さっちゃんとね、プールでね♪I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
うぇ〜ん!「そうだ、森弥生先生に逢いに行こう。」と、想った。(更新日;2008年12月30日 3:10Am)

2009年11月27日 金曜日 午前0時44分グッディ、サンシャイン・スーパースター♪気温-0.7℃←■友部正人さんから、最後の『The Request Times』が届いた。いよいよ、ニューヨーカー!でも、明日から日本ツアー開始。
2009年5月25日 月曜日 午前0時29分 晴れ 気温9.2℃←■「特別」ってやつに慣れちまいそうな夜だった。芦別DYLAN、『友部正人+三宅伸治』ライブ。伊藤さん、ありがとう。

Live 2 Days Around the Tender Air in my Life
ふわっとするもの。させるもの。
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die高石ともや
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die高田渡
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die友部さん芦別DYLAN訪問記念(?)「乾杯」特集(?)
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die友部正人2008

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2009年5月28日 3:49Am)
2009年5月23日(土)
うぇ〜ん!午後、沼田町をマークXで出発し、仕事をこなしながら、少しづつ札幌へ近づいてゆく。
謳歌は、旬?
大川司(ベース)
蜂が飛ぶ。
板倉(ギター)
使った?ううん、まだ未使用。
小川潮(歌)

♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieシュンブン
live in ☆コーヒーの湯気。キコキコ商店 (札幌市中央区南12条西6 電話;011-521-0098)
2days 2009年5月22日(金)、23日(土)
開場 7Pm 開演 7:30Pm
前売 \3500 当日 \4000 (人数限定30人 整理番号付)
★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
うそっぽいことを言うようだけど、
完璧に伝わること、ってある。
もちろん、それは&それで、すてきなことなんだけど、
なんだか最近の私は、
むしろ伝わりきらないもどかしさの磁場にこそ興味があるようだ。

板倉文と小川美潮は、1980年7月、ロック・バンド「チャクラ」でデビューした。
その直後、私は札幌で彼らのライブを見ている。
それはプラスチックスや、ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンドらが出演した
真駒内屋外競技場でのニューウェーブ色の強いイベントだった。
そして私は、絶賛浪人中だった(がくっ。)。
私のお目当ては、プラスチックスだったんだけど、
チャクラへの興味も、すげーあった。
1959年生まれの小川美潮は当時、21歳で可能性がまぶしかった。
日本のような国で21歳で認められるってこと自体、すげー「才能」だと思う。
実際、その後の彼女は細野晴臣、坂田明、白井良明らにアプローチされる。
しかし、もしかしたら、そこでベテラン・ミュージシャンたちが
彼女に求めたのは、「素材」としての小川美潮だけだったのかもしれない。
今回のライブ中に彼女がMCで、
「デビューから自信満々にやってきたけれど、
30歳で音楽的にも精神的にも挫折した。」
みたいなことを、さらり、と一瞬だけ触れたけれど、
なんだか、分かる。私のよーな凡人に分かられても、イヤでしょうが(笑)。

私が板倉文と小川美潮の全キャリアの中で一番好きなのは、
チャクラのアルバム『さてこそ』(Victor RECORD)だ。
今でも時折、アナログLPに針を落として聴く。
で、私はこのアルバムはチャクラの5枚目ぐらいのアルバムであると
ずーっと思っていた。それだけ完成度もオリジナリティも高い名盤なんだけど、
なんと、デビュー翌年の1981年発表の2枚目、なんだね。
で、チャクラは1983年に3枚目のアルバム『南洋でヨイショ』を発表後、解散。
・・・・・・うーむ。
つくづく、日本のオーディエンスのレベルの低さを感じてしまう。
とにかく、いまだに板倉文と小川美潮と言えば世間ではチャクラなんだけど、
チャクラってのは、たった3年間の泡みたいなバンドだったのだ。
ライブを見に遠くへ出かけるのって、もともとちょっと好きなんだ。
地元でのライブを見続けるバランスとが上手く取れてる時
思えば、小川美潮の不幸(?)は
デビュー曲観れる?「福の種」が完璧だったから、だと私は仮定したい。
すげー失礼を承知で言えば、
まるでジューシーフルーツが「ハイサイおじさん」を歌ったような完璧さ。
「♪福の種をまこう、幸せの種を、あなたの心に」、
とゆー超ポジティヴ賛歌の後には、ペンペン草も生えない。
もう、この唄でサークル・ゲームが見事に閉じちゃう。
演歌歌手であれば一発屋と指さされようが、
「代表曲」とは「営業力」だ。
しかし、表現者にとっては、
世界が閉じてしまうほどの完璧さは邪魔なだけだ。

そんなチャクラがその翌年に発表した『さてこそ』が、
すげーすばらしかったので、私は発売当時に買ったし、感動させられた。
そこには「福の種」の植民地主義的(?)完璧さからの自由があった。
チャクラは完璧さよりも、未完成のスリルを選んだのだ、と私は興奮した。
今回のライブでも『さてこそ』からの曲が演奏されたが、
彼らが選んだのはアルバム中、もっとも実験色の強い「V」、だった。
演奏後のMCで興味深かい録音当時のエピソードを語ってくれた。
それは、板倉文が工事現場に録音機材を持って行って、
建築資材が工事現場に落とされる音などをサンプリングしてスタジオで重ね、
そのテープをつないでループさせてリズム・トラックを作った、というのだ。
BECKが同じことをして「ルーザー」という大ヒット曲を作るのは、11年後だ。
もちろん今回はシンプルな3ピースの演奏だから実験色は無いが、
明らかにその熱を通過した者だけが表現できるスリリングさと美しさが聴けた。

チャクラの魅力とは、小川美潮の解放的な天然のオーガニックな才能と、
板倉文の密室的な人工のマッド・サイエンティストな才能の融合という
びっくり箱だった。私のコドモ時代、小学生は学研の『科学』と『学習』とゆー
ふたつの学習雑誌派に分かれていたけれど、
さながら『学習』派の小川美潮と、『科学』派の板倉文が一緒に
放課後に遊んだ遊びがチャクラだったんじゃないのかな。
細野晴臣、坂田明、白井良明と言った理系ミュージシャン(?)が
『科学』派の板倉文の役をやってみたくなり、小川美潮の「素材」に近づいた、
そう考えると、いくつかのパズルのピースがはまると思うけど、どうかな?
で、その板倉文と小川美潮が
また一緒に札幌でライブをする、ってんだから。
しかも会場はクツを脱いで畳の部屋に上がる
四畳半(?)喫茶店、キコキコ商店。
これは、行かねばなりません。
2DAYSの最終日(がくっ。)とは言え、客は20人ほど。
またしても私は、日本のオーディエンスのレベルの低さを感じてしまう。
しかし同時に、強い愛情を持って彼らを呼んだキコキコ商店、
ここでこそライブをやりたいと申し出た「シュンブン」に、また、感動。

どーせ『共犯新聞』なんだから自由勝手に書くけれど、
フレットレス・ベース、下手、だと思います。
確かに一生懸命、指を動かしていたし、複雑な楽譜を再現していたけれど、
ベースの役割のグルーヴが生まれてこない。
一方、久しぶりに見た板倉文は、
かつてのパラパラ・・・『科学』少年から、パラパラ・・・『壮快』老人になった感じ。ただし、
おじいさんではなくて、おばーさんに見えるところが、さすが板倉文っ!
曲が終わるごとに、ぶつぶつ独り言を言いながら、ギター・シンセの設定を
時間をかけてやり続け、それを気にしながらMCを伸ばす小川美潮(笑)。
正直、そんなに時間をかけてシンセサイザーの設定をいじっても、
札幌の客には無駄(笑)。微妙な音色の違いよりも、ライブの流れが重要(笑)。
しかも、うーむ、・・・えーと、板倉文先生、ミス・トーンやリズムずれ、多すぎ。

そんなベースとギターを左右にしたがえて、小川美潮姫は、
ちょっと困った顔を時々しながらも、ぐいぐいと歌いこんでゆく。
デビュー当時はテクニシャンなお兄様たちに守られていた美潮姫も、
今や初老ミュージシャンを暖かく介護(?)しつつ、再び観客に奇跡を聴かせる。
つっこみキャラのベース大川俊司と、まじめになるほどに笑いを誘う板倉文。
そんな二人にはさまれての小川美潮のMCは落語の名人寄席のようだった。
これ、ほんと。本人は意識していないかもしれないが、このMCの味はすごい。

ライブの第2部は英語歌詞のカバーが多かったけれど、最初、私にはそれらを
わざわざ歌う意味と価値が分からなかった。だって、彼らのオリジナルのほうが
数段すばらしいし、小川美潮のスタイルには日本語こそ合っているから。
しかし私は聴きながら、小川美潮は英語の発音が持つ、独特の音のこもり方や、
流れ方などを自分の声と表現力に乗せてみたかったのではないかと思い始めた。
その小川美潮の音色としての英語への興味とは、楽曲に合った音色を探しに
夜の工事現場に出向いたかつての板倉文と同じなのだ。
旬?私にとってもいいバランスでいられてる時。
私も、忘れたことがあるかも知れない、ということにすごくびっくりした。
板倉文さんと並んで、えらそーに私の名前もクレジット(笑)。
私は一度だけ、板倉文と一緒にライブをしたことがある。
それは音楽評論家の山田道成プロデュースで1984年にリリースした
オムニバスLP共犯音楽祭★TERAのROCK名盤100枚!★Music〜音という抽象芸術♪『テクニカル・ミュージック・プランニング』
一緒に参加したので、渋谷で行われた発売記念ライブも一緒にしたのだ。
とにかく憧れの板倉文さんだ。楽屋もリハーサルも一緒だ。アタリマエだ。
元祖へんたいギターの面目躍如、板倉文のギターは初めて聴く音ばかり。
アナログな運指の超絶テクニックが、最新のテクノロジーをコントロール下に
して、変幻自在の音を聴かせてくれた。ジェフ・ベックやロバート・フィリップが
いようが、間違いなく板倉文は世界一器用なギタリストだと私は思った。
ああ、1984年。チャクラは解散し、小川美潮の1stソロ・アルバムが出た年。

あれから25年。実は、板倉文はまったく変わっていなかった。
『科学』好きの放課後の少年のように、客席を無視して(笑)シンセの音色を
追求する。そしてそのわがままで独りよがりな追求は、観客のためにこそある
とゆー正しいオーガニック。マッド・サイエンティストはオーガニストだったのだ。
密室は閉じられるほどに一番たいせつな人の方向へ解放されてゆき、
科学の砦のテクノロジーは今ではもう人間すらコントロールできない自然だ。
だから今こそ、板倉文と小川美潮は一緒に音を出すべきなのだ。

今回のライブでの私の最大の収穫は、
板倉文の表現が観客へ届けられるときの不器用さが意味するものを
少し考えることができたこと。

ライブは佳境に入り、チャクラ解散の翌年1984年の小川美潮の1stソロ・
アルバムの曲「おかしな午後」を歌っているとき、美潮は突然、踊りだした。
踊る、とゆーか、それは最初、歌詞に合わせた手振りのようなものだった。
ふわりと右手が指をまるく広げながら浮かび、左腕がふわっと交差したのだ。
歌詞が「♪変なかんじ」と歌うときに、レレレのおじさんのような手をしたのだ。
さらにその後、美潮が沖縄の踊りのような、そう「福の種」の振り付けのような
動きを一瞬してしまったのを、20人ほどの観客は目撃してしまった。
ずいぶん遠くに来てしまったけれど、板倉文と小川美潮は確実に
手に入れるべきものを、手に入れてきたと感じさせた瞬間だった。

小川潮は歌がうまい。すぐれたベーシストやギタリストを選び抜いて
全国ツアーを回るという選択肢を持つ権利があるほどに、歌がうまい。
それでも、シュンブンと、四畳半で歌う。私にはその理由はもう分かった。
そのとき、奇跡がふわりと降りてくる一瞬を目撃できれば、それでいいのだ。

うぇ〜ん!ライブが終わると私はまた、沼田町へマークXを走らせる。明日は、芦別でライブだ。

ここ、だぜ。へい。京都・磔磔 の 2007年3月
ちょっと、スゴすぎんじゃぁねーの?このラインナップ!
京都市下京区富小路仏光寺下がる Tel:075-351-1321
日程アーティストチケット
3日(土)
open 5:30Pm
Play 6:30Pm
ROCK'N'ROLL GYPSIES TOUR 07
〜NEW LOST CITY RAMBLERS〜
Rock.ROCK'N'ROLL GYPSIES
花田 裕之(Vo&G)、下山 淳(G&Vo)、
池畑 潤二(Dr)、市川 勝也(Ba)
前売\4500
当日\5000
5日(月)
open 6:30Pm
Play 7:00Pm
2007年ギターウルフアンドロメダツアー
Rock.ギターウルフ
前売\2500
11日(日)
open 6:00Pm
Play 7:00Pm
♪クリックして、見よっ!FRICTION
RECK(Vo & Ba)、中村達也(Dr)
\4300
+ドリンク
\600
24日(土)
open 6:00Pm
Play 7:00Pm
Rock.小川美潮・ウズマキマズウ」
歌え、小川ちゃん。
小川美潮(Vo).板倉文(G).大川俊司(B,Ag)
Ma*To(Key).BaNaNa-UG(Key) .Mac清水(Perc)
Whacho(Perc) .青山純(Dr)
前売\4000
当日\4500
29日(木)
open 5:30Pm
Play 6:30Pm
Rock.恒松正敏GROUP  Rock.ウルトラ・ビデ
ツネマツ!
前売\2500
当日\2800

2009年5月24日(日)
午後3時、沼田町から文雄ちゃんの愛車で芦別へ♪
行きの運転手は、私。
帰りの運転は、文雄ちゃん、頼むね♪だって、芦別でジム・ビームが待っているの。うふっ。

ってなワケで、平均年齢54歳(!がくっ。)のおじさんたちの「遠足」が始まったんでした〜。

もう15年も前かな。私が初めて芦別『DYLAN』に行った時は、
まじめに(?)ぐるりと、沼田町→雨竜町→滝川市→赤平市→芦別市のルートだったので、
2時間30分もかかったけれど、
近道を知ったら、なんと、1時間10分ほどで到着♪

そんなもんだから、午後4時10分にはもうDYLANに到着。
店内ではカウンターで、友部正人と三宅伸治がナーバスにテンションを上げている風、だった。
マスターの伊藤さんにあいさつし、カウンターの友部さんに、
「こんにちは。」

で、時間をつぶしに、バブル期の芦別の遺産めぐり(がくっ。)。
横から見るとギターを背負ってピース・サインをしているかのような巨大な仏像を横目に、
『芦別カナディアン・ワールド』へ♪
うーむ。15年ほど前に私が来た時はまだ、カナダ女性が民族衣装で踊っていたりしてたのに。
おみごと!
だ〜れも、いません。
ハナ毛女と、メヤニ男。
『赤毛のアン』は、芦別市の重要な物語だ、が、がくっ。
Desolation Row!おじさんたちの遠足。・・・がくっ。
無駄に気持ちがいい青空が、なんだか廃墟の悲しさをさらに演出(?)。
もう回らない。止まったままのデッドヒート。
デッドヒートしない手動の(?)メリー・ゴーラウンド。

地平線なんか見えやしなかった
歩いて歩いてやっと見えたのは
足元の穴ぼこだけだ

ズルズルズルズル・・・
街中をパレードしよう。俺のブルーズを見せびらかすんだ。

だらだら行こう。
ロックンロール・ショーまで、まだ2時間。
沼田町並みのゴースト・タウン、芦別市を、おさんぽ。

小さな公園には、きらきらとタンポポの綿毛が光っていた。
住宅街なのに、こどもはいないのだろうか?
私が芦別市の少年ならば、
日曜日の朝には、だれよりも先にこの公園に来て、
あたり一面のタンポポの綿毛を、けり散らすことだろう。

まわる、まわる、時代はおやじとともに、まわる。
何が楽しいんだ?おじさんたち。
まだ明るいんですけどー。
「おっ!コレ、いいねー♪」と、ふらりと、ここへ
ここでしょ!
おかみさんに聞いたら、8年前に50年続いているこの老舗を、先代から引き継いだそうだ。
うぇ〜ん!「へぇー。ご両親は健在なんですか?」
夏は、ビール・パーティに来てね!「あはは。先代は私たち夫婦の親じゃないんですよ。」
うぇ〜ん!「あ、じゃ、従業員さんが店を引き継がれたんですか。」
夏は、ビール・パーティに来てね!「いえ、私たち夫婦、ここの常連客だったんですよ。この店が好きで引き継いだだけなの。」
うぇ〜ん!「わっ。すげー。・・・・・・ロックン・ロールだ。」
カウンターごしに、テレビが見えたんでした〜♪
テレビで、日馬富士が初優勝!
タテワキさんは、豚串が苦手?
トリ串と、豚串を炭火で焼く♪
ここは、「のらくろ」かっ?
ふつーのオジサンかっ(笑)!
顔、赤いぞっ!
いやぁ〜、昼間の酒は美味いねぇー♪と、赤ら顔、3つ。


君はぼくの日曜日
去年と同じ場所に立ってる
見覚えのある白いシャツ
一年に一度しか来ない日曜日

君とぼくの約束の場所
午後5時40分で生ビールをジョッキで2杯と、飲めない文雄ちゃんのぶんを若林博士と分けて半分、飲んでる
41分までの1分間が
一日のうちの君とぼくの時間


ヒッピーに捧ぐ2009
投稿者:うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
投稿日:2009年 5月 7日(木)10時54分10秒

どうも、ぼくです。
激混み間違い無し(?たぶん。)の、
5月24日『友部正人JV三宅伸治』、
予約させていただきたいのですが、まだ余裕はありますか?
そうですか、OKですか。
ならば、2〜3人で。(なんだ、そのいい加減な予約人数は!?)
運転手を拉致して、
無期限キープ・オン・ボトルに甘んじているジム・ビームを
減らしに行く所存でございます。

くだらねぇ芸能ニュースで観た出棺の映像には、
明るい髪の色をした三宅さんも
棺をチャボの前で抱えて運んでいましたね。
ディラン25周年!5月25日(日)に芦別『ディラン』で誕生日にライブ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die ヒップに騒ぐ2009
投稿者:ディラン
投稿日:2009年 5月 8日(金)11時26分9秒

>久保さん、二、三人の予約、ありがとうございます。
芸能ニュースは見てないんですけど、なにかあったんですか?

このごろは、
ボトルの盗み飲み(ジム・ビーム)の後遺症で、
アル中ハイマー絶好調です。
運転手の拉致成功を祈っています。

マンセー!!

芦別の空は、どっちだ。 ほら、もういっちょう、俺の愛したギブソンだぜ。 遺作は、『夢助』。
ピップにエレキバン2009
投稿者:
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
投稿日:2009年 5月 9日(土)20時45分55秒

>芸能ニュースは見てないんですけど、なにかあったんですか?

うぇ〜ん!ここだけの話、ぶひー。こぶたフリース、見られちゃったんでしたー。豚インフルエンザってのに、ニッポン人3人がなっちゃったようですよ。
今夜は、R&Rパーティだぜ。
1965年、ボブ・ディランはマイク・ブルームフィールドに出会った。
へい、あれをおくれよ。
ロックンロールの神様のお話が知りたいのなら、
パラパラ・・・どうして芦別市のDYLANに、キース・リチャーズのサインがあるのか
の、
小さな物語を読めばよい。

まわる、まわる、酒はおやじとともに、まわる。
「俺のボトル、あるよ〜♪」って、ディランのママに言われた(笑)。
今夜のDYLANは、「打ち上げ」料理までは酒しか出ないから、
ジム・ビームの肴を近所の酒屋で買って、持ち込み♪
Piss♪ 持ち込み♪
日蓮で、ロケンロー!
お坊さんのお嬢さんに、
生臭いものを、
若林博士がおすそ分け♪
いつも、最高の席を用意してくれる
ディランの伊藤マスター。
今宵の合い席は、
東京から札幌の美女を嫁にして
増毛町に住む日蓮の寺のお坊さん。
「えっ!?増毛町!?」
増毛町って言ったら私の沼田町よりも
はるかに遠くの、ドド田舎の漁村。
なんで、そこで
東京の青年がお坊さんを!?
いや、それよりも、
今回の『友部正人JV三宅伸治』は
すげー特別で、北海道では、
札幌、ここ芦別DYLANと、
・・・・・・増毛町だけの3ヶ所・・・。
あ!
やっぱ、この坊さんが
増毛での『友部正人JV三宅伸治』を
企画&実行したのだった。
美人の奥さんが笑顔で、
「昨日の増毛も最高だったけど、
やっぱ、ここDYLANは特別だから♪」
だよねー。

そして、最高のロックンロール・ショーは、まるで日常の夢のように突然はじまった。
ほら、これがお前のほしいものだろ。
なんと、ライブは最初ったから、ふたりで登場!
私は今夜のステージ構成は、「三宅ソロ」→「友部ソロ」→「ふたりで、アンコール的にボブ・ディランのカバーなどを2〜3曲」、かと思ってた。
がーーーーーん。
す、すんまへん。
こいつら、本気だ。

これは、ジョイント・コンサート、なんかじゃない。
これは、ロック・バンドだ。
世界最小の単位の、ふたりっきりの、ロック・バンドだ。
そう、これ。
あげは蝶を隠して。
スウィングしなければロールは無い。
若林博士も最初っから、ロックンロール・スウィング。

俳句には、季語、とゆーものがあって、
まるでゲームのルールのように、必ずそれを入れなければならないんだけど、
ひとつの句の中には、ひとつの季語しか入れることはできない。
たとえば、「花」も「蝶」も春の重い季語なので、一句の中で両方が詠まれることは少ない。
両方を使うとシロートくさい俳句になり、それを「季重(きがさ)なり」と指導されてしまう。
俳句の初心者にはその感覚は理解できないかもしれないが、
ある程度、俳句を続けていれば、「重い季語」とゆーイメージが染み付く。

これ以上、シンプルな形式は無い詩である俳句が、
一句の中に「重い季語」をふたつ抱えてしまったとしたら。
そしてそれが、
ぶかっこうなんかじゃなくて、
すごく、すごく、かっこいいものだとしたら。
「いっしょ」、だから。
「いつしょ」だから、できること。

友部の名曲観れる?「一本道」は、二人で交互に歌った。
ローリング・ストーンズのミックとキースが交互に歌う
観れる?「Salt Of The Earth (地の塩)」みたいだった。
歌い終わってから、友部も、絶句したあと、
「この唄を歌い続けるよう、曲を書いてゆきたいと思います。」と、
胸をつまらせながら言った。

そして、観れる?「びっこのポーの最後」。これが聴けるなんて。

そして、あの日からまだ22日。
この日の隠しテーマであってもいい、
キヨシロー追悼を語らない上品さがまた良かった。

キヨシローの話題が出たのは三宅が
RCサクセションの「Oh!Baby」をソロで歌ったとき。
観れる?Oh!Baby
作詞&作曲;忌野清志郎
編曲;RCサクセション

一緒に暮らそう ぼくと二人で
ふさわしい家を 探して住もう
そしたらぼくは ギターとペンを持って
君のための歌を きっと書くだろう

Oh!Baby ぼくを泣かせたいなら
夜更けに 悲しい嘘をつけばいい

Oh!Baby ぼくをダメにしたいなら
ある朝君が いなくなればいい
それだけでいい

友部 「RCの、観れる?「ぼくの好きな先生」って曲。」
三宅 「あ。はい。」
友部 「あの曲、いい曲だよね。」
三宅 「あー、ええ(笑)。」
友部 「ぼく、知らなかったんだ。」
三宅 「は?えっ?そ、そーなんですか?へぇー。」
友部 「どうしてなんだろう、って。」
三宅 「はぁ。」
友部 「どうして、この曲がぼくの作った曲じゃないんだって。」
三宅 「・・・・・・。」
友部 「「ぼくの好きな先生」は、ぼくが作った曲じゃないんだ。」
三宅 「すげー。それ、初めて聞いた。」

それから友部と三宅はふたりで、RCの「シュー」を歌った。
観れる?シュー
作詞;忌野清志郎
曲;肝沢幅一
編曲;RCサクセション

烏合の衆 烏合の衆
烏合の衆 衆 衆・・・

一人じゃ何も できないくせに
一人じゃ何も 言えないくせに

烏合の衆 烏合の衆
烏合の衆 衆 衆・・・

一人じゃなんにも 言えないけれど
今はみんなと いっしょだもんね

友部 「清志郎さんとは一緒に何曲、作ったの?」
三宅 「約100曲かな。ほとんど、くっだらねぇ曲ですが(笑)。」
友部 「あはは。」
三宅 「発表しているのは、30曲ほどです。」
友部 「いいね。今度、ぼくらも作ろうか?」
三宅 「あ、はいっ!」

私は三宅の書く詩は悪くはないんだけど、
サビの部分が紋切り型になってしまい、おしいと思っていた。
それをおぎなっていたのが、キヨシローでもあったのだろう。
だから、友部のような言葉の達人を相棒にすることは
こりゃ、かなりすげーアイディアだぞっ。
ほんとうは。
ほんとうは、前を見ることなんか、ぜんぜん得意じゃないんだよ。
そして、またふたたび。
そっと差し出される、するどい刃。
なんだか、こうしていると。
いっしょなら、きっと、うまく、やれるさ。

入り込んだ。
二人お酒を飲んでました。
入り込んできたもの。
その時、月が話しかけます。
ああ、こんな感じ。
「もうすぐ、夜が明けますよ。」

遅くなっても、いいんだよ。
若者ならば、急がなきゃならないけれど、幸い、我ら年寄りには時間はたっぷりあるから。
またこれが見れた。
こんな笑い方ができるひと。
ネックになりたい。
ロックンロールの魔法。

最後の、最後。
最後のアンコール曲は、
「イフ・ナット・フォー・ユー」に次ぐ、この日、2曲目のボブ・ディランの曲、
「ライク・ア・ローリング・ストーン」!
ああ、すてきじゃないか。
「言葉」がロックで、ギターがロール。
It's just our life.
そして、これも終わる。
R&Rショーは、終わりだ。
ロックンロールは終わらない。・・・・・・か?
交差点にて。
悪魔がぶらさがっている交差点で。

「特別」ってやつに慣れちまいそうな夜だった。芦別DYLAN、『友部正人+三宅伸治』ライブ。伊藤さん、ありがとう。
どこに入れるの?
芦別市『Rock House DYLAN』の、伊藤夫婦♪
まったくだぜ、もう。
そして、少年たち(笑)。
ああ、こんな感じ。またいい風が吹いてきた。
また、ここで。

すごいものを見たいかい?
それならば、また芦別DYLANで。

そんなすてきな場所を私は、いくつか知っている。
それだけでいいのかもしれない。
死んでゆくのはキヨシローだけじゃない。みんな、みんな、死んでいった。
だから、それだけでいいのかもしれない。
また今年も。そして、また来年も。・・・・・・ねっ。
私たちが帰ったあと、DYLANでは友部さんの59歳の誕生日「打ち上げ」パーティー♪
リハの時「明日誕生日ですね」と伊藤さんが言うと、友部さんは、「なんだか狙ってきているみたいだね」と言って笑ってたそうだ。
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die去年も同じ日曜日だったんだよね(笑)。

君はぼくの日曜日
去年と同じ場所に立ってる
見覚えのある白いシャツ
一年に一度しか来ない日曜日

この打ち上げのために、DYLAN夫婦は心のこもったたくさんの料理を準備していた。
だから、今夜はライブ中には酒しか出さなかったんだね(笑)。


うぇ〜ん!へたくそなギターを弾くことぐらいしかできない私だが、
ロックを演奏している最中に、ふわり、とすることがある。
それは、次に待っているシンコペーションの谷底へのブリッジであったり、
複雑なコード進行の果てのストロークのいたずらであったりするんだけれど。
ふわり、とはジェット・コースターの恐怖の前の一瞬や、
セックスのピークの手前にも現れるけれど、
やはり、ロックの「ふわり」は、とても特別だと思う。

今、宇宙の中で一番、ふわりを味わっているのは、キヨシローだと思う。



2009年326日 木曜日 能力ある人は、後悔するんだね(笑)そりゃそうだよね・・・ 8Amの気温;−1.0℃
手稲で手を合わせたのは、99歳の老婆の遺影。少ない血のあとには、すがさんの描いた似顔絵コレクション。

→100日雛で1050円かな。あとは日割りで一日単位で値段が上がっていく。2009年 70年代の刑事ドラマかよっ!言葉を容れるための裂け目。文章に落としたカタチの翻訳(もしくは、抽象化&再度の具象化)が、私は好き笑い話にするのに全員必死という感じです。二人とも、叫び出したい気持ちだって。そりゃそーだ。夜のピクニック万歳。。お買いもの日;2009年3月26日(木)

★ジプシー!三宅伸治 ロックンロール・ジプシー・ツアー 2006
2006年5月21日(日) 7Pm At ロック・ハウス・ディランROCK HOUSE DYLAN
北海道芦別市北1条西1丁目7番地 でんわ:01242-2-0525

芦別へ、ずっと。
「オレの一番好きな時期のボブ・ディランの前で歌うぜ。」と、三宅伸治のライブは始まった。
写真の左は、上林文雄画伯。右は、若林博士。ともに、沼田町のエセ文化人の代表。
★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼

三宅伸治は、けっして器用なミュージシャンではない。
今回のライブも、有名なロックの名曲のカバーが多かった。
カバー曲を演奏するのであれば、アマチュアと同じ、なのかもしれない。
「サンキュー!ボブ・ディラン!、サンキュー!ローリング・ストーンズ!」と、
明るく高らかに叫ぶ姿にも、偉大なるアマチュア精神が宿っている。

彼のオリジナル曲にしても、歌詞も曲も、本当の意味でのオリジナルではない。
定番のロック歌詞であり、定番のロック・フレーズの親子丼だ。

しかし、彼が重たい荷物とギターを抱えて全国の小さなライブハウスを回れば、
ロック・ファンが田舎町のあちこちから集まってきて、
ライブの最後には巨大なグルーブを、「ごろん」と転がし、
また次の町へと去ってゆく。

どうしてだろう?
彼が忌野清志郎たちとバンドを組んでいるから、それを確認しに客が来るのか?
いや。

あこがれのロック・スターのようにギターを弾いて、騒ぐ。
ただ、それだけ。
しかし、それが客のキモチとシンクロしているのだ。

そして、誰もが「ギターを弾いて、騒ぐ」ことから始まった音楽体験が、
実は、「ギターを弾いて、騒ぐ」こと、そのものに大きな意味があったのだ、
と、三宅伸治のライブは客に教えてくれる。

いくら恥ずかしくても言えることは、やっぱり、ロックとは生き方、なんだな。
♪芦別2006
写真左のピンクのTシャツ姿が、
44歳のオヤジ=久保AB-ST元宏(がくっ)。
久保の右下に、ちらりと若林博士のオデコが見える(笑)。
観客総立ちで盛り上がる中、じっくり聴く博士も、渋い?

♪バック・ドアから!
右から2番目が、久保AB-ST元宏(がくっ)。
盛り上がったら、恒例の店外路上深夜近所迷惑エレキ・ギター・ライブだぁ!
写真をクリックすれば、2002年のライブ報告!