あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2010年6月12日 土曜日 午前1時49分みんな何んという顔だろう。人間なぞは一人もいない、(小林秀雄『おふえりや遺文』)気温14.6℃←■オイルにまみれた顔で一日中、働いているんだなぁ。すばらしい職人だなぁ、と思ったら38年ぶりの再会だった。君か!
2010年6月12日 土曜日 午前0時39分みんな何んという顔だろう。人間なぞは一人もいない、(小林秀雄『おふえりや遺文』)気温14.7℃←■突然の再会にびっくり・・・。これもまた、森先生つながり!
2008年12月23日 火曜日 午前3時19分←■まさか、森弥生先生とふたりっきりで真夜中1時過ぎの長距離ドライヴをするなんて、小学校4年生の私は思いつきもしなかっただろう。
「そうだ、
森弥生先生に
逢いに行こう。」
と、想った。
text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏(更新日;2008年12月30日 3:10Am)
Ah, but I was so much older then,
I'm younger than that now.

うぇ〜ん!「そうだ、森弥生先生に逢いに行こう。」と、想った。
それは、インターネット上に書かれたローラに花束を!ミカキチ@ろーら嬢の「日記」がきっかけなんだけど、それは、またしても(笑)、長い文章。
そこで、年末&年始、なにかと(がくっ。)忙しい君のために、それを短くして、少しだけ引用してみよう。

ローラに作文の宿題を!ローズ (ショート・バージョン・笑)
2007年1月9日(水) 0:01Am
 「学校」や「先生」にいい思い出が少ない人も多いようですが、
 私は先生とのめぐり合わせが良く、「恩師」と呼べる先生が何人もいます。
 今でもいつでも、連絡を取って会いに行きたいと思う先生がたくさんいるんです。

 で、その中でも特にいつも思い返す先生が、小学校一年の時の担任のM先生です。

 M先生は、2年にあがったときに学校を移ってしまったので、私は一年間しか教わっていないのだけれど、
 素晴らしい先生だった。
 うちの母は、この先生に
 「ろーらちゃんは、毎日学校に、お母さんの頭を肩に乗っけて来ています」
 と言われてものすごーくショックだったそうだ(笑)

 担任でなくなってからも、私はせっせとこの先生に手紙を書いていたらしい。
 先生からの返事が手元にたくさん残っているから。
 で、年賀状もずーーーっとやり取りしていた。
 私は毎年、年賀状の季節になると、小一で初めて年賀状を刷った際、M先生に出す年賀状の図案に迷って、
 結局、好きな図柄を盛り込みすぎて、全体のセンスには欠ける葉書になってしまい、
 そんな自分が本当に駄目だと感じたことを思い出す。
 なんか、この欠点は今でも続いている(削るのが苦手)。
 三つ子の魂百まで・・・
「食育」は、幼い頃からのしつけが必要です。
人間になりたてのころのミカキチ。

一歳の誕生日のミカキチ。どすこい!★あの髪の毛は、母と父が両側から切っていったら、前髪のところでかみ合わずがたがたになったそうです。なんだそりゃ。
どすこいミカキチ。
 二十歳のころ、先生から届いた年賀状に
 「夢多き恋多き希望多き人生を送っていることでしょう。
 たくさん本を読み、しっかり考えるろーらちゃんのことだから悩みの多い日々のこともあるでしょうね。
 わたしは昨年より障害児学級を持って5年6年の兄弟二人と共にくらしています。
 悩み多き日々ですが楽しくやってます」

 とあった。

 私は当時、ものすごーーい混迷の中にいて、人生まっくらな気分だった。
 そんなこと全然知らない筈なのに(その頃は手紙のやり取りはしなくなっていた)先生はそう書いてきてくれて、
 それを読んだ母が泣いてしまった。

 私は20代の10年間ほど、まったく年賀状を書かずにいた。
 あまりに自分に自信がなくて、年賀状といえどもそういった社会的な活動が出来なくなってしまったのだ。
 M先生とのやりとりも、その頃に切れてしまった。

 でもその後も、新聞で小学校の先生の移動が発表される度、
 私はM先生の名前を探し、今はどこの学校にいるのかを確認し続けていた。

 
 私はいつも、今の人生と暮らしに満足していて、何も思い残すことはなく、いつ死んでも悔いはないと思っている。
 そう、口に出して言ってもいる。

 でも、M先生のことを思うたび、その私の気持ちは、半分しか本当ではないのだと気付く。
 私は、まだ本当にやりたいことをやっていない。
 やり遂げてもいないし、ちゃんとそこに向かってもいない。挑戦していないって。

 先生に会いたいのに、会いにいけないのです。
 先生に連絡が出来なかった。自分がそんなだから。
 今の自分が本当に精一杯自分を賭けて生きていて、そのことで「幸せだ」と言えるようでないと、会えないと思った。
 人から見てどうではなく、自分がそんな風に幸せでいないと、先生に恥ずかしいと思ったのです。

 でも、やっと、連絡してみようと考えています。
 まだまだ胸を張って会えるとは思えないけれど、もう会える気がしてきたので。
 そんな気が、今年に入ってからしてきたので。

 間に合いますように。
 と、そう思いながら今日の成人の日を過ごしました。

うぇ〜ん!私がこれを読んだのは、書かれてから1年半(笑)過ぎてからだったんだけど、ここにコメントしてみた。
うぇ〜ん!2008年6月24日 12:03Pm

>あまりに自分に自信がなく
>社会的な活動が出来なくなってしまったのだ。

それが今では、こんなにヲトモダチの多いお嬢さんになられて……。
おじさん、うれしいよ(涙)。
M先生って、森先生?
ローラに花束を!2008年6月24日 10:33Pm

そうそう、森先生!さすが〜同郷のよしみ(笑)。
習ったことある?
今、どうしてるか、知ってる?
家、滝川だったよね。
うぇ〜ん!2008年6月24日 11:44Pm

森先生、私の小学校4年生のときの担任でもありました。
私が風邪をひいたとき、くちびるで熱を測ってくれました。
ローラに花束を!2008年6月25日 0:38Am

>森先生、私の担任でもありました。

すごい。凄すぎ。
久保AB-STさんとは、「森先生つながり」だったのか〜笑
どーりで(←何?)

なんで森先生だって解ったの?
うぇ〜ん!2008年6月25日 5:45Am

>なんで森先生だって解ったの?

「お母さんの頭を肩に乗っけて来ています」で、あ、森先生だ・とスグに解って、
「でも、M先生のことを思うたび、
その私の気持ちは、半分しか本当ではないのだと気付く。」で、確信。
ローラに花束を!2008年6月27日 9:48Am

で、私はまだ森先生には逢いに行ってないのだ。
逢いに行こうかな。
特に会いたいと思っている人が何人かいた。
ミカキチの自給自足的有機農業喫茶店絶賛休業中生活2008年。

うぇ〜ん!それから、ずいぶんたって、ミカキチが森先生に手紙を出したのは11月になってからだと思う。
返事はすぐにこなかったようで、それも&そのハズ、ミカキチは20年前の住所に手紙を出したのだから(笑)。
それでも、出した手紙が戻ってこない、ってコトは、どこかに「届いている」、ということ。
あとは、森先生の健康を祈る、だけ?

そして、2008年11月27日、ミカキチへ森先生からの返事が届いた。
ローラに花束を!2008年11月28日 4:41Am
「朝には蛾 昼には胡桃 夜には塩 我が掌上には杳き手紙を」
黒瀬珂瀾

久保兄。
今日は(もう昨日だ笑)ほんと、森先生の手紙を読んだら、
一度しか読んでないのにその後、手が震えて、
ケーキ焼くのに困って、ああどうしようって思って。

ケーキを焼いたのだ。
でももう、ずっと、身体も震えて・・・・
単に、泣いたから力入ったあとだったから、なんだけどね(笑)。
読み返すとどうしても泣いてしまうのーーー。
森先生の字だ。全然変わらない、って思ったり。

手紙に、先生に会いたいって、書いたんだ。
だから、ああして書いてくれたんだと思う。

明日またすぐ返事書く。
で、また連絡します(笑)。
あーーこんだけ泣けば、先生のところでは泣かないで済むかも(笑)
森先生へ、ミカキチが出した2通目の手紙。
最終的に引き金を引いてくれたわけだし・・・・・
久保が一発で、M先生を「森先生?」と当てたことまで(笑)。
ローラに花束を!2008年11月29日 4:50Am
「大好きな先生が書いてくれたからMは愛するMのカルテを」
穂村弘

やはり心を入れ替えて
なかなか仕上がらなかった森先生への手紙を
やっと書き終えた(笑)と言っても、下書きで、あと清書。
途中でどうしても泣いてしまうので、なかなか進まなくて。
あーーこんだけ泣けば、先生のところでは泣かないで済むかも(笑)

今日はなかなか手紙を書き上げられなかったのが
やっぱり、気が抜けそうになってしまうというか、私は基本が子どもなので(笑)
すごい緊張と興奮状態にすぐなってしまって、その弛緩が激しい笑笑
でもちゃんと仕上げないと、次(=先生に久保兄の引率で笑会いに行く)
辿り着けないのだ、という
具体的なイメージを持って、自分を支配下においたのだー
いちいち面倒な人。我ながら。

うぇ〜ん! しかし、なんで私、ミカキチの日記から、ほとんどヒントが無いのに、
「それ、森先生でしょ?」と、見抜いたんだろう。

→それは私の台詞です(笑)。

うぇ〜ん!FAXしてもらった森先生からの手紙で、印象的だったのは、ここ。

パラパラ・・・こんなやさしいお話が書けるようになるには、
つらい悲しい思いをいっぱいしてきたからなのでしょうね。

→ありがとう。大丈夫だよ。
「ドラマみたいなもの」の登場人物に
引きずり込む相手に、森先生を選んだりしないし・・・・
今回の手紙にも書いて、
私の、森先生についての日記をまた読み返して思ったけれど
結局、正直に今の自分で会いに行けるまでは会いに行けなかったって
ことなんだと思ったんだ。
「安心させる為に」元気そうな自分を見せるだけに行くなら、
別に、自分の親でいいんだもの(笑)。
先生の手紙を読んで、ああ私は甘えたいんだな、って判ったの。
自分を受け入れてくれる人に、
自分の今の弱さ(=強さ)を見て欲しいって思っているんだなって。
で、勿論、私には森先生はそういう(それを許してくれる)「象徴」だったわけで、
しかしたら、それだけの強さは森先生にはないのかもしれない。
でも、もしそうだった時に、
私の「甘え」が先生や、それ以上に自分自身への暴力となったりはさせないだけの、
根本的な本物の強さが私自身に培われない限りは、
会いに行く訳にはいかなかったわけだよね。
それでも、正直に、弱くて迷ってるままで、会いに行ける相手であることが、
「先生」であることだよね。

ローラに花束を!2008年11月30日 3:17Am
「さみしさは愛しさに似てせっかちでデタラメだけど正確な指」
加藤治郎

うぇ〜ん!ミカキチは、親には甘えないの?

→もちろん、親には、存在してるってだけで、甘えてるんだと思うよ。
甘え方にもいろいろあるんだろうし・・・・
「甘える」って、やはり暴力だから、相手の力量をみてやるのでないと、卑怯だよね。
逃げられない相手にすることなんだから。
うちの親は、私という存在があるだけで、もう充分傷付いたし、辛い思いもしたんだし、
これ以上酷いことをする訳にはいかないんだ。
その代わり、私に、素晴らしい先生と出会えるだけの感性とチャンスを授けてくれたんだし、
友達を作れるだけの幅のある人間に育ててくれたんだから、
私がもし、甘えたいんだとしたら、
私をそういうカタチで「甘えさせてくれる」存在を、自分でちゃんと捜して、見つけて、関係を育んで、
その上でその相手に甘えるんでないと駄目なんだよ。
それをしないで、目の前にいる逃げられない人に自分をぶつけるんだとしたら、
それは許されない怠慢だよね。

私は、健康になりたいんだよね。それはずっとそうなんだ。
そして、森先生は、健康に生きていたい、ということを
ちゃんと抱き締めてくれる人だったと思うから。
きっと、そう真っ直ぐに思ってくれた唯一の大人だったんだと思う、
私がこども時代に出会った中での。

うぇ〜ん!それは私(&ミカキチ)の幻想かもしれない。
しれないけれど、そう思わせてくれる感情の包容力(?)の準備が森先生側には、あった。
>あ、だから、私はミカキチ「日記」ですぐに森先生だと確信したのか。
そうだ。なるへそんごくうさいゆうき。

→何事もそうだけれど、それが「出来る」「100パーセント出来る」必要なんてないんだ。
だって、それは、その人が「やってくれる」ことじゃないんだから。
一緒に、堕ちるかも知れないことに、挑戦してみることなんだから。
だから、そこにあらまほしいことは、単に、同じ現実を生きている、
そこにいる相手が、「生きている人間である」ことから逃げないでいてくれるってだけのことなんだよね。
たったそれだけのことからも、人は逃げる。
責任を取りたくないから・・・・・
まだ何も口にしてないのに、言い訳で相手の台詞を塞ごうとする。

森先生からの手紙には、
何も力になれないかも知れないけれど、話を聞いてあげたい

と書いてあったでしょ。
私が6歳のころから先生はそうだったよ。

うぇ〜ん!人生の「おとしまえ」のための、30年間という広大な待合室。

たぶん、森先生は、それを会ったら判ってくれるんだと思う。
だから
教師でよかったとおもい、うれしい

と書いてきてくれたんだと思う・・・・・

うぇ〜ん!あ。

→うん。
うぇ〜ん!そー言えば、今年はこんなコトもしたっけー。
私とミカキチが森先生に習った、
沼田小学校へ、みんなを道連れ(笑)。

2008年7月23日 沼田町にて〜♪

「ミカキチ・ろーら@葉子お嬢
思い出と所縁の地巡りツアー」・・・!
久保も卒業生だもん。
ミカキチお嬢様の母校、沼田小学校。

ここは、正面玄関。
ミカキチ「サッシが変わったわ。」
みんな「へー、そう。」
・・・・・・がくっ。

blue.treeくんは、恵比島小学校だから、(標高差が)高学歴なのよね。
森先生への「おみやげ」は、これで、いいと思いますっ(笑)。うぃ♪
うぇ〜ん!さらに、1ヶ月間たち、私たちは森先生に逢うこととなった。
それは、なんだか、
「今年中にl、森先生に逢っておかなければならない」、
という根拠の無い大きな気持ちが押し込んでいくように。

最初は森先生のご自宅が滝川市で、
ちょうど私の住む沼田町と、ミカキチが住む札幌市との間だから、
そこに南北から向かって、おじゃましよう、という計画を森先生に提案した。

が、森先生がミカキチが経営している(=今年の春から休業中だが)、
☆コーヒーの湯気と、その温度。自給園付きブックカフェ『ブックスボックス香聡庵』
訪問して、ミカキチの手がけている畑や鶏小屋を見たいと言い出し、
ならば、と、札幌のミカキチの店で逢うことにした。

元宏くんは沼田から大変でしょうか、
まあ男性ですし車は慣れているでしょうからがまんしてもらいましょう

と、森先生はミカキチへのFAXに書いていた(がくっ。)。

逢ってから知るんだけど、
森先生は小学校の教師を引退されていて、
父親の農家を手伝っているそうだ。
しかも、ご主人とトラクターなども買って、大型特殊の免許までとって!
で、有機農業をしているそうだ。
・・・で、ミカキチの有機農業の農園も見たい、とゆーことらしい。

しかし、私が住む沼田町から
先生が住む滝川市までなら、クルマで40分ほどだけど、
ミカキチの札幌市までなら、2時間はかかるー。
零細企業の青年実業家(=私・がくっ。)にとっては、
年末に1日つぶすのは、けっこーたいへん(笑)。

それでも、行くことにした。
で、森先生への「おみやげ」は、
去年やった沼田中学校の同窓会のパンフレットにしようと、
同窓会の幹事のblue.treeくんの家に一部、もらいに行く♪
これには先生の教え子の最近のコメントや写真が載っているから♪

うぇ〜ん!で、12月22日(月)、いよ&いよ、森先生に逢うことにした。
森先生はすでに、札幌で午後2時にミカキチと逢っていたが、私は仕事を終わらせての午後2時にようやく、沼田町から札幌へ向けて出発。
ふつーなら、2時間でつくんだけど、この日の道路は超☆凍結路面で、つ〜る&つ〜る!
前を走るトラックは、大きくケツをふりながら運転してるし、とにかく大渋滞!
案の定、途中で大きな交通事故も。たぶん、死亡事故だ。もし、吹雪だったら、玉突き事故ハスラー大会だったべな。
午後4時に到着する予定が、倍もかかって、午後6時によーやく、到着♪
あ、ホクロ。
あ・・・。森先生だ。・・・・・・。
ミカキチ畑で収穫された野菜やら、鶏卵やらやらららでした〜。
ミカキチの手料理♪

あんた、これ、食べなさいよ。
森先生は、なんでも話してくれた。ちゃんと見ていたし、ちゃんと見ていてくれたんだ。
ローラに花束を!2008年12月24日 2:53Am

 先生との待ち合わせ、午後2時に地下鉄真駒内駅の券売機前で、
 私、駐車場に車を停めて、20分も前に着いたの(笑)。

 で、待ち合わせ場所から、久保兄にメール打ち始めていたんだ。
 まだ家を出る直前で、直前にメールチェックするかもと思って。
 「メール読みました、今予定通り真駒内です、気をつけて来て・・・」と
 メールしようと。

 そうしたら、まだ時間前なのに、先生もいらしたの笑笑
 お互いに、顔を見ながら、
 「もしかして・・・・でも、やっぱり??」って感じ。
 他に人もいなかったんだけれど。
 先生は小1の私しか知らないのに
 「美香ちゃんやっぱり同じね」だったかなあ(笑)
 私は、先生のことわかると思う、
 って電話でも手紙やファクシミリでも言い続けていたんだけれど。
 でも、先生は、お友達などに私と会う話をしたら、
 みんなに「それはきっと、わからないって」って
 言われていたんだって。

文字が、残っている、ということ。
ミカキチの家にあった
小学校1年生のときの学級文集。
当時はガリ版だったので、
児童の書いた文字を、
一文字づつ森先生は上からなぞって
写して本をまとめたそうだ。
ふぇ〜。
できても、できなくても、我が教え子。
35年目の給食(笑)。

ローラに花束を!2008年12月23日 1:34Am

 うぇ〜ん!「忘年会」とか、「クラス会」ってのは、
 夜のピクニックだよ。
札幌のあそこで、圧力釜の宇宙をみつめてる。
 だって、過剰な部分だからね♪
 必要の無い部分が必要な部分を支えている。

→うん、すごくよく解るよ。
 だから、私が「忘年会」とか「クラス会」に
 出たことが無いっていうのは、
 現実の部分がすごくまだ自分にとって弱くて、
 そっちを担う余裕が無いと自分で感じてるからなの。
 森先生は、バランスが取れてるから、
 きっと、どこへでも行けるし誰とでも会える。
 久保兄も。
 私はそれこそ、「人選が重要」という、
 わがままな要求がそこにないと、
 それが出来ないの
 (あー、出来ないって言葉、甘えてて言いたくないんだけれど)
 だからあんまり誘われないように山の上に逃げてるの(笑)
 と、いうわけ。
逢えたんだー。
『第一回 世界丸顔選手権』?

あ、そうそう。そうだったよねー。・・・・・・うん。
ミカキチ美少女時代のグラビア写真集を、閲覧。
ローラに花束を!2008年12月23日 1:34Am

 うぇ〜ん!もし私の頭の回転が速ければ、すかさず、
 「先生のご主人は、どのような方ですか?」と、
 自然にご主人のことを語らせる方向に持っていくべきだった〜。
 そうせずに、自分のことばかりを話して、
 いかにも、「褒めてもらいたい小学生」だったかな、私(がくっ。)。

→私があの時、思ったのは、
 前から私がよく言ってるように、
 自分の話をするのって、実はもっとも面倒で嫌なことでしょう。
 だから、相手に話しをさせたほうが、楽なんだよね。
 でも、久保兄は、それを咄嗟に出来なかったでしょ。
 やっぱり、先生のことを大事に思ってるんだなって感じたの。
 相手を軽く思っていたら、あっさり話しを振れたと思うんだ。
 でも、自分がしたくないことを、
 本当に大事に思う相手には、なかなかさせられないよね、咄嗟には。
 で、自分がそれを、負ってしまうよね。
 私はそういうことだと思って、話にくそうに話してる久保兄を見ていたんでした。
 全然間違ってるかも知れないけれど(笑)
 先生は、もし御主人の話をすることになっても、
 素直に何でもいっぱい話してくれたと思うけれど
 帰宅した後は、絶対に、
 自分の話ばかりしちゃった、という気分になるよりも
 私や久保兄の話を沢山聞いて、
 その感動を帰ってから何度も御主人に報告してまた繰り返し喜ぶ、の方が
 何倍も幸せでいつまでも楽しい気分でだけいられたに違いないと思う。

 でも、もちろん先生の御主人の話は聞きたいけどね(笑)

え〜?どぉうれぇええ〜ぇええ。
なんと、ミカキチが小学校時代に転勤した森先生からいただいた手紙!
文字は消えない。言葉は消えても。
30歳代、今の私たちより若い森先生の文字と、ことば。

うぇ〜ん!こうして逢うと、なんだか、また逢えそうな気になっちゃうんだけど、
たとえこれから何度、逢っことになっても、「再会」ってのは新人賞と同じで(?)一回っきり
「再会」を味わえるのは、この日だけ。
それを惜しむかのように、当初は午後7時解散の予定が、午後11時を回っちゃった。

さらに、道路は来たとき以上に、すげー、つるつる。途中で、事故、2つ見た。
まぁ、おかげで(?)森先生と二人っきりで、たっぷりと、お話ができた(笑)。

帰りのマークXデートで、私が気がついて、先生にも言ったことは、
「ミカキチは、小学校1年生のクラスが好きで、今、彼女がやっていることは、学校を作ろうとしていると思います。
みんなで集まって、同じ音楽を聴いて、食事をして、本を読んで、それらを語り合う。
きっと、香聡庵は、ミカキチが作りたい学校なんだと思います。」
って、こと。
それにしても、自分が習った教師の年齢とか、ご主人の存在、
さらに私たちの親とのお付き合いの距離、
職場での教育論などの考え方、
などなどなんか、生徒はまったく考えないもんだ。

今回、森先生の経歴を初めて知った。
右のような感じ、だと思う(笑)。
なるほど、20歳で初めて沼田小学校の教師になったんだ。
しかも、15年間も、沼田小学校にいた!
帰りの車の中で話題に上がった先生のほかの教え子たちには、
私の隣に住んでいた若くして癌で亡くなった年長の幼馴染や、
沼田町商工会青年部の魅力的な後輩たちも、多くいた。
あらためて、旧知の彼らとの、森先生という共通点に驚き、
そりゃ、あたりまえだよな、と、軽く自分にあきれもした。

森先生は沼田小学校に勤務されている間に、
学生時代から知り合いの男性と恋愛され、結婚し、
3人のお子さんを産まれた。
その間、若い教師として教育や学校制度などで、
考えたり悩んだこともあったんだろうな。
それは、20歳から35歳。
それは、先生の青春、だったのだ。
お話を聞くところによると・・・
森先生の経歴
(たぶん、違うとこあると思います。がくっ。)

1941年 秩父別町の農家に生まれる。
1961年 短大、卒業。沼田小学校の教師になる。秩父別町から、国鉄で沼田町に通う。
1962年3月31日、うぇ〜ん!久保元宏、生誕(笑)。
19XX年 大学の1級先輩(4大卒)で教師と、結婚。苗字が「森」になる。
      秩父別町から北竜町美葉牛に引っ越し、そこから沼田に通勤するようになる。
1966年 長男、出産。
1967年 次男、出産。
1970年 長女、出産。
1971年 うぇ〜ん!久保元宏の小学校4年生の担任になる。
1975年 ローラに花束を!ミカキチの小学校1年生の担任になる。
1976年 転勤。沼田小学校には、15年間、勤務。
1989年 この年まで、ミカキチは森先生に手紙を出していた。
1990年 正月に森先生からミカキチへ届いた年賀状が最後になる。
      今回のミカキチの連絡も、この年賀状の住所を恐る恐る(笑)使ってみたそーだ。
2000年 59歳。定年の1年前に、定年の夫と一緒に退職。最後は赤平市茂尻小学校
      定年後は秩父別町で父の農地で農業。
      父の後継者であった弟は、45歳のとき不幸にも亡くなっていた。
2008年 67歳。ミカキチから20年ぶりに突然の手紙が届き、逢っちゃう(笑)。

まさか、森弥生先生とふたりっきりで真夜中1時過ぎの長距離ドライヴをするなんて、小学校4年生の私は思いつきもしなかっただろうな。
ローラに花束を!2008年12月23日 1:34Am

 先生を乗せているし、先生の家にも寄るのだから、時間が掛かると思うけれど・・・。

 (12時20分ころ、先生の御主人からお電話があった〜
 失敗した!帰りがけに、お電話したほうが、って言えば良かった。
 なんか、緊張・笑のあまり、そういう大人な台詞全部忘れてた)

今日は本当にありがとうございました。
きてくれるだけでもすごく無理させてしまったと思うのに
結局遅くまで付き合ってもらってしまって。
3度ほど、「さあココで切り上げかな?」って思ったのだけれど、
先生もお話楽しそうで、ついずるずると声掛けられないままでした。
久保兄は気が気じゃなかったでしょう。すみません〜〜!!!

でも、先生も本当に楽しそうで、
久保兄に来てもらえて、楽しいのも数千倍には軽くなったと思う(笑)
自分の教え子が優秀で立派な人間になってるのを見るのは先生の醍醐味だよね。
私を見ただけじゃ、「がんばったね、えらいえらい」くらいだけれど
久保兄のことを知ったらぶっ飛ぶよね(笑)

うぇ〜ん!なんでだよ(笑)。

→そんなの当然でしょ(笑)
 でも、久保兄は「こんな話するつもりじゃなかった」って言って
 恥ずかしそうだったけれど(沼高廃校問題のことほかについて話した時)
 先生が心から感激してるのを見て、
 あの話が出るまで引っ張って、本当に良かったと思った。
 先生は、とにかく私にしても久保さんにしても
 元気で幸せに生きてることさえ解ればもう充分、
 と言う正しい健康な愛で充分喜んでくださってるのは解るけれど
 でも、先生自身が、若いころからいっぱい闘っていたんだと思うから
 それを知らないところで受け継いで、
 タフに幸せに闘い続けてる教え子が存在するってことほど
 大きな報いはないでしょ(笑)

 なんか、私の単なるわがままと甘えで久保兄を引っ張り込んでしまったけれど
 それをバツグンのいい先生孝行に転化出来て、
 それで喜んでるみたいだけれどそうじゃないよ(笑)
 これは怪我の功名というの(違う〜)

とりあえずお礼のメールです。
久保兄に付き合ってもらう、というのを組み込まなかったら、
また私はずるずると会うのを先延ばししてたような気がする。
無理をしたしわ寄せは全部久保兄のとこにかぶせてしまった気がすごくしたりもして
失敗しちゃったと感じたりもしたけれど、でもやっぱり年内に先生と会えて良かったと思う。
言葉にすると別のことになりそうで書けない感じに、感謝しています。

11月末から2週間泣きっぱなしだったのと、
その後もいろいろと自分で考えたのと、
そして今日を越えて、
また明日から新に何か考えるんだとは思うんだけれど(笑)
いまだに、すべりっぱなしの、ぼく。
結局、森先生の家に着いたのは、午前1時5分。
森先生から、トマトジュース3瓶と、
先生が畑で作った「無農薬にんにく」までいただいちゃったー。
私は、それから沼田町の自宅に、午前1時55分にたどりついた〜♪

何倍も幸せでいつまでも楽しい気分でだけいられたに違いないと思う。
私もオトナだから、ちゃんと礼状(?)出しました〜♪がくっ。



ローラに花束を!一年の啓。年の初めの、がくっ。
(おそまつシェー・バージョン・笑)
2008年1月4日(日) 1:21Pm
久保さま。

 今年初のメールです。両親が住む、仁木町のからです。

 ところで、もの凄く慌てての訂正お願いがあるのです。
 例の、私の森先生「日記」の中の先生の台詞、
「お母さんの頭を乗っけて学校に来ています」
あれ、私の完全な勘違いだったことが判明したの〜〜
 あれは先生の台詞ではなく、私の母が言われた言葉ですらなく、
両親の知人が子供の担任に言われたというエピソードだったのだそうなの・・・・
 うちではよく母が口にしていた話で、実際に母は自分にとってとても示唆的なこととして捉えていたということもあり、 
きっと何かの時点で森先生の話と一緒にそのことを語った時にでも私が混同して記憶してしまったのだと思う。

 先生からのお便りに、そのやりとりについて先生がすごく気にされていたことを感じて、
私があのエピソードを母はどちらかというと肯定的なことと捉えて繰り返し語っていたのだと解釈していたことを
すぐさまお返事に書こう・・・と思ってはいたのだけれど、丸ごと間違いと判って
さすがに私も顔色の変わる思いで、
その場で先生に送るFAXの下書きを書き始め、昨日昼に清書して先生にFAX送信しました。
 お騒がせの教え子で、正月から先生乱されるの巻、って感じ・・・くすん
妹が飲みすぎて、このまま寝てしまうと頭痛がするから、酔いが醒めるまで麻雀に付き合え。と命令される。
ローラに花束を!私のお正月。
大晦日、元旦と札幌で優雅に
好きなことだけして過ごした後、
2日に仁木町の親元へ。
妹も年前から帰省しているので
家族4人で乾杯したんだけれど、
見事に全員飲むものが違う(笑)
なんてわがままな家族なんだ。

まあ、実はそこまでは流石にイヤな訳じゃないです、念のため。
ローラに花束を!妹に
「お姉ちゃん、人生は修行なんだよ。
イヤなこともしないとダメなんだよ」
言われてしまい、
仕方なく真夜中2時まで麻雀に付き合う。
 母によると、先生はそんな直接的な批判めいたことは一切口にしない方だったとのこと。
まあそうだよね(←反省してない訳ではないの〜〜)
 ということで、どうか私の反省文と訂正文でもくっつけて先生の名誉を守って下さいませ。
 とは云え、私の丸ごと勘違いの解釈も、母と森先生の交流としては
本質的な読み違えではないと思うので(←反省はちゃんとしてるの〜〜〜)、
その、私の解釈についても先生には書き綴って送りました。
 先生宛にお送りしたFAX文も、久保兄宛に、夜、札幌に戻り次第送信しておきますね。
どうかよろしくお願いします。

 行動すると、こうして自分の間違いや盲点や思い込みに気付かされて
大きく反省することになるからこそ、行動って大切なんだなあ。
 考えていると知らずすれっからしになっていたりするから、
ちゃんとこうして横っ面を張り飛ばされることが呼び込めるなんて、
上手く王道を歩めているのかも知れないな。
なんて正月からしみじみ思ったことでした(←反省はしてるの、信じて。)

 記憶というのは自分の中の未整理のデータを現在の自分がその都度都合よく編集してしまうもの。
とは常々思っていたけれど、母には「記憶って脚色されたものだからねー」と笑われたわ。

 でも、森先生と再会したことは家族に大受けでした。
『共犯新聞』の記事も、親に見せたよ。すごく喜んでいたし、
年寄りの親らしく、私のあかんぼ写真2枚に爆笑してました
(「どすこい」とか「人間になりたての」といったコメントのセンスに感心していた)。
 「よくやったね〜(先生との再会の一日を設定・実現したこと)」としみじみ母が言うので
 「でも、私一人じゃ出来なかった。久保さんがいてくれたから出来たの」と言ったら
 「それはそうだ。ひとりじゃとても出来ないわ」と即答していました。
 直接お礼を言える機会もなかなか無いのですが両親とも久保さんに感謝してると思います。
 おかげで沼田の話がいっぱい出たし、また沼田に縁が出来るなんて、本当に不思議だねぇ、と話したお年始でした。

 実は他にも報告したい新発見とかあったのですが、それはまた改めてメールします。
 とりあえずこれだけ、取り急ぎ・・・・

 とは言っても、このメール確認するのも今夜遅くなってからだとは判っていますが、
私が気になってる順からとりあえず連絡しておきます!


 では、また後でメールします。
 気をつけて沼田に戻って下さい。

ミカキチ@ろーらでした。
札幌に戻ったら、アミカのノンちゃんと琴似神社に初詣して、おみくじを引いて、そして仕事です。
ローラに花束を!仁木で飼っている、
うさぎのボーヤ(という名前)。
妹に襲われてすっかり
人間不信に陥っているボーヤを
夜、ちょっとたらしこんで遊ぶ。





kaoruko himeno 姫野カオルコパラパラ・・・『ツク』
だから今日も やつらと トモダチのふりを していろよ。
いつか きっと 俺が 
おまえの悲しみを 見つけてやるからな。
――― 「螺旋形の夢」(1983年、久保元宏)より。
West side skyline crying
Fallen angel loving
Risk a life to make a love