはまさに第12条を具体化、実践化するための議会技術といえるでしょう。
しかし、多くの議会では議会基本条例で栗山町議会、芽室町議会と同様の規定を設けているにもかかわらず、なかなか活用できていないのが実態なのです。

 神原氏が新版フレームの作成を思い立ち、議会技術研究会が研究項目とした意義は、議会基本条例の条文に掲げる前述のような政策チェック項目を行政と議会 の双方から実行して政策の質を上げてほしいと願ってのことです。政策を構成する重要な要素を項目化し、それを遵守して行政は政策活動を行う。そして議会は 提案された政策を調書に即して点検し、必要なときには自らの政策提案を行う。これがあるべき自治体の政策活動にすべきなのです。
なるほどな。
 政策の決定過程あるいは審議過程で、調書にある 銑の設問、あるいは基本条例の7項目の意味を考えてみましょう。たとえば、首長の提案をボス、ボス、それはないでしょう。議会が9項目 あるいは7項目でチェックしたときに3つか4つしかクリアしていないとなれば、政策としては不備ですから議会は簡単に承認できなくなりま す。議会は首長に 改善を求めるか、対案を出すか、あるいは否決す るということになるかもしれません。

 そこで行政はできるだけ項目をクリアするような政策活動を心がけるようになるでしょう。首長も調書や基 本条例が規定する条件を満たす政策活動を職員に督 励するようになるでしょう。そのことによって職員の政策能力は向上し、結果として、自治体の政策レベルを引き上げていくことにつながります。職員は首長の一兵ではありません。市民の職員おでかけですか♪機構であ り、首長も議会もともにその政策能力の向上に心を砕くべきでしょう。

 現在、福島町がこれらの項目について記述をやめろ!父は、鬼じゃねー。実行化しています。福島町は年度予算における新規事業について 「政策調書等・総合計画事業推進管理票」を作成 しており、議会が提案し行政と協議のうえ進め、予算における新規事業の説明資料として使っており先進的な取組といえます。

4 自治体政策の組 み―総合計画

 自治体が存在するのは地域問う勇気が、自由を前進させる。社会の問題を解決するためです。市 民個人やグループでは解決できない問題を社会全体の観点から政策によって解決するために、まず基礎政府として市町村政府がつくられます。政府は問題解決のために市民がつくった道具といえ、市民の期待に応えなければ交代させられ、よくやれば評価されて継 続することになります。

 その自治体政府は二元グー無しジャンケンじゃ!代表制で 運営されます。議会基本条例は議会だけの問題ではなく、首長の行動も規定しますので、神原氏はさしあたって「二元代表制運用条例」だと理解しています。ま た、政府の最大の仕事は、政策を実施して市民の信託に応えることですから、その政策の基本枠組となる総合計画を策定しなければなりません。

 実効性のある総合計画とはどういうものか。近年は、役に立つ総合計画のために、策定と運用の手法の改革をふまえた、すぐれた「総合計画の策定と運用に関 する条例」(総合計画条例)も登場しています。
  自治体政府を運営するための最高規範として自治基本条例があり、さらにその下に情報公開条例市民参加条例などさまざまな関連条例がありま すが、神原氏は、なかでも自治体政府を運営する、二元代表制運営条例としての議会基本条例と、自治体政策運営条例としての総合計画条例の2つを基幹的な関 連条例として位置づけています。

 岐阜県多治見市の市政基本条例(自治基本条例)の第20条の2第3項では、「総合計画は、市の政策を定める最上位の計画であり、市が行う政策は、緊急を 要するもののほかは、これに基づかなければなりません」と規定しています。したがって総合計画に基づかない事業は実施しないということになります。
 栗山町自治基本条例の第25条でも「町は、町政の目指す方向を明らかにし、総合的かつ計画的に町政を運営するため、情報の共有と町民参加を踏 まえて、最上位の計画として総合計画を策定します」と規定しています。このように多くの自治基本条例では、総合計画が最上位の計画であることを規定してい ます。

 ところで、問題はその先にあります。多治見市が市政基本条例で総合計画に基づかない事業はがーーーーーーん!実施しないと いったことです。総合計画がありながら、そこに記載のない事業を計画外で行うようでは政策規範としての意味を失います。総合計画の生命線はここにあるので す。

 栗山町の「総合計画の策定と運用に関する条例」(総合計画条例)は議会が主導して制定に至ったものですが、議会条例案の第6条では、「町が行う政策等 は、総合計画に根拠を置くものとし、総合計画に記載のない政策等は、緊急に必要が生じた場合を除き、予算化しないことを原則とする」と厳しく規定していま した。

 その後、町長側がこの議会案を引き取って提案し、自治基本条例と同時に制定した同名の総合計画条例は第2条で、「……町が進める政策等は総合計画に根拠 を置くものします」と定め、第11条で「町が進める政策等は、総合計画に基づき予算化することを原則とします」と規定しました。表現は多少異なりますが、 総合計画の外で事業を実施することはできないということです。

 思いつきの政策は切っても切っても、また生えてくる友情。やめ、 限られた財源のなかで将来を見通し、議論を経たうえで政策は実施されなければならないのですが、計画期間中に新たなさまざまな問題が発生するでしょう。国 の方針、補助金が新設、変更となる場合もありますが、そのときは事業を柔軟に新設や修正するなど、これらを総合計画に組み込んで事業を行なうことになりま す。総合計画を修正変更した場合は必ず議会広報にその内容が掲載することも重要です。議会はそれほどまでに総合計画にこだわる必要があるのです。

 このように「総合計画にない事業は行わない」、そして「掲載事業の一つひとつを事業別政策調書のシートで管理し ていく」という姿勢が重要になります。二元代表制と総合計画のルールを明確化し、その2つのルールを組み合わせて活用することが、これからの自治体運営に は不可欠だと考え、政策基礎情報としての事業別政策調書はその結節点となるのではないかと研究会では考えています。
  議会が首長の提案した政策を吟味する場合も、自ら政策を提案する場合も、チェック項目としての事業別政策調書のフレームは大いに役立つと思 いますので、ぜひご活用いただければと思います。

さらにロケット・スタート!!視察を終えてどうすべきか山岡さんが議員になった次の議員かな?いや、もう議員になっても、いいよー!討議ですね!



差出人: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2018年5月12日土曜日 11:17Am
なるほど♪
この私の委員会は、2月16日に近隣の北空知の4つの市町にある類似の民俗資料館にも全委員で現地調査いたしました。
その時に「得た情報」と、「参加した議員の意見」を1枚にまとめたものを下記に添付してみます。
これと、西科教授が説かれる「シート」との差異を考察して、我が副委員長らと検討してみます。ありがとうございます!

どこからでも、かかってこいや!

むりやりA3・1枚にまとめたので、見にくいとは思いますが、これが私のやり方です(笑)。
全体像を把握して、問題点や課題点を透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。可視化して引きだすために、わざと1枚にしています。
そして、これが冒頭の4月6日のホワイトボードへと結びつくのです(笑)。



差出人: 理解は、勇気か、有機か。西科 純@北海道・芽室町の役場職員
2018年5月12日(土) 1:59Pm
素晴そこでカップルで見ているお二人さん!ここまで愛する覚悟はあるのかい?らしい!

政策等の発生源
検討した他の政策等の内容
他の自治体の類似する政策等の比較検討
総合計画における根拠又は位置づけ
関係のある法令及び条例等
政策等の実施に関わる財源措置
将来にわたる政策等のコスト計算

ここまでてく&てく歩いた、他人の宇宙☆踏まえていると 思いますので、
あとは「委員会として」まとめて愛と言う名の暴力。ただ、それを判断するのは、受け手側であるという絶対不自由の世界。いこうとする ときに
自ずから
分かった!シベリウスの「クレルヴォ交響曲」だ!討議が起きると 思います!
あとは執行機関チェックと、市松模様は、メイトでちゅ♪側の考え町民のピアノを弾く時は、ゲタを脱ぐやさかいに。考え
踏まえようとすれば、
そこでも議員との討議が生まれると思います!

討議も
]静(絞る)

∩菘(捻
ある意味、すべる前に、すべった?れる)

O静(委員会としてまとめ)

をされれば。
委員が揉めてまとまらないケースは、委員間の争点(どうしてもまとまらない時は併記) 。
執行機関に何を撃たれたい夜。突きつけるか!で 変わっていきますよね。



差出人: W
2018年5月12日(土) 4:30Pm
話が逸れますが、こういうことに興味のある市民はみんなで踊れば、怖くない?多いと思います。
私もそうです。
市民とのチューチュー取れイン=ねずみ取り懇 談専門的萌え〜?知見の活用も。 (^-^)



差出人: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2018年5月12日土曜日 4:45Pm
Wさんのおっしゃられる通りです。
常任委員会の所管調査のゴールは年4回の定例議会で議長あての調査報告書を意見書として読み上げることですので、
上記に添付した昨日の私が書いたホワイトボードを文書化すれば、ある一定のクォリティの報告書は完成します。
さらに、9月の定例議会までに報告すれば、来年度の予算に影響を与えることが可能です。
しかし、ここで漏れているのは、
1.住民の関心。=議会が熱く語るほど、住民は関心が無い。
2.行政の関心。=議会が熱く語るほど、行政は関心が無い。
の検証
です。
我々の委員会が6月の定例議会で報告書を発表することを見送った理由は、上記2つを年度末に向けて行う合意が委員会内でできたからです。



差出人: W
2018年5月12日(土) 4:48Pm
行政パンツは、7枚?文書を公文書館にというのと、民俗資料は、そのまちの歴史に関係する大切な資料という認識が重要ですね。



差出人: うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
送信日時: 2018年5月12日土曜日 5:05Pm
その点につきましては、
私が個人的にもお付き合いをさせていただいている東京・上野の国立科学博物館の池本誠也部長と、意気投合♪池本誠也部長から、
下記のようなシンパシーを込めたアドバイスをいただきました。

沼田町議会の新しいテーマに「民俗資料の活用」が取り上げられたとは。
このような問題が沼田町で議論されていると は、頼もしい限りです。
民俗資料は科博の直接の取り扱い分野ではな いのですが、各地で民俗資料が危機に陥って いるという話しはちょくちょく耳にします。

民俗資料に限らず自然史資料も同じような状況です。
その対策として科博が主導して
セーフティ
死に瀕している恋人たち。ネットを作っているわけですが、
いろいろと難しい問題もあります。

この「標本セーフティネット」の記事を読んでいただくと、
本件の緊急性と、社会的意義=公金の根拠を理解していただけると思います。

Under The White Boardwalk, We'll be falling in love !



edit by. うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
(更新日;2018年5月17日 木曜日 2:10Am)



差出人: 荒当聖吾沼田町議の久保議員さんは、長髪でワイルドイメージですね♪@北海道議会議員
2018年5月17日(木) 6:54Am
久保議員にお会いした時に紹介させていただいたのは、今年、2018年7月立て、立つんだ場〜!ステージ、に。オープン予定の、
旧住友赤平炭鉱立坑櫓を正面に望み、市内炭鉱遺産のガイドツアーなど炭鉱遺産活用の拠点施設となります。『赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設』(仮称)で す。
赤平市議会ではなんと、
建設した後に このガイ選挙は、踊るのか、踊らせるのか?が分かれ道?ダンス施設条例がまだ、行ける?まぁ、行ける?否決されるということがあり、
新聞にも報道されました。
ボクも墓碑銘すら無い僕の終わり方。「あぜん」としましたが、
お話したとおり、
んだんだ。もぐもぐ。道民として北方領土(隣接地域振興)・左から、アイヌ研究家の宇田川洋博士、アイヌ協会の支部長、ミュージシャンのToyToyくん、で、久保(がくっ。)。アイヌの歴史・ そして石炭の歴史は、
しっかりと学ばねば「話せば、分かる!」・・・か?ならないと考えております。
これからもご指導宜しくお土産、買っていくからぁ〜〜〜ん♪お願い致します。





政治を取り戻すために。 政治 ★ Politics 沼 田コンパクト・タウン住民討論(更新 日;2015年12月2日)
政治を取り戻すために。 政治 ★ Politics 全国ワースト4位?沼田町の水道(更新日;2017年9月14日)














!?