さっちゃんも、プールに行きました。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com
Yokohama to Kamakura
横浜 to 鎌倉2009
drink days ! drink nights !


「観光」とは、物語と肉体との共犯。


コメ


2009年1月30日 金曜日

うぇ〜ん!焼き鳥屋『のらくろ』で、ワタベと最後の晩餐。
「最後」、っーか、「第一幕の最後」、だな。

うぇ〜ん!ワタベ・トオル。
ベルト・コンベアを製造する大企業の長男として
千葉県で生まれて、小学校3年生で茨城県に引越し。
自動車を整備するむずかしー資格を持って、ホンダに就職。
数億の赤字をかかえる支店を短期に黒字にする。
政府開発援助(ODA)の試験を受け、合格。
ニカラグアの学校へ自動車整備の教師として赴任。
30歳をはさむ数年間、ニカラグアで指導し、2001年の終わりに帰国。
そのまま北海道の農業大学に入学。沼田町に住む。
大学卒業後、沼田町で農業法人に就職し、農業に従事。
その間、沼田町の役場の職員を通じて、みずっきーと知り合う。
みずっきーに連れられて、
若林博士のログハウスのパーティに行き、久保と知り合う。
2009年1月31日、沼田町を離れて親元の茨城県に一時、戻る。

Lots of people with no place to go
I know a place where you can go
You've got the ticket,
come on slip inside
And let my song take you for a ride

うぇ〜ん!ワタベの沼田町最後の夜に
一緒にふたりっきりで呑む男に私が選ばれたことを、
いつか思い出すんだろうな。たぶん。

text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2009年1月30日11:31Pm)
そう。いつも人生は、途中。ぜんぶ、ぐーぜん。ぜんぶ、でたらめ。
いつも人生は、すこしだけ待っている途中。
いつも人生は、熱い液体になるのをすこしだけ待っている途中。

旅立て!ジャック達。 おじさんの修学旅行横浜 to 鎌倉 2009
Les Vacances de Monsieur Hulot
うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (更新日;2009年2月3日 7:21Am)


前夜11時まで、夏は、ビール・パーティに来てね!ワタベと焼き鳥屋『のらくろ』
焼酎1本を空け、
翌朝4時に起きて、シャワー。

午前6時集合のバスに乗り、20人の『おじさんの修学旅行』は、
はじまったっ。
明日萌からの、Drifter(ドリフター)。

2009年1月31日(土)
エディは、どこへ?『大珍楼』。回るテーブルの、Drifter(ドリフター)。
12:30Pm横浜中華街の中華レストランOh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!『大珍楼』で昼食♪なんか、「決定的」さが無い料理(がくっ。)。
1:30Pm
横浜市民防災センターで、
災害の怖さを知る(?)。
自信あるか?身なり。家事おやじ。
3つのスクリーンによる災害の映画。映画に合わせて、風や光が出てくる。

立っても、ゆらゆら抵抗!Hey! 久保も、ゆらゆら抵抗!ゆらゆら抵抗!ショッピング・バッグは、まだ。
写真だけでは、ただまったり座っているおじさんたちの休憩だけど、部屋ごと大揺れになる「地震体験」をしているところと、白くなったおじさん。

脳味噌がスキャッターされる、
壁のよーに急な坂道を
ぐる&ぐるバスは登りつめ、
5:30Pm
旅館『静峰閣 照本』に到着♪

ここまでバスがひっくり返りそうに
登ってきた急な山道、
★ふれ!ふれ!井内正樹さんの
レポートで有名な、
正月恒例の『箱根駅伝』の中でも
もっとも厳しいコース。
こんなとこ、ふつーの人間は、
走れません。
呑んでも、まじめです。(ほんとーです。)露天風呂で、ちょい&ちょい♪今日は脱ぎません(?)。
味わい深い(?)古風な(=ひなびた?)温泉旅館で、楽しいひと時♪

11Pm
ヘイ、タクシー♪
なんと、この時間になってから、
小田原へ。
Hey! 運ちゃん、遠いよ〜!
せっかく登った山道を、また、ぐる&ぐる降りる。30分!
なんか、着いたけどぉ〜!
おお!ここが、あの小田原か!イメージちゃうやんけ〜。

タクシー分乗して10人で乗り込んだ小田原だったけれど、
なんだか、怪しい(?)店に入った予感・・・・・・。
翌朝、一緒に行ったやつに聞くと、
「まぁ、なんかあっても人数では負けないと思ったから、
いいやー。入っちゃえー、と思ったんスよね。」
って。

まぁ、しかし。何にでも溶け込みやすい私、
3時間分のしゃべりを30分でまき散らして、
マシンガンの弾を店内に、ばら&ばらと転がして、
「じゃ、私はお先にっ!」と、
10人中、ケンカが弱い2人でお先に(逃げた?)。

実は途中で見かけたジャズ・バーに入りたかったのだ〜。
あら、コルトレ〜ンちゃん!
おっ、コルトレ〜ンちゃん♪と、見つけたのだぁ〜。

Jazzzzzzzzz!! クールの意味を知りたくて。レストランバー SPATS スパッツ
70年代からのソウルや古いジャズを、アナログレコードで流している。
毎晩、バンドの生演奏が繰り広げられる。
世界のビールをはじめスコッチ、バーボンなど
小田原一の品揃えを誇るレストランバー。
シェフが腕を奮うアラカルト料理を味わいながらライブ演奏が楽しめる。
席数70。神奈川県小田原市栄町2-4-3 エスト809
JR線・小田急線 小田原駅東口より徒歩1分。
TEL;0465-20-2421
営業時間;(月〜土)5Pm〜2Am、(日)5Pm〜0Am
。年中無休(1/1〜3除く)
いやぁ〜ん、夜の画伯♪3回、言ってごらん♪
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!吉川画伯と、美術談義〜。
残念ながら、生バンドは午後11時までだった〜。
ど〜れ、どれ。あらま!美味しいわ♪ぱくんちょ。
私は、マッカラン12年 \900 を呑みながら、
「プロシュートと、バジル・ソースのピザ」 \1000♪いや、美味い。
薄いピザ生地にボテッと大目のバジル・ソースが含まれていている上に
濃厚なプロシュートがぜいたくに乗ってジューシーと塩味がからみあう♪
ここはライブ・ハウス、バー、レストランの3つとも、
手を抜いていない。

2009年2月1日(日)
旅館の朝は、早い(がくっ。)。
6Am、起床。
さっそく、2回目の風呂♪
風呂で合った仲間と、
昨夜の行動を報告しあう(笑)。

7:30Am、朝食。

8:30Am、旅館を出発。
旅館のある場所も、
ほとんど1車線のせまくて、
ぐにゃ&ぐにゃ、しかも急な坂道。
それを大型観光バスが、途中まで
旅館からバックで降りてゆく!
運転手さん、あんた、えらいよ。
アジビラ〜びら&びら、アジテーションNo.5♪ほ、ほ、ホ〜ロ〜♪このホーロー容器に日本酒のトックリがお湯で温められて入っている。なるへそ!泥酔48時間!
朝食はアジの開き♪その場で焼くので油が浮かび、美味い♪もちろん、日曜日だから(?)朝から日本酒♪

9:15Am
箱根関所で、観光キブン♪

前日は雨まじりで、やや寒かったけれど、
この日は、雲ひとつない晴天!
おいおい、北海道は雪だぞ〜。

おかげで、この日は、
どこへ行っても富士山がくっきり♪
観光ばんざい!
観るところがあるようで、・・・・・・微妙(笑)。まぁ、有名なとこですから〜。

Hey! おじちゃん、悩みは聞くぜっ!
誰にでも平等に、真剣に耳をかたむける私。
ヘイ、こっちを向いてよ〜♪
「富士山だっ!」「山じゃん。」
なんか、白なんだけどぉ〜!
白いだけじゃ、羊蹄山かと思っちゃう〜。がくっ。


10Am箱根駅伝ミュージアムで、現代の名所めぐり♪
久保の生まれた年よ。なんつったって!はいっ!だから!そう、そう、そーなんですよー!えーと、忘れちゃったぁー。はいっ!では、またお会いいたしましょう〜♪
年表を見ていたら、突然、マラソンおじさん(?)登場!なんだ&かんだと、すげー勢いで箱根駅伝を語り倒した。
ちょっと質問をすると、止まらなくなった(笑)。まぁ、このおじさんのおかげで箱根駅伝に熱くなる人のキモチがよ〜く分かったよ。ありがとう、マラソンおじさん!

10:30Am、バスはいざ鎌倉へ(=常套句。)♪
幹事の気の利いた(?)演出で、バスの中に
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieサザン・オールスターズの曲が、たっぷりと何曲も(笑)流れる。
・・・・・・サザンなんて聴かない私だが、なるほど、バスの横を、自転車でサーフボードを抱えて走る人なんかを見ちゃうと、
「ああ。サザンってご当地ソングなんだ〜。」と、驚く。
サザンばんざい!・・・・・・。
「♪涙のキッス、もう一度、誰よりも愛してるぅ〜〜〜」、ってか。
サザエさん、ばんざい!・・・・・・。
どこまでも、いつまでも、どでかい富士山。

しかし、こーして初めて(?)サザンの曲をまとめて聴くと、また、これは&これで、勉強になる(笑)。
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die「チャコの海岸物語」なんて、まるで桑田佳祐が、「この程度の曲なら、いくらでも作れる。」と言ってるようだ。
常套句と上等メロディーのコラージュなんだから。しかし、大ヒットさせるのは、また難しいんだしねぇ。
突然、歌詞の二人称が「チャコ」から「ミーコ」になるのに、がくっ。なんだけど、
「チャコ」とは発売当時ビクター音楽産業のディレクターとして在籍していた元歌手の飯田久彦の愛称だし、「ミーコ」も歌手の弘田三枝子。がくっ。

11:30Am
江ノ島

でかい、まるごと観光島。
歩いて〜。歩いて〜♪まだまだ〜。くだってぇ〜。
ガイジンが歩けば、かなりエキゾチックで不思議な体験ができそう。

12:10Pm
富士見亭

江ノ島の裏側まで
歩いてきて昼食♪
脚本家の清水有生さんからの差し入れ〜♪もう、へとへと♪アジァパー!「おい、モト。お前も、呑め。」
まずはビール♪鯛の刺身と、アジのたたきがでたから、あつかん♪。

1:10Pm
江ノ島の裏側の
崖に降りてみる♪

ここへ船で来ることもできる。

で、ここから3Pmまで、
自由時間♪
が、こんな遠くに置いていかれても、
まずここから出るだけで
自由時間のほとんど使っちゃう。
がくっ。
あれが日本だ!
快晴の富士山の前での撮影なのだがっ。
手前右は、NHK連続テレビ小説『すずらん』の脚本家、清水有生さん。
近所の鎌倉に住んでいるので、ここまで来ていただいた♪

1:30Pm
よーやく、
江ノ電の駅にまで
歩いてきた〜。

・・・・・・遠い。

それでも、
江ノ電は
路面電車として
「絵」になるらしく、
車窓から見ていると
多くの方が
カメラをこちらに
向けていた。
もちろん、
私を、
ではなくて、
江ノ電を撮影しているのだ。
サーフ!サーフ!サーフ!
江ノ電の車窓から見えるサーファーたち。
観光ばんざい!・・・・・・。
江ノ電で、サザンを歌う。(ほんとーは、アクビ。)

2:10Pm鎌倉、到着。
古本狂!澁澤龍彦が住んでいた鎌倉だもんなー!
おお、さすが文士が住んできた鎌倉♪本の回転がいい。
天気が良かったので、
ちょっと鎌倉の古本屋に♪
最近、古本屋と言えば、
ブック・オフばかりの
私ですので(がくっ。)、
江ノ電に乗って訪れた
パラパラ・・・「公文堂書店」は、
なんだか懐かしくなるような
古本屋でした。

澁澤ばんざい!石井恭二『花には香り 本には毒を』・・・・・・。
買ったのは、
石井恭二
『花には香り 本には毒を』
(2002年9月20日、初版、
現代思潮新社、
定価\2100→古本\1050)♪
1192つくろう、古本狂!
源頼朝が眠る、鶴岡八幡宮。

パラパラ・・・澁澤龍彦が住んでいた鎌倉で、石井が澁澤との「サド裁判」の思い出を書いた本を買うのも、なかなかおつでした(笑)。
かぐっ。
路地裏には、こんな粋な古家具店とか。
晴れ♪
ほんと、いい天気♪
なんか観たいんだけどぉ〜!
これ、観る予定だったのよね〜。時間が足りん。がくっ。

4Pm、羽田空港到着。5:30Pmの飛行機で北海道へ。
太陽は、富士山の手前から昇る。
日はまた昇る。・・・・・・。

7Pm
千歳空港に到着♪

空港内の
松尾ジンギスカン

北海道を
取り戻す(?)。
うまそー。
やわらかい♪たれは、甘口。
呑むぞー!どこまでも〜。、「特別」を支えるだけの「日常」。
生ビール、赤ワイン、麦焼酎、ちゃらん&ぽらん。
松尾ジンギスカンの、スープ・カレー♪
”松ジン”の「スープカレー」♪

ジャケットは、中華街に?もうすぐ夢が終わる。ぎゃははははー。べろべろ日本酒、酔っ払うのは302kmのハイウェイ♪
お忘れ物(=たとえば、松尾ジンギスカンにジャケットを忘れる、とか。)の無いよーに!ハイウェイを北へ。
やっぱ、最後は日本酒っすよねー♪最後まで、呑んでら、こいつら。出して、呑んで、西尾が撮られて。クラッシュ?
ハイウェイを北へ。なんだ、結局、最後まで日本酒を飲んでいたのは久保とコモトかっ!

そして、11:30Pm、北海道沼田町に到着。
観光ばんざい!
ハイウェイを抜けると、そこは大雪国だった・・・。
ただいまー。

2009だぜっ!2009年古本狂!澁澤龍彦が住んでいた鎌倉だもんなー!ゲドから、サドへ。1192つくろう、キャバクラ・ライフ! 。おかいもの日;2009年2月1日(日)
文雄ちゃん手作りオリジナル・ダルマが、動き出すとき!

紙雛
去年と違う
目を入れる

(久保元宏 2002年3月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→5月6日の歴史
ベースを弾き、酒を呑み、たまぁ〜に、火を消す。

Happy Birthday
to
Mr. バナナは、ゴリラのように絵が描けるのか?Hiroyuki Yoshikawa