さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪共犯胃袋っ!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
北海道☆沼 田町のコンパクト・タウ ン
建 築家と町 民との話し合い
に、
行って
ぼくの一粒。きた〜♪

2015 年11月16日(月)7:31Pm
君の地図、ぼくのチーズ。
今回から建築家のスタッフとして、早稲田大学の修士1年 生も参加。
これまでの、あらすじ(笑)。
2006 年
裏返しからの距離。
母校=沼田中学校の
PTA会長になる。がくっ。

2008 年
解放の手引き。
沼田中学校の同窓会長になり、
毎年、卒業生にスピーチ
2010 年
つづきをしよう。
沼田高校が廃校になり、
沼田中学校が高校の校舎へ移転。

2011年
旧・沼田中学校は、がら〜んとした空き地になった。
誰も使わない空き校舎に手入れの経費をかけるのにも限界があるのか、
いつの間にか、旧・沼田中学校は、巨大な「ガ」くっ。のすみかになった。
裏返しからの距離。
空き家になった母校=旧・沼田中学校に、
10cmを超える巨大な毛虫が大量発生!

これは市民運動ではない。民主主義だ。
ごぞんじ(?)、
ガ・バスターズ、出動!
死んでいるのは、何だ?
旧・校舎の西側に
毛虫の巣を発見!

私(たち)は、こーやって母校=旧・沼田中学校に、地味な(笑)メンテナンスの愛情を注ぎ、さらに同時に、
ここからだ。
空き家になった母校=旧・沼田中学校の前 で、
今年まで7年連続、同窓会の入会式
や、
恒例ばかりじゃ、高齢化しちゃうぞー。
雪合戦の大会を、
全道各地からチームを集めて開催♪
などを、 来年は、ヤナイくんも?
みんなの 協力
ありがたし!

さらに、この間、私は沼田町の議会パンクスあがりのヤミ米屋の冒険は・・・・・・続くのか?議員になったので、
そのオプションを使って、議場で母校=旧・沼田中学校の空き地を町長と議論した。
2013年3月 沼田町議会資格と、精進。定 例会 一般質問
支配のルール。

この私の発想は、当時、国が都市部で進めていた『コンパクト・シティ構想』の政策アイディアと補助 金を利用しようとしたもので、
さすがに沼田町は「シティ」じゃないから、『コンパクト・タウン構想』として進みだした。
特に、2011年の時点で沼田町は、病院を新築する基金を準 備していたので、それを活用すれば、すぐにでも新築&展開はできた。 が、
しか・・・・・・・・・死?かし、
町長は慎重だったのか、国の補助金は、そーもカンタンに出てこないからなのか、ずいぶん時間がかかっている。
この間、沼田町の役場はコンサルタント会社『スタジオL』を入れて、
町民の意見を集める新手のガス抜き?・・・ちがうよねぇ?『これから塾』2014年7月22日(火)、久保は秋山正子に出会った。『つながる塾』を開催した。

2015年10月
そして、よーやく、沼田町『コンパクト・タウン構想』の一部分を設計するアイディアが、ルーティンになったら死体。業者が決まった
LOVEの効用。
業者選定の公開プロポーザルで、アンケー ト用紙に書いた久保の文字。

そして、よーやく、決まった業者=建築家と沼田町民の意見交換会が開催された、っちゅーことなんざ んす。
ふぅ〜。
2015 年11月16日(月)7:40Pm
アー・ユー・エクスペリアンス?
古谷教授&ナスカの仕事、『アンパンマン・ミュージア ム』の紹介。
沼田町 が、5社の中から「選んだ」建築家は、
ナスカ古谷誠章
(ふるや・のぶあき、1955年2月20日生まれ、60歳)。

ぐーぜん(?)私も5社の中では「1位」にしたのだが、
「選んだ」とエラソーに言うのに気が引けるほど、
この古谷さんは、建築の世界ではカリスマな のだ。
よくもまぁ、こんな沼田町の仕事を受けていただいたなぁ〜。
ありがたい、ありがたい。

たとえば、現在、もっともとんがった日本の建築家のカリスマと言えば、
伊東豊雄(い とう・とよお、1941年6月1日生まれ、75歳)。
その伊東は2013年5月に「建築のノーベル賞」と呼ばれる
プリツカー賞を日本人で6人目に受賞しているが、
彼が毎回のように新しく普遍的な方法論を提示するきっかけが、
2001年開館の仙台市『せんだいメディアテーク』だ。
この審査員は磯崎新で、実施コンペ2等が古谷さんだった。
つまり、コンペには「落ちた」が、
激戦ゆえの2等になった古谷さんが注目されるきっかけにもなったのだ。
今回の冒頭の自己紹介でも、それにさりげなく触れていた。

しかも、古谷さんは、1997年から早稲田大学の教授も兼ねている。
だから、古谷さん、ではなくて、古谷教授なのだ。・・・失礼しました〜。
だから、自分が教えている修士課程の学生を今回も数人、連れてきた。
その学生たちも、今回のプロポーザルの制作に参加しているのだ〜。

他に、この「つながる塾」のために、
施工や設備系のスタッフも20人ほど東京から連れて来ていて、
気合が入っているなぁ〜。
ただし、その気合や、古谷教授の「ありがたさ」には、
ほとんどの沼田町民は、まだ理解していない楽勝、必殺、死刑!ようだけど。
『ス タジオL』山崎亮・代表も、現在のコンサルタントでは人気No.1だから、
古谷&山崎の対談は、すげーちょーヤバすぎね?豪 華。
で、この豪華さも沼田町民には分かんねー。

もちろん、そんなこたぁ分かんなくてもOK。
むしろ、
情報ゼロの色メガネ無しで、この2人から沼田町民は何を得たのか、
が重要だし、私の興味も、そっちにある。

が、どうだろ。
ふつーだった。
家を建てるんだから、奇をてらう必要は無いから、
「ふつー」でいいんだろーけど、
古谷と言えば、建築家っーよか、私に言わせれば、芸術家だよ。
う〜む。
もっとインパクトが欲しかったなぁ。
なんせ、古谷よか15歳も年上の伊東は、
『せんだいメディアテーク』で流動的な空間を導いたり、
台湾のオペラハウスを、洞窟のような空間で内外を連続させたり、
と過去に例のない建築を連発している最中なのだし。

私が期待しているのは、「奇をてらう」ことではなくて、
沼田町が苦手な「情報発信」を、
造形&生活提案としての建築で やって欲しいのだ。

それは私が、
沼田町の金平町長は「合理化主義者」であると見ているからこそ、
そのパラレルとしての近代建築の基本ドグマである「機能主義」を
超えてゆく(←「否定」では無く)仕事をこそ、
古谷に期待しているからなのだ。
8: 07Pm
ゴールは見えているのかな?
沼田町民には、おなじみの『スタジオL』の山崎亮・代表 との対談。
8: 11Pm
西洋史再入門
カリスマなのに、カリスマっぽくない、人柄の良さそうな 古谷教授。
そ れでも実は私は、古谷教授=ナスカが
業者選びプロポーザルの住民公開審査の時の発表を見て、
「1位 ナスカ =
雪に対する『RC(コンクリート)+木』に
説得力がある。
デザインが活用思想に結びついている。
ただ、人が弱い。」

と、すでに同じ不安を書いている(笑)。

でも、
ゲージュツ家をきどった建築家には、性格の悪いやつが多いから(笑)、
古谷教授のフレンドリーさは、
沼田町にとってはそこでカップルで見ているお二人さん!ここまで愛する覚悟はあるのかい?ラッ キーなのかもしれない。
特に今回のように、できるだけ公開型で進める場合には、ね。

あとは、これから何度か付き合ってゆくうちに、
キャラを立たせてね♪
今 回、私 がもっとも印象に残った古谷教授の発言は、
「コンパクト・タウンの南側の水路を、
西に1kmほどの大徳寺にまで続く
遊歩道にしたい。」

だ。

この発言が意味するのは、今回の設計の発注場所である、
旧・中学校の敷地内をはみ出た計画だ、ってこと。

つまり、沼田町ぜんぶを1つの建築として考える。
それこそ、街づくり=都市計画、だ。
それはコンパクト・エコ・タウン構想の思想のド真ん中だ。

それに、沼田町には同時進行で進んでいるもう一つの大きな 計画
新スーパー・マーケットの建設が、
町長&スタジオL・山崎亮が希望していたコンパクト・タウンには
商工会などの反対で入れず、
北西に1kmほどの農協あと地に決まったのだから、
よりスケール感のあるコンパクト・タウンこそを、
より多くの町民が希望しているのだと私は思う。
コンパクト・タウン構想に反対している町民=遠くに住む町民にも、
分配の公平感を与えること で、コンセンサスは作られるのだから。

そのためにも、たとえば古谷教授のコンパクト・タウン計画案にある、
建築物の真ん中に南北に通す「なかみち」と、
東西に延びる「水路」をクロスさせて広がりを作るのは、
価値のある案だ。

この発想をさらに拡大し、
コンパクト・タウンとJR沼田駅や、高規格道路とのアクセスを意識した
広がりのある計画が重要だ。

そこにこそ、沼田町の弱点「交流人口」、「移住定住」を
引き込む環境づくりがある。
8: 11Pm
3番目のルール。
古谷教授の話法は分かりやすいが、だからこそ、新鮮さが 少ない。
8: 14Pm
緑色の玉ねぎ。
質問コーナーの常連(?)、松 ちゃん。毎回、予習する姿勢がえらい。
さて、沼 田町民はカリスマ教授に、どんな疑問は、論理の親だす。質問をするのだろうか?

「質問力」とは、「理解力」のエッジなのだから。

で、「質問コーナー」で手を上げたのは、2人。
今回はぜんぶで2時間の枠にしては、メニューが多すぎたから、
質問に割く時間不足だから、質問者は2人のみなのか?

いや、そうではなかった。
質問をした2人は、
1人は、自分の知識を披露したい、
もう1人は、自分の不満を分かってもらいたい。
つまり、対話としての質問になっていなかった。
「かまってもらいたい」質 問には、限界があるのだ。

この空気で質問をした2人に敬意を表しながら、
沼田町民は「質問力」を、もっときたえるべきだ、と私は提言したい。
それは今回に先立って行われた沼田中学校での、
中学生と町長との本件での「対話」でも、
中学生からの質問をする時間を割いていなかった
オトナ側の手落ちの永年の堆積がそうさせたのだと反省して、
老若男女の全町民で「質問力」を訓練をしよう

なぜならば、ワークショップとは「質問力」の現場なのだから。
「質問力」の無いワーク ショップは、
巧妙に演出された説得会に しか過ぎない。

たしかに権力者は、市民が「質問力」を身に付けることを恐れる。
しかし、沼田町の役場や、コンサルタントや、建築家たちは、
権力者じゃないんだから♪

だから、この『つながる塾』の裏メニューとして、
町民の「質問力」を向上させる、を主催者側も取り入れるべきだ。
「つながる」って、そーゆーことだ。
質問コーナーを、反対意見コーナーにした方は発言の冒頭に、
「今回は早稲田大学の学生さんもいらしていますから、
反対意見も述べて、勉強していただこうと思います。」
と言ったことは、OK。
だったら、その「反対意見」を、クリアする対案にまで昇華しなければ、
反対意見コーナーは、はい、はい。・・・赤ちゃん、だけに。ガス抜きコーナー
処理されるだけだ。

たとえば反対意見に、
「旧・中学校のグランドは、1979年、ツバキハウスで着物で踊っていた谷崎松子。‏ ‏‏‏雪捨て場です。」
コンパクト・タウンができたら、
1979年、ツバキハウスで着物で踊っていた谷崎松子。‏ ‏‏‏雪は、どこに捨てるのですか?」
とか、
「旧・中学校のグランドは、夜高あんどん祭りの駐車場で す。」
コンパクト・タウンができたら、
「駐車場は、どこにするのですか?」
とか、があった。
今回は時間が無かったから、司会の山崎亮・代表は、
「ご意見としてうかがっておきます。」と打ち切り、
発言した側も、「正義を貫いた。」的な収まり方。

これじゃ、だめじゃん。
1979年、ツバキハウスで着物で踊っていた谷崎松子。‏ ‏‏‏雪は、・・・・・・に捨てます。」
「駐車場は、・・・・・・に確保します。」
とゆー対案や、回答を後日、全町民に紙で配布するべ きだ。

それをやらなければ、これ は繰り返されるし、
反対意見の意義も失われて、
今後、このような重要&些末なクリアすべきメニューが事前に出にくくなる。
8: 21Pm
その川は、何色なんだろう。
反対意見は、議論を立体化させるか?
8: 29Pm
また、これか〜。へなへなへな。がくっ。
このカードの手法も、圧倒的に古臭い(微苦笑)。
お 次は、チームごとに分かれて、コンパクト・エコ・タウン構想を議論。
もちろん、ワークショップの手法で。
で、この地図を広げて、必要なものを落とし込む作業は、
もうすでに過去の『つながる塾』で何度もやってきたこと。
え?新しい参加者がチューチュー取れイン=ねずみ取り増えたから、また同じことをやる?
違う遅刻犯?だろ。
この手のワークショップは、「思い出し」ゲームにしかすぎない。
しかも、与えられたカードに導かれると、さらに限定される。
確かに参加者には、「参加した」意識が薄くてもめばえるかもしれないが、
それもまたすぅー、ぱっぱっ♪ガス抜きの一種にしかすぎない。
ワークショップのリーダーのことを「ファシリテーター」と呼 ぶ。
ファシリテーターとは、数人で議論をする時に、
多くの意見が出るボトム・アップ革命(?)を誘導する役割を持つが、
結果的に、ファシリテーターが意見を誘導しがちだ。
つまり、
ボトム・アップを演出する神とゆートップ・ダウン
主が、
ファシリテーターになってしまうのだ。

この矛盾こそが、ワークショップ手法の落とし穴だ。
また、沼田町の金平町長は自身がファシリテーターが得意なので、
この手法の意義を強く感じているが、
落とし穴は、得意な分野にこそあるのだ。

もし、この手法をハワイのお土産、あげるからぁ〜〜〜ん♪ま だ続けるのであれば、
参加者=沼田町民の「質問力」をレベル・アップさせ、
ファシリテーターの出番を相対的に減少するしかない。
8: 40Pm
なんだか、同じところを、ぐるぐるぐるぐる。
早稲田大学の女学生が、事前に話し合った役場の意見を説 明する。
8: 52Pm
むしろ、この声を拾わなくてはいけない。
みんなそれぞれに意見を持っている。それを「編集」する 能力が必要。
では、今回のワークショップで私は何を発言したのか?

早稲田大学の女学生が、自分はワークショップになれていると自覚し、
責任感を持って、さりげなくリーダー・シップをとっていたので、
私は、
「事前に役場の人とかと、意見交換をしたんでしょ?
その時にナスカ案の不備は、どこと指摘された?」
と聞くと、彼女は
リハビリのスペースが少ないと指摘されました。」
と言うので、
現在、近隣の市町で人気のある民間が経営する日帰り介護の例をあげ、
1.利用者に、民間の施設も含めた選択肢を作る。
2.作られる病院にベッドは無いのだから、
健康者もリハビリと地続きの発想でジムをやる空間も併設。
3.外部と内部を出はいり自由にする。
4.町外の人も気軽に入れるようにして、
自由見学の延長で利用者にもなっていただく。
と、
健康・不健康、町内外など考えられる差異をできるだけ
シームレス(=間を無くする)にする思想を、
建築という物理化で創造してほしい、と提案。
最後に、グループごとに話し合われた内容を、
古谷教授&山崎亮・代表で講評。

お二人とも人気者だから、
なかなか、そろって沼田町にまで来ることは厳しい。
だから今回のメニューは盛りだくさん過ぎるほど欲張ったのだろう。
そして、一通りやりました、でも、深まりはしていない。

まぁ、今回はお互いの顔見せ、まででいいのかもしれない。
しかし、メニューが多いことで、「やった感」を満足させてはいけない。
ワークショップとは、そんな程度のことではない。
我々が2011年に作れた病院を
5年以上も待っている理由が説明できる
事業をやらなければならない
のだ。
9: 07Pm
デュエットなら、「お嫁サンバ」にかぎる。
ギョーカイ人が見たら、すげーツー・ショットだべな。
9: 2 1Pm
赤文字男の漂流教室。
書いただけで、読み返していないから、日本語になって る?
で、 いつものグラガと、ヤミ米の相場と、選挙(?)は、情報が命だ!アンケートも、
時間が無い中、
ちゃ&ちゃっと(笑)
書きました〜。

←ほらね。
9: 2 1Pm
ではまた、カウンターで。
建築とは、身体化され た思想だからこそ、ちゃんとやろうよね♪


Let's go Elopement !

text by
うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏 (足元に転がる地球をけとばし、ひとりになって考えてみな。2015年11月19日 木曜日 3:38Am)










俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK◎ロック シーア 共犯意訳「シャンデリア」(更新日;2015年1月28日)

♪おにぎり、むしゃ&むしゃ。やっぱ、具は明太子〜!米かつぎ ★Riceblue.tree 農業日誌 グラガ祝杯 更 新日;2015年8月26日)











2014年
10月

映画
た びたび
他にも何か書くことあった気がするのだけれど忘れてしまったからもう出す。
脳内共犯
としての
映画館

脳味噌共犯 movie days (and movie nights !!)  暗闇の私。≒ 私の暗闇。