さっちゃんは、観ただけ。ブライアンは、浮かんだだけ。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ~ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ~♪ジューシーな豚肉ソティ!好物 ★Gourmet あのひとりぼっちの暗い暗い、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
blue.tree2010
指がちぎれて、光に溶けた朝。「久保 AB-ST元宏」の2009年に買ったモノ
うぇ~ん!2010 年3月31日の、おたんじょーび。

ここが山里さんのブログ♪MINORU
YAMASATO
山里 稔2005~2008 (更新日;2008年7月30日 5:11Am)
山里稔『静かなる空間シリーズ』2009 (更新日;2009年12月18日 3:57Am)
山里 稔アトリエで館脇さん♪2009年5月29日 (更新日;2009年6月1日 6:39Am)
山里 稔アトリエでワイン♪2009年8月8日 (更新日;2010年3月11日 0:11Am)
『遠くを聴く この 言葉で繋がる7人の世界』 (更新日;2010年3月26日 4:51Pm)
山里稔『這い熊と吠え熊』 (更新日;2017年8月21日 7:59Pm)

僕は君の彫刻刀に、君は 僕の彫刻刀に(なりたかった)。・・・互いで本質を掘り出したかった。
I'm your chisel, you're my chisel ( wanted to be ).
I wanted to dig out the essence of each other with you.

2014年9月30日(火)
12: 19Pm

連載小説
山里稔さんから、届けられた新しい仕事、新しい書物♪
山里稔さ んが、
北海道の木彫り熊研究を始めたことは聞いていた。
そのうちに、それをまとめてパラパラ・・・本にする、ことも聞いていた。

残念ながら感性の鈍いうぇ~ん!私は、
「木彫りの熊?アイヌお土産の?
・・・もらっても、どこに飾るの?」
程度の興味しかなかったのだが、
その話を聞いてから、
どうやら山里さんは、
木彫り熊の体系化を目指しているのではないのか?
と、
私は感じ出した。
「体系化」=コンプリート(笑)?
こりゃぁー、ヲタク心がくすぐられる~。




そして4年間のストイックな作業の果てに、今、私にも届いた。
手にするだけで、感動する。
そんな本は、久しぶりだ。

造形の海。室蘭の色。空からの命。山里稔 パラパラ・・・『北海道 木彫り熊の考察』
かりん舎
2014年10月1日 初版
3,500円+消費税
手に取ってみて、まず目を引いたのは、

1.フル・カラー。
2.ひとつの木彫り熊を2ページ見開き、同じ構図の写真8枚に整理。

とゆーコダワリ。
「1.」は、美術家が作った図鑑としては、とーぜんの嗜好だ。
「2.」は、287頭の木彫り熊が比較できる工夫にあふれている。

つまり、デザインと、アイディア。
山里さんでなければたどり着けない到達点としての書物だ。

テンポラリー・スペー スの中森敏夫疲れと怒りオーナーも、
さっそくブログで、
「単なる観光土産として散逸しつつあり、
今保存し記録されなければ、
この優れた近代の遺産は消滅の危機にあるだろう。」

と、喝破&大絶賛。

この作業が、公務員や大学教授ではなく、
美術家によって成し遂げられた「必然」と「可能性」を
我らは忘れてはならない。
12:22Pm
窓ガラスごしに
すげー労作なのに、表紙に山里さんの名前は小さなローマ 字のみ。

『共犯新聞』の無料愛読者は、美術 家じろうずの昼下がりに。山里稔さんのことは知っている だろーが、
この一見、超コンサバな熊の木彫りの研究本(?)を編集&出版した彼は、ジャンルに収まらない不思議な作品を作る造形作家なのだ。

たとえば、4年間の木彫りの研究から解き放たれたかのような、
この夏の新作を私は夜高あんどん居酒屋佐々木、開いてます♪祭りの翌日に、赤い目が山から追い出されるまで。観に行った。


2014年8月24日(日)
2:34Pm
宇宙が巨大な交差点だとしたら、月はあなたに何を仕掛けるのでしょうか。
雨が降り出すのをみてたら突然私はあなたを
気付くの悲しくなるほど
死にたくなるほど嫌いになるほど

この、「或る惑星人の記憶」(2014年)と題された新作は、山里稔の作品を知る者には、懐かしいキーワードが満載だ。

私に勝手な解釈が許されるのなら、「或る惑星」とは、地球のことだろう。
今年で70歳になる山里さんには、70年間の記憶があり、同時に彼の肉体を貫く宇宙の記憶が四方&八方&四次元的につながっている。
地球の巫女となって森羅万象の記憶を、自分の言葉としての造形で記録したのが、この作品であるから、
この人体は、一冊のパラパラ・・・書物なのだ。

12:23Pm
古い手帳で
書物に挟まれた山里さんからのメッセージ。何人に書いた のだろう。
本に挟ま れた謹呈の手紙には、
「Kuma3」。
これは、山里さんの永年のニックネームであり、ブログのタイトルである、
「Yama3」のパラフレーズであり、
そえられた4匹の熊のシルエットも、
かわいい。
そして、新鮮なオリジナリティあふれるシンボルとなっている。

この手紙には、
「レイアウトなど編集に」ワガママをした、と書いているが、
もちろん、それは、
新鮮なオリジナリティのことであり、
ルーティーンをこなすだけのマスコミ労働者の「商品」なのではなく、
表現者=アーティストの「作品」なのだから。

A4変形。しかも、横開き、横書き。
書物の全体の構成の説明が無いままに始まるが、
やがて、北海道の木彫り熊には3つの体系が あり、
書物もそれをリスペクトして編まれていることが分かる。
なによりも、基本的に写真集なので、
その編集思想が、ビジュアルで分かるのだ。
それは、すごいことだ。

たとえば、間違いなく、この書物以後、
「北海道の木彫り熊には3つの体系」があることは常識になるだろう。
もしかすると、
美術史や文化人類学の試験問題に出るようになるかもしれない。
それだけの力が、この本にはある。
その「北海道の木彫り熊には3つの体系」 とは、

1.八雲町の徳川農場主が、1924年にスイスの土産を模倣し、販売。

2.旭川市のアイヌお土産店主が、1926年から制作し、販売。

3.深川市・音江町と、奈井江町の独学の作家が、1934年より、販売。

であり、
感性の鈍いうぇ~ん!私の
「木彫りの熊?アイヌお土産の?」 は、打ち砕かれる。

太古から続くアイヌ古来の伝統美術ではなく、20世紀の・・・
なんと、
「北海道の木彫り熊」は、おしゃれなヨーロッパのスイスからなのだ!

この本は、1924年から始まった
熊の木彫りの(たった&わずか)90周年記念誌でもあるのだ!

そして、山里さんのこの本は、
それら3つの体系が、いかに似ているかを
写真で読者が自ら気が付くように編集している。
しかし、それは、
「なぁ~んだ。そっくり。どれも同じ。」
ではなく、
そこから始まる差異=個性=作家性を浮かび上がらせる。

すごい。
気が付けば、彫刻をした作家の作品=実物を見たくなり、
いつの間にか、欲しくなる。

「木彫りの熊?アイヌお土産の?
・・・もらっても、どこに飾るの?」
は、どこへ行ったのだ(笑)?
2:38Pm
いつか年をとって
北海道で生きる工夫と、3つの体系。
2:48Pm
毎日を過ごすなら
ヤミ米の繁忙期に、合間を縫って灯油の配達。
ところで、この本には、説明しきれていな いこともあ る。
私が読んで感じた最大の久保っち、ったらぁ~ん。疑問は、こうだ。

熊の木彫りが、
お土産として産業の一翼を担うことを行政が認めたのか、
1933年に札幌で道庁主催の「木彫り熊講習会」が開催される。が、
しかしか・・・・・・・・・死?し!
57ページの年表には、
1943年 戦時下では熊彫は、非国民視された
と、書かれている。
これでは、歴史の一貫性が断絶している。

この本では、この説明は無いが、
つい10年前に道庁主催で奨励しておきながら、見事な転換だ。
たとえば、「万世一系」、「日本は単一民族」とゆー理由も考えられる。
だが、熊彫は、たかだか1924年に始まった和人の産業だ。
スイスから持ってきたのが悪いのであっても、
スイスは1939年から1945年の第二次世界大戦では、
中立国ではないか(笑)!?

続編か、改訂版が出された時には、
ここらへんの鷲巣繁男の末裔としての言葉としてのジャガイモ。掘り(笑) に期待♪
また、山 里さんの解説は全体的には教わることが多く興味深いのだが、
たとえば右に引用したページでは、
「感性そのモノで、理屈ではなかった。」
とまとめている。

「そのもの」という便利な言葉は、思考停止を産む。
それで分かったような気分になるが、
実は何も明らかにしていない。

ここは山里さんらしく、
美術家の経験を言葉に換 言する文章
欲しかった。
3:13Pm
映画の途中で
山里さんの真摯な性格が表れている文体。
3: 27Pm
フィルムが不意に途切れて
言葉を彫る。意味を削り出す。
その点、
たとえば左に引用し、
私がピンクのラインマーカーを引いた指摘
毛一本一本の線彫りが異なり
非常に繊細な彫りをしている」
などは、
まさに、
「美術家の経験を言葉に換言する文章」であり、
山里さんでなければ、たどり着けない解説だ。

こーいったところに、
美術家が、この本をまとめた理由と可能性の中心がある。
さて、実 は私は、うしろめたい。

なぜならば、私は山里さんから、
「一緒に雑誌を聴こえるでしょう。私そのものが。発行しよう♪」
とゆーありがたいお誘いをいただいていながら、
断った経験があるからだ。

私が編集の人であるように、
山里さんも編集の人だった。

山里さんも、かつては会社を経営していた。営業もしたらしい。
それって、編集だ。
今の私も、編集だ。

編集のセンスが無い者は、経営も、営業も、行政も、政治も、アートも無理。

あの日、山里さんが昼間のワインを呑みながら私をくどいた「雑誌」と、
今回のすばらしい熊の木彫り本は違う。
しかし、「山里さんの今までの活動との整合性&連続性」を考えた時、
私は、うしろめたくなるのだ。

もちろん、その「犠牲」の向こうに(も)未来があるのだ・が。
3:55Pm
いつも閑かな気持ちで
本が届いた日に、山里さんにお礼の新米&カボチャなどを 送る。
10:19Pm
毎日を過ごすなら
八雲町の茂木多喜治@北雪(1902年~1976年)の 昭和中期の作品。
10:20Pm
私はそれでもかまわない
旭川アイヌとして、お土産用の木彫り熊を初めて彫った松 井梅太郎。

やはり、スイス直輸入の八雲は品よくまとまっている。一方、旭川はワイルドだ。ゴジラすら彷彿させる。いや、ゴジラが熊の木彫りを真似たのだろう。
なんだか、おもしろい。
早く、熊の木彫りの、お土産屋さんに行きたいな。

まぁ、さっきから私は安易に&チープに「お土産」とか「土産屋」とか書いているけど、
山里さんは何気にこう語る。
ここが山里さんのブログ♪このうまうま、くまくま♪熊で生き延び た人々の事実があって、買わせるだけの魅力が一頭一頭にはあると感じたのです・・。 2014 年3月23日 9:31Pm

山里さん、またひとつ興味の幅を大きく広げてくれましたね。
ありがとうございます。




それでも なんだか少しとまどうの



text & photograph by うぇ~ん!久保AB- ST元宏
(2014年10月1日 水曜日 2:50Am)





俳句は、パンク。今日の一句
反戦論八月にだけ棚おろ し (久保元宏 2001年8月)
過程が加速する今、何を抱きしめ、いつ開くのか。

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
た とえば→8月1の歴史
宇宙が巨大な交差点だとしたら、月はあなたに何を仕掛けるのでしょうか。
Happy Birthday to
Mr.
じろうずの昼下がりに。Minoru Yamasato !
Just 70 !


俳句は、パンク。今日の一句
夏の月蕎麦(そば)を手繰(た ぐ)ればスルーパス
うぇ~ん!久保AB-ST元宏(2002年7月、サッカー・ワールドカップ)
ヲワタ。

2017年8月3日(木) 6:06Pm
安倍晋三首相、信頼回復へ「仕事人内閣」記者会見。第3次改造内閣が発足。

この日、私は、
①9月10日に行う『米泥棒★雪合戦NUMATA』の後援&寄付お願い回り♪

②『週刊ダイヤモンド』7月29日号をamazon古本で取り寄せた。
沼田町、やばいなぁ。9月定例の一般質問を、これにしようかな。

③沼田町出身の宝塚歌劇団女優の母が来宅。
ついに役名をもらい、舞台で活躍中!
沼田中学校70周年『記念誌』への寄稿の確約をいただく。

④沼田町の大物のお通夜後、夜高あんどん製作現場で酒盛り。

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出 せ!
たとえば→8月1の歴史
小説はまだマーケットがある。自由なことができるかな、と
Happy Birthday
to
Mr.
久保「山里さんの、今回の展示はある意味、リスキーですよね。でも、だから、かっこいい。」Minoru Yamasato !