さっちゃんも、ドリ〜ミィ〜なワインを呑みに、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏 愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好 物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
2010年12月25日 土曜日 午前1時32分あれからずっと、まだ帰り道。気温-10.4℃←■ヒステリック・グラマーのウォーター・ベッドがほしい。
2010年12 月24日 金曜日 午後6時19分あれからずっと、まだ帰り道。気温-4.3℃←■ジャン=ポール・ゴルチエの腹巻がほしい。
2010年12 月24日 金曜日 午前0時59分あれからずっと、まだ帰り道。気温-0.3℃←■ルイ・ヴィトンの人間用首輪がほしい。
2010年12 月22日 水曜日 午後11時33分あれからずっと、まだ帰り道。気温-1.6℃←■エルメスのギター・ケースがほしい。

★★★
帰る家は、どこなの?
こんばんわ
差出人: 楽器には、穴がある。アルトサックス(田村)
送信日時: 2010年12月2日(木) 7:15Pm
宛先:うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏
我が家の今年のイル ミネーションです。
孫のため去年から始めました。
12月の23日に来る孫のため、・・・・・・馬鹿だね!
★★★

あたたかいものが、いっぱい。
@クリスマスの夜に 

夏靴のサンタは、もうこないの。
A失業率 は跳ね上がり

あしあとは、とおいしるし。
Bジング ルベルの中に

いつも、答えの数だけ答えがあるから。
C浮浪者 があふれる
♪核シェルターのメリークリスマス
作詞&作曲;うぇ〜ん!久保AB-ST元宏(1983年作)

クリスマスの夜に 失 業率は跳ね上がり
ジングルベルの中に 浮浪者があふれる

  キリストはいつも ヒッ ピーだから
  貧しいお前に 星を降らせよう Yeah Yeah Yeah

年老いた夫婦は 子供を想い出し
サンタクロースだった 昔を思い出す

   失業者へのプレゼントは
   親方からのク リスマス・カード
   来年からの仕事には兵 器工場が待ってる

メリー・クリスマス 世界中の
メリー・クリスマス 愛しいヒトに
メリー・クリスマス ひとりづつ 歌を贈ろう



世界が終わって ぼくらは目覚める
核シェルターで迎える 明日はクリスマス

  シェルターの外は 廃 墟になって
  ジングルベルも 聴こえやしない No No No

ところがイブの夜 サンタがやってきて
世界中から 愛を運ぶ

   ワ ルシャワからの手 紙には
   血糊の付いた クリスマスカード
   モ スクワからのカードには 何も書いてなかった

メリー・クリスマス 世界中の
メリー・クリスマス 愛しいヒトに
メリー・クリスマス ひとりづつ 歌を贈ろう

メリー・クリスマス 世界中の
メリー・クリスマス 愛しいヒトに
メリー・クリスマス ひとりづつ 歌を贈ろう

メリー・クリスマス 世界中の
メリー・クリスマス 愛しいヒトに
メリー・クリスマス ひとりに ひとりづつ 歌を贈ろう


(キーは、Cです。)

♪はぁぐれたぁ〜・フロム・カナダァ〜!共 犯夜中作業員サカタカナダ
による【実 音源ファイル】&【聴きどころ】だ!
曲名を右ク リックして、
[保存また は Save] -ファイル名「〜.wma」として保存してください。
jpg という部分を wma に書き換える。
(MP3 類を検閲する geocities が、
そのうちファイルを消しちゃうかも
しれませんので注意。)
核 シェルターのメリークリスマス
  • クポによる力強い楽曲。
  • アイデアが弾けたバンドの演奏。
  • それを従えた外笑の伸びやかな歌。
  • クポモトヒロは「ウォウウォウ」と全編合いの手を入れまくってます。
  • 美しいピアノの調べに聖なる思いがします。(サカタ演奏)
  • コーラスが音痴ですいま せん(私とクボとベース君、つまり全員ダメ)。

すべてがまるくなるよるに。
Dキリ ストはいつも

お布団は、いつものとこ。
Eヒッ ピーだから

コーヒーを淹れてよ。
F貧しい お前に

あたたかいチョコレートをのんで。
G星を降 らせよう
★★★
H年老いた夫婦は 子供を想い 出し
ポール、はだしじゃん!新型インフルエンザになるべさ!
Iサンタクロースだった 昔を思い出す
★★★


メリー・クリスマス 世界中の
メリー・クリスマス 愛しいヒトに
メリー・クリスマス ひとりに ひとりづつ 歌を贈ろう
★スポーツ!グルメ! 井 内
正 樹
関西赤い眼と、青い音と、黄色い水のあるほうへ。みて足あとか?爪あとか?ある記

和やかな忘年会
送信日時: 2010年12月24日(金) 2:20Pm
久保さん、こんにちは。
北海道は、あれからずっと、まだ帰り道。大雪のようですね。
こちらは、肌寒いとは言っても、まだ一度も氷点下になっていませんし、街路樹には、銀杏の葉っぱも残っている所もあ ります。相変わらず、楽勝の冬です。

一昨日、仲良くしている会社の専務と、恒例の忘年会をしました。
昨年は、なんばの豚串でしたが、今年は、生野区南巽の美味しい居酒屋さん「あ かり」
このお店の素晴らしいのは、素材と腕は勿論ですが、一皿ごとの量の多さ。どれも充分に堪能出来ます。
最初は、テッサ(ふぐ刺し)。 薄造りでも、コリコリした身が味わえます。
おさるのかごやだ、テッサっさ♪

次は、牛 の生レバー。ごま油がレバーの風味を増します。
君も、食べレバー?

その次は、河 豚の唐揚げ。フグの旨味が凝縮されています。
笑う角には、フグ来る♪

その次の真鱈の 白子は、一人前ずつ。冬は特にクリーミー。


最後に、牛の網焼きとご飯で締め。旨かった!
君も、アミーゴ?
河岸を変えて、ミナミへ。
グラスに、なみなみ、みなみちゃん♪

専務御用達のラウンジ「楓」へ。
限りなく透明なグラ スで飲むハーパーは、これも美味!
いない&いないバー?
今年一年のごひいきを、ありがとうございました。
メ〜ル差出人: ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die渋谷圭 @jimono
送信日時: 2010年12月24日(金) 2:16Am
宛先: うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏
久保さん
渋谷jimonoです。
今年一年のごひいきをありがとうございました。
Jimonoは上林さんのところのイベントに巻き込んでいただい たことは、今後の演奏活動の指標にも重要な出来事となりました。
旅芸人三宅さんの影響で、バンドは12月の「生活クラブの祭り」 に参加し、
会場の片隅でジョンレノンからルーリード、ブライアンセッ ツァー、フェアグラウンドアトラクション、ルースターズ、安田成美、オリジナルなど
脈略なくBGMとして2時間連続してだらだら演奏を続け、「生活クラブ江別支部公認バンド」の栄誉をいただきました。

12月26 日(日)には、おなじみスピリチュアルラウン ジで今年最後の演奏をします。
7:40Pm頃に出演しますので、お近くにお越しの共犯の方にはお越しいただきたいと ころです。
当日は私たちの演奏の2つ後にプロの方のシークレット出演もある そうです。
(主催者の意向でサイトでの 実名公表は不可ですが、久保さんや私らのジェネレーションには知られている札幌出身で、
パンクにカテゴライズされてデビューした方で、ヒット曲もある 「ブラボー」な方です。
JIMONOは面識がありません。アコースティックユニットでの 出演だそうです。)
更に、準備が間に合えば希望者の方には音のクリスマス・プレゼント♪JIMONO のアルバムの 切れ端をCDRにしたものを無料配布す る予定です。

JIMONOのアルバムは、おおみそかに出す予定でしたが、また しても延期になりました。
3年も遅れているのは、マイクの立て方から機材のちょしかたから 学んでいること。
久保さんもAB-STで録音されていると思いますが、プロデュー スのみならずエンジニアリングもしなければならないので、
納得のいく音にするには副業としては結構手を焼いています。楽し いのですけれど。
着々と完成品も増えています。
AB-STの♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die『パレスチナの憤り』へのアンサーソング(?)『キャラバン』を筆頭に、実に変態的なアルバム になります。

脳内共犯の暗闇のほうへ。『海 炭市叙景』は7日ま でですね。夫婦で交互に観に行って来ようと思います。これについても、ありがとうございました。
しかし、脳内共犯の暗闇のほうへ。『ド アーズ / まぼろしの世界』は 見逃してしまいました。
うぇ〜ん!久 保さんのレビューを 読んでると、DVDに早くならないかと心待ちにしています。

吉田足日(ふるた・たるひ)のひとりで走るために。ふたりで歩くために。『大きな1年生と小さな2年生』は私の大好きな本です。
当時自分で想像した、あの本の心細い帰宅場面の道の風景というの が今でもこびりついています。
ロードムービーが好きなのもあれが原点なのだと思い込んでいま す。
ロックンロール交差点にて。
今年度 も、
『共犯新聞』を楽しく購読しました。
これまでは
インターネット上のおつきあいでは
ございましたが、
今年度、
☆コーヒーの湯気。ライブの夕べ。昭和プラスライブ
として
おつきあいが実体化した、
実りある一年でした。
ありが とうございました。
これもまた、今年見た夢。
聖夜独酌
メ〜ル差出人: 俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die佐々 木 彰
送信日時: 2010年12月24日(金) 9:48Pm
宛先: うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏
師匠、ご無沙汰しております。
深夜のブログ更新等、忙しそうなので、取敢えずご挨拶まで・・・
お蔭様で、なんとかメールも打てるようになりました。
ありがとうございます。
先日、ヘアーカットHIDEに、散髪に、行くと、
ときかれて、ビックリしました。
『共犯新聞』で知ったそうです。結構、見ているんですね。
今年も後僅かになり、
人並みに新年を迎える準備にわずらわされております。
一献酌み交わしたい気持ちはやまやまなれど、
というところでやむなく聖夜独酌
また、PCの疑問点が、発生しましたので、
お電話いたしますので、その節は宜しくお願いいたします。
おっ、いーぞ、いーぞ♪



うぇ〜ん!で、 みなさんがそんなクリスマスを過ごされているころ、私は・・・
一年の最後には、いつもの逆襲で、隠し撮りされちゃったのか!?
これじゃ、
I'm dreaming of a White Christmas.....
じゃなくて、
When I'm dreaming, Wine Christmas is over !
だよっ!
(やっぱし)がくっ。

edit by
うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏 (2010年12月25日 土曜日 1:31Am)



2010年12 月18日 土曜日 午後3時59分あれからずっと、まだ帰り道。気温-3.5℃←■沼田小学校の先生たちによる体育館での弦楽四重奏楽団(?)『ク リスマスコンサート』、なか&なか、すてきでした♪
2010年12月 18日(土)
8:30Am NHK BS2 『週刊ブックレビュー』
伝えたい髪。
後半の30分インタビューが、朝吹真理子。絶妙のタイミングでのテレビ初登場(?)。
伝える紙。 一番印象的だった発言は、
すでに古い国語辞典の中だけの存在に
なってしまっている使われなくなった
言葉が持っていた「運動」、という言い方。
彼女は、古い言葉を使っていた古い人々の
くちびるを、古い言葉の再生によって
現代人のくちびるに重ねていく
ことの面白み、のようなことを話した。

ここで使われた(=選ばれた)「運動」
という言葉がとても印象的だった。

朝吹家は、有名なフランス文学の名家。
中世の科学が、錬金術のようにある種の
あいまいさを含んでいたように、
「翻訳」は、あいまいな科学だと思う。
その時、「あいまい」という概念は、
マイナスからプラスに逆転する。
朝吹家の末裔が、文学を語るときに
「運動」というケプラーやガリレオが
使いそうな単語を持ち出してきたことが
私にはとても印象的だったのだ。
10:30Am
沼田小学校『クリスマスコンサート』

音楽教師が、大学時代の友人を
札幌と小樽から呼び寄せての約1時間。

アタックの強いピアノは
音の粒が立っていて、
リズム楽器として成功していた。
その上に、
やんちゃでロマンチックなバイオリンと、
ナイーブなチェロが個性的にかぶさり、
カラフルな音楽世界を構築していた。

なんせ観客はクラッシックにうとい
田舎の小学生ばかりだから、この
楽器の個性がクリアに伝わるバランスは
効果的だったと思う。
伝えたい喜び。
伝えたい贈り物。
コンサートのプログラムは、
ベートーベンやバッハの曲で
始まりつつも、客席の後ろから
大きな犬の鳴き声を発するSEや、
サンタクロースに扮した校長先生が
ユーフォニウムを演奏して登場したり、
またバイオリンの教師による楽器の
説明などのMCも楽しかった。

音楽の教師になるぐらいだから、
音楽が好きな彼女たちなんだろーけど、
「音楽」を教えるのと、
「音楽」を好きにさせることの違いが
分かっている人たちによる
すてきなひと時だった。

ちなみにこのコンサートは本来は
昨年に行われる予定だったんだけど、
新型インフルエンザの大流行で
中止になっていた。それを乗り越えて、
あきらめずに実施した
教師たちと、主催のPTA事業部の
活動もすばらしいよね。

text by
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2010年12月19日 日曜日 12:10Pm)


ふぞろいの
聖歌が響く
クリスマス

(久保元宏 2001年12月25日)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史か ら飛び出せ!
★たとえば→12 月13日の歴史★

耳は、くちおしいと言いました。

Vincent van Gogh
cut off
his ear !