あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
Everybody needs some education.
Education教育に部外者はいない。

JETプログラムのALT
沼田町は、いかにして外国人の常勤英語教師を不要としたか?
(更新日;2005年8月6日)
高校再編
北海道にある高校の数を半分に減らす権利のある方々との日々。
(更新日;2007年5月26日)
北海道沼田高校 ラスト・デイズ (更新日;2010年3月5日)
久保AB-ST元宏PTA会長による「来賓祝辞」
2007年3月13日(火曜日) 10Am 沼田町立沼田中学校 第39回 卒業証書 授与式
My Son's Graduation (更新日;2008年3月13日)
34年ぶりに小学校の教師に逢いに行く、ということ。
「そうだ、森弥生先生に逢いに行こう。」と、想った。 (更新日;2008年1月6日)

2012年2月15日(水)
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏夜高あんどん「絵」講座


La pensee sauvage
speech by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
live at 沼田中学校 2階 視聴覚室
生徒 3年生 26名

中学校の美術の先生から、授業を2時間やるよう頼まれた。
なんでも、その先生は昨年の私の同窓会長スピーチ『逢いたかった人。』を、たま&たま聴いて、
今回の企画を思い立ったという。
誰もが思うことだが、「私で、いいの?」とも強く感じたが、ありがたく引き受けることとした。
学校を考える学校。
元の沼田高校の校舎が中学校に。

授業は3時間目と、4時間目の2時間で行うこととなった。

前篇;3時間目 
10:40Am11:30Am

以後、表現は更新そのものになった。
たぶん、生徒はみんな「誰だ?このおじさん・・・。」状態。

生徒に配ったA4の久保メモ。こちらが、前篇として3時間目に話した内容〜。
21世紀のアジビラ。
いくらなんでも、ここまでか?
あとはYouTubeでピート・タウンゼントの「マイ・ジェネレーション」を観れば分かること〜。
まず話したいのは、
線を引くときの快感について。
野性
知性
ストロークの快感
スィング
対立
←→
両立
ストイック


生産


勢いよく線を引くことを「ストローク」と呼ぶけれど、
ギターをジャァ〜ン!と弾くのも「ストローク」と呼ぶ。

ストロークとゆー言葉に馴染みのない中学生でも、
野球のバットを振るときのスィングの快感に置き換えれば、
同じこと。

このストロークの快感で引かれた線は、魅力的だ。
一方、これを仮に「野性」と名付ければ、
その対立する概念として「知性」=ストイックがある。

しかし、この両者は対立するのではなくて、
ギターを右手でジャーン!と、かき鳴らす時も、
左手ではコードを押さえているなどのコントロールをしている。

バットを勢いよくスィングする時も、同時に握り方や角度を
コントロール=調整している。

つまり、野性と知性は対立するものではなく、
むしろ両立するものであり、
両立するときにこそ、「生まれる」ものがあるのだ。

では、この「野性」のストロークと「知性」のストイックは、野性から知性へと進化したのか?
この「進化」とゆー考え方が、とっても、やっかいなんだよ。
たとえば、教科書にも載っている、みんなもよ〜く知っている有名な絵。
レオナルド・ダ・ヴィンチ

「モナリザ」
触らないで。
筆の跡さえ無い、なめらかな絵。
そして、
クロード・モネの「睡蓮」

ゴッホなどの印象派の絵。
昨夜の表には出してはならない自分で作った決め事。
筆の跡が残る、ざらっとした絵。

ふつーに考えれば、ゴッホのようなざらっとしたタッチの絵を、もっと練習して「モナリザ」のような写真みたいな絵に「進化」する、と思っちゃうよね。
でも、みんながすでに知っているように、「モナリザ」は1503年の作品だし、ゴッホたち印象派は1880年ごろの作品。
むしろ「モナリザ」のほうが400年近くも古いんだよね。

ここで少し想像すると、たぶん1880年ごろのパリでは「モナリザ」のような写真みたいな絵は、なんだか古臭く感じてしまう流行みたいな空気があったんだろうね。
それは、フランス革命やナポレオンの登場などの市民生活の変化が準備した空気であったのかもしれない。

とにかく、「野性」が進化して「知性」になったとは単純には言えないってコト。

「野性」と「知性」と同じように、
「上手」、「下手」って分け方もあるよね。

これも「上手」が必ずしも勝ち、とは限らないんだ。

上手
好き

←→
好きになれない

下手

たとえば、みんなもマンガを読むときに、
ストーリーは面白そうだけど、
絵が苦手で読む気がしないのってあるよね?

そーゆー風に、
「上手」、「下手」だけではなくて、
「好き」、嫌いほど強い言葉でなくても「好きになれない」
って分け方ってあると思うんだ。
特に芸術、表現の世界ではそれは重要だよね。

1503年ではダ・ヴィンチは誰よりも絵が「上手」で、
みんなが「モナリザ」を「好き」だったけれど、
400年後には、ダ・ヴィンチよりも「下手」なゴッホのほうを、
みんな「好き」になってしまっていたんだよね。

だから、私はみんなに「上手」な絵を目指しつつ、
自分が「好き」になる絵を描くようにしてほしいんだ。
ジミー・ペイジは、ザ・フーを作りたかったんだよ。
彼らがクロード・レヴィ=ストロースの『悲しき熱帯』や『野性の思考』を読むのは、何年後かな?

身籠る脳味噌。
てなことを、中学生よりも幼稚な文字と絵で説明したんでした〜。がくっ。
・・・あ。「ストイック」の「ト」が抜けてた。学校でウソを教えてしまったー。
以上、説明した、
「ストロークの快感」を重視した「好き」な絵をかくためには、
夜高あんどんの「絵」ならではの方法論を身に着けて欲しい。

夜高が他の絵と根本的に違うのは、
溶かしたロウで描くのだから、
線は閉じなければならない、とゆーこと。

たとえば龍のヒゲを、
筆で一気に、しゅるるるる〜と描きたくなるけれど、
それだけじゃ、
色を塗ると、ただ白い線が残っているだけになる。
だから、
一気に描いた線を、今度は平行にもう1本描いて、
そのロウの線で閉じられた間に色でヒゲを表現するんだ。

また、夜高の色は無限に使えるわけではなくて、
5色しかない。
この限られた色で、一番遠くまで行くためにはどうするか?
その工夫が、また夜高の絵ならではの楽しみだよね。

10分間の休憩後、後半〜♪

後篇;4時間目 
11:40Am12:30Pm

4時間目は
前半を、
具体的なトリガー
抽象的な問題を解決する
ってことを2006年の中学校あんどんで行った実例で説明。

後半は、生徒に実際に絵を描いてもらった。
風呂に入る意味を、100述べよ。
後半は、生徒にも実際に筆で絵を描いてもらう。

生徒に配ったA4の久保メモの裏側。4時間目では、こんな話題を♪
個性の薄いイエスマンだけが昇進する軍隊でいいいのか?
生徒が描いた
夜高あんどんの絵をズラ〜ッと並べて
来月の卒業式に展示するそうだ。

私の「授業」もそのための一環らしい。

で、すでに生徒が描いている下書きが
壁に展示されていたので、
それを観ながら生徒と感想を言い合ってみた。
差し出がましい言葉たち。
かなり、みんな上手。全体の構図も工夫されている。そして、細かい(笑)。
この下書きの上に、筆で上手に描けるといいね♪

見ろ、のヴィーナス。10年たったら、また逢おう!
私が見本(?)を描いてみる。
生徒たちよりマンガっぽい。がくっ。
今回の「授業」の打ち合わせで、
私が先生に
「筆でロウを引く練習ができる道具があればいいなぁ。」
と言ったものだから、
先生が当日までに、
ベニヤ板をくりぬいて、
クリップで和紙を留めるようにしたものを人数分、作ってくれた!
これならば、和紙は簡単に交換できる♪
すごい!
おそらく世界初の
『夜高あんどん絵の上達養成ギブス』だ!

この先生こそ、ミスター・トリガーと名付けたい(笑)。
皆、それぞれに運ぶ青春の置手紙。
2006年に私たちPTAのみんなで
作った拍子木や木札などは、今も現役♪

私の「授業」の最後は、生徒がわいわいと絵を描き始めた。
私の指導はシンプルで、
「なぜエンピツやボールペンではなく、筆で書くのか?
ってことを意識して考えてみて欲しい。
線の最初から最後まで同じ太さでいいのなら、
筆ではなくてボールペンでいいはず。
では、筆とは同じ太さに描けない欠陥商品なのか?
もちろん、違います。
どうせ筆で描くのですから、筆の良さ=個性を利用しちゃいましょう。
筆は描き始めは細く入り、
途中で筆を紙に少し押し付けると太くなり、
最後に紙から筆を離すときにまた線は流れるように細くなります。
この細い、太い、細い、とゆー筆ならではのリズムを身につけて欲しいのです。」
ってこと。

そして最後に私が、
「中学3年生のみなさんは、
今、自分の人生のデザインの下書きに入ったところだと思います。
是非、自由なストロークで人生の線を引き、ストイックにコントロールして欲しい。
そして壁にぶつかったときは、具体的なトリガーを準備して、
最後には、みんなひとりひとり個性的で、すてきなデザインを完成して欲しい。」
と、言い終わった瞬間に授業終了のチャイムが鳴った。
寄れる日。心細さを分け合った先の光を、希望と名付ける、のか。
けっこー生徒はみんな真剣〜。

読み取り不可能なのが、いつも塔。
完成当時の『再会の塔』。
現在の沼田町の教育長や建設課長が
中学校3年生の時に建てられた。
12:35Pm

授業が終ると、生徒たちは給食の準備。
私は、まっすぐ校長室に行って、来月9日の同窓会入会式の打ち合わせ。

沼田中学校には『再会の塔』があり、
卒業生は毎年、同窓会の入会式に塔の中に記念品を入れ、
10年後に開き、再会を喜びながら、10年前の自分を振り返る、とゆー、いわばタイム・カプセルのようなもの。

私が中学3年生の時には、全員で作文「10年後の私」と、イラスト「10年後の私」を書いて入れた(笑)。
25歳になって開いてみれば、私は「10年後は久保商店のエリート社員」と書いていた。がくっ。

この行事は現在も続いているのだが、
2年前に中学校が、廃校になった沼田高校に移動してきてから、
廃屋になった旧・中学校の庭に建つ『再会の塔』は、この時期には雪の下になり、
卒業生が記念品を直接中に入れることが難しくなり、
実際に去年の卒業生は記念品を担任があづかり、雪が溶けてから中に入れたのだそうだ。

でも、実際に自分たちで中に入れなければ、10年後の感激も演出できないよね〜♪

1:45Pm って、ことなので、わざ&わざ心臓の中の光り雪猛吹雪の中、『再会の塔』の状態を校長先生と観に行った。
オトナが未来を指差す時。
「再会の塔の周りを卒業生が囲んで、こっちから記念写真を撮ればいいですよね〜。」と、
校長先生♪
担うものは何?
記念品の入り口は、
再会の塔の裏側。
雪で隠れていたので、除雪〜。
十年ゴム消し。みかんと、こけし。
おっ、入り口が見えてきたぞ♪
大切な思いを人にシェアする優れた道具。
おお!ここが記念品の入り口!
真っ赤に燃え上がらせるためのスィッチひとつ。
校長先生が、カギで開けます♪
降るのは雪だけか?
こうして10年間分とってあるんだね♪


2:30Pm
フィルムを回しながら、3人で道路を渡ったね。
吹雪の中、映画の撮影をしていた。
2:40Pm
いっしょに遠くへ行く愉楽がまた来るかな。
JTBと商談旅行の打ち合わせ♪
9:10Pm
加えるのか、削るのか。
週末の『雪フェステイヴァル』の準備♪
10:30Pm
肖像権って何?
映画の出演者との交流会♪


こうして雪の町=沼田町の雪に埋もれた一日が、またしても終るのであ〜る。



text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (更新日;2012年2月16日 木曜日 10:10Pm)