さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共 犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書 物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物 ★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映 画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2009年10月19日 月曜日 午前11時39分山羊も大好き、おはぎ♪気温14.6℃←■石井一弘カメラ マンからいただいた写真集『小さなロバ ―三浦綾子の舞台を旅する―』を読んでいると、不思議な既視感。
2009年10月19日 月曜日 午前2時26分お布団と、うしろ♪気温10.4℃←■石井一弘さん、写真 集『小さなロバ ―三浦綾子の舞台を旅する―』、届きました〜♪ありがとうございます!
カメラマンがズームしたいもの。
石井さんが「後悔」してくれた【旭 川展】は、10月6日〜12日、だった。
【東京展】 2009年9月〜17日 朝日新聞東京本社
2012 年4月7日(土)〜5月11日(金)東京で語る久保と石井カメラマン!日本外国特派員協会
true.tree共犯写真
石井一弘パラパラ・・・『小さなロバ』
パラパラ・・・三浦綾子の舞台との共犯
true light ! sad ripple !
text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
(更新日;2009年10月21日 水曜日 1:29Am)
写 真とは、光と世との共犯。

Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art  共犯写真館
石井一弘 写真集『小さなロバ −三浦綾子の舞台を旅する−』
刊行記念 写真展

【札幌展】
2009年10月21日(火)〜26日(月) 10Am〜6Pm (最終日は、〜4:30Pm)
☆コーヒーの湯気。茶 廊法邑  札幌市東区本町1条1丁目8-27 電話;011-785-3607

【石狩展】
2009年11月26日(火)〜12月6日(日) 10Am〜5Pm (休館日;11月30日・月)
パラパラ・・・石狩市民図書館  石狩市花川北7条 1丁目26 電話;0133-72-2000
2009年10月18日、日曜日、写真家の石井一弘(1941年3月生まれ)さんから、写真集の新著が届いた。
かつて、パラパラ・・・『しゃりばり』と いう北海道の問題を考察する
硬派な月刊誌があった。
石井さんは、そこで冒頭の写真グラビアを、
私は巻末の人物紹介をイラ スト付きで連載していた。
つまり、『しゃりばり』を前から読むと石井さんから、
後ろから読むと久保AB-ST元宏から(?)だった。
今はもう『しゃりばり』はネット上だけになったので、
写真の役割は退いたのだろうか。
私の『しゃりばり』での役割が退いたのは、
もっと違う理由だが(がくっ。)。

それでも、石井さんが東京に住む学生時代から
追求してきたという、北海道の東の果て、
納沙布岬の昆布漁師を 追った写真の膨大な群れ
との出会いを私は忘れられない。
★石井一弘/写真『納沙布』
それは白い波しぶきと、黒い昆布という
モノクロ・コントラストの究極の素材だった。
ほら、過去を振り返るのは今が充実してない証拠とかって言うでしょ。
静謐な装丁。蔵書にしたくなる一冊だ。

その石井さんが小説家、三 浦綾子(1922年4月25日〜1999年10月12日)が生涯をかけて書き続けた小説の舞台に出かけて撮影し たという写真集を出版した。
しかも、今回はモノクロではなく、カラー。
長い間、朝日新聞で報道カメラマンとして勤められていたからか、1枚の写真へ複雑かつ多くの情報を取り込む力に長けている。
三浦綾子の小説をじっくり読んで、その舞台におもむき、撮影をしたのだから、無数の撮影枚数を記録したことは間違いない。
それを、ひとつの小説にたったの数枚にしぼり、19作の小説をとりあげているのだから、さぞや苦渋の写真選びだったことだろう。
そこで捨てられた無念の写真群を知らない私でも、残された=選ばれた写真の濃密な情報量に、現場でのカマラマン魂を思い浮かべてしまう。
そう思うと、この写真集は極めて「肉体的」な作業の成果のように感じるが、なにせ素材が三浦綾子なのである。
肉体の苦渋の果てにたどりついた崇高な芸術性。
・・・・・・それは、まさに三浦綾子文学、そのものだ。
重厚な銃口。
『みほんりん』とは、旭川にある三 浦綾子記念文学館の館報。
三浦綾子は「日本人の好きな文学者」の第7位、らしいが、
私は三浦文学の良き読み手では、ぜんぜんなかった。
もっとも、私には「肉体の苦渋の果て」も「崇高な芸術性」も
似合わないのだから、そりゃ、とーぜんだ(がくっ。)。

私はよくいるナマイキな詩人くずれが嘯くように、
起伏が激しくて分かり易い物語性を小バカにし、
複雑なレトリックにばかり憧れていたから、
三浦綾子なんぞはその前者の代表のように考えていたからだ。

しかしそれは、トルストイや藤沢周平や五木寛之が
そうであるように、愚かな誤解であったのだ。

よく言われるように、「簡単なことを難しく言う」よりも、
「難しいことを簡単に言う」ことのほうが、ずっと難しい。
それは、ポップということであり、
芸能の甘い罠の魅力であり、実は「力」そのものだ。
それを私に正確に教えてくれたのは、ビートルズだったんだけど。

そして、写真、である。
写真は「簡単なこと」とか「難しいこと」という前に、そのにある。
その自明性が写真の「力」であり、ときに限界でもある。
写真ジャーナリストだった石井さんが、
膨大なキャリアの果てに、文学に大きく踏み入るのは、
その自明性から自らを解き放つ手段であり、
そのときに格闘するに値する巨大な物語性として
三浦綾子を選んだのは、恐るべき「正しさ」だと私は思うのだ。

この写真集『小さなロバ』に選ばれた19作の三浦作品は、作品ごとに三浦の文章が引用されており、品のあるダイジェストのようでもある。
その中に、小説『石の森』も取り上げられているのだが、この小説を紹介している冒頭の文章の中の、
「真実に生きようとする人間が負わざるを得ない悲しみの波紋」
という一節は、三浦文学そのものの紹介でもあると思う。

三浦綾子を芯に同心円状に広がってゆく「波紋」の先こそが、石井さんがカメラを持って旅立った「場所」だ。
ああ、「場所」。
「場所」こそが、文学と写真をつなぐ概念なのかもしれない。

たとえば、旭川。
・・・そこは、都会だった。でも、旭川って、何なんだろう。
東京から見れば、ただの辺境。軍隊と川と夕陽の街。
Wow! ★ 旭川で、ぐーぜん、リアルあべ弘士!
2007年11月27日、旭川の居酒屋「三四郎」 で、
ぐーぜん出会った、あべ弘士画伯と日本酒♪
三浦文学の出発点。
石井『小さなロバ』より。
三浦のデビュー作『氷点』の
辻口家のモデルとなった
旭川市内の藤田氏邸。

他に、教会など、
旭川は三浦文学の
もっとも重要な「場所」だ。
教会に行くのは・・・
2009年2月 4日、旭川の教会で
祖母の葬式。


たとえば、利尻島。
・・・そこは、最果てだった。でも、利尻島って、何なんだろう。
東京から見れば、ただの観光地。ウニと昆布と夕陽の街。
Wow! ★ 利尻富士の頂上へ、リアル汗だく!
2007年8月3日、台風と地震の間、利尻富士の登 山はキツかった。
おまけに、海が荒れてウニが喰えなかったし。がくっ。
三浦文学の出発点。
石井『小さなロバ』より。
利尻島に沈む夕日。

小説『天北原野』は、
大正から敗戦までの道北、樺太が舞台。
主人公は利尻に落ちてゆく夕日に
燃える雲に、太古の昔から
変わらない生死を越えた
神の真実と愛を悟る。
次に登山に行くのは・・・。無いかっ!?
近所で遊んでい るよーなカッコだけど、
利尻富士の頂上なのだ〜。


たとえば、パレスチナ。
・・・そこは、中世のまんまだった。でも、パレスチナって、何なんだろう。
東京から見れば、ただの戦場。テロルと神と夕陽の街。
Wow! ★ パレスチナで、ぐーぜん、リアル・モトヒロ・カクテル!
1990年7月23日、私の最初の海外旅行はパレスチナ。
嘆きの壁でユダヤ人から、嘆かれる?
三浦文学の出発点。
石井『小さなロバ』より。
イスラエル・エルサレムの嘆きの壁で
祈るユダヤの人たち。

キリストは小さなロバにのって
エルサレムに入城したと
聖書に書かれている。
小説『ちいろば先生物語』と、
写真集『小さなロバ』の
題の由来だ。
教会に行くのは・・・
パレスチナの心 臓部は、エルサレム旧市街。
アラブ人の作るフレッシュなオレンジ・ジュース♪

写真集『小さなロバ』は小さな写真集だからこそ、小さなロバのように、君の中の王国へ静かに入城してゆくだろう。


古い物語では、真実を口にする人は、旅人が多いよね。
その代表がキリストだと、私は位置づけているんだけれど。



立ちながら、寝る私。 久保元宏様
ご無沙汰しています。
パラパラ・・・『小 さなロバ』から早10年です。今回、パラパラ・・・三浦綾 子没後20年を期し『愛のまなざし』として出版しました。
本は後日、送らせてもらいますが、とりあえず、写真展のご案内をします。
2019年9月23日(月&秋分の日)9Am
石井 一弘写真集パラパラ・・・『愛のまなざし 三浦綾子の舞台を旅する』刊行記念展
想像でしか理解できていなかったものを見えるものにしてくれる。そして、取材では撮影助手やナビゲーターとして、文章では第一読者として応援してくれた妻・美雪と、東京で健気に頑張る娘・千花にこの冊子を捧げます。
2019年9月25日(水)〜30日(月)10Am〜6Pm
スライド・ショー&交流会9月27日(金)3Pm〜6Pm
☆コーヒーの湯気。茶 廊法邑  札幌市東区本町1条1丁目8-27 電話;011-785-3607
今やFAXって、レトロ・フューチャー。
2019年9月23日、
石 井カメラマンからFAXで案内。
石井 一弘写真集パラパラ・・・『愛のまなざし 三浦綾子の舞台を旅す る』
出版;中西出版 発売;2019年9月13日 価格: 1320円
透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼
text drop 2019年12月7日(土)2:59Pm
石井一弘さんの新著『愛のまなざし −三浦綾子の舞台を旅す るー』を中心とした豪華セットが、今日、我が家に届きました♪ありがとうございます。
石 井さんの写真と文章が、いくつもの細やかなアイディアを盛り込んだ編集によって有機的に溶け合っている素敵な本を手にできたことに感謝しています。たとえ ば、15ページの中ノ沢川に沿う雪道の写真などが、ページをめくる度に読み手に飛び込んでくる迫力と優しさは、編集に寄り添ったカメラマン生活を長くされ ていたからこその大きな到達点であると私は感じました。写真の発光も表紙を中心にすばらしく、私のような素人には分からない工夫やご苦労の成果なのでしょ う。中綴じの製本は、ややフライジャルな印象がありますが、それもまた手のひらに収めた時に、手作りの詩集のような、ガラス細工のような香りが立ち上がる 魅力の一部に感じてしまいます。それは書物とは、「原罪」と「救済」の果ての「愛」の結晶だから、でしょうか。
作家三浦綾子が77歳で没して20年。デビュー作「氷点」をはじめ数多くの作品の舞台はファンにとって、聖地といえよう。国内はもとより、サハリン、韓国、中国にも足を延ばし、27編のゆかりの地を108点の写真と文章に記録した。
この風景を表紙にできる写真の力。
ベッドに広げて。
ポスト・カードなど、いっぱい届いた♪
また、2019年12月18日(水)〜25日(水) 10Am〜7:30PmにJR旭川駅前の『ジュンク堂書店旭川店』で無料の写真展も開催されるそうで、新 著に添えられた石井さん直筆のお手紙の中に、その会場は私の家から「札幌よりは近いですので」と怠惰な私を出かけさせるお言葉までいただき、細やかなご配 慮がとてもありがたいです。最近の大型の書店は、小さな書店を食いつぶしている割には、面積と蔵書数のみが自慢ですが、石井さんの会場となる書店は、店員 が本を愛している配慮を感じさせるすてきな空間です。そこで、12月22日(日)3Pm〜5Pmには「スライドショー&トーク ショー」も開催されるとか。 う〜む。私も予定をスライドしよう、かなと、たくらみ中です。
まずは最新の名著の刊行のお祝いと、お礼を述べさせていただき、 私は再び『愛のまなざし』のページにもどります。
石井一弘写真集パラパラ・・・『愛のまなざし 三浦綾子の舞台を旅する』
出版;中西出版 発売;2019年9月13日 価格:1320円
出版記念★写真展 2019年12月18日(水)〜25日(水) 10Am〜7:30Pm
JR旭川駅前の『ジュンク堂書店旭川店』 無料
12月22日(日)3〜5Pm「スライドショー&トーク ショー」
透明な赤い目は、森に置き忘れてはいない。久保の眼
劇的日常
text drop 2019年12月24日(火)1:52Am
三浦綾子(みうら・あやこ、1922年4月25日〜1999年10月12日)の小説は1963年に41歳で書いたデビュー作パラパラ・・・『氷点』から、口述筆記で夫が書いた最後の1994年の長編『銃口』まで、どれも&これも超☆劇的だ。さらに読者が読後に記憶しているのは、自殺やセックスや裏切りや官憲の突入など、どろ&どろした劇的なシーンの頂点ばかりをつなぐことでできあがる「あらすじ」だ。
一方、石井は日本大学・芸術学部・写真学科に在籍中に、厳冬のパラパラ・・・『納沙布』をあえてコントラスをきつく出したモノクロで劇的に撮影し、朝日新聞・写真部では事件や火事やサッカーなど劇的な瞬間を切り取ることに人生を費やした。
私が「石井さん!」と声をかけて、振り向いた瞬間♪
左のスクリーンを使ってトークショー。
絶妙のコンビネーション♪
左、森下辰衛・三浦綾子読書会代表。
しかし一方で我々が知る三浦は、地味なおばさんだ。それに私も知る彼女の住んだ旭川市の豊岡は劇的には程遠い地味な日常が永遠に続くような地域だ。
石井が三浦をモチーフに写真集を出版したのは2009年のパラパラ・・・『小さなロバ』に次ぐ2冊目だが、そちらは今回の『愛のまなざし』に比べると、まだ劇的な写真があったが、今回は自宅の窓から撮影した風景に代表される劇的からは程遠い日常を切り取った写真ばかりだ。
考えてみれば、我々が記憶している小説の「あらすじ」を小説からトリミングして残った地の部分には、地味な日常が描かれている。つまり石井の2冊目の三浦の小説を舞台にした写真集は、小説を何度も読み返した果てに到達する劇的日常に溶け込ませた世界なのだろう。
我々は劇的日常を往復して生きているのではない。そこに境目が無いからこそ生きているのであって、表現者はその無限から劇的日常を摘まみ上げる媒介者なのだろう。


俳句は、パンク。今日の一句
秋風に相槌(あいづち)を打つ古 ポスター
(久保元宏 2011年11月)
初めて使う言葉で、君に出会いたい。
2014年11月4日、アメリカの中間選挙で、オバマの民主党が両院で敗北。
共和党、議会で主導権。オ バマ大統領の残 り 2年の任期は、「死に体」?

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出 せ!
た とえば→10月30の歴史
二日酔いで顔がはれている久保、ではなくて、三浦光世の顔マネをしている久保。
So long Mr.
パラパラ・・・Mitsuyo Miura !




8